中庭/屋上庭園/スタディコーナー 奥が道路に面する屋上庭園で、廊下の一角に…

いいね数:0コメント数:0
更新日時:2015年12月21日

奥が道路に面する屋上庭園で、廊下の一角に机を設えて、緑が眺められるスタディコーナーとしています。閉じた箱の中で庭に大きく開いたコートハウスですので、プライバシーを守りつつ明るい空間になっています。

このフォトを投稿したユーザー

設計で大切にしている5つのこと 1.緑を楽しむ家 日々の暮らしの中で、何気なく緑や自然に接することを大切にしています。四季の変化や一日の光の変化を感じられる家は、暮らしに潤いを与え豊かさをもたらしてくれます。 2.家と庭を一体に設計する 緑を楽しむ家をつくるには、家と庭の関係を丁寧に考えることが大切です。バラバラに考えていてはうまく行きません。庭も家の一部としてとらえて設計し、植える樹種の提案もしています。 また、広い庭がとれなくても、緑を楽しむ工夫を重ねることは可能です。 3 開口部のしつらえ 開口部は内と外をつなぐ境界で、風景を切り取る額縁となり熱環境を左右するフィルターですから、適切な開口部をしつらえることを大切にしています。 例えば、緑を楽しむ大きなガラス窓は、ペアガラスでも熱環境の面で不利になりがちです。 しかし、障子や簾戸などの建具を工夫することで弱点を補うことができます。 4.暮らしを支える造り付け家具 造り付け家具の良さは、家や生活に合わせられること、雰囲気がよく馴染むことです。 私たちは、収納家具はもちろん、キッチンやテーブルなど暮らしを支える家具も設計しています。家具を丁寧に設計することは、暮らしをよりよくすることにつながります。 5.暮らしの背景としてのデザイン 住宅の設計では、家が暮らしよりも勝ちすぎず、むしろ暮らしの背景となるシンプルなデザインとなるよう心がけています。 主役は家ではなく人です。 建築物としての住宅を格好よくつくることも大切ですが、そればかりにとらわれず、 その中で営まれる暮らしをよりよくする関係性を設計したいと考えています。

このフォトのキーワード

村田淳建築研究室さんの人気フォト