「乳腺クリニック」の検索結果

2件中 1 - 2件表示中

日記になるので、お時間のある方はお付き合いください☺️ 以前、フォトでも夫の95歳のおばあちゃんの可愛い、お家を載せたのですが、残念ながら先週の火曜日、お亡くなりになりました。 彼女は熱心なクリスチャンであり、私にとっても本当に神様のような存在で、つわりで辛い時も手を握ってくれてスッと楽になれたし、出産直前にお会いした時はお腹に手を当てて胎動を感じてくれました。 その後、聖水を染み込ませたお手紙もくれて私はソレを持って出産に挑みました。 4月の半ばまで、1人で元気に暮らしてたのですが体調が優れなくなり、全ての面会を拒否されてたので、彼女の、お世話をしてくれていた叔母に息子の写真を送ったりしてました。 夫とは葬儀を終えるまで普段通りに過ごそう。と決めて居ました。 昨日、お葬式を済ませたのですが、私の体調も優れず、これまでも乳腺炎疑惑だったのが、ついに確信に変わり今朝、クリニックに行ってきました。 週末は友人の結婚式も控えてるので、それまでに何とかマシになると良いのですが… おばあちゃんは私の拙いドイツ語を理解してくれ褒めてくれていたのだけど、もう会いたい時はいつでも心の中で会えるし、日本語で大丈夫なんですよね😊 昨日の教会での葬儀の際、息子がぐずりそうだったので、外に出て近くの公園であやしていたら、突然火が付いたように泣き出して、慌ててたら見知らぬ先輩ママさんと思われる女性が、声をかけてくれ、あやし方を教えてくれたり何とオムツまで交換してくれました😊 その後、少し落ち着いたのですが、しばらくすると、また泣き出して、今度は10人ぐらいの女の子達が、駆け寄ってきて『お手伝いします!』と言ってくれ子供達なりに『お腹痛いのかも!』『お腹空いてるのかも!』『お医者さんに診てもらう?!』などと真剣に考えてくれて、こんな喪服で黒づくめの明らかに外国人の私の為に、真剣に考えてくれて、ありがたみが無限です😭 ソレからしばらくすると、また1人の女性が声を掛けてきて、話してたら何と夫の亡くなったお母さんの従姉妹だったのです!なので、息子とも血縁関係があるとわかり涙を流して喜んでくれました。 夫ですら面識がなかったようで、本当に不思議の一言です😊 こんな言い方が正しいかはわからないけど、とても温かい葬儀でした✨

いいね数:37コメント数:293年