「維持管理」の検索結果

13件中 1 - 13件表示中

住まいの性能向上を重視したマンションスケルトンリフォーム。窓にはインナーサッシ、床・壁にグラスウール、壁は石膏ボードを二重張りにして、防音性、断熱性をアップ。特に遮音・防音対策は話し声、足音、テレビの音など、発生する音に合わせて計画しています。テレビとも連動するHEMSのモニターがLDKの一角に設置されています。IHクッキングヒーターやエアコンなどの今のエネルギー使用量が一目で分かるので、家族が無駄なく賢いエネルギーの使い方を心掛ける良いきっかけとなりました。給排水配管はヘッダー工法を採用。新しい我が家で長く快適に暮らす為に長期的な維持管理しやすさは大切です。贈与税に伴う減税制度を利用するにあたって省エネ基準を満たすように設計しました。リビングから右手奥のウォークスルークローゼットを介して寝室とつながる新たな動線も便利です。

いいね数:14コメント数:04年

住まいの性能向上を重視したマンションスケルトンリフォーム。窓にはインナーサッシ、床・壁にグラスウール、壁は石膏ボードを二重張りにして、防音性、断熱性をアップ。特に遮音・防音対策は話し声、足音、テレビの音など、発生する音に合わせて計画しています。テレビとも連動するHEMSのモニターがLDKの一角に設置。IHクッキングヒーターやエアコンなどの今のエネルギー使用量が一目で分かるので、家族が無駄なく賢いエネルギーの使い方を心掛ける良いきっかけとなりました。給排水配管はヘッダー工法を採用。新しい我が家で長く快適に暮らす為に長期的な維持管理しやすさは大切です。贈与税に伴う減税制度を利用するにあたって省エネ基準を満たすように設計しました。

いいね数:12コメント数:03年以上

住まいの性能向上を重視したマンションスケルトンリフォーム。窓にはインナーサッシ、床・壁にグラスウール、壁は石膏ボードを二重張りにして、防音性、断熱性をアップ。特に遮音・防音対策は話し声、足音、テレビの音など、発生する音に合わせて計画しています。テレビとも連動するHEMSのモニターがLDKの一角に設置されています。IHクッキングヒーターやエアコンなどの今のエネルギー使用量が一目で分かるので、家族が無駄なく賢いエネルギーの使い方を心掛ける良いきっかけとなりました。給排水配管はヘッダー工法を採用。新しい我が家で長く快適に暮らす為に長期的な維持管理しやすさは大切です。贈与税に伴う減税制度を利用するにあたって省エネ基準を満たすように設計しました。リビングから右手奥のウォークスルークローゼットを介して寝室とつながる新たな動線も便利です。

いいね数:11コメント数:04年

🍴低糖質の低温調理レシピ 【63℃ 生活習慣病を予防◎まぐろの柵で自家製ツナ🐟】 https://boniq.jp/recipe/?p=4597 👉プロフィール欄のリンクからレシピサイトへ飛べます。 👉「ボニーク ツナ」で検索もOK🔍 ・⠀ ・⠀ ツナ缶は、サラダの他にサンドイッチやおにぎり、パスタにも使えて、ご家庭にストックされている方もいらっしゃるかと思いますが、缶臭さやオイルを切っても残ってしまうギトギト感、さらにはお湯で洗い流すとパサパサになってしまうので、私はツナ缶に多少の抵抗感がありました。 ・ かといって、新鮮なマグロの刺身にわざわざ火を入れてまで自家製ツナを作る・・・❓ マグロはマグロの刺身で食べたい❗️と思っていましたが、今回BONIQでツナを作ってみてその柔らかさとしっとりさに衝撃を受けました🥺 ・ 凄く美味しいです。こんなツナ、食べたことありません❗️ 新鮮な刺身をわざわざツナにする価値があります‼️ ・ フリーザーバッグに残ったオイルも市販のツナ缶と違って、気にせずに使えます。 今回の写真ではアボカド、ゆで卵、オリーブ、パルメザンチーズをふって、自家製ツナのニース風サラダに仕上げています。 もうツナ缶に頼ることはないでしょう🤲😉 ・ ・⠀ ✅1食分あたりの栄養素⠀ カロリー - 172 kcal 糖質 - 1.2 g タンパク質 - 15.9 g 脂質 - 10.9 g ・⠀ ・⠀ ✅BONIQ管理栄養士の栄養アドバイス⠀ マグロには、魚の脂に含まれている特有成分DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)といった脂肪酸が豊富に含まれています。 ・ どちらの脂肪酸も人体では作り出すことができない栄養素です。 DHAは「魚を食べると頭が良くなる」と言われる所以になった栄養素です。脳にまで届き、脳の発育や機能を維持する働きがあります。 EPAは血液を固まりにくくさせ、心臓病の原因となる血栓ができにくくする働きがあります。 ・ ただし、DHAとEPAは油であることから、ツナを作った時のオイルに一部が溶けだす恐れがあります。 せっかくの栄養素を無駄にするのはもったいないですよね。DHA・EPAの健康効果を期待する場合、自家製ツナやツナ缶を食べる時には煮込んだ油も一緒に食べるようにしましょう。 ・ ・ 詳しいレシピ工程や作る際のポイントは、レシピサイトにてご確認ください⬇️😊 ・ ・ 🍴低糖質の低温調理レシピ 【63℃ 生活習慣病を予防◎まぐろの柵で自家製ツナ🐟】 https://boniq.jp/recipe/?p=4597 👉プロフィール欄のリンクからレシピサイトへ飛べます。 👉「ボニーク ツナ」で検索もOK🔍 ・⠀ ・⠀ BONIQではほとんどのレシピでレシピ毎に「1食あたりの栄養素」と「管理栄養士の栄養アドバイス」を掲載しています。 ・ ぜひ調理や献立の参考にお役立てください🙌

いいね数:19コメント数:09ヶ月

低糖質の低温調理レシピ 🍴【真蛸(マダコ)のふっくら柔らか煮🐙】 https://boniq.jp/recipe/?p=2371 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク まだこ」で検索もOK🔍 ・⠀ ・⠀ 一般的なスーパーで販売されているタコは茹でてあったり、蒸してあったり、加熱調理が済んでいるものが多いですよね。 ・ そのようなゆでタコ(蒸しタコ)を更に煮込むと当然硬くなってしまいます。かといって、生タコは下処理も大変です。 ・ 今回BONIQを使って低温調理をしたところ、30分でとてもやわらかく仕上げることができました。 ・ 筋繊維(筋肉の筋)が一方向に走っている食材が多いの中、タコは複雑に色んな方向に向かって走っているそうで、 固いもので叩いてその筋繊維を壊し、炭酸水と低温で加熱したことで、一層ふっくらやわらかく仕上げることができました🙌 ・ ・⠀ ✅1食分あたりの栄養素⠀ カロリー - 213 kcal 糖質 - 0.9 g タンパク質 - 29.9 g 脂質 - 0.9 g ・⠀ ・⠀ ✅BONIQ管理栄養士の栄養アドバイス⠀ まだこは100g当たりタンパク質21.7g、脂質0.7gと高タンパク質、低脂質の食材です。 ・ ビタミンEや銅、ビタミンB12、亜鉛の栄養素が豊富で、こちらのレシピ一人分で一日に摂取したい量の亜鉛は約1/4、他の栄養素は約1/3を摂取できます。 ・ 亜鉛は性ホルモンの合成に、ビタミンEは性ホルモンの生成や分泌を良くするのに関わるため、生殖機能の維持に大切な栄養素です。 銅とビタミンB12はどちらも造血に関わり、銅は鉄分の利用を助け、ビタミンB12は赤血球の生成に働きます。鉄分と葉酸と相性の良い栄養素なので、組み合わせて摂取すると良いでしょう。 ・ 魚介類に多いタウリンもタコはトップレベルの含有量です。 タウリンは、交感神経を抑制する働きがあることから、高血圧の予防が期待できます。また、コレステロールを排泄させる働きのある胆汁の分泌を促すため、血栓を防ぐことにも役立つと考えられています。 ・ ・ 詳しいレシピはレシピサイトにてご確認ください🙌

いいね数:9コメント数:011ヶ月

「やわらかな自家製 鶏ハム」 鶏むね肉で作る、 パサつきなく、しっとりなめらかな自家製ハム。 1食あたり糖質 6.4 g⁠と脂質 2.5 gと、 とってもヘルシー! 毎日の朝ごはんにはもちろん、 お子さまのおやつとしても。 無添加だから、安心です^^ 「1食分あたりの栄養素」 ・カロリー - 164 kcal⠀⁠ ・糖質 - 6.4 g⁠ ・タンパク質 - 29 g⠀⁠ ・脂質 - 2.5 g 「管理栄養士の栄養アドバイス」 ダイエットの味方と名高い鶏むね肉。 そのまま炒めたり焼いたりするとパサついてしまい食べにくい食材ですが、低温調理をすることでしっとりジューシーな仕上がりになります。 鶏むね肉は高タンパク、低脂質、低糖質な食材です。 タンパク質は人体に必要不可欠な栄養素で、体のあらゆる組織を生成しています。髪の毛や爪、肌などの目に見える部分から、内臓や免疫、血液まで本当に多岐にわたりタンパク質が体を維持しています。 タンパク質を分解すると、とても小さなアミノ酸という単位になります。タンパク質を構成しているアミノ酸にはたくさんの種類があり、中でも体内で作ることができないアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼びます。 この必須アミノ酸がバランスよく含まれているかどうかでタンパク質のパフォーマンスが変化するのですが、動物性の肉には必須アミノ酸が非常に良いバランスで含まれているのです。 市販の鶏むね肉を購入すると、かなりの割合で皮がついています。手や包丁を使うと簡単に皮は剥がれるのですが、捨ててしまうのはもったいないですよね。脂分が多いので、炒め油の代わりに少量使うとコクが出て美味しく消費できますよ。 BONIQではほとんどのレシピで、 「1食分あたりの栄養素」と、 「管理栄養士の栄養アドバイス」を公開しています。 ぜひご参考ください^^ レシピは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ♪

いいね数:9コメント数:01年以上

低糖質の低温調理レシピ 🍴【鶏レバーの甘辛煮🍻】 https://boniq.jp/recipe/?p=2473 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レバー」で検索もOK🔍 ・⠀ ・ 従来の鶏レバーを鍋で煮る方法では、調味料をテリっとさせる工程でレバーに火が入り過ぎてしまう可能性がありますが、 BONIQの低温調理なら〝口あたり滑らかで臭みもない、パーフェクトな仕上がり〟の甘辛煮の完成です😋 ・ ・⠀ ✅1食分あたりの栄養素⠀ カロリー - 191 kcal 糖質 - 8.5 g タンパク質 - 24.5 g 脂質 - 3.9 g ・⠀ ・⠀ ✅BONIQ管理栄養士の栄養アドバイス⠀ エネルギーに対するタンパク質の割合は51%と高く、糖質の割合は17%と低く、脂質は18%と低いバランスです。 ・ 鶏レバーには食品の中でもビタミンAが多く、100g当たり14,000μgRAE、レシピ一人分で17,500μgRAEもあります。 一日の推奨量(30~49歳)が、男性900μgRAE、女性700μgRAEなので、鶏レバーが桁違いのビタミンAを含んでいることがわかります。 (引用元:健康長寿ネット https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/vitamin-a.html) ・ また動物性のビタミンAは吸収が良いので、ビタミンAの摂取源として鶏レバーは最適。 ビタミンAは皮膚や粘膜を潤わせ健康に保つため、肌の乾燥やドライアイを防いだり、風邪などの感染症を予防する働きがあります。他にも光を感じる網膜のロドプシンの主成分として夜間の視力の維持を助ける働きもあります。 ・ しかし摂取したビタミンAは肝臓に蓄積され、毎日継続して摂りすぎると頭痛や吐き気を起こすこともあるため、男女ともに一日2,700μgRAEの上限量が設けられています。 毎日継続的に摂り過ぎなければ問題ありませんので、気にしすぎずに食事に取り入れましょう。 ・ ・ 詳しいレシピはレシピサイトにてご確認ください😊

いいね数:7コメント数:010ヶ月

🍴低糖質の低温調理レシピ 【85℃ 完全栄養食💪簡単まろやか たまご豆腐】 https://boniq.jp/recipe/?p=4238 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク たまご豆腐」で検索もOK🔍 ・⠀ ・⠀ 自宅でたまご豆腐を作ったのは初めてでしたが、市販のものより大変濃厚で、卵の風味がギュっと凝縮していて口あたりもよく、とてもまろやかな味わいに仕上がりました。 ・ 材料・計量も少なく手順も簡単、そして、あんかけにしたりと色々なアレンジも楽しめるので、ぜひ試してみてくださいね。 ・ ・⠀ ✅1食分あたりの栄養素⠀ カロリー - 63 kcal 糖質 - 1.1 g タンパク質 - 4.8 g 脂質 - 3.9 g ・⠀ ・⠀ ✅BONIQ管理栄養士の栄養アドバイス⠀ 卵豆腐を作るには蒸し器が必要なイメージが強いので実際に作ったことがある人は少ないのではないでしょうか。 スーパーでも安価で購入できる卵豆腐ですが、自分で作ってみるともっと安く、もっと美味しく作ることができますよ。 出来立ての温かくてフワフワした卵豆腐は絶品です。 ・ 卵は「完全栄養食」と呼ばれているほど栄養価が高い食品です。タンパク質だけでなくビタミン、ミネラルといった様々な栄養素がバランスよく含まれているのが特徴です。 ・ コレステロールが多く含まれているという印象も強い卵なのですが、食品から摂取するコレステロールが血液中で悪さをするという科学的根拠はありません。それ以上に、卵に含まれている栄養素「コリン」は、脂質代謝を促して体脂肪の分解を助け、コレステロール値を減らす働きがあります。 ・ 卵自体も安価なうえ、鉄分やカルシウムが手軽に摂取できる卵は健康維持のための強い味方です。 低温調理器を使ってより美味しいレパートリーを増やしてみませんか。 ・ ・ 詳しいレシピ工程や作る際のポイントは、レシピサイトにてご確認ください⬇️😊 ・ ・ 🍴低糖質の低温調理レシピ 【85℃ 完全栄養食💪簡単まろやか たまご豆腐】 https://boniq.jp/recipe/?p=4238 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク たまご豆腐」で検索もOK🔍 ・⠀ ・⠀ BONIQではほとんどのレシピでレシピ毎に「1食あたりの栄養素」と「管理栄養士の栄養アドバイス」を掲載しています。 ・ ぜひ調理や献立の参考にお役立てください🙌

いいね数:7コメント数:09ヶ月

「ハーブ香る、やわらかしっとりサラダチキン」 とにかく「おいしい」の一言に尽きる、 衝撃のやわらかサラダチキン。 無添加で体に優しく、 経済的でお財布にも優しい。 しかも、 たったの3ステップで出来上がり! 「1食分あたりの栄養素」 ・カロリー - 136 kcal⠀⁠ ・糖質 - 0 g⁠ ・タンパク質 - 22.3 g ・脂質 - 5.2 g 「管理栄養士の栄養アドバイス」 鶏むね肉にはナイアシンがたっぷり含まれています。 ナイアシンはビタミンB群の一種で、人間の体の中で何百種類もの補酵素として働いています。補酵素とは、人間の体の中にある酵素が起こす化学変化を助長する酵素なのですが、「体の中の小さな歯車」という認識を持っていただければ大丈夫です。 ナイアシンがかかわる補酵素は、エネルギーを燃やすときにも必要ですし、アルコールの代謝にも深く関わりがあります。 ナイアシンが不足すると、ペラグラという欠乏症を引き起こし体中に発疹が出たり消化器官の不調がみられますが、過度なダイエットをしていない限り心配は不要です。 また、鶏むね肉はたんぱく質が豊富で低脂質、低糖質な食材です。 タンパク質はエネルギーや良質の筋肉を作るために必要なだけではなく、髪の毛や皮膚、爪の修復や再生にも必要な栄養素です。 食事の量だけを減らすダイエットをすると皮膚のハリや髪の毛のパサつきが気になるのは、タンパク質をはじめとするカラダ維持するために必要な栄養素が不足してしまっていることが原因です。 綺麗に痩せたい時にはしっかり栄養素を摂取し、運動することで体を引き締めることが大切です。 BONIQではほとんどのレシピで、 「1食分あたりの栄養素」と、 「管理栄養士の栄養アドバイス」を公開しています。 ぜひご参考ください^^ レシピは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ♪

いいね数:7コメント数:01年以上

低糖質の低温調理レシピ 🍽【塩鯖の冷製カレーマリネ🐟】 https://boniq.jp/recipe/?post_type=recipe&p=2339 👉「ボニーク 塩鯖」で検索もOK🔍 ・⠀ ・⠀ 鯖は脂がのった魚で、焼き立てはおいしいですが焼いている途中で脂が落ち、時間が経つとパサパサになりがちです。 BONIQの低温調理なら、翌日でも柔らかくしっとりした食感に仕上がります🙌 カレー風味にすることで、鯖をあまり食べない子どももたくさん食べてくれました😋 ・ ・⠀ ✅1食分あたりの栄養素⠀ カロリー - 317 kcal 糖質 - 1.6 g タンパク質 - 16.1 g 脂質 - 22.4 g ・⠀ ・⠀ ✅BONIQ管理栄養士の栄養アドバイス⠀ 塩サバは100g当たりタンパク質26.2g、脂質19.1gと高タンパク質、高脂質の青背魚です。 脂質は多いものの、青背魚に多く含まれるEPAやDHAの脂肪酸が豊富に含まれています。 EPAは血栓を溶かして血管を拡張する働きがあり、動脈硬化、高血圧のリスクを下げることに役立ちます。 DHAも抗血栓作用による生活習慣病の予防になるほか、脳や神経の情報伝達の機能維持に関わり、認知症の予防になることも期待されています。 ・ 脂質と相性が良いビタミンA、ビタミンDも1人分で1日分の摂取したい量を摂れるほど豊富に含んでいます。 ビタミンAには皮膚や目などの粘膜に潤いを与え、乾燥から守る働きがあり、ビタミンDは骨や歯の形成や成長促進に関わります。 ・ にんにくやレモン汁、カレー粉を上手に使っているため、味付けはしっかりしているのに食塩相当量は一人分1.4gと低めです。減塩を意識している方にもおすすめできる一品です。 ・ ・ 詳しいレシピはレシピサイトにてご確認ください⬇️🙌

いいね数:6コメント数:011ヶ月

低糖質の低温調理レシピ 🍴【61℃ 細胞の劣化防止に◎簡単絶品✨鮭の西京焼き】 https://boniq.jp/recipe/?p=3943 👉「ボニーク 鮭西京焼き」で検索もOK🔍 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ ・⠀ ・⠀ 文句なしの絶品です✨🤤 調味料も計量も簡単で、混ぜて寝かせてBONIQにかけるだけ。 料亭の味かと思うほどおいしく仕上がります❗️ ・ 鮭で注意しないといけないのがアニサキスによる食中毒ですが、60℃で1分以上、70℃では瞬時、あるいは冷凍では48時間以上で死滅すると言われています。 ・ 今回の調理では予め冷凍してあった紅鮭を解凍し61℃ 30分で調理したので、安全においしく食べられます😋 ・ ・⠀ ✅1食分あたりの栄養素⠀ カロリー - 192 kcal 糖質 - 3.2 g タンパク質 - 27.7 g 脂質 - 5.7 g ・⠀ ・⠀ ✅BONIQ管理栄養士の栄養アドバイス⠀ 鮭は実は白身魚に分類され、鮭の身の赤さはエサのプランクトンの色素が由来となっています。 プランクトンの色素は「アスタキサンチン」と言い、鮭はプランクトンを大量に食べることでアスタキサンチンを身に蓄積する性質があります。 ・ アスタキサンチンには強力な抗酸化作用があり、細胞の劣化を防ぐ役割があります。抗酸化物質と言えば、ビタミンEやビタミンCも抗酸化作用があるのですが、アスタキサンチンは他の抗酸化物質にはない、「脳にまで届く」抗酸化作用を持ちます。 そのため、脳の老化防止や脳血栓・脳梗塞を予防できる抗酸化物質です。 ・ また、魚の油にはDHA・EPAが豊富に含まれており、鮭も例外ではありません。DHAは記憶力の維持増進・EPAは血管疾患の予防に役立つ脂肪酸です。 その魚油、魚の身よりも皮付近に多いため皮まで召し上がることをおすすめします。 ・ ・ 詳しいレシピはレシピサイトにてご確認ください😊 ・⠀ BONIQではほとんどのレシピでレシピ毎に「1食あたりの栄養素」と「管理栄養士の栄養アドバイス」を掲載しています。 ぜひ調理や献立の参考にお役立てくださいね🙌

いいね数:6コメント数:09ヶ月