「豚ヒレレシピ」の検索結果

15件中 1 - 15件表示中

低温調理で作る「豚ヒレの厚切りローストポーク🍖」レシピ ・ ・ 厚切りでもBONIQの低温調理なら簡単❗️ 端から端までムラなく、ジューシー✨ 噛むほどに旨みを感じる、贅沢なローストポーク🍖 ・ 高タンパク・低糖質・低脂質・疲労回復効果で、ダイエットやバルクアップにも◎💪 ・ ・ 🍴【63℃ 疲労回復◎豚ヒレの厚切りローストポーク🍖】レシピ https://boniq.jp/recipe/?p=24559 👉「ボニーク レシピ」で検索🔍 👉「情報」からレシピサイトに行けます💨

いいね数:18コメント数:01年

🎥シェフ直伝❗️低温調理で失敗しない、完璧な仕上がりの「豚ヒレステーキ」🍴 https://youtu.be/U7GlQNKmPK8 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク YouTube」で検索もOK🔍 ・⁠⠀ ・⁠⠀ 厚みが異なる豚ヒレ肉も、1つのテクニックで360℃均一な完璧な火入れ。 ・ 従来の高温調理では硬くパサつきがちな赤身肉も、低温調理ならふわふわやわらか。 低温度帯での調理で(旨みがつまった)肉汁の流出を最小限に留めるから、肉肉しくて超ジューシー‼️ ・ 高たんぱく・低糖質・低脂質でダイエットやトレーニング飯💪にもおすすめな豚ヒレ肉を、ご家庭で簡単においしく食べられるレシピを宍倉シェフがご紹介します👨‍🍳 ・ しかも、混ぜるだけで作れる手軽なのに絶品のオリジナルソースレシピも❗️👍 ・ ・ ほかにも・・・ ・ 📌厚みが異なる箇所がある塊肉も、均一に完璧な火入れをする方法 (※低温調理の加熱基準では1番厚みのある箇所に合わせた加熱を行うため、厚みが薄い部分には火が入りすぎてしまう場合があるため。) 📌表面がすぐに乾いてしまう豚肉の〝しっとり感〟を保つ方法 📌盛り付けのアドバイス 📌何にでも使える&知っておくと自慢できる(!)簡単絶品ソースのレシピ 📌ソースに入れる「こしょう」の種類のアドバイス ・ ・ など、宍倉シェフ直伝の「今日からすぐに活かせる、お料理がもっと楽しくなる!学びのポイント」がたくさん詰まっています。 ぜひ一緒に作ってみてくださいね😉 ・ ・ 低温調理なら、セットしたらあとはほったらかしでOK👌 誰でも簡単、失敗知らずでまるでレストランのような仕上がり🍴🥰 ・ 豚ヒレ肉を始め、鶏むね肉、鶏ささみ肉、牛もも肉などの赤身肉が極上やわらか&ジューシーに仕上がります。 フリーザーバッグでの調理だから洗い物も出ず、栄養素も逃さない。 フリーザーバッグ内に残った栄養素はソースやスープなどに活用できます◎ ・ ・ 次回はバレンタイン企画🍫 BONIQの低温調理で作る簡単&映え間違いなしのチョコレートレシピをご紹介予定です。(他にも、魚介類や野菜レシピも控えています✌️) ・ チャンネル登録がまだの方は、ぜひチャンネル登録をして楽しみにお待ちいただけたら嬉しいです🤲😌

いいね数:9コメント数:01年以上

🍴低温調理で〝豚ばらが1番おいしくなる方法〟はどれか❓🤔 ・ ・ 大人気、低温調理の疑問を検証する「比較実験」シリーズ🧪 ・ 豚ばらが1番おいしくなる方法はどれか❓ BONIQの設定温度別に4パターンを徹底検証❗️ ・ 味付けも下処理もなしで豚ばらをフリーザーバッグに入れ、それぞれ竹串がスッと通るところまでBONIQで調理を行った。 (1ブロック約200gの豚ばらを使用) ・ ・ 📌【77℃ 豚ばらの低温調理 温度比較実験】 https://boniq.jp/recipe/?p=3561 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍 ・ ・ ✅比較実験パターン ①80℃ 7時間 ②77℃ 8時間30分 ③70℃ 15時間 ④64℃ 24時間 ・ ・ ✅比較実験 豚ばらをフリーザーバッグに入れ、それぞれの温度・時間でBONIQで低温調理を行う。 ・ ・ ✅比較実験結果 結論から言うと、どれもかなりおいしい❗️ が、その違いを分析してみる。 ・ ②の77℃で8時間半BONIQで調理した豚ばらのバランス感が秀逸。脂が程よく溶け落ちているので、脂と身のバランスが良く、そのままタレなどで食べるのに最適。 ①の80℃で7時間のものも、かなり良い出来だが、身の一部がやや繊維状になっていることからパサつく程ではないまでも、77℃と比較すると3℃の差がはっきり出た。 ・ ③の70℃で15時間のものは、こんな豚ばら見たことがない❗️がというほど脂も身も透き通っていて美しい。 脂がぷるぷるしていて甘く美味しいが、脂が溶け落ちていないのでそのまま食べると脂身が多すぎる。 表面をカリッと焼いて脂を落としながら香ばしく仕上げ、甘酸っぱいソースなどと合わせると間違いなく最高に違いない。 ・ ④の64℃で24時間のも70℃のものと同じく脂も身も透き通っており、ぷりぷり。鮮やかな美しいピンク色に仕上がった。 味と食感の点では、見た目程は70℃のものとそこまで大きな違いは感じられなかった。 こちらもやはり70℃のものと同様、表面をカリッと焼いて脂を落としながら香ばしく仕上げるタイプの料理に向いている。 ・ ・ ✅比較実験結果 感想 豚ロースや豚ヒレは、どんな低温調理のレシピに従ってもそんなに温度差がなく、だいたい63℃前後で行われます。 ・ しかし、豚ばらの場合は脂身が多く固いので、薄切りでない限り、長時間調理を行うことが必要ですが、その温度はレシピによってまちまちでした。 また、臭みが出るのか❓脂は落ちるのか❓など、低温調理で越えなければならないハードルがいくつかありました。 ・ ここでは近所のお肉屋さんで購入した岩手県産岩中豚(220円/100g)を使いましたが、塩さえもせずそのままフリーザーバッグに入れて調理しても、全く臭みが出ませんでした。 ・ おそらくこの豚が元々臭みがなく美味しいのもありますが、それにしても臭さがない。 きちんと美味しい豚を使えば下処理など何もせず、BONIQに投入するだけで良いなんて‼️ ・ 今回の比較実験で、そのままゆで豚として食べたいもの、表面の脂を溶かしながら焼き上げた方が良いもの、など設定温度によって用途の違いが見え、よりディープなBONIQの世界へと足を踏み入れられた気がしています。 ・ ・ ✅BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス 豚肉にはビタミンB群やたんぱく質が多く含まれており、健康な体作りやエネルギー代謝に役立つ食品です。 今回使用している豚ばら肉は、豚のあばらの周辺の部位の肉です。脂と肉が分かれて3層になっているように見えることから「三枚肉」とも呼ばれています。 ・ 糖質はほぼ含まれていませんが、高カロリーな部位です。その理由は栄養価を見ればわかります。なんと、豚ばら肉の1/3は脂なのです。豚の脂は白く分かれているので、カロリーや脂質が気になる場合は白い脂の部分を切り落としてから調理をすると脂質とカロリーの摂取を抑えることができます。 ただ、切り取った脂は捨ててしまうのはもったいないです❗️ 豚の脂には生活習慣病を予防する脂肪酸も含まれています。チャーハンや炒め物をするときに、野菜を炒める前に切り取った脂をフライパンで熱してから調理をすると、サラダ油を使わずに済みます。 細かく切って冷凍しておけばいつでも使うことができるので、豚ばら肉を買った際には脂を取り分けてお試しください。 ・ ・ 詳しい実験結果や調理工程、栄養価はレシピサイトにて🙌 ・ ・ BONIQではほかにも色々な食材や条件での比較実験を行い、よりおいしく、楽しく低温調理の世界を新発見していただけるよう、記事にまとめています。 ・ 人気の「比較実験」シリーズ、ぜひレシピサイトで他記事もご覧ください😊 https://boniq.jp/recipe/recipe_category/experiment/

いいね数:8コメント数:01年以上

「風味づけのにんにくの低温調理 比較実験」 肉や魚介を低温料理する際、 にんにく風味を付けたい時、 どうするのがベストか? 「3つの食材」×「3種類のにんにく」で、 検証しました。 豚ヒレ、真だら、鶏手羽先と、 ガーリックパウダー、生にんにく、にんにくのコンフィ。 結果は「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ♪

いいね数:7コメント数:02年

「豚ヒレの低温調理 ベストな塩タイミング比較実験🔎」 ・ 大人気「低温調理の疑問あれこれを検証する」比較実験シリーズ👍 ぜひご参考ください‼️ ・ ・ 🍽【豚ヒレの低温調理 ベストな塩タイミング比較実験🔎】⁠ https://boniq.jp/recipe/?p=22605 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク 低温調理のルール」で検索もOK🔍⠀ ・ ・ 以前に行った「ローストビーフ低温調理 塩投入比較」や「鶏むね肉 低温調理 塩タイミング比較実験」は、「塩で下味をして低温調理」と「低温調理後に塩を入れて含ませる」など、どのタイミングで塩を入れれば、肉がジューシーに美味しく仕上がるかを実験したものである。 ・ その結果、「低温調理後、塩をバッグに入れて含まaせる」が一番歯切れがよく、ジューシーであるという結果になった。 ・ ちなみに魚(サーモン)で行った時は逆の結果となったのである。(「ブライニングは有効?比較実験 サーモン編」) 「振り塩(生魚の身に塩を振って10分ほど置き、出てきた水分をペーパーで拭うこと。)」をして低温調理を行ったものが、「低温調理後、塩を含ませる」よりも臭みが抜け、ふっくらとした身に仕上がったのである。 ・ はたして豚肉ではどのようになるだろうか❓ ・⁠ ・ ✅材料 <実験1~3> ・豚ヒレ肉(国産)  各1本(厚さ3cm/ 150g) ・塩  各1.3g(肉の重量の約0.9%) ・ ・ ✅比較実験パターン 豚肉の中でもパサつきやすい部位である”豚ヒレ”を使い、 ・ 1 - 塩を振って1日寝かせる → BONIQ    2 - 塩をふってすぐBONIQ 3 - BONIQ → バッグに塩を入れて肉に含ませる(2時間) ・ の3つの方法で比較実験を行う。 ・ ・ ✅比較実験結果 まとめると、 ジューシーさ:3>2>1 柔らかさ:3>1>2 総合した美味しさ:3>1>2 ・ ローストポークなどにするならば間違いなく「3(BONIQ → バッグに塩を入れて肉に含ませる)」の方法がおすすめ。 バッグに塩を入れて肉に含ませるというのはフライパンやオーブンで焼く従来の方法ではできない、低温調理の強みを生かした塩の入れ方であり、圧倒的にジューシーで柔らかくなる。 ・ ・ 詳細はレシピサイトご確認ください🙌

いいね数:6コメント数:01年以上

🍴低糖質&低脂質レシピ「63℃ 豚ヒレ肉のしっとり塩豚ハム🍖」   https://boniq.jp/recipe/?p=2459 (@BONIQ 公式低温調理レシピサイト) 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク 塩豚ハム」で検索もOK🔍     塩豚とは文字通り、豚肉に塩を塗り込んで作るもの。 実はこれ、かなり使える存在なのです👍   美味しい天然塩を塗り込むだけで、豚肉が驚くほどに美味しくなります。 煮込んでポトフにしたり、焼き目をつけてローストポークにしたり、もちろん、サラダにのせたりととにかく万能選手です。   通常の塩豚は豚バラ塊肉や豚肩ロース肉で作りますが、今回はヒレ肉を使って塩豚を作りました。 仕上がりはハムそのもの。   とってもしっとりしていて臭みもなく、豚肉のほんのりとした甘みとちょうど良い塩気がとても美味しいです😌✨   市販のハムは着色料や添加物、塩分も気になりますよね。 ぜひご家庭で、簡単手づくりハムを作ってみてください❗️😊     ✅1食分あたりの栄養素⠀ カロリー - 150 kcal 糖質 - 0.7 g タンパク質 - 25.5 g 脂質 - 2.1 g     ✅材料(2人分) ・豚ヒレ ブロック/塊肉(厚さ3cm)  230g ・天然塩  6g ・酒(煮切り)  大さじ1/2   <お好みで付け合わせ> ・万能ねぎ  お好みの量 ・柚子こしょう  お好みの量     ✅レシピ 1)豚ヒレの全面に塩をまぶしてキッチンペーパーで包み、ラップで巻いて冷蔵庫で1日寝かせておく。   2)BONIQをセット。食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう十分な水量を用意し、63℃ 2時間に設定する。   3)1日寝かせた豚ヒレの水気をペーパーで拭き取り、フリーザーバッグに入れて酒(煮切り)を加える。   4)BONIQが設定温度に達したらバッグを入れる(しっかり脱気&完全に沈めて、全体が湯せんに浸かるようにする)。    5)BONIQが終了したらバッグを取り出す。すぐに食べる場合はあら熱が取れたらお好みの厚さにスライスして皿に盛り付け、出来上がり。 すぐに食べない場合は豚ヒレをバッグごと氷水で完全に急冷し、冷蔵庫で保存する。     ✅作る際のポイント 塩の選び方がポイントになります。必ず天然塩をご使用ください。味の尖った塩化ナトリウムだけの精製塩の場合、美味しさが半減してしまいます。   BONIQの終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグの中で冷ましましょう。すぐにカットしてしまうとせっかくの肉汁が流出してしまうので、あら熱が取れてからカットするようにしましょう。     ✅BONIQ管理栄養士の栄養アドバイス⠀ エネルギーに対するタンパク質の割合は66%と高く、糖質の割合は1%と低く、脂質は25%と低いバランスです。   豚ヒレ肉は100g当たりタンパク質22.2g、脂質3.7gと鶏ささみに匹敵するほどの高タンパク質、低脂質です。 塩豚ハムにすることで一人分の食塩相当量が3.1gと高めなので、カリウムが多い生の野菜や果物と一緒に摂ったり、他の食事で調整すると良いですね。   豚ヒレ肉にはビタミンB1、鉄分、ナイアシン、ビタミンB6が多く含まれています。 ビタミンB1は豚肉に多いですが、その中でもヒレ肉の含有量はト100g当たり1.32mgと、豚肩ロースの2倍、豚バラ肉の3倍多く含まれています。   ビタミンB1は糖質がエネルギーに変わるのを助ける栄養素で、不足すると疲労物質が溜まって疲れやすくなるため、疲労回復のビタミンとして知られています。 体の疲れだけでなく、視神経を正常に働かせるため疲れ目にも良いです。   豚ヒレ肉には血液をつくるのに欠かせない鉄分も豊富です。動物性の鉄分は吸収が良いのも魅力です。     BONIQではほとんどのレシピで、そのレシピの「1食あたりの栄養素」と「管理栄養士の栄養アドバイス」を掲載しています👩‍⚕️👨‍⚕️   ぜひ調理や献立、栄養バランスの参考にお役立てください👍

いいね数:6コメント数:01年

栄養◎の簡単ごはんで筋肉作り💪✨ 「1週間 筋トレ飯献立🍴」土曜日の献立 3食分公開❗️🆕   会員限定🔑e-bookあり🎁(詳しくは下部にて↓)    1日3食 手軽に&バラエティ豊かに、極上おいしいごはんを楽しみながら、しっかり筋肉を育てる💪✨   ✅1週間筋トレ飯献立 Vo.9(土)朝食・昼食・夕食 https://boniq.jp/recipe/?p25795 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍     少しゆっくりしたい土曜日も、朝から前日仕込みを活かして。 ホッと落ち着く和食で、からだにやさしく😌 BONIQの低温調理で作る海老しんじょは、ふわふわのはんぺんの中に海老の食感がアクセントになって、香り豊か。 そのままでも絶品ですが、あんをかけると低温調理で引き出された海老にお出汁の風味も効いて、一層上品な味わいになります。 筋トレ効果を最大化させて筋肉を育てるために、お肉に偏ることなく、魚介類メニューをしっかり取り入れることもポイントです。 食材をラップ巻き(キャンディ巻き)する、という工程をまだ行ったことがない方は、本レシピでトライしてみる良い機会になると思います。 1度やってみることでハードルも下がり、他食材にも転換して作りやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね。   ランチはエスニック料理で体づくり👍 タイ風 ヤムヌアサラダとラッシーの組み合わせなんて、まさに〝おうちレストラン〟👩‍🍳👨‍🍳 BONIQの低温調理でやわらかジューシーな牛肉をサラダに合わせて、ちょっと豪華に✨ 定番の味付けのサラダも良いですが、タイ風サラダは真新しくおしゃれで彩りも良く、見た目にも鮮やかで食欲をそそります。 トレーニング後さっぱりしたものが食べたい時にも、ライムの香りと酸味の効いたドレッシングのサラダがぴったりですね。 濃厚クリーミーな「自家製飲むヨーグルト」で作るラッシーは、とってもなめらかで口当たりが良くクリーミーで、手作りヨーグルトの美味しさに感動するレベル❗️🥺 少しずつ暑くなってきたこの時期に一層楽しめるドリンクです🥛     夕食は「ポークビーンズ🍲」と「マッシュルームのアヒージョ🍄」でちょっと豪華に✨ 土曜日の夕食にぴったりの贅沢献立です。 一見「え、それどうやって作るの❓」「作るの大変そう❗️」と思ってしまうようなメニューも、レシピを見れば簡単に作れることがわかります◯ 作る工程すら楽しめますし、新しい美味しさに出会えるもかなり価値が高いのではないでしょうか😊 BONIQで作る濃厚ポークビーンズは、豚ヒレと豆のゴロゴロ食感で食べ応えがあり、ご飯にもパンにもぴったりな一皿です。 材料の表記には「豚ヒレがない場合は肩ロースでも可」と書いてありますが、カロリーを気にする場合は豚ヒレ肉やモモ肉を推奨します。 なんと、豚ヒレ肉は100gあたり115kcalなのに対し、肩ロースは253kcalと2倍以上のカロリーがあるのです。 この差は脂質の量の違いです✋ 従来の煮込む方法でポークビーンズを作る場合、脂身が多めの肉を炒めて出た油で豆を煮込むことで、コクと旨味を吸い込んだ豆が大変美味しくなります。 また、豚肉も長時間煮込むことでやわらかくなります。     しかし、低温調理をする場合は豚肉のたんぱく質が固まらない程度に火を入れることができ、少量の煮汁で調理できることから豆に旨味がしみ込みやすくなるのです。 もちろん、たんぱく質を破壊しないから、硬くなりがちな赤身肉の豚ヒレも肉汁を逃さずとってもやわらかな仕上がり。 玉ねぎや豆の甘さも引き立ちます。 これまでの方法では鍋の焦げ付きの心配もあり、適宜混ぜる必要がありましたが、低温調理はフリーザーバッグに材料を入れたら、あとはお任せ👌 BONIQなら失敗なく仕上がります◎     👈前の投稿の続き(2/2)     ほったらかしで完璧な仕上がりになるのはとても心強く、大変便利です。 ヘルシーな部位を使って旨味たっぷりの料理ができることも、低温調理の優れている点ですね☝️ きのこを〝スライスして入れるだけ〟のマッシュルームのアヒージョは、低温調理ならではのきのこの旨みがたっぷり感じられるその出来栄えに、「おぉ・・・🤯」と衝撃を受けてしまうこと間違いなし。 マッシュルームはしいたけの3倍の旨味成分であるグルタミン酸が豊富な食材ですが、キノコ類の旨味成分は熱が加わることによって酵素が動き出し高温(70℃前後)になると、その動きが止まってしまいます。 一方、旨味を壊すやっかいな酵素の働きが止まるのが60℃だと言われています。 フライパンでの調理法だと温度を60℃~68℃に保つのは難しいですが、BONIQだと時間と温度設定だけで簡単に旨味がアップしたアヒージョを作ることができます。 しかも、オイルは少量で済むのでとってもヘルシー✨ オイルは良質な油を使って、オイルまでしっかりいただいてくださいね◎ 一口ひとくち幸せを感じる、絶品レシピです🥺 明日に向けて「65℃ 鶏レバニラ」の仕込みをしたら、完了です🙌   土曜日は「和食・洋食・アジアンフード」と、バラエティ豊かに筋トレ飯を楽しむ1日🍴 1週間頑張ったからだをしっかり癒して、極上ごはんをお楽しみください😋     いよいよ次回は最終回(Vo.10、日曜日の献立)です❗️ お楽しみに💨     📌レシピサイト会員限定🔑e-book🎁 BONIQ レシピサイトで公開している献立を見やすく1冊にまとめたブックレット(PDFファイル)をプレゼントいたします。   献立の確認や調理のお供に役立ちますので、ぜひご活用ください。 e-bookはレシピサイトの各献立ページで入手いただけます。

いいね数:6コメント数:01年

🍴【低温調理ケーキレシピ🧁】人気ランキング TOP3🎉 https://boniq.jp/recipe/?p=25254 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍 ・ ・ BONIQの低温調理でケーキ作り。いわゆる〝ケーキ〟というよりは、食後のデザートにさらりと味わいたいような、ちょっとした休憩でさくっと楽しみたいような気軽なケーキです。 ・ しかし、そこはもちろん〝BONIQの低温調理〟ならでは。 少量でも満足できる本格的な仕上がりで、手作りだと思わせないプロの味👩‍🍳👨‍🍳 ・ そこで今回は、370以上の低温調理レシピを公開している「BONIQ」の公式レシピサイトにおける「低温調理ならではの豚ヒレ肉レシピ」TOP3を発表❗️🎉 ・ 「低温調理といえば、肉料理」と思われがちですが、魚介や野菜、卵や発酵食品、ドリンクなどとともにおすすめなのが、低温調理スイーツ作り。 ・ 少しずつ暖かくなってきて、ちょっと一息、窓辺でおうちカフェを楽しむのも最高な季節☕️ おうち時間も増えるこれからの時期、ぜひトライしてみてくださいね。 ・ お子様と一緒にやってみるのもおすすめです👧👦 ・ 自分で作れば喜びもひとしお。 きっと新しいおいしさに喜んでいただけるはずです🤲😌 ・ ・ おうちカフェに♪☕️ 🍴【低温調理ケーキレシピ】アクセスランキング TOP3🎉 ・ \🏆No.1/✨ 95℃ 美肌効果◎ベリーの生チョコテリーヌ🍫 ・ \🏆No.2/ 88℃ しっとりフワフワ チーズスフレケーキ🧀 ・ \🏆No.3/ 95℃ 糖質オフのバスク風チーズケーキ🧀 ・ ・ ランクインしている3レシピでまだ作ったことがない低温調理ケーキがあれば、ゴールデンウィーク中に試してみてはいかがでしょうか❓ ・ どれも自信を持っておすすめできる、BONIQの低温調理で作るおうちカフェにぴったりな低温調理ケーキレシピです。 ・ おもてなしのデザートや、お土産としても喜ばれるはず👌 ・ BONIQ 公式低温調理レシピサイトでは他にもたくさんのスイーツレシピをご用意しています🧁 ぜひレシピカテゴリ「スイーツ系」からご覧になってみてくださいね。 ・ ・ 各レシピの工程や作る際のポイントなどはレシピサイトご覧ください👇 ・ ・ 🍴【低温調理ケーキレシピ🧁】人気ランキング TOP3🎉 https://boniq.jp/recipe/?p=25254 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍

いいね数:5コメント数:01年

🍴【牛ヒレローストビーフ いつ焼くべきか❓比較実験】⁠ https://boniq.jp/recipe/?p=26234 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔎   大人気「低温調理の疑問あれこれを検証する」比較実験シリーズ🧪 今回は〝BONIQの低温調理といえば〟の「ローストビーフ」の比較実験。   以前の「牛ももローストビーフ いつ焼くべきか❓比較実験」の続編です。   ぜひご参考ください👍 肉をオーブンでローストすると、肉の表面がカリッと褐色になり(=メイラード反応)肉に香ばしさを与え複雑な香りが生まれるが、湯せんによる低温調理はこのメイラード反応が起こせない。   それを補うために、これまでBONIQのローストビーフやステーキのレシピでは、低温調理前に肉の表面を焼いたり、調理後に肉を焼いたりしていた。   そうすることで、肉に香ばしさを与えていた。   では肉の表面を焼くのは低温調理「前」が良いのか❓「後」が良いのか❓   先の実験は“牛もも”を低温調理する場合、いつ焼けば一番美味しい状態に仕上がるのかを比較したものである。   その結果、意外にも「焼かない」方が香ばしさの点では「低温調理前か後に焼いたもの」に劣るものの、断トツに柔らかく仕上がり一番美味しく感じたのである。   これは元々「牛もも」が脂が少なく硬い肉質なので、美味しいポイントとして「柔らかさ」が優先されたのかもしれない。   そこで今回は元々柔らかい「牛ヒレ」を使えば、どれも柔らかく仕上がるのでまた結果が変わるかもしれないと考え、比較実験を行う。     「牛ヒレ」ではいつ焼けば良いのか❓ 焼かない方が柔らかく仕上がるのか❓     そこでオーストラリア産牛ヒレ(厚さ2cm)を使い、   📌実験①:低温調理「前」に表面を焼く(表面焼く → BONIQ → バッグに塩を入れて肉に含ませる)   📌実験②:低温調理「後」に表面をフライパンで焼く(BONIQ → バッグに塩を入れて肉に含ませる → 表面焼く)   📌実験③:低温調理「後」に表面をバーナーで焼く(BONIQ → バッグに塩を入れて肉に含ませる → 表面焼く)   📌実験④:焼かない(BONIQ → バッグに塩を入れて肉に含ませる)     低温調理「前」に肉の表面を焼くことで、調理中のドリップの流出を抑えて旨みを閉じ込めることができるのか❓ 仕上がりの香ばしさが半減しないか❓     低温調理「後」に焼くと、パリッと香ばしくなるのを期待する反面、内部の温度が上昇してしまうのか❓ バーナーで焼くのはどうか❓     実験①②③の「焼く」ものと比べて④「焼かない」ものは香ばしさや柔らかさの点でどれくらい違うのか❓     実験③の「バーナーで焼く」については、「65℃ 鶏ももステーキ 皮の焼き方比較実験」で鶏ももをバーナーで炙ったところ、鶏皮がものすごく苦くなってしまって完全にNGであった。 では牛ヒレではどうなるのか❓     塩を入れるタイミングはすべて低温調理後にバッグに塩を入れて肉に含ませることとする。 (「58℃ ローストビーフ低温調理 塩投入比較」参照:「低温調理後、塩をバッグに入れて含ませる」が一番歯切れがよく、ジューシーであるという結果になった。)      ✅材料 <実験①~④> ・牛ヒレ肉(オーストラリア産)  各1個(厚さ2cm/ 80g) ・塩  各0.7g(肉の重量の約0.9%) ・油  適量     ✅比較実験 すべて同じ大きさ、厚さに整えた牛ヒレ肉をそれぞれの工程で調理する。   📌実験①:低温調理「前」に表面を焼く(表面焼く→BONIQ→バッグに塩を入れて肉に含ませる)   📌実験②:低温調理「後」に表面をフライパンで焼く(BONIQ→バッグに塩を入れて肉に含ませる→表面焼く) 📌実験③:低温調理「後」に表面をバーナーで焼く(BONIQ→バッグに塩を入れて肉に含ませる→表面焼く) 📌実験④:焼かない(BONIQ→バッグに塩を入れて肉に含ませる)   BONIQは57℃ 2時間35分行う。 BONIQの終了タイマーが鳴ったらそれぞれバッグを開けて塩を入れ、肉に含ませ冷却する。 その後50℃まで温め、比較試食を行う。     ✅比較実験結果 項目ごとに評価すると、   ①前焼き ②後フライパン ③後バーナー ④焼かない   📌見た目 ②>③>①>④ 📌香ばしさ ②≒③>①>④ 📌柔らかさ ④>①≒②>③ 📌ジューシーさ ①>②≒③≒④ 📌旨み ①>②≒③≒④ 📌総合的な美味しさ ①>②≒③>④     「牛ヒレ」では①低温調理「前」に表面を焼くのが一番良いと思う。   ②は見た目も一番美味しそうで捨てがたいし、③はもっと大きい塊肉で炙り過ぎないように気を付ければ、芯温が上がり過ぎることなく、BBQやパーティーなどでテンションの上がるパフォーマンスができる。   ただ、じっくり牛ヒレを味わいたいのであれば①の美味しさを知ってしまった以上、「前」に焼くのが正解だろう。 「牛もも」とは全く逆の結果であるが、④焼かないはナシと言える。     ✅比較実験後の感想 この「肉は低温調理前に焼くか後に焼くか❓」は「鶏が先か卵が先か」くらい、これまでも悩ましい問題でしたが、やっと光が見えてきました。   「牛ヒレ」は先に焼く❗️   塊肉の表面を強火でしっかり焼いて旨みを閉じ込める下処理は、「リソレ」と言ってフランス料理の中で最も重要な技法の一つなのですが、低温調理をする上でも大事であるということです。先人の知恵に感服すると共に、基本に立ち返ることを思い出させてくれました。   そして「牛もも」で行った実験とは全く違う結果になったのも、これまた驚きでした。   そうなれば、さらに他の部位ではどうなるのか❓豚など他の肉ではどうなるのか❓ 次の実験を構想中です。       比較実験&実験結果の詳細はレシピサイトにてご確認ください🙌

いいね数:5コメント数:011ヶ月

🍴低温調理レシピ 人気ランキング 🆕【簡単ジューシー✨ローストポークレシピ🍖】TOP3 https://boniq.jp/recipe/?p=26252 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍     まるでレストランで出てくるような、分厚いのにムラなくやわらかでジューシーなローストポーク🍖🥺   BONIQの低温調理なら、お肉をフリーザーバッグに入れてBONIQに投入するだけ。 ほったらかしで簡単に、おいしいローストポークを自宅で作ることができます✋     お好みで部位や味付けを変えて、自由にいろんな味わいをお楽しみください😋      外側から高温で加熱する高温調理と違い、低温調理なら低温加熱でゆっくり火入れをするからタンパク質を破壊せず、360°Cムラなくジューシーな仕上がり✨     また、低温調理で旨みをしっかり引き出すから、過度な味付けは必要ありません。   塩をふるだけでも充分おいしく、自然で甘さを感じるお肉本来の旨みを味わうことができます。     そんな完璧なローストポークを誰でも失敗することなく、いつでも「理想のお肉の状態」に仕上げることができるのが、BONIQの低温調理です☝️     いつものおうちごはんにはもちろん、ちょっとしたパーティーやお誕生日会、おもてなし料理としてや持ちよりにもおすすめ◎   きっとみんなに喜んでもらえること間違いないでしょう😊     そこで今回は、370以上の低温調理レシピを公開している「BONIQ」の公式レシピサイトにおける「低温調理で作るローストポークレシピ」TOP3を発表🎉     🍴低温調理レシピ 人気ランキング 🆕【簡単ジューシー✨ローストポークレシピ🍖】TOP3 🏆No.1「63℃ しっとりローストポーク 3種ソース添え」✨ 🏆No.2「63℃ ローストポークのマッシュポテト巻き」 🏆No.3「63℃ 疲労回復◎豚ヒレの厚切りローストポーク」     一気に複数個同時調理を行い、冷凍・冷蔵庫で作り置きしておくと便利です。   使いたい時に解凍や再温めをすれば、そのままはもちろんサラダにのせたり、丼やピザ、パスタ、サンドイッチにはさんだり炒めものにしたりと大活躍🥗🍝     豚肉は良質なタンパク質であり、健康や美容に嬉しい栄養素が豊富に含まれています。   「疲労回復ビタミン」と呼ばれるビタミンB1が多く含まれており、疲労回復やこれからの時期の夏バテ防止にも一役買ってくれます☀️     最近疲れを感じやすい、という方や筋トレ中の方、ダイエット中の方の他にも、日々忙しく過ごしているワーカー、部活を頑張るお子さんなどにもおすすめの食材です🍖     各レシピの工程や作る際のポイント、栄養価はレシピサイトご覧ください👇     🍴低温調理レシピ 人気ランキング 🆕【簡単ジューシー✨ローストポークレシピ🍖】TOP3 https://boniq.jp/recipe/?p=26252 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍

いいね数:5コメント数:011ヶ月

🍴【低温調理ならではの豚ヒレ肉レシピ】人気ランキングTOP9 https://boniq.jp/recipe/?p=25200 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍 ・ ・ 豚ヒレは豚肉の部位の中でも特に高たんぱく、低カロリーの部位💪✨ ・ 豚ヒレは牛ももや牛ヒレと同様に、フライパンで焼いたり鍋でゆでたりする高温調理ではタンパク質が破壊されて肉汁が詰まった水分が多く流出し、硬さやパサつきを特に感じやすい、赤身肉です🥩 ・ BONIQの低温調理なら、タンパク質を破壊しない温度で加熱するため、肉汁流出も最低限に抑えます。 しっかりと旨みと栄養を残し、噛めば噛むほど口の中においしさがあふれ出します。 ・ ・ BONIQの低温調理といえば〝鶏むね〟や〝ローストビーフ〟が定番で常に高い人気がありますが、実は豚ヒレも強くおすすめしたい食材の1つ☝️ ・ 高タンパク、低脂質で身体に嬉しい栄養素や効能がたくさん含まれており、育ち盛りのお子さんやダイエット・減量中、バルクアップ中にもぴったり◎ヘルシー食には見逃せない食材なのです。 ・ そこで今回は、370以上の低温調理レシピを公開している「BONIQ」の公式レシピサイトにおける「低温調理ならではの豚ヒレ肉レシピ」TOP9を発表❗️🎉 ・ BONIQの低温調理なら、セットしたら後はほったらかし調理でOK!様子見や火加減の調整も必要ないのに、完璧な火入れ🔥 ・ どんなに厚切りの豚ヒレ肉も端から端までムラなく、やわらかジューシーな仕上がり。 初めて低温調理をした豚ヒレを口にした方はそのやわらかさに驚かれるとともに、素材本来のおいしさを知っていただけるでしょう🤲😌✨ ・ ・ 🍴【低温調理ならではの豚ヒレ肉レシピ】TOP9 \🏆No.1/✨ 63℃ 豚ヒレ肉のしっとり塩豚ハム ・ \🏆No.2/ 63℃ 豚ヒレのステーキ🥩ポルトソース ・ \🏆No.3/ 63℃ しっとり極上🥪ヒレかつサンド ・ \🏆No.4/ 63℃ 豚ヒレのロースト 舞茸クリームソース ・ \🏆No.5/ 63℃ しっとり食感✨濃厚ポークビーンズ ・ \🏆No.6/ 63℃ 揚げない❗️ヘルシー 黒酢酢豚 ・ \🏆No.7/ 63℃ 豚ヒレの低温調理 塩タイミング比較実験 ・ \🏆No.8/ 63℃ 疲労回復◎豚ヒレの厚切りローストポーク ・ \🏆No.9/ 63℃ 低温調理で完璧な火入れ✨豚ヒレステーキ ・ ・ 普段あまり豚肉を食べないという方も、低温調理した豚肉を食べたらきっと好きになるのではないでしょうか。 ・ ヘルシーな部位を使って旨味たっぷりに調理ができることも、低温調理の優れている点ですね😊 ・ ・ 特に豚ヒレは、豚肩ロースや豚バラに比べて脂質が少なく大変ヘルシーな部位です。豚ヒレは100gあたり115kcalなのに対し、肩ロースは253kcalと2倍以上のカロリーがあるのです。 この差は脂質の量の違いです。 ・ また豚ヒレ100gあたりタンパク質22.2gと、鶏ささみに匹敵するほど高タンパク。育ち盛りの子どものごはんにはもちろん、ダイエット・減量中、バルクアップ中にも大変おすすめな食材です👏 ・ 豚ヒレにはビタミンB1、鉄分、ナイアシン、ビタミンB6も多く含まれています。 ・ ビタミンB1は豚肉に多いですが、その中でもヒレ肉の含有量はト100g当たり1.32mgと、豚肩ロースの2倍、豚バラ肉の3倍多く含まれています。 ・ ビタミンB1は糖質がエネルギーに変わるのを助ける栄養素で、不足すると疲労物質が溜まって疲れやすくなるため、疲労回復のビタミンとして知られています👊✨ 体の疲れだけでなく、視神経を正常に働かせるため疲れ目にも良いです。 ・ 豚ヒレは豚肉の中でも希少部位ですが、身体に嬉しい栄養素や効能がたくさん含まれています。 積極的に食事に取り入れるとよいでしょう🙌 ・ ・ 各レシピの工程や作る際のポイントなどはレシピサイトご覧ください😉

いいね数:5コメント数:01年

低温調理で作る「鶏ささみのアボカドタルタル🥑」のレシピ動画。 ・ 鶏ささみは低カロリー、高タンパクで、糖質制限ダイエット中や、スポーツ選手にとっても必須な食材ですよね。 ・ そんな栄養満点のささみですが、焼いてもゆでてもパサパサで硬くなりがちです。 BONIQで65℃をキープし低温調理をすることで、まったくパサつかず、これまで食べたことがない程しっとりと仕上げることができます👍✨ ・ しっとり淡白なささみと、アボカドタルタルの濃厚なソースがちょうど良く絡みます🥑 ・ 糖質制限中でもソースをアレンジすれば、毎日食べても飽きないおいしさです😋 ・⠀ ・ 🍽【65℃ タンパク質◎鶏ささみのアボカドタルタル🥑】レシピ動画 https://youtu.be/tE2x41K4ihE 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍 ・⁠⠀⠀⠀ ・⁠⠀⠀⠀ ✅材料⁠(4人分)⠀ ・鶏ささみ  440g ・パセリ  適量 ・ <味付け用調味料> ・レモン汁  小さじ3 ・しょうゆ  小さじ3 ・白ワイン  大さじ1と1/2 ・ <アボカドタルタルソース> ・ゆで卵  2個 ・アボカド  1個 ・牛乳  小さじ4 ・マヨネーズ  大さじ2 ・アーリーレッドみじん(玉ねぎでも可)  大さじ2杯分 ・レモン汁  小さじ2 ・塩こしょう  適量 ・ ・⠀⠀⠀ ✅1食分あたりの栄養素⠀⠀⠀ カロリー:317 kcal 糖質:2.7 g タンパク質:30.6 g 脂質:17.7 g ・ ・ ✅レシピ 1)鶏ささみの筋抜きをする。 包丁を深く入れすぎると裂けてしまうため、繊維を断ち切るように表面だけ包丁をいれる。 ・ 2)BONIQをセット。食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意し、65℃ 45分に設定する。 ・⠀ 3)<味付け用調味料>の材料を小鍋に合わせ、一度沸騰させて、冷ましておく。 ・ 4)ボウルに鶏ささみを入れて塩こしょうをし、冷ました調味料を加えてよく揉み込む。 ・ 5)鶏ささみ同士が重ならないようにフリーザーバッグに並べる。 ・ 6)BONIQが設定温度に達したらバッグを入れる(しっかり脱気&完全に沈めて、全体が湯せんに浸かるようにする)。 ・ 7)予め用意しておいたゆで卵を黄身と白身に分け、白身はみじん切りにする。 残りの<アボカドタルタルソース>の材料もすべてボウルに合わせ、よく混ぜる。 ・ 8)BONIQが終了したら取り出し、お好みの大きさにカットする。 アボカドタルタルソースをかけパセリを添えて、出来上がり。 ・⠀ ・ ✅作る際のポイント ささみは予め筋抜きされている物も販売されているので、割高になりますがそちらを使えば下処理なく作業効率が上がります。 筋抜きする場合は、以下をご参考ください。 ・ 1.包丁で筋の先の部分(1cm程度)に切れ目を入れて、指で筋の先がつまめるようにします。 2.切れ目を入れた部分を指でつまみながら、筋の内側部分に沿って包丁の先を入れます。筋に包丁をあてるようにしながら、先端を使って切れ込みを入れていきます。あまり深く包丁を入れると肉が裂けてしまうので、ご注意ください。 3.筋をまな板側にひっぱり、押さえたまま、包丁の背を使って肉からはがすようにして筋を抜きます。 ・ 肉を裂くことなく、また、筋に余分な肉をつけずに、筋抜きをすることができます。 ・ ・ ✅BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス エネルギーに対するタンパク質の割合は51%と高く、糖質の割合は4%と低く、脂質は40%と高いバランスです。 ・ 自然の食材とレモン汁などを上手に使って味付けをしているため、ナトリウム340mg、食塩相当量では0.9gと塩分の低い一品となっています。 主に食塩として摂取されるナトリウムは体内の水分バランスを調整していますが、摂り過ぎると体内の水分バランスが崩れ、むくみや高血圧、胃がんなどを招くことが知られています。 日本人の食生活では塩分の摂り過ぎの傾向にあるため、味付けの濃い味付けが好きな方や高血圧やむくみなどが気になる方など減塩を意識したい方にとって最適です。 ・ 鶏肉の中で一番高タンパク質で低脂質な部位のささみ。 タンパク質が多く、脂質が低いとされる牛ヒレ肉で100g当たりのタンパク質20.8g、脂質11.2g、豚ヒレ肉で100g当たりのタンパク質22.2g、脂質3.7gという中、ささみは100g当たりのタンパク質23g、脂質0.8gと、牛肉や豚肉と比べても高タンパクで低脂質さでトップを誇ります。 アボカドが入ったタルタルソースを加えることでお通じをスムーズにする食物繊維は一日の1/10、余分なナトリウムを排泄するカリウムは一日の1/3、血行を良くするビタミンEは一日の1/4が摂取できるレシピとなっています。

いいね数:4コメント数:01年

低温調理で簡単「自家製ハム」 簡単・無添加・ヘルシー👍 しっとりジューシーな低温調理豚ヒレ肉で作る、自家製ハム。 ローストポークやサンドイッチ、ポトフやスープ、トマト煮などにも使える万能選手😋 ー レシピ動画 https://youtu.be/6qlMUihwkVg レシピサイト https://boniq.jp/recipe/?p=2459 ー レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ! 「ボニーク 豚ヒレ」で検索もOKです♡

いいね数:4コメント数:01年以上

🍴4月の人気レシピランキング TOP9🎉 https://boniq.jp/recipe/?p=25353 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍 ・ ・ 🍴【4月のレシピアクセスランキング】TOP9🎉 ・ \🏆No.1/✨ 60℃【究極‼️】史上最強に柔らかい蒸し鶏 ・ \🏆No.2/ 低温調理のルール ~6つのポイント~ ・ \🏆No.3/ 【低温調理ならではの鶏むね肉レシピ】TOP9✨ ・ \🏆No.4/ 58℃ ローストビーフ低温調理🧂塩投入比較 ・ \🏆No.5/ 【牛もも肉の低温調理レシピ】TOP1-6✨ ・ \🏆No.6/ 60℃ 疲労回復のビタミン◎本格チャーシュー ・ \🏆No.7/ 63℃ 虜になっちゃう自家製チャーシュー ・ \🏆No.8/ 63℃ もっとやわらかしっとり❗️チャーシュー ・ \🏆No.9/ 63℃ 疲労回復◎豚ヒレの厚切りローストポーク ・ ・ 低温調理の実力を感じる、間違いなくおすすめの低温調理レシピランキング🏆 ・ BONIQでは、370を超えるBONIQ公式低温調理レシピサイトのレシピから、食材別、温度別、月別、動画別などのテーマで人気のレシピランキングを多数発表しています。 ・ 「人気ランキング」レシピカテゴリから、気になる人気ランキングを見つけてみてくださいね❗️ ・ ・ 各レシピの工程や作る際のポイントなどはレシピサイトご覧ください🙌

いいね数:3コメント数:01年