屋根塗装 SHINSEIのフォトまとめ

1 - 18件/18件中
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁・屋根ともにシリコン塗料を使用し、外壁は超低汚染のナノコンポジットにて施工させていただきました。   外壁・屋根ともにコケや雨だれが目立っておりましたが、 3分つやのナノコンポジットで高級感のある仕上がりになっております。   外壁色も面でブラウンとホワイトの2色を使用しております。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁は関西ペイントの高耐久シリコン・屋根は水谷ペイントの遮熱シリコン塗料を使用。期待耐用年数は15年です。 外壁は既存のイメージをベースに、下半分のタイルは洗浄のみの施工になりますので、外壁は既存のイメージをベースに、またタイルに合わせて付帯部(幕板や雨樋など)の色をも検討致しました。屋根は遮熱塗料ということで当初ブラウン系の屋根を検討されておりましたが、両面から屋根があまり見えないということもあり、少し明るめのサーモダルオレンジという色で塗装させていただきました。 施工前は屋根や外壁のタイルにコケが広い範囲で生えてしまっていたため、入念に高圧洗浄作業を行いコケや雨だれを除去致しました。バルコニーの床などもとてもきれいに仕上がっております(^◇^)
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
武蔵野市S様邸塗装工事施工後の写真になります。 外壁はシリコン塗料。屋根は外壁より劣化が早いため、フッ素塗料にて塗装させていただきました。また屋根には遮熱塗料を使用しており、遮熱+フッ素で紫外線や熱からも強い屋根になっております。お客間の希望で外壁の真ん中・破風部にピンクのラインを入れさせていただきまして、車や人通りの多い道路沿いに立っているお家ですので、かなり目立ちますね!ピンクとグレー系の相性の良さは新発見でした|д゚)
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
東久留米市G様邸の施工後の写真です。 となりが木が生い茂った公園ということで、外壁・屋根にはかなりコケが生えてしまっておりました。よって外壁には超低汚染+防藻に特化した【ナノコンポジット防藻+】を使用。さらに屋根には遮熱塗料を使用しております。 写真を見ていただいてわかりますように防藻性能・遮熱性能を考慮し、屋根・外壁ともに白に近い色で塗装させていただいました。 薄い色の屋根などに抵抗をお持ちのお客様もいらっしゃいますが、現在遮熱塗料の普及もあり、薄い色を選ばれる場合も非常に多くなっております 。個人的にも薄い色の配色は結構好みなんですけどね( *´艸`)塗装工事の際はぜひ検討してみてください。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁は15年の耐久性をもった高耐久シリコン塗料、屋根には遮熱塗料を使用し施工させていただきました。 また外壁サイディング目地やサッシ廻りシーリングの打ち替えも行い、外回りは一新しております。 お客様の希望もあり、クリヤ(透明)の塗料での塗装を検討したのですが、既存外壁の劣化や以前他業者様で施工した補修痕などが多く見られたため塗りつぶしの選択となってしまいました。 クリアの塗装をご希望の場合は築10年未満での外壁塗装をおすすめさせていただきます。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
家の裏側に山があるため、外壁や屋根が汚れやすいということで 外壁はナノコンポジットW、屋根は遮熱シリコン塗料を使用。 施工前の色味から、大幅にイメージも変わっております。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁・屋根ともにフッ素塗料にて施工させていただきました。 フッ素塗料は20年近くの耐用年数がありますので、最大限に生かせるよう 徹底した下地処理作業を行いました。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
 外壁・屋根ともにシリコン塗料で塗装を行いました。   自宅兼アパートということでしたので、自宅側とアパート側で色を2色使用し、塗料は艶消しで施工し、色の割に落ち着いた仕上がりとなっております。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁はシリコン塗料にて施工させていただきました。 全体的に劣化が進んでおり、雨漏れ箇所もちらほら。 防水処理を徹底して行い、鉄部はさび止めをしっかり入れて塗装させていただきました。 塗装工事のほかにも腐食してしまった板金の交換なども行っております。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁はナノコンポジットWを使用し、屋根は遮熱シリコンにて塗装を行いました。 シーリングレスの外壁でしたので、シーリングの打ち替えは一部のみとなります。 屋根は遮熱効果を上げるため、薄いグリーン色にて施工致しました。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁・屋根ともに超耐久性能をもつ、フッ素塗料にて塗装させていただきました。屋根やよこ樋にグリーンを配色し、正面の窓枠にポイントを付けたいとのことでしたので、こちらにも屋根と同じグリーンの色を配色いたしました。外壁は既存のイメージと近い仕上がりですが、屋根の色がブラウン→グリーンに変更されておりますので、外観イメージがかなりフレッシュに変わりました(^_-)-☆
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
屋根・外壁ともに艶ありシリコン塗料での塗装になります。 既存のシーリングの劣化が激しく、一部軒天に雨漏れが発生しておりました。 すべてシーリングの撤去・打ち替えを行いまして、雨漏れで腐食してしまった軒天は 雨漏れが収まったのを確認後、張り替えさせていただきました。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁はシーリングの打ち替え後、ナノコンポジットWにて塗装。 屋根は急勾配の屋根のお家でしたので、万一のためとフッ素塗料にて塗装を行いました。 屋根・外壁と青を基調とした仕上がりとなっております。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁・屋根はシリコン塗料を使用。外壁に雨だれやコケが目立っておりましたので、超低汚染型の塗料で施工させていただきました。外壁は既存のイメージを損なわないように2色色分けをして塗装を行い、3分つやですのですこし艶を抑えたような仕上がりになっております。屋根の形状からか屋根材にクラックが目立ちましたが、クラック部は補修を行い塗装致しました。補修痕が目立ってしまうことが懸念されましたが、施工後はほとんど目立つことなく既存のバランスを保った仕上がりにすることができました。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁には関西ペイントの高耐久シリコン。屋根には水谷ペイントの遮熱シリコンを使用し塗装を行いました。期待耐用年数は15年。外壁はベージュ敬→グレー系に、屋根はニューサーモブラウンという色になりますが、日が当たるとオレンジ色といっていいと思います。当初濃い色の屋根をご検討でしたが、今回屋根に塗装したのが遮熱塗料ということで、遮熱性能を考慮して気持ち明るめで塗装しました。 屋根は実際塗装すると色見本で見るよりも大分明るく鮮やかにみえますので、ご検討の際はそこを考慮して色を検討しなければなりません。後々聞くとここも思ったより明るかったとのことでしたが、非常に鮮やかなオレンジ色に仕上がりましたので個人的にはとても好きな色の一つです!(^^)! また雨樋などが大型だったため、塗装後は一般の付帯部の塗装した感じより塗料のつやで輝いて見えました。

関連するキーワードのフォト

日建リフォームの画像
日建リフォーム
アパートの屋根・外壁塗装のご依頼です! こちらは、施工前です。 屋根も塗膜に防水効果が無く変色してます! アパートは外観が綺麗じゃないと空室が埋まらないのですね! 弊社におまかせください!
日建リフォームの画像
日建リフォーム
アパート、屋根も壁も綺麗になり大変喜んで頂きました! 写真は、足場を外してる途中に撮影しました! "施工ほやほやです!" 屋根材の補修、壁も修して、途中で住人の方御要望も対応させて頂き、もう安心ですね! 大家さん、住人の皆様も大満足でした! 訪問販売の塗装業者は、かなり高額だったので、 弊社含め数社相見積されて、弊社の印象、施工説明、価格等が良かったらしく、 ご依頼頂き心より御礼申しあげます。 大家さんから"日建リフォームの看板付けてもいいよ"って! ※ガス屋さんが看板ありました。(笑)~♪ それより、他に何か困ったことがご連絡ください! 飛んで来ます! この最後のお言葉は、"本当ににうれしいですね!" "疲れが吹っ飛びます!!!" 本当に有り難うございました!
水原塗装の画像
水原塗装
大阪は江坂にあるオフィスのメンテナンス塗装をさせていただきました。
Bryan Harperの画像
Bryan Harper
去年の今頃、家の屋根と外壁の塗装のし直しをしました。 外壁は紺、屋根はグレーです。 我が家は築30年ぐらいになり、天窓から雨漏りがしていたため、天窓も取り外しました。 以前の色は外壁が黄色味が強いクリーム色、屋根が緑色で、私たちが塗装する前に一度塗装をし直していたようですが、かなり色あせていました。 塗装を初めて、担当の方から屋根のけらばがぐらついており、強い雨など降ると間から雨が入ってしまうかもしれないと指摘を受け、全てにコーキングをしてもらいました。 この塗装が終わってから台風19号が上陸しました。 4日間ぐらい停電になりましたが、家の被害はありませんでした。 コーキングをお願いしていなければ多分屋根の一部は剥がれ落ち、雨漏りをしていたと思います。 費用はかかりますが、家のメンテナンスは重要です。次の塗装は10年後、、、。 貯金をしておかねば!
日建リフォームの画像
日建リフォーム
屋根工事のご紹介です。 個人のご自宅の屋根葺き替えです。 屋根が大きく、クレーンで屋根材を運んでおります。 秩父市OBのお客さまから、 地元のリフォーム屋・大工・瓦屋さんでは対応が規模しいので、 屋根工事が得意な弊社に屋根工事のご依頼ありました。
吉田看板塗装店の画像
吉田看板塗装店
施工前と施工後
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
屋根塗装のみシリコン塗料にて塗装。屋根勾配は比較的緩いのですが、念のため落下防止のために足場を仮設させていただき作業を行いました。 屋根材の劣化が著しく、欠けてしまってい部分や表面が剥がれてしまっている箇所も多かったのですが、劣化が著しく塗料の吸い込みなどが激しい箇所には塗料の厚塗りを行うなど対策を行いながら作業を行い、また勾配が緩いということで、漏水防止のためのタスペーサー取付による縁切り作業も徹底して行っております。 もともと屋根が広いお家ですので施工後はグリーン屋根が印象的で、今回外壁には手を付けていないのですが外壁まできれいに見えるようです( ^)o(^ )
吉田看板塗装店の画像
吉田看板塗装店
塗装工事施工前と施工後
吉田看板塗装店の画像
吉田看板塗装店
外壁、屋根塗替え塗装工事の施工前と施工完成
Megumiの画像
Megumi
三角屋根の平屋
日建リフォームの画像
日建リフォーム
奥様あこがれの白い壁に大変身! 屋根:ガルバリウム鋼板で20年お手入れいらず! 壁:憧れの白壁はシリコン樹脂塗料でピカピカ! 屋根のソーラーを下して、きれいな屋根、壁となり、 完成後は、大満足して頂きました!
外壁塗装の花まるリフォーム株式会社の画像
外壁塗装の花まるリフォーム株式会社
横浜市青葉区  外壁・屋根塗装事例(2016年1月 完工) 築15年ほどで初めての塗替えです。青葉区の閑静な住宅街の丘の上に建つ住宅はけっこう目立つおうちです。塗替えにあたってはあまり劇的なイメチェンはせずに、既存色を踏襲するプランでの工事となりました。 ひとつ気になる点があるとすれば、1階のサイディング外壁の出隅角のパネルが大きく開いてしまっていること。いつの頃からか気が付かないうちに大きな隙間が開いて下地の防水紙(フェルト)が見えてしまっています。今のところ室内への雨漏りは発生していませんが、確実にサイディングパネルの内部に雨水が入っているため、このまま放置するのは建物にとって良いはずがありません。工事にあたってはこの箇所をしっかりと補修することがいの一番の項目となりました。 着工後すぐに該当箇所の点検を行いましたが、幸い下地材のダメージは無く、パネルをビスで打ち込むとしっかりと接着してくれました。仕上げに突き合わせ部分にシールを打って補修作業は無事終了。あとはいつも通りに塗装作業を行いました。 施工前の外壁色を基本として、雨樋や破風板などの部分はすべて黒に統一。するととてもシンプルで爽やかな仕上がりとなりました。 足場が取れると丘の上のお家は工事前よりもいっそう眩く輝きだしました。また夕暮れ時は黄金色に萌えて、なんだか厳かな雰囲気を醸し出しています。
yokohama nure+ 株ヨコハマ塗リタスの画像
yokohama nure+ 株ヨコハマ塗リタス
外壁塗料を水性のパーフェクトトップを仕様しました。 溶剤に比べ若干ツヤが劣りますが、喘息のお子様がいらっしゃるのであえて水性にしました。 溶剤、水性共に品質に変わりはありません。 使用塗料 外壁 日本ペイント ニッペパーフェクトトップ 屋根 日本ペイント ニッペファインパーフェクトベスト コーキング オート化学工業 オートンイクシード15+ 保証 外壁 弊社保証8年 屋根 弊社保証7年 コーキング オート化学工業保証10年 撮影 施工完了時
吉田看板塗装店の画像
吉田看板塗装店
塗替え塗装工事施工前と施工後
日建リフォームの画像
日建リフォーム
春日部の施工前のお住まいです! これから、屋根:ガルバリウム鋼板・外壁:塗装して、 リフォームで、"衝撃の変身します!"
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁には関西ペイントの高耐久シリコン。屋根には水谷ペイントの遮熱シリコンを使用し塗装を行いました。期待耐用年数は15年。外壁はベージュ敬→グレー系に、屋根はニューサーモブラウンという色になりますが、日が当たるとオレンジ色といっていいと思います。当初濃い色の屋根をご検討でしたが、今回屋根に塗装したのが遮熱塗料ということで、遮熱性能を考慮して気持ち明るめで塗装しました。 屋根は実際塗装すると色見本で見るよりも大分明るく鮮やかにみえますので、ご検討の際はそこを考慮して色を検討しなければなりません。後々聞くとここも思ったより明るかったとのことでしたが、非常に鮮やかなオレンジ色に仕上がりましたので個人的にはとても好きな色の一つです!(^^)! また雨樋などが大型だったため、塗装後は一般の付帯部の塗装した感じより塗料のつやで輝いて見えました。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁・屋根ともにフッ素塗料にて施工させていただきました。 フッ素塗料は20年近くの耐用年数がありますので、最大限に生かせるよう 徹底した下地処理作業を行いました。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁・屋根ともにシリコン塗料を使用し、外壁は超低汚染のナノコンポジットにて施工させていただきました。   外壁・屋根ともにコケや雨だれが目立っておりましたが、 3分つやのナノコンポジットで高級感のある仕上がりになっております。   外壁色も面でブラウンとホワイトの2色を使用しております。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁・屋根はシリコン塗料を使用。外壁に雨だれやコケが目立っておりましたので、超低汚染型の塗料で施工させていただきました。外壁は既存のイメージを損なわないように2色色分けをして塗装を行い、3分つやですのですこし艶を抑えたような仕上がりになっております。屋根の形状からか屋根材にクラックが目立ちましたが、クラック部は補修を行い塗装致しました。補修痕が目立ってしまうことが懸念されましたが、施工後はほとんど目立つことなく既存のバランスを保った仕上がりにすることができました。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
屋根・外壁ともに艶ありシリコン塗料での塗装になります。 既存のシーリングの劣化が激しく、一部軒天に雨漏れが発生しておりました。 すべてシーリングの撤去・打ち替えを行いまして、雨漏れで腐食してしまった軒天は 雨漏れが収まったのを確認後、張り替えさせていただきました。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁はナノコンポジットWを使用し、屋根は遮熱シリコンにて塗装を行いました。 シーリングレスの外壁でしたので、シーリングの打ち替えは一部のみとなります。 屋根は遮熱効果を上げるため、薄いグリーン色にて施工致しました。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
家の裏側に山があるため、外壁や屋根が汚れやすいということで 外壁はナノコンポジットW、屋根は遮熱シリコン塗料を使用。 施工前の色味から、大幅にイメージも変わっております。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
 外壁・屋根ともにシリコン塗料で塗装を行いました。   自宅兼アパートということでしたので、自宅側とアパート側で色を2色使用し、塗料は艶消しで施工し、色の割に落ち着いた仕上がりとなっております。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁・屋根ともに超耐久性能をもつ、フッ素塗料にて塗装させていただきました。屋根やよこ樋にグリーンを配色し、正面の窓枠にポイントを付けたいとのことでしたので、こちらにも屋根と同じグリーンの色を配色いたしました。外壁は既存のイメージと近い仕上がりですが、屋根の色がブラウン→グリーンに変更されておりますので、外観イメージがかなりフレッシュに変わりました(^_-)-☆
日建リフォームの画像
日建リフォーム
コロニアル、スレート屋根の美観が続くリフォーム! 今回は、屋根をガルバリウム鋼板をカバー工法(以前のスレート屋根の上に重ねる工法)で、 外壁は、シリコン樹脂塗装のご紹介です。 もう、屋根は塗膜が太陽の紫外線、雨で劣化し、塗膜が薄くなり、 色があせ、防水効果が無くなり、藻、カビが生えてしまって、見るも無残な状態に! 屋根の塗装は、シリコンでも、8~10年で塗替えなので、 屋根は紫外線、雨が直接あたるので、塗装しても外壁よりも劣化が早いので、 今回は、ガルバリウム鋼板のカバー工法で20年メンテナンス不要な金属屋根をご紹介し、 結果、お客様が選んだのは! 屋根:ガルバリウム遮熱フッ素鋼板でスレート屋根に金属屋根カバー工法で金属屋根横葺き仕様 外壁:シリコン樹脂塗装 となりました。 これで、屋根のカビ、藻、20年間!さようなら、よせつけません! ♪♪♪
株式会社WorldFrontierの画像
株式会社WorldFrontier
体育館のスポーツコートライン(バスケットボール・バドミントンなど)塗装の様子。 都内でも数十社しかない貴重な施工職種です。
【創業123年】株式会社ウオハシの画像
【創業123年】株式会社ウオハシ
屋根・外壁塗装をして築29年とは思えないきれいな外観に。 (加古川市Y様邸の水まわりリフォーム)
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
太陽に顔を向けるような南向き片流れ屋根は、燃費の良いコンパクト住宅を基本設計としながらも、大容量の太陽光パネルの設置に対応。屋根の勾配面積が広くなるほど室内にもスペースが生まれるため、小屋裏設計にも対応しやすくなります。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
招き屋根とオーバーハングの凹凸による重厚さと品格あふれるデザイン。街並みに映える普遍的なデザインで、幅広い世代の好みに応えます。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
片流れ屋根とフラットルーフの水平ラインが特徴のモダンなシルエット。1階は家族やゲストが集まるパブリックゾーン、2階は家族の時間を大切に過ごすプライベートゾーンに切り分けるゾーニングの考え方。
日建リフォームの画像
日建リフォーム
【屋根リフォーム・ワンポイント】 ①ガルバリウム鋼板でも、メーカーで寿命が異なりますのでご注意ください! ②ガルバリウム鋼板でも5年で色があせてしまい、白く褪せてしまうガルバリウム鋼板もありますので御注意ください! ③洋風瓦仕様のガルバリウム鋼板もありますが、技術、ノウハウが必要で、取扱できるのは、屋根板金専門店、大手リフォーム会社のみですので、大手以外で弊社のような中小企業で瓦形状のガルバリウム鋼板を扱っている業者は屋根工事の施工技術が高いので安心です。 ④弊社のように、和瓦(三州瓦等)も施工でき、ガルバリウム鋼板でも、天然石付のガルバリウム鋼板、ガルバリウム鋼板も数社取扱している業者、和瓦も対応できる会社は技術ある安心な屋根工事会社です。 【屋根・外壁塗装のワンポイント】 ①屋根、外壁で重要なことは、下地塗料です。 ②下塗工程・下塗材は、塗膜を下地に喰いつかる重要な工程で、下地塗料が安い塗料の場合は、その上に2回、3回塗装しても、一番最初の下塗の塗料が剥がれてしまえば意味がありませんので、ウレタン、シリコン、フッ素、次世代塗料と上塗りを高価な塗料で塗装しても、残念ながら剥がれやすいのでご注意ください。 【目地がある壁のワンポイント】 ①シーリング材(目地材)には、種類があります! ②サイディング用、ALC(旭化成様等の軽量発砲コンクリート)で使用するシーリング材は違います。 ※シーリング材の用途:地震、強風、車の振動等で1枚ごとに動くことで振動に耐えることが出来、壁の亀裂等を軽減させる重要な部分で、サイディング、ALC壁等ではシーリング材が違うので適切なシーリング材の選び方が重要です。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
武蔵野市S様邸塗装工事施工後の写真になります。 外壁はシリコン塗料。屋根は外壁より劣化が早いため、フッ素塗料にて塗装させていただきました。また屋根には遮熱塗料を使用しており、遮熱+フッ素で紫外線や熱からも強い屋根になっております。お客間の希望で外壁の真ん中・破風部にピンクのラインを入れさせていただきまして、車や人通りの多い道路沿いに立っているお家ですので、かなり目立ちますね!ピンクとグレー系の相性の良さは新発見でした|д゚)
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁は15年の耐久性をもった高耐久シリコン塗料、屋根には遮熱塗料を使用し施工させていただきました。 また外壁サイディング目地やサッシ廻りシーリングの打ち替えも行い、外回りは一新しております。 お客様の希望もあり、クリヤ(透明)の塗料での塗装を検討したのですが、既存外壁の劣化や以前他業者様で施工した補修痕などが多く見られたため塗りつぶしの選択となってしまいました。 クリアの塗装をご希望の場合は築10年未満での外壁塗装をおすすめさせていただきます。
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁はシーリングの打ち替え後、ナノコンポジットWにて塗装。 屋根は急勾配の屋根のお家でしたので、万一のためとフッ素塗料にて塗装を行いました。 屋根・外壁と青を基調とした仕上がりとなっております。
日建リフォームの画像
日建リフォーム
コロニアル、スレート屋根は、 10年経つと実際は屋根の上で見えませんが・・・・・! 実は、こんな状況なのです! 棟の板金もこんな感じで、クギも浮いて危険な状態てす!
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEIの画像
稲城市の外壁塗装専門店 株式会社SHINSEI
外壁はアイカ工業のジョリパッドフレッシュ、屋根はディプロマットをカバー工法で屋根に葺きました。 外壁はクラックが多かったので、マスチックローラーにて厚塗り塗装させていただきました。 屋根は劣化が著しくボロボロぼ状態でしたので、築13年程度でしたがカバー工法での屋根葺き工事をご提案させていただきました。 外壁の色はクリームとブラウンの2色を使い、外壁の色に合わせて屋根材の色もブラウンで施工しました。
日建リフォームの画像
日建リフォーム
金属屋根も色々あり、業者は"金属屋根ですから安心してください!"というだけで細かい説明が無い場合注意してください!
もやい建築事務所の画像
もやい建築事務所
明石大倉海岸の家 緑化屋根とアプローチ
京都・滝本一級建築士事務所の画像
京都・滝本一級建築士事務所
二階建ての住宅ではありますが、棟の部分に腰屋根が付いており、高さ8mくらいの吹き抜けとなりました。 腰屋根には窓をつけ、最上部から暑い日は屋根から熱を、寒い日は熱を取り入れます。 狭小住宅のこの物件はこの部分をコアに建物を計画してます。
もやい建築事務所の画像
もやい建築事務所
たつの市「楓舎」の南側庭

「屋根塗装 SHINSEI」でよく見られるフォト

「屋根塗装 SHINSEI」が写っている部屋のインテリア写真は18枚あります。また、外壁塗装,稲城市,府中市,塗装工事,シーリング,スレート,遮熱,シリコン塗料,防水工事,遮熱塗料と関連しています。

キーワードで絞り込む

さらにキーワードで絞り込む

関連するキーワード

関連するキーワードで絞り込む

関連するアイデア

人気のアイデア

商品を探す

人気のブランド

人気のランキング

気になる商品をキーワード検索