「焼き付け」の検索結果

8件中 1 - 8件表示中

STUDIO DONGURIのrebirth productの第2号、アンティークの書類庫の出品です。 オススメの用途:デスクサイドの書類入れとして、お店のレジ横の書庫として、また、リビングやダイニングの散らばりやすい小物入れとしてお使い頂けます。引き出しは5段あり、なかなかの収納力です。 物としての評価:この書庫の評価すべき点は、あられ組みで組まれた強固な組手と、引出しの両サイドがアール加工されており、サイドビューが特に美しい収まりとなっているところです。気になる引出しのレール部分には、潤滑剤を施しましたので、スムースに開閉致します。 本体仕上げについて:本体は、オイルフィニッシュ後、バーナー焼き付け+ブライワックス+ダメージ加工仕上げ 引出し仕上げについて:引出しは、正面パネルはミルクペイント下地にブラックブラウンのクラッキング塗装+ブライワックス+ダメージ加工仕上げ サイズ:外形寸法:幅350mm奥行350mm高さ383mm 引出し内側寸法:幅320mm奥行314mm高さ49mm 最後に:昔の職人の物作りは、いつも感服させられます。メンテナンスさえちゃんとしてやれば、まだまだ使うことができる頑丈な作り。沢山、こういった品物が国内にはあります。これらを、現代の需要に合わせたテイストに生まれ変わらせ、もう一度世の中にリリースし、廃棄物を減らす。そういったら小さな仕事が、私たちデザイナーに課せられた大きな使命でもあります。 STUDIO DONGURIのrebirth productは、まさにそのデザインラインです。沢山の共感者にお会いできることを楽しみに、今後も製作致します。

いいね数:14コメント数:03年

-デザインコンセプト- 当スタジオのデザインラインのひとつ、古き良き物作りを、現代のテイストに合わせて蘇らせ、再リリースするrebirth productに、新たなラインナップが加わりました。個人的なイメージとしては、このテーブルは、オイルの香り漂うバイクのカスタムショップの片隅に佇み、タバコの煙越しにツナギ姿のスタッフとお客様が雑談する風景が見えます。 また、30代男性、未婚、バイクとインテリアが趣味、今夜、目当ての女性が家に遊びに来る、このテーブルをミニバーとして使い、素敵な夜を演出する。もちろん、彼女の好きなおつまみも忘れずに。といったイメージです。 -製作工程- キーワードは、タバコ、オイル、バーボン。 もともとはブラウン色であったミシン脚をアイアンペイントを施して研磨し、下地のブラウンを覗かせてエイジング感を。天板は、下地にオリーブ色を塗装し、上塗りにブラックブラウン色を塗装し、研磨とバーナー焼き付けで男臭く、ストイックな仕上げとしています。 -寸法- 幅698mm、奥行450mm、高さ745mm

いいね数:12コメント数:03年