「集う」の検索結果

74件中 1 - 20件表示中

インダストリアルなカフェ空間を目指して、サブウェイタイルの壁紙に貼り替え、塩ビ管を張り巡らせてセルフリノベしました(*'ω'*) あまりコテコテになり過ぎないように、木やグリーンで温かみをプラスしたり、レトロな水色のタイル天板やレトロなトースターなどで、インダストリアルな中にもどこかホッコリするようなカフェ空間を意識してみました(*‘∀‘) 今ではすっかり見慣れてしまった家族たちですが、うちに初めて来るお客さんは必ず『カフェみたーい』と言ってくれるので、それを聞くと『よっしゃー!』と心の中で思います。

いいね数:69コメント数:05年

手作りのダイニングテーブルとベンチ椅子です(*‘∀‘) どちらもSPF材と角材で作りました。ベンチ椅子の座面には、古い毛布を重ねて、その上から黒の合皮で覆いました。 これは、建築中の家の中の場所を貸してもらって、職人さんに紛れて作った、思い出のダイニングテーブルです(*´▽`*) 朝8時半に子供を幼稚園にあずけて、その足で急いでコンビニの駐車場に車を停めて作業服に着替えて9時には建築中の家に入るという、珍しい施主でした(^^;)

いいね数:52コメント数:05年以上

リビングにハンモックを設置してみました。 ハンモックに使うクッションなどの色と、フロアーのラグの色を統一して 色のコーディネートも楽しんでいます。 フロアー用のクッションやひざ掛けなどは バスケットに入れて見える収納にしてみました。 ハンモックは、子どもたちに大人気です。 前にもまして、リビングに家族が集うようになり、 楽しく過ごしています。 ◆フレッシュハウスのリフォーム施工事例は こちらから https://freshhouse.co.jp/

いいね数:9コメント数:02年以上

25日発売の茨城の怖い話2が編集から届きました!330ページ55話の今までの内容を超える中身です😊分厚い!茨城にそんなに怖い場所あるかー?と怒られそうですが 私の体験含め素晴らしい挿絵とともに英気霊気をお届け😊💞 大好きな零戦と緋色の稜線を表紙デザインしてもらえました😊日本🇯🇵さらに世界に届けたい内容です! 茨城の怖い話2 -鬼怒砂丘に集いし英霊- https://www.amazon.co.jp/dp/4864727805/ref=cm_sw_r_cp_api_i_vLiCCbBNYW0EY

いいね数:49コメント数:02年以上

さあ❗️インフルエンザの季節‼️加湿器出動‼️‼️ 加熱式の加湿器は 電気代は掛かりますが 熱で加湿するので雑菌の繁殖が少なく 部屋がほんのり暖かくなるので 受験生の娘の部屋へ 超音波式加湿器は 熱を使わないので電気代は安いのですが 雑菌の繁殖が気になるので こまめにメンテナンスが必要 一階リビング グリーンが多く 家族が集う場所へ 睡眠どきの乾燥が気になる時は 家族☆各自 濡れタオルを枕元に干して加湿ね(笑) コレ1番安上がり(笑)(笑)

いいね数:15コメント数:284年弱

この度、髙田博章建築設計が設計した「児童デイサービス プラス」が第11回キッズデザイン賞を受賞いたしました。 この度の受賞を機に、さらに皆様のご愛顧を得られるよう、より一層の研鑽に励んでまいりますので、今後とも倍旧のご支援、ご鞭撻を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。 キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としています。子どもが使う製品はもちろん、大人・一般向けに開発されたものでも、子どもや子育てへの配慮があれば、日用品から住宅、街づくり、ワークショップ、調査研究まで幅広い分野が対象となっています。実施運営を行うキッズデザイン協議会は、次世代を担う子どもたちの安全・安心の向上と、健やかな成長発達につながる社会環境の創出のために、さまざまな企業・団体が業種を超えて集うNPO法人です。

いいね数:2コメント数:04年

KIDS DESIGN AWARD 2017 キッズデザイン協議会が表彰した子どものたちの創造性や学びを育むデザインです。 この度、髙田博章建築設計が設計した「児童デイサービス プラス」が第11回キッズデザイン賞を受賞いたしました。 この度の受賞を機に、さらに皆様のご愛顧を得られるよう、より一層の研鑽に励んでまいりますので、今後とも倍旧のご支援、ご鞭撻を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。 キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としています。子どもが使う製品はもちろん、大人・一般向けに開発されたものでも、子どもや子育てへの配慮があれば、日用品から住宅、街づくり、ワークショップ、調査研究まで幅広い分野が対象となっています。実施運営を行うキッズデザイン協議会は、次世代を担う子どもたちの安全・安心の向上と、健やかな成長発達につながる社会環境の創出のために、さまざまな企業・団体が業種を超えて集うNPO法人です。

いいね数:2コメント数:04年

「面積的には小さい家でも、土間や階段の踊り場といった何に使ってもいい空間があるほうが、より自由でおおらかな暮らしができます。数字的な広さより、空間の空き具合が大切」と語るのは、設計を手掛けた白子秀隆建築設計事務所の白子秀隆氏。 例えば、アウトリビングとしても使えるカラマツ張りのバルコニーは「家の中の本当の外」。LDKに光や風を招いてくれるスペースは、小さいながらも効果的な採光を実現しています。BBQやホームパーティーでは、家族やご友人が集い、くつろげる空間になることでしょう。 土地は限られていても、空間に広がりを持ちたい。光が降り注ぐリビングにしたい。そんな要望も、建築家住宅ならかなえることができます。予算に合わせて、お客様の夢と希望をカタチにするのが建築家住宅の最大の魅力と言えます。 こだわりの家、理想の家を建てるなら、〔R+house〕にご相談ください。ご満足いただける家づくりをご提案いたします。

いいね数:7コメント数:12年以上

【ミサワリフォーム株式会社 】生まれ育った実家で三世代同居をすることになりリノベーション。1階の間仕切り壁を抜いて広々としたリビングダイニングキッチンに。オープンキッチンを住まいの中心に据えて家族6人が集います。 インテリアはラスティックな風合いの柱、腰壁、キッチン扉に、ミッドセンチュリーの家具をコーディネート。耐震補強や断熱改修も行い、安心感とあたたかさに包まれる二世帯住宅に生まれ変わりました。

いいね数:4コメント数:02年

構造体以外を解体・一新するスケルトンリフォームで車椅子を利用されるお母様の生活動線に重点を置いたプランを実現。奥様の趣味のハワイアンキルトが真っ白な空間に映えます。 家族が集うリビングダイニングは対面キッチンにして、明るく風通しのよいバルコニー側に配置しました。キッチン背面には大容量のパントリー、ダイニング側には軽食を取ったりパソコン作業をするカウンターを造作。 居室間の段差の解消に加えて外壁面と床下には断熱材を入れすべての窓にインナーサッシを設置することで、長年悩まされていた湿気・結露も解消してお母様とご夫婦が安全で快適な生活を送れる空間となりました。

いいね数:4コメント数:03年以上

構造体以外を解体・一新するスケルトンリフォームで車椅子を利用されるお母様の生活動線に重点を置いたプランを実現。奥様の趣味のハワイアンキルトが真っ白な空間に映えます。 家族が集うリビングダイニングは対面キッチンにして、明るく風通しのよいバルコニー側に配置しました。ダイニング側には軽食を取ったりパソコン作業をするカウンターを造作。 居室間の段差の解消に加えて、外壁面と床下には断熱材を入れ、すべての窓にインナーサッシを設置。長年悩まされていた湿気・結露も解消してお母様とご夫婦が安全で快適に生活を送れる空間となりました。

いいね数:3コメント数:03年弱

掘りごたつを囲んで家族が集う和モダンな空間。リフォームで間仕切りを取り払い広縁と和室を一体化したことで、明るく伸びやかな空間になりました。 隣室のリビングキッチンとの間を仕切る障子は、上吊り式のアウトセット引き分け戸に変更。開ければまるでリビングに設けられた和室コーナーのような開放感です。

いいね数:2コメント数:03年

人が集い、楽しい時間を過ごしたいという施主様の希望を叶えるのは、アイランド型のキッチンです。ワイワイ料理を作ったり、夫婦でキッチンに立ったり。キッチンも室内インテリアの一部として楽しむことができます。また、「配膳したり、片づけたりするのもスムーズです」と、奥様から喜びの声をいただいています。

いいね数:2コメント数:02年以上

  • 1/4