「Mシェード」の検索結果

6件中 1 - 6件表示中

「風船ランプシェード」 材料は、麻紐と風船と木工用ボンド、それだけ!全て100円ショップで手に入ってしまいます。今回使ったのは、木工用ボンド50gくらい、水150ccくらい、風船1個、麻糸5-7mくらいなので、材料費は50円くらい(^^)。そんな安さも魅力ですが、子供に手伝ってもらいながら、工作感覚で簡単に作れる上、サイズからデザインまで、自由に作れるのがいいです。 ぴったりフィットのランプシェードを探すのは手間なので。 色のついた毛糸や紙紐を使ったり、別の素材を複数編みこんだりすれば、オリジナリティのある、世界に一つだけのランプシェードが作れるかもしれませんよ。 <作り方> 1)風船を、出来上がりのサイズになるように、膨らませる。  肺活量に自信のない人は、水を入れて膨らませるといいですよ。 2)木工用ボンドを水で溶く(ボンド2に対して水を1)。 3)2のボンド液に麻糸を浸す。使い捨て手袋をはめた手で揉み込むと早いです。 4)2のボンド液を1の風船に刷毛で塗る。  刷毛がなければ使い捨て手袋をした手で塗ってもOK。 5)3の麻糸を4の風船に巻いていく。  結び目に麻糸の端を結びつけそれを始点に、なるべくキツく巻くのがコツ。  ランダムに巻いてもいいし、毛糸玉みたいに一定の間隔で巻いてもいい。 6)巻き終わったら、さらにボンド液を刷毛で塗る。  風船よりもひと回り大きなボウルに液を入れて浸すと楽にできました。 7)全体的なバランスを見て調整したら、乾かす。自然乾燥でもドライヤーでも。 8)完全に乾いて、カチカチになっていることを確認したら、  風船にそっと穴を開けて、ゆっくりと萎ませ、しぼんだ風船を取り除く。 9)結び目側を既存の電灯に合わせて切り取り、かぶせるか、  スイッチ付きの電球を買ってきてセットすれば出来上がり。  小さいものをたくさん作り、100円ショップでも売っている電池式の  イルミネーションと組み合わせると、雰囲気のあるインテリアになります。 麻紐以外に毛糸や紙紐でもできるそうなので、いろんな色を作って、 テーブルや棚にオブジェとして飾ってもいいかも。 電球はLEDを使いましょう。白熱電球は、熱が出るので火事に注意してください。 白色電球よりは、暖色系の電球の方が雰囲気が出そうですね。

いいね数:26コメント数:05年弱

WAVE(M) W232×D150×H365 製作時間約20分 経木という、特別な技術で薄く裁断された木材がランプシェードとなっています。 木の優しい灯は、授乳ランプとしても。 真鍮プレートには 赤ちゃんの名前とお誕生日を入れられるので、 出産祝いにも喜んでいただけます。 プレートは商品を受け取った方が お好きに無料でオーダーできますので 贈られた方はお好きな文字をオーダーできる楽しみも♪

いいね数:6コメント数:04年弱

"*弊社デザイン施工例*" 茶系の石を砕いて組み合わせた乱形石張りと柔らかい曲線を描いたリュウノヒゲが美しいアプローチと駐車スペース。乱張りはひとつひとつ石を職人さんが並べていくので、技とセンスが光ります。色が混ざりあい華やかな印象です。 またカーポートは三協アルミのスタイリッシュでインパクトのあるM.シェードを。 ただ今、ご成約キャンペーン実施中です。 *お問い合わせ、ご相談はこちらまで* お気軽にお問い合わせくださいませ。 ☎️ 𝟎𝟔-𝟔𝟐𝟎𝟏-𝟐𝟐𝟐𝟔 または𝑰𝒏𝒔𝒕𝒂𝒈𝒓𝒂𝒎プロフィール画面よりお問い合わせくださいませ。 外部空間デザイングラン株式会社 大阪市中央区備後町2-5-8綿業会館6階

いいね数:3コメント数:05時間