「脂質オフ」の検索結果

6件中 1 - 6件表示中

ヘルシー調理はおまかせ🎉⁣ \ ノンフライ オーブントースター /⁣ ⁣ クイジナートのノンフライ オーブントースターは、⁣ トースターやオーブンとして大活躍✨⁣ ⁣ 朝のトーストから揚げ物系冷凍食品の解凍、グラタンやお魚のグリル、スイーツまで幅広くお使いいただけます🍞⁣ ⁣ 家族に人気のから揚げの温め直しや解凍も、⁣ サクッとクリスピーな食感に👍⁣ ⁣ 脂質控えめでヘルシーに仕上がります!⁣ ⁣ 熱々サクサクのおつまみを用意して、⁣ ちょっとひと息つきませんか🥂⁣ ⁣ ・。・。・。・。・。・⁣ 🥖Item:ノンフライ オーブントースター⁣ ⁣ 🔍TOA-28J⁣ ・。・。・。・。・。・⁣ ⁣

いいね数:27コメント数:07ヶ月

🍴低糖質の低温調理レシピ 【95℃ 糖質オフのバスク風チーズケーキ🧀】 https://boniq.jp/recipe/?p=20745 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク バスク風」で検索もOK🔍 ・⠀ ・ おからパウダー消費レシピとして考案した、バスク風チーズケーキ🧀 ・ ラカントSとクリームチーズ、そして薄力粉の代わりにおからパウダーを使えば糖質オフで気兼ねなく、大変おいしく食べられます。 ・ 食べ好きは禁物ですが、ダイエット中、減量中、ボディメイク中の方はもちろん、糖質制限が必要な方にも。 少量で満足できる、大変濃厚な味わいです😋 ・ ・⠀ ✅1食分あたりの栄養素⠀ カロリー - 478.2 kcal 糖質 - 3 g タンパク質 - 8.4 g 脂質 - 45.8 g 食物繊維 - 1.2 mg カリウム - 141 mg カルシウム - 85 mg マグネシウム - 13 mg 鉄分 - 0.6 mg 亜鉛 - 0.8 mg ・⠀ ・⠀ ✅BONIQ管理栄養士の栄養アドバイス バスク風チーズケーキを低糖質で作ることができるレシピです。 本来、砂糖を多く使用するので糖質量が高くなってしまうケーキですが、ラカントを使用することで糖質を抑えられます。 ・ ラカントは、「羅漢果(ラカンカ)」という植物の高純度エキスと、トウモロコシの発酵から得られる天然甘味成分「エリスリトール」、2つの天然素材からつくられたカロリーゼロの自然派甘味料です。 ラカントの成分は99.8%がエリスリトールという炭水化物ですが、血糖値に影響がないため糖質量やカロリーは0となっています。 ・ このバスク風チーズケーキは低糖質ではあるものの、栄養価を見てみると、脂質の量が高いことに気づいたでしょうか。 乳脂肪分が高い生クリーム、クリームチーズなど高脂質な食品が使用されているので食べすぎは禁物です。 ・ コーヒーや紅茶、ハーブティーなどと一緒に少量をゆっくり食べることで、満足感が増しますよ。 ・ 詳しいレシピ工程や作る際のポイントは、レシピサイトにてご確認ください😉 ・ ・ BONIQではほとんどのレシピでレシピ毎にカロリーを含めた「1食あたりの栄養素」と「管理栄養士の栄養アドバイス」を掲載しています。 代用できる材料や食べ合わせなどについてなどの提案も👍 ・ ぜひ毎日のごはん作りや献立の参考にお役立てください😊

いいね数:7コメント数:02ヶ月

🏆【低温調理ならではのチーズレシピ🧀】人気ランキング TOP5✨ https://boniq.jp/recipe/?p=25930 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍   低温調理ならではの味わいや食感が楽しめる食材はいろいろありますが、チーズもその中の1つ☝️   低温調理でチーズ自体を作ることもできますし、自家製チーズや市販のチーズを使って作るチーズを使ったレシピも多数公開しています🍴    そこで今回は、370以上の低温調理レシピを公開している「BONIQ」の公式レシピサイトにおける「低温調理ならではのチーズ&チーズを使ったレシピ」TOP5を発表❗️🎉     🏆【低温調理ならではのチーズレシピ】人気ランキング TOP5✨   \🏆No.1/✨ 🍴88℃ しっとりフワフワ チーズスフレケーキ🧀 \🏆No.2/ 🍴95℃ 糖質オフのバスク風チーズケーキ🧀 \🏆No.3/ 🍴43℃ 低温調理で自家製無添加クリームチーズ🫕 \🏆No.4/ 🍴95℃ 濃厚な口どけ 桜のレアチーズケーキ🧀 \🏆No.5/ 🍴40℃,50℃ 改訂版カッテージチーズ レモン汁/酢🫕      1位、2位、どちらもスイーツがランクイン❗️   低温調理で作ったチーズを使って作るチーズケーキは、まさに「低温調理をフルに堪能できる」一品。 そのおいしさは想像以上です😍   おうちごはんはもちろん、ホームパーティーや持ち寄り、ご家族やお友達へのプレゼントとしても◎    1位、2位レシピの材料でもあるクリームチーズは生クリームと牛乳が混ざっているため、他のチーズと比べて低タンパク質で高脂質、塩分が少ないという特徴があります。 また乳製品に多いカルシウムはカッテージチーズよりは多いものの、他のチーズと比べると1/6~1/10程度と少なめです。   ビタミンAは比較的多く、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。 卵はクリームチーズと同様にビタミンAが多く、造血作用のあるビタミンB12と皮膚や粘膜を守ったり成長をサポートするビタミンB2が豊富です。   例えば1位の「88℃ しっとりフワフワ チーズスフレケーキ」であれば、脂質の割合は高いもののレシピ1個当たり、油小さじ1強程度。 食べ過ぎは禁物ですが、脂質は効率の良いエネルギー源となるほか、ビタミンAの吸収を助ける働きもあります。     低温調理で作るチーズは、とってもなめらかでとっても濃厚。 自分で作るから自然派でからだにやさしいのも手作りならでは👍   サラダやパン、ピザやパスタ、クラッカーにのせたりと色々とアレンジも出来て◎お子さまのおやつとしてもおすすめです。     おいしくてからだにやさしい、低温調理で作る自家製チーズレシピ。 ぜひお試しください😌     👩‍🍳👨‍🍳各レシピの材料や作り方はレシピサイトにて↓     🏆【低温調理ならではのチーズレシピ🧀】人気ランキング TOP5✨ https://boniq.jp/recipe/?p=25930 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍

いいね数:5コメント数:027日