「重量感」の検索結果

25件中 1 - 20件表示中

ワンプッシュでゴミを1/3に圧縮 ごみの体積を1/3に減らし、従来の30Lサイズに約3倍量のごみを収めるJoseph Joseph のスマートなペダル式ゴミ箱 「クラッシュボックス30L」のご紹介です。✨ 「入れる」「押す」「減る」のシンプルな3ステップでごみを1/3に減らし、 「ごみがすぐにいっぱいになる」 「何度もごみ捨てをしなければならない」 「手でごみをつぶすのは不衛生」 などのゴミ問題を解決します。 圧縮の仕方はいたって簡単! ゴミがいっぱいになったらハンドルを持ち上げ、そのまま下げると内蔵されたプレートが閉まり、そのままコンパクションプレートをしっかりと押し下げるだけ◎ 力もいらず簡単にゴミ袋ごとゴミをぎゅ~っと押しつぶします。😊 ゴミ出し半減で、ゴミ袋の交換回数も減りとってもエコなんです。💕 (ごみの種類・性質によっては圧縮しづらい場合があります) クラッシュボックスのコンパクションプレートは、ごみ袋の内側だけがごみに触れるようにデザインされており、手も汚れずにゴミ袋が閉じた状態でハンドルを押すのでハンドル自体も汚れず衛生的でごみ箱も清潔に保ちます。🙌 また、機能性だけでなくステンレスのシンプルな見た目でキッチンをスタイリッシュに演出してくれます💕 お料理中で手がふさがっていても、ペダル式だから開閉楽々♪ 足元のステップを軽く踏むことでフタが開き、安全性と静音性を考慮しフタはゆっくり閉じます。 重量7.9kgと重たさがあり、安定感抜群! フタが垂直に止まり、ごみ袋の交換も快適! 市販のごみ袋でもOKです🙆‍♀️ (袋は、45L、厚さ0.02mm以上、厚口、半透明の袋を推奨いたします。) フタ裏には、取り替え可能な活性炭製の脱臭フィルター付きで不快な臭いも抑えられます👏✨ 別売りのクラッシュボクス専用の取り替え用脱臭フィルター(2個入り)もご用意しています。 安心の10年保証付♡ 詳しくは、商品ページよりご確認くださいませ。

いいね数:15コメント数:02年以上

アメリカンスタンダードなラップをラグジュアリーに使う コストコで売られている話題のフードラップ 「KIRKLAND カークランドシグネチャー ストレッチタイト フードラップ 231m」対応の スタイリッシュなキッチンに似合う、ステンレスケースの誕生です。💁‍♀️💕 \コストコのフードラップを愛用中の方も/ \まだ使った事がない方も要チェック!/ “日本製市販フードラップの半額のコスパ” さらに、置いて使えるのが最大の魅力のフードラップ👩‍🍳✨ 実際にラップケースありとなしで使い比べてみたところ ケースに入った状態の方が断然引き出しやすくてびっくり!😍 アメリカ製ならではの派手なパッケージを シンプルかつお洒落に隠くし 使い勝手も抜群に良くなります!🙌💕 ▷使って納得の安定感 両手でラップを引き出して付属のカッターできれいにカット出来るのが特徴ですが ラップを引き出す際に、本体が一緒に動いてしまうことも…😓 重量1.1kgあるステンレス製のケースに入れることで ラップ自体が動かずより安定してお使いいただけるようになります。🙌✨ また、底には滑り止めを設け作業台を傷つけることなく さらにラップが引き出しやさアップ⤴️ ▷圧迫感なく使えます ステンレス素材の本体はクリア塗装仕上げがされていて高級感があり 幅375×奥行き90×高さ85mmと本来のパッケージとほとんど変わらないサイズなので キッチンの作業台に置いても邪魔に感じることなくスッキリ👏💕 また、紙製のパッケージは耐久性に欠けますが ステンレスのケースは丈夫でお手入れも簡単に🙆‍♀️🎶 ▷マグネット付きの蓋 両サイドには天然木のブナ材を使用した蓋には、小さなマグネットが3か所あり 開閉は取り外すだけで簡単ですが、しっかりと固定されます。 ▷初めて使う方も、プレゼントにも◎ ・ケース単品 ・ケース&ラップ2本セット ・ラップ単品2本セット まだコストコのラップを使った事がない方にもおすすめです。💁‍♀️💓

いいね数:8コメント数:02年

マスクの定位置ありますか? マスクの為だけに作られた、人気のマスクディスペンサーから 柔らかいニュアンスカラーの新色サンドホワイトが登場です。💁‍♀️✨ 清潔に保管したいマスクには、 毎日マスクを使う人にも、たまにしか使わない人にも 専用のケースがあるととっても便利。😷 埃から守られるのはもちろん、急いでいるときもワンアクションで1枚ずつ取れるので お出かけ前に慌てることもありません。💓 玄関に置けば、お出かけ前にうっかりマスクを忘れることもありませんね。🙆‍♀️ 使いやすさを考えた機能性あふれるデザインと、暮らしにとけこむシンプルなフォルムで どんなインテリアにも、どこに置いてもお洒落に溶け込んでくれます。😍 ▷60枚がまとめてスッキリ収まる 上蓋を開けて、徳用サイズ60枚のマスクが全てすっぽり収まる大容量🙌 収納の際は、マスクの紐を上向きにして入れてください。💡 対応マスクサイズは、縦100×横215mm(個装袋がある場合は袋も含む)です。 一般的なサイズのマスクが約60枚収納可能ですが、マスクの種類により入りきらない場合があります。 また、 立体マスクはこちらの製品には向きませんのでご了承ください。🙏 ▷マスクを1枚ずつスムーズに引き出せます 取り出し口のスリットは、マスクを引き出す為だけに考えられているので 蓋の開け閉めはなく、ワンアクションで とってもスムーズに1枚ずつマスクを引き出せます。👏💕 このスリット部分を机や棚の端に置くと、マスクをより取り出しやすく使えて◎ 底には滑り止めが付いているので 個包装タイプのものでもマスクを引き出した時に倒れることもなく、安定感も抜群です。🙆‍♀️✨ ▷上蓋はのせるだけの簡単開閉 マットな質感の本体に木製の蓋が相性抜群♡ 蓋は片手でさっと開けられるので、詰め替えや残量確認も簡単です。🥰 見た目は木の風合いをしっかりと感じられつつ、重量も軽くて取り扱いやすいのが特徴です。 ※木目の色には個体差があります。

いいね数:4コメント数:02年

もうガッツリ使っちゃってますが、旦那用のデカトートも完成してました。 使用感の感想を求めたところ「うん、目立つね!」とのこと。 思ってたんと違う…。 毎日大量の小銭を持ち歩くのと、鍵がやたらと多いせいで結構な重量になるのがちょっと心配ですが、壊れたらなおしましょう! 鍵をつけるDカン、内にも外にもたらせるようにしたんですが、外に垂らすと完全に負けるので内側専用になりそうです(´。`) 両側マンハッタナーズで贅沢仕様。追加でバッグインバッグの注文も入ったから誕プレこれでもいいかなってきがしてる(笑)

いいね数:13コメント数:43年以上

🇺🇸アメリカ買付 ヴィンテージ🍬ガムボールマシン。 * コインをセットしてレバーを回すと ガムやジェリービーンズが出てくる仕組みの ポピュラーなお菓子の自動販売機 * 🎬映画 “チャーリーとチョコレート工場”で、 幼少期のウィリー•ウォンカが、隠れてチョコボールを買っていたシーンを思い出します🏭 * ガラスと鉄製でかなりの重量があり、 スタンドの脚先までもこだわったデザインの レトロ感もかわいいです。

いいね数:4コメント数:05年

🇺🇸アメリカ買付 ヴィンテージのトラクターシートをリメイクした トラクターチェア。🚜 * 放射状にパンチングされた 蓮の葉の様な形の座面はとても印象的。 鉄製で重量感もあり、このシートのみを オブジェとして飾っているコレクターさんも多い USヴィンテージではポピュラーなもの。 * 無骨な質感やサビ具合が絶妙にカッコよく、 インダストリアルな脚が特徴的な ハイスツールになっています。

いいね数:2コメント数:05年弱

フリマで「50円」で買ったテレビ台をDAISOのカーボン柄リメイクシートを使いDIY! リメイクシートは5枚買ったので550円。合計600円でこの満足感!笑 しかし、流石に労力だけはかかりました。先ず、重量があるので、1Fで作業して出来上がったものを一旦パーツ毎にバラして3Fまで運び、テレビ、レコーダーを既存のテレビ台から入れ換え、そこからの配線作業。 正直、こんな疲れる様な事は年に一回が限界! (;・ω・) でも、まぁ、達成感はあります!たまには自分を褒めてあげよう!笑

いいね数:21コメント数:04ヶ月

「鶏もも肉」の火入れ、温度時間比較実験🔎 ・ 大人気〝低温調理の疑問を検証する〟比較実験シリーズ🧪 ・ 鶏もも肉が「何℃でどのような仕上がり」になるのか❓ 徹底検証‼️ ・ ・⁠ 🍽【鶏もも肉の火入れ 温度時間比較実験】⁠ https://boniq.jp/recipe/?p=16819 👉プロフィール欄のリンクからレシピサイトへ飛べます。⁠ 👉「鶏もも 比較実験」で検索もOK🔍 ・⁠ ・ ✅実験背景 「鶏もも肉」、それは最も身近な食材の一つであるが、低温調理において筆者自身がまだ仲良くなり切れていない食材の一つでもある。例えば「鶏むね肉」であれば設定60~63℃あたりで間違いないものが出来ると確信があるが、鶏もも、特に”鶏もものステーキ”となるとまだこの温度がベスト❗️と言い切れないのである。 ・ 例えば60℃で調理した場合、柔らかくてジューシーなのは間違いないが、“ぐにゃっとした食感”があり、本当に火が入っているのか❓とやや不安になりさえする。(もちろん、きちんと肉の厚さに対する設定時間を守れば、加熱殺菌はされている。) もっと設定温度を高くすると、肉のタンパク質収縮が起きて“ぐにゃっとした食感”は減り歯切れが良くなるが、ジューシーさは失われるだろう。 ・ そこで、設定温度によって鶏もも肉の状態がどのように変化するのか?目安となる加熱チャートがあれば、今後さまざまな料理に合わせて理想の状態に仕上げやすくなる。 ・ ・ ✅比較実験パターン(BONIQ設定) A)60℃ 1時間30分 B)63℃ 1時間 C)65℃ 55分 D)70℃ 51分 E)75℃ 51分 F)80℃ 51分 G)85℃ 51分 H)90℃ 51分 ・⁠ ・⁠ ✅材料 ・国産若どり 鶏もも肉(一番厚みのある箇所で2cm) 各1/2枚(約140g) ・塩  各1.2g(肉の重量の0.9%) ・ ・ ✅比較実験 1)鶏ももの筋と余分な脂を切り落とし、1枚を半分にカットする。 2)鶏ももをフリーザーバッグに入れ、それぞれの設定温度・時間でBONIQで低温調理をする。 3)終了タイマーが鳴ったら引き上げ、バッグに塩を投入して肉に塩を含ませ、バッグごと氷水で冷却する。 4)実食の際は全て60℃の湯せんに浸けて温め、同じ温度での肉の状態を見る。 ・ ・⁠ ✅比較実験結果 総合して個人的な見解では、 「C)65℃ 55分」に軍配❗️ ・ ・ まずドリップの量と色。 温度が上がるに比例してドリップが多くなった。これは温度が高くなればなるほど肉のタンパク質の収縮が起こるからとみられる。 また、色は温度が高いものほど透明度が高くなった。 ・ ・ 次に見た目。 A)60℃、B)63℃は断面がピンクがかっており、 C)65℃、D)70℃は均一で美しい白に仕上がり、 E)75℃~H)90℃は一部がグレーがかって、身がやや縮んでいるのが見た目でもわかる。 ・ ・ そして、実食。 A)60℃、B)63℃の差は少なく、どちらも柔らかくぐにゃっとした感じ。 ・ C)65℃は身がやや引き締まっているが、歯切れが良く柔らかく、ジューシーさも失われていない。 ・ D)70℃はさらに身が引き締まり、歯切れが良くとても柔らかいが、やや繊維質を感じ始める。ただ、ジューシーさは十分ある。 ・ E)75℃はややジューシーさが失われているが、パサつくほどではない。歯切れ良く、まだ十分に柔らかい。 以降、温度が高くなるにつれさらにジューシーさが失われていくが、パサつくほどではない。歯切れが良く、まだ十分柔らかい。 ・ ・ ✅比較実験の感想 今回の実験で、そのまま鶏もも肉をダイレクトに味わう“ステーキ”や“蒸し鶏”のような料理は、65℃が適しているのではないかと思いますが、90℃付近でも十分柔らかく美味しいのは驚きでした。 ・ これでまた鶏ももを使った料理の可能性が広がったのではないかと思います。 仕上がりは個人の好みによるところも大きいと思いますので、実験結果を参考にぜひご自身の最適温度を見つけてみてください。 ・ ・ 実験の様子や実験結果詳細は、レシピサイトご確認ください⬇️😃 ・ ・ 🍽【鶏もも肉の火入れ 温度時間比較実験】⁠ https://boniq.jp/recipe/?p=16819 👉プロフィール欄のリンクからレシピサイトへ飛べます。⁠ 👉「鶏もも 比較実験」で検索もOK🔍

いいね数:17コメント数:011ヶ月

✅低温調理 比較実験🍴 【36℃ 生 v.s. 低温調理サーモン🍣比較実験】⁠ https://boniq.jp/recipe/?p=15225 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️   今回は、実はそのおいしさをご存知の方も多く〝BONIQの低温調理といえば〟で上位につけるほど大人気の食材である「サーモン」の比較実験。      「50℃ ブライニングは有効❓比較実験 サーモン編(https://boniq.jp/recipe/?p=7094 )」、「38℃~ サーモンの火入れ温度🔥比較実験(https://boniq.jp/recipe/?p=14787 )」に続く、サーモンの低温調理 比較実験 第3弾。   ぜひご参考ください😉     「刺身」と聞けば、「生魚を切ったもの」が想像できる🐟   しかし、極上の「刺身」や「(江戸前)鮨」はただ単に生魚を切ったものではない。   ネタ自体が上質なのは言うまでもないが、それを塩や昆布で締めたり、包丁の入れ方であったり、見た目ではわからないような職人技が散りばめられており、それそのものが完成された一つの料理なのである。   職人技とはいかないがでお家でひと手間加え、刺身を格上げできればと考えた。   筆者自身、子供の頃はサーモンの刺身が好きであったが、歳を重ねるにつれあまり食べなくなった。   サーモンマリネやカルパッチョなど、塩や酢で締めて調味したものは今でも好きであるが、刺身となるとサーモンの脂がダイレクトに感じられ、やや生臭いと感じるからである。それを覆い隠すように、ドボドボと醤油をつけて食べるのはあまり好みではない。     しかし、前回行った実験「38℃~ サーモンの火入れ温度🔥比較実験」にてアトランティックサーモンに振り塩をした後、38℃30分で調理を行ったところ、驚くほど美味しくなったのである。   全く臭みがなく、歯切れがよく、旨みが引き出されていた。   これを刺身と呼んで良いなら、「サーモンの刺身」の概念を覆したほどである。   生寄りであるが生ではない新しい食感・味わいである。この味わいは“振り塩”の効果なのか、38℃という温度のおかげなのか、はたまた両方なのか。     実験では40℃のものはたった2℃高いだけで、もはや生とは言えない食感になっていた。38℃以上のものは“刺身”とは呼べないだろう。   ではもっと低い36℃ではどうか❓ 34℃ではどうか❓   魚を加熱した場合のタンパク質の凝固温度はおよそ40~50℃と言われているが、前回の実験で38℃でも若干ではあるがタンパク質が凝固し始めていたので、実際はサーモンのタンパク質凝固温度はもっと低いのではないか。      そこで、次の6パターンの比較を行う。     📌①生   📌②洗い→生 ※洗い:刺身をさっとぬるま湯で洗って氷で引き締める下処理   📌③振り塩→生 ※振り塩:塩を振ってしばらく置き、出てきた水分を拭き取る下処理   📌④振り塩→BONIQ 34℃ 30分   📌⑤振り塩→BONIQ 36℃ 30分   📌⑥振り塩→BONIQ 38℃ 30分     ③は低温調理をしなくても、振り塩だけで臭みを抜いて旨みが引き出すことができるのかを検証。   ④~⑥は振り塩後の低温調理で、この温度差でどのように身質が変わるのか。   ②の”洗い”はコイなどの川魚や白身魚を引き締めたい時に行う下処理であるが、スーパーなどで買った刺身をお家で格上げする方法として紹介されていたもので、せっかくなのでこちらも効果の程を検証してみる。   はたして刺身として一番おいしいのはどれか❓     ✅材料 <実験①~⑥> ・アトランティックサーモン(生食可)  各70g ※仕上がりにかたよりがないよう、全て背側からカットしたものを使用。 ・塩  各0.6g(サーモンの重量の約0.9%)     ✅比較実験 📌①生 サーモンを約7mmの厚さに切る。   📌②洗い→生 サーモンを約7mmの厚さに切ってボウルに入れ、ぬるま湯を入れて3秒洗う。 氷水に落として身を引き締めたら、引き上げて水気を拭く。    📌③振り塩→生 サーモンに振り塩(サーモン重量の0.9%)の塩を全面に振り、冷蔵庫で10分置く。 出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取る。 約7mmの厚さに切る。    📌④振り塩→BONIQ 34℃ 30分 📌⑤振り塩→BONIQ 36℃ 30分 📌⑥振り塩→BONIQ 38℃ 30分 サーモンに振り塩(サーモン重量の0.9%)の塩を全面に振り、冷蔵庫で10分置く。 出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取る。 サーモンをフリーザーバッグに入れて密封し、それぞれの温度で低温調理を行う。 BONIQ終了のタイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、バッグごと氷水に漬けて冷却する。 サーモンを約7mmの厚さに切る。      ✅比較実験結果 まとめると・・・ サーモンの刺身として一番おすすめしたいのは、   臭みがほとんどなく、甘みと旨みを引き出した、 「📌⑤振り塩→BONIQ 36℃ 30分」   であり、 低温調理しない方法では、   臭みが抜けて身が引き締まった、 「📌③振り塩→生」   が短時間で仕上がり、お家の刺身を格上げする方法として秀逸であった。     ✅比較実験後の感想 前回の実験時に38℃サーモンを食べた時、旨みがしっかり引き出されて美味しく、なんとも言えない新食感に驚きました。   お刺身として食べたら面白いのでは⁉️と考えましたが、少し温度が違うだけでかなり食感などが変わることを考え、もっと詳細に調べようと思い今回の実験に至りました。   結果、お刺身としては「振り塩→36℃低温調理」が一番おすすめ‼️   サーモンだけでなく他の魚にも有効なのか、検証してみたいと思います。        比較実験&実験結果の詳細はレシピサイトにてご確認ください。

いいね数:5コメント数:07ヶ月

低糖質の低温調理レシピ 🍴【45℃ サーモンのセルクル仕立て🇫🇷】 https://boniq.jp/recipe/?p=16303 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク サーモン」で検索もOK🔍 ・⠀ ・ 以前のレシピ「38℃~ サーモンの火入れ温度比較実験」にて38℃~70℃で比較実験の結果をふまえ、それぞれの設定温度の仕上がりの特徴を生かせる料理を考えてきました。 ・ この45℃サーモンは他の温度では出せない、“なんとか生の要素が残る、ほろりと崩れやすい状態”であり、とろとろの食感が口中に広がって旨みがあふれ出します。サーモンでここまで美味しくできるのか‼️と感動さえ覚える味わいに仕上がっています。 ・ サーモンは何度も試した、という方にもぜひお試しいただきたい逸品です。 ・ ・⠀ ✅1食分あたりの栄養素⠀ カロリー - 506.3 kcal 糖質 - 1.5 g タンパク質 - 16.4 g 脂質 - 46.5 g ・ ・ ✅材料(2人分) <45℃ サーモン> ・アトランティックサーモン柵(生食用)  150g(一番厚みのある部分で約3㎝) ・塩  1.3g(サーモン重量の約0.9%) ・ ・ケッパー  小さじ1杯分 ・エクストラバージン・オリーブオイル  大さじ1 ・レモン汁  小さじ1 ・こしょう  適量 ・ <アボカドのマヨネーズ和え> ・アボカド  1/2個 ・マヨネーズ  小さじ1 ・レモン汁  小さじ1 ・塩  1つまみ(約0.5g) ・こしょう  適量 ・ <飾り> ・ディルの葉  1本分 ・花帆紫蘇(はなほじそ)の花 2本分 ※なくても可。 ・ <ジェノベーゼソース> ※作りやすい分量 ・バジル  2パック(茎ごとで約40g) ・にんにく  1片 ・塩  1つまみ(約0.5g) ・エクストラバージン・オリーブオイル  80ml ・ ・ ✅レシピ 1)BONIQをセット。食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう十分な水量を用意し、45℃ 30分に設定する。 ・ 2)サーモンの全面に塩を振って、冷蔵庫で10分おく。出てきた水分をキッチンペーパーで拭く。 ・ 3)サーモンをフリーザーバッグに入れる。 ・ 4)BONIQが設定温度に達したらバッグを入れる(しっかり脱気&完全に沈めて、全体が湯せんに浸かるようにする)。 ・ 5)ジェノベーゼソースの材料を全てミキサーに入れ、撹拌する。材料がなめらかになれば出来上がり。 ・ 6)半割で種を取ったアボカドの皮と身の間にスプーンを滑らせ、身を外す。 約1cmの角切りにし、マヨネーズ、レモン汁、塩、こしょうで和える。 ・ 7)BONIQの終了タイマーが鳴ったら取り出し、バッグごと氷水で急冷する。 ・ 8)フリーザーバッグから出したサーモンをざく切りする。柔らかく切りにくいが、思い切ってざくざく切る。 サーモンに粗みじんにしたケッパーとE.V.オリーブオイル、レモン汁、こしょうを和える。 ・ 9)※材料は2人分なので、1人前ずつ皿を分ける。 皿にセルクル(直径6cmを使用)を置き、アボカドのマヨネーズ和えを底に入れる。その上にサーモンを重ねて置き、セルクルをそっと外す。 サーモンの上にディルの葉、花帆紫蘇の花を散らす。 周りにジェノベーゼソースを置いてできあがり。 ・ ・ ✅BONIQ管理栄養士の栄養アドバイス⠀ サーモンにはDHAとEPAが豊富に含まれています。 DHAとEPAは別名、オメガ3脂肪酸とも呼ばれ、脂肪酸でありながら血中の脂質濃度を正常化させる働きがあります。 ・ ただし、オメガ3脂肪酸は熱に大変不安定だという欠点を持ちます。例えばサーモンフライやサーモンステーキなどの高温で調理するような料理をすると、サーモンに含まれているDHA、EPAは壊れていってしまうのです。見た目にはわからないのですが、栄養価は調理によって損失することもあるのです。 ・ 今回の低温調理のように45℃でじっくり加熱したことではDHA、EPAの損失はさほどないでしょう。 BONIQで温度管理をして調理することで、栄養価の損失を防ぐこともできるということですね。 ・ ・ 🖋作る際のポイントはレシピサイトにてご確認ください⬇️🙌 ・ ・ 低糖質の低温調理レシピ 🍴【45℃ サーモンのセルクル仕立て🇫🇷】 https://boniq.jp/recipe/?p=16303 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク サーモン」で検索もOK🔍 ・⠀ ・⠀ BONIQではほとんどのレシピでレシピ毎に「1食あたりの栄養素」と「管理栄養士の栄養アドバイス」を掲載しています。 ・ ぜひ調理や献立の参考にお役立てください😊

いいね数:4コメント数:010ヶ月

  • 1/2