コンロ専用パネル/なっかん/小さい春/プラスワンダー/アイカ工業/油跳ね防止パネル ~「必死。」~ 今日の埼玉県は、とても…

いいね数:133コメント数:5
更新日時:2019年03月22日

~「必死。」~

今日の埼玉県は、とても風が強い一日でした。

長男は友達と約束があるようで、早朝からお出かけです。
次男・長女・ぱぱの3人は、午前中はたっぷり寝て、午後からは、家から自転車で30分走れば到着する大型商業施設イオンレイクタウンへ、お昼ご飯食べにお出かけです。冷たくは無かったのですが、とっても強い向かい風の中、風の抵抗を極力少なくするために、ぱぱを先頭に、長女、次男の順に縦一列になり、また、3人で声かけ合いながら、自転車同士の間隔をできるだけ少なく保ちながら前進し、向かい風に「必死」になって臨んだ3人でしたが、全く歯が立ちませんでした。目的地までの道中、風の勢いに耐えられなくなると、自転車に乗ったまま休憩を取り、風が幾分弱まった瞬間を見計らって再出発するといった方法に変更しました。目的地に到着した時には、みんなの髪の毛は、ボサボサになっていました。結局、家を出発してから目的地に到着するまで、1時間以上が過ぎていました。
そんな道中、強風で花びらがめくれあがってるピンクの小さな花を見つけました。名前は知らない花ですが、私には、強風に「必死」に耐え、必死に咲いているように見えました。

長女「パパ⤴いつまで写真撮ってるのよ!今、風やんでるよ!出発するよ!」

二男「どうせリミアだよ。あと10秒だからね。10秒経ったら強制的に出発するからね!分かった?」

ぱぱ「悪い、悪い、もうちょっと待ってよ~微妙に風が吹いてて、花びら揺れるから、なかなかシャツター押せないよ~」

子供たちに煽られながらも「必死」に撮影した中の、最上の一枚です。

https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル  

このフォトを投稿したユーザー

高2、中2の男子達と、小5女子の3人の子供達の父親です。 不動産の仕事以外に、 「交通事故を0にする事。」と、 「自動車で移動する事の楽しさを生涯奪われない事。」の実現を使命に感じ、 完全自動運転自動車の世界普及への取り組みに携わりたいと考え、日々活動してます。 まずは、一般道での恒久的実証実験の拠点を、 私の地元 埼玉県 越谷市 レイクタウンで実現することを目指し、 自動運転ソフトウェア企業さんに働きかけてます。 一方、私生活の面では、 ひょんなことから、晩御飯を創る事になって10年が経ちます。 当初は、献立がなかなか決められず、 外食に逃げる憂鬱な日々が続きました。(子供たちは喜びますが。) しかし、最近は、 冷蔵庫にある物で、焼いたり、煮たり、蒸したり等して、 適当に作っちゃってます。 なので、外食の回数は随分減りましたよ。 自分からは、なかなかコメントできませんが、 皆様から頂くいいね!や温かいコメント励みになります。 ありがとうございます。 最後に、皆さま、コロナにはくれぐれも気を付けてお過ごしくださいね! https://striy48sattopanel.jimdo.com.

このフォトへのコメント

ひろさんのプロフィール画像
ひろ
今日は、本当に風が強かったですね。 我が家の洗濯物も強風で舞い上がり「必死」に落ちないようにしてたのかな❓😄 (根性なし❓は落ちてましたが…😅)
2年以上
グッチさんのプロフィール画像
グッチ
この花年中上に鉢の中で花咲いてくるます🌸❣️名前は❓ですがとても可愛い😍デス❣️
2年以上
𓂃𓈒🥀✯トラ乃ママ🌹✨さんのプロフィール画像
𓂃𓈒🥀✯トラ乃ママ🌹✨
>グッチ さん オキザリスだよね‼️
2年以上
8sdk8d6さんのプロフィール画像
8sdk8d6
横浜も 半端ない強風で 外に出た瞬間 髪の毛逆立ってました。 孫も自転車の練習をすると 張り切っていたのですが、、 前に進む事も出来ず 断念❗️ 結局 プリキュアの映画見に行きました〜ょ笑笑
2年以上
グッチさんのプロフィール画像
グッチ
> トラのママ さん そうそう思い出した、オキザリス🌸知ってたお花の名前が出てこなくなって❣️あれとかそれとか困ったもんだ老化だわ❣️暑くって三階の窓開けてコイル編み編んでるんだけど目がショボショボして花粉のせいか眠い、午後は息子の病院🏥あるのでぼーとしてます❣️
2年以上

このフォトをシェアしよう

このフォトのキーワード

関連キーワードで人気の商品

商品画像
一眼レフ Canon キヤノン EOS Kiss X8i EF-S18-55 IS STM レンズキット 新品SDカード付きの1枚目の写真
ブランドEOS Kiss
商品名一眼レフ Canon キヤノン EOS Kiss X8i EF-S18-55 IS STM レンズキット 新品SDカード付き
カテゴリーデジタル一眼レフカメラ
評価
0.0

投稿 1件

価格49,800円〜
商品リンク詳細を見る

キッチン大好き。さんの人気フォト

佐藤健に加え、最近イヤリングにも興味持ち始めた小6の長女。 既に5組持ってる。そのうちの3組は私が買ってあげるのだが、 1個300円のイヤリング選ぶ長女を少し離れた所から見守ってると、 気になるイヤリング達を手に取り、耳に当て、鏡見つめる彼女の仕草とその横顔は、もう既に立派な女性だった。 ふと、今までに感じたことない感情?感覚?で長女を見てる自分に気づく。 なかなか決めきれず悩んでる様子の長女に向かってゆっくり歩き始める私。 「3つ全部買えばいいじゃん」と、長女の右側に立ち、言い放つ私。 普段私には絶対見せない、言わない満面の笑顔と「ありがとう!」を 長女からもらった。軽くうなずく私。 それから1週間後。 英検の試験終えた長女に、お疲れさんの意味合いでイヤリング買ってやることにした。 2人で行ったイオンレイクタウンMORIの3階おしゃれな小物屋さん。 完成品で1個880円の イヤリング 欲しがる小6長女。 「ダメ!買わない!1ケ300円までだよ!」と私。 長女「パパが買ってくれるって言ったんでしょ!なんで買わないのよ!」 ぱぱ「お前にはまだ高すぎる値段だからだよ」 長女「なんだよ、結局 お金かい!パパはいっつもけち臭いんだよ!だからみんなに嫌われるんだよ!買ってくれるってパパが言ったからついてきたのに、これじゃ~時間の無駄だよ、私の時間返してよね!ほら返して!」と左手指先を私の眼前に突き出してくる。 何でこうも私の神経逆なでするような言葉や態度が次から次へ出てくるのか、(しっかりと、優しく、時には厳しく、常に愛をもって育ててきたつもりだったのに・・・・どうしてこうなっちゃったのか・・・) ぶち切れそうになる感情をグッとこらえて、その場を静かに離れる私。 その私の背に機関銃の如く悪態浴びせながら続く長女。 少し歩いて、2人してユザワヤ の前通る。 「!」ひらめく私。 長女が欲してたイヤリングに似た部品購入し、 長女の目の前で組み立てる事にする。 長女が欲した880円のイヤリングと見た目全く同じ品が430円で買える。 300円以上だが、まっ、良しとしましょう。 袋から部品出すなど、長女にも少し手伝わせる。長女と私の共同作業だ! 老眼の私、近眼メガネ外し大きく見開いた眼で作業する。 10分ほどで完成する。「どや顔」で長女にイヤリング渡す私。 「すごい!パパありがとう♡。あと、手伝ってあげたんだから、クレープ買ってね!」と笑顔の長女 その後、1枚700円以上のクレープ3枚買わされた。チャン!チャン!

いいね数:42コメント数:24日

「せ~のっ!いったぁ だぁっきっ まあ〜すっ!」 最近は長女ちゃんと2人だけの晩飯が多くなった。 高3と中3の長男と次男はお受験で22時まで塾だ。 二人とも自宅から徒歩5分程度の予備校と塾に通う。 長男は予備校終わると真っ直ぐ帰ってくるが、次男は塾友達と近所のコンビニでたむろするらしく帰宅は11時頃になる時もちょくちょくある。 先日、次男が通う塾の代表から電話があり注意を受けた。 次男とその一派が塾が終わった後、最寄りコンビニ店頭で女性をナンパしてる様なので注意してほしいとの事。 おい次男!ナイス!その年でナンパできるとは素晴らしい!誉めてやろう。 パパが女性を初めてナンパしたのは社会人になってからだ。 会社の怖い先輩に「やってこい!」と無理やりさせられたのがきっかけだったが、その後は同期と定期的に自主的にナンパしてた時期があった。 ナンパ成功のカギはいかに自分を上手に相手に売り込むかにかかっている。 相手にその気がなければサッとひく。しつこいのは絶対だめだ! 相手の様子から相手の心の機微を察しなければならない。 まさにテクニックが必要なのだ。 これは、やり手営業マンのスキルに通じるものがある。 次男よ!女性にその気がないときはサッと引き下がる事!覚えとけ! おいっ!長男・次男! 車と不審者に気を付けて無事帰って来いよ~ 今日は夏野菜カリーやで~ コーヒーは入れてへんから安心してや~ 長女「パパ!お腹出しながらご飯食べるのやめて!きもいよっ!」 ぱぱ「はい・はい、分かりましたよ~だ」 ぱぱ「カレーうまいか?」 長女「おいしい」 ぱぱ「そやろ~」

いいね数:48コメント数:01ヶ月

「せ~のっ!いったぁ だぁっきっ まあ〜すっ!!!!」 長男・次男「真っ黒じゃん!どうしたの?こんなの食べたらガンになるよ」 ぱぱ「なるかいボケッ!いつもと同じ様に焼いたんやけど、今日は真っ黒くろすけになってもうたわ~」 長男「いつもと違うもの入れたでしょ?」 ぱぱ「べっつに~いつもと同じやで~」 長男「パパはよく、今日は○○入れてみました。さて何を入れたのでしょ~か?って言うじゃん」 ぱぱ「今回は何もいれてへんわ、いつもと同じよ」 長男「絶対入れてるね、前もあったじゃん、何だったっけ・・・あっそうだ!カレーだよ!カレーにコーヒーの粉入れて、めっちゃ不味くしたんだよ」 ぱぱ「あれは別にコーヒー入れたからまずくなったんと違うで、コーヒーの粉ドバーって入れすぎたから苦くなったんや、だからパパが責任とって一人でカレー全部食ったやろ、1か月ぐらいかかったけどな、だから絶対にコーヒー入れんわ!」 長男「でも、コーヒー入れたでしょ」 ぱぱ「ハンバーグにコーヒーなんか入れるかい!具材の割合は変えたけどな」 長男「具材の割合変えたって何?」 ぱぱ「今回のハンバーグはひき肉の量をいつもより多くしたんや、と言うより具材の量を減らしたんだよなぁ~」 長男「具材って何?」 ぱぱ「ひき肉以外の材料の事や、ひき肉以外にも玉ねぎ、にんじん、パン粉、とか入れるけど、今回パン粉の量がいつもの半分以下なんだよなぁ~それで真っ黒くろすけになったんかなぁ~」 長男「何でパン粉半分にしたの?」 ぱぱ「パン粉買うの忘れとったんや。でもまぁ~大事なんは味の方や。見た目は真っ黒くろすけでも味はおいしいで!どうや!美味いやろ?苦くないやろ?」 子供皆「・・・・・」 ぱぱ「苦いんか?・・・」 子供皆「・・・・・」 ぱぱ「おいおい!なんでだまっとんねん!お前ら!パパのハンバーグ大好きやろ?美味いかって聞いとるんや、長男答えろよ!」 長男「まあ~まあ~」 ぱぱ「なんやその答えは!うまいか、まずいかで答えろよっ!」 長男「おいしい」 ぱぱ「苦いか?」 長男「苦くはない」 ぱぱ「そうやろそうやろ、いつも通りに作っとるんや、苦いはずないわ!次男はどう?うまいか?」 次男「・・・・」(最近、何事にも「めんどくせー」と言って返事をしなくなった次男が無言で右手を軽くサッと挙げては、すぐ下ろす。顔の表情からするとたぶんうまいのだろう。よしよし。それにしてもめんどくせー年頃だ) ぱぱ「おいっ次男!喋れ!ボケッ!ほんまにもーめんどくせー男よのぅ・・・長女ちゃんはおいしいでちゅか~?💖」 長女「・・・・・私怒ってるんだから!ゆるしてないからね!」 ぱぱ「・・・・・」(あっそうだった、長女と喧嘩してたんだった。長女がハンバーグ焼くとき、フライパンに雑にハンバーグ投げ入れた為、フライパンから跳ねた油が、長女の横で調理指導してた短パンTシャツ裸足の私の足の甲にピチョッ!と落ちて、のたうち回り熱がる私を見ても一向に謝らなかったので、「謝れよ!」と足をさすりながら長女を怒鳴ったら、「そんなところに裸足でいるパパが悪いんでしょ!スリッパ履きなさいよ!」と逆切れされたので喧嘩になってしまってたんだ、すっかり忘れてたわ。結局謝らない長女だった。) ぱぱ「おいっ!お前らっ!ハンバーグばっかり食ッとらんと、キャベツの千切りと一緒に喰えよ。ハンバーグ1口食べたら千切り5口は喰えよ!ええなっ!」 長男「は~い」 右手を軽く上げては、すぐに下ろす次男と、真っ直ぐ食べる長女 ぱぱ「宜しい!」父親の威厳0の俺

いいね数:54コメント数:21ヶ月

~ゴーヤとビールと佐藤健~ 長女・ぱぱ「せーのっ!いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!」 最近の晩ご飯、長女と私の2人だけで食べる事が随分多くなった。 高3、中3の長男、次男は来年合格に向けて塾で勉強中、22時ごろ帰宅予定だ。 奴らは帰ってきた順に晩ご飯食べるので、その都度おかずやみそ汁を温め直したり、洗い物が一発で片付かない事が結構面倒に感じる俺。 でもまぁ~ 子供たちが皆、毎日無事に家に帰ってきてくれる事のすばらしさを想えば、 自分の不満なんてくそくらえだ! 子供たち皆の食器を毎晩洗える幸せに感謝せねばだ! 長女「パパー、こんなにたくさん食べれないよ!」 ぱぱ「これぐらい喰え。いっぱい食べんとオッパイ大きくならへんぞっ!」 長女「パパッ!そんな事言ったらヘンタイだよ!」 ぱぱ「はい!そうです。パパはヘンタイです。あなたはそのヘンタイの娘です。」 無言の長女、細めた目を俺に向け続ける。 俺は一切そしらん顔してビールに手伸ばす。 「プシュッ!」とビール缶鳴らし、グビッ、グビッと2口連飲みし 「んっハァァッ~」の唸り声。 「コン!」と音出る程の勢いで木製テーブルにビール缶を叩き置く。 「ぱぱダメだよ!もっとゆっくり置いてよ、テーブルがキズついちゃうでしょ!」と、宣う長女だが、そんなものは完全無視して豆腐に箸伸ばす俺。 「パパー、今日のノルマ何?」 「昨日のナスとひき肉の炒めた奴とフナの甘露煮や」 「ええーっ!この黒い魚は絶対嫌!食べない!ナスは食べるけど」 「あかん!魚も食え!一人一匹や!ほれっ!」と、頭の崩れ落ちたフナの甘露煮、箸でつまんで長女のちっちゃな茶碗にポイと放り込む。 白いご飯の上に降り立った黒に近い茶褐色の無頭のフナの甘露煮一片 それを見つめる長女に反抗の気配は無い。 「よしっ!これでようやく、貰い物のフナの甘露煮全部無くなるぞ!」と、 心中ガッツポーズの俺。 「うげーっ!まっずー、パパー、このスープに何入れた?めっちゃ苦いよ!」 「ゴーヤだよ~ん」 「何でゴーヤ入れるのよ。パパは何でも混ぜるよね。それやめてって言ってるよね!センスないよ!」  「失礼なやっちゃな!苦いのは分かるけど、不味いは無いやろ。それにゴーヤはチャンプルして食べるもんや!大人はこの苦いのが好きなんや。苦いの嫌いちゅう長女ちゃんは、まだまだお子ちゃまですね~。そんなんじゃ佐藤健に相手にされませんよ~だ!(そう、長女は只今、佐藤健にくびったけなのだ。テレビドラマの「恋つづ」見てから彼に心奪われてる。)   細めた目を再び私に向け続ける無言の長女だが、俺は一切そしらん顔して、 いつものスーパー閉店間際に飛び込んで半額でゲットしたキハダマグロの刺身に箸を伸ばす。 「ビールも苦いんでしょ?」 平静な顔してフナの甘露煮ほおばりながら聞いてくる長女。 「そやっ!苦いで~、長女ちゃんも飲むか?」 嫌と言わない長女の目前に、「コン!」と音鳴し、ビール缶叩き置く。 長女「ぱぱダメだよ!もっとゆっくり置いてよ、テーブルがキズついちゃうでしょ!さっきも言ったよね!」 「早よ飲め」 長女は左手でビール缶を取り、尖がらせた唇を恐る恐る飲み口にくっつけ、 これまた恐る恐るビール缶のお尻を上げる。 「あか~ん!そんな飲み方じゃ味なんかわかるかい!もっとグビグヒ飲みなよ!」と、勢いよく長女を煽ってみる。  すると長女、 途端に「ぐびっ、ぐぴっ、ぐびっ」と3連ちゃんでのど鳴らす、 4回目鳴らす手前で、上方を向いたビール缶のお尻を急ぎ下げる俺 「お~い!パパよりたくさん飲んどるやんけ!どうよっ!苦かったかい?」 「コッン!」と音ならぬ様、静かにビール缶置く無言の長女の顔は、クッシャクシャのしかめっ面だった。 「わーっはっは!わーっはっは!その顔!佐藤健にみせてやりたいわっ!わーっはっは!わーっはっは!わーっはっは!・・・・・」 金色丸画鋲で少し右上がりに留められた佐藤健の顔が、居間の薄汚れた壁で微笑んでいた。 おいッ!長男、次男よ! 車と不審者に注意して早よ帰って来い!美味しい晩ご飯創って待っとるぞっ! それにビールもなっ!

いいね数:45コメント数:02ヶ月