「引き違い戸」の検索結果

4件中 1 - 4件表示中

【クローゼット折戸がなくなりつつある?】  クローゼットに付き物の折戸。最近は、どうも変化しつつあるなぁと。 今日はそんな『クローゼット』のお話。イザ!   ▶︎▶︎クローゼット折戸にする特徴 ⚫︎昔々のドラえもんの家の押入れみたいな引き違いの収納戸は、真ん中が使いづらかった。なので、左右全開口できる『折戸』が画期的だったね。 ⚫︎『しまう=隠す』という物理的&心理的欲求は満たされる。 ⚫︎折戸のコマが脱輪するようになり、『レールに乗っかる滑車部品』が早かれ遅かれ壊れる。 ⚫︎子どもは指を挟みやすいので、建具メーカーは細心の注意を払ったデザインにしてるね。 ⚫︎折戸の中…意外とホコリは侵入してるね。 ▶︎▶︎ロールスクリーン仕切りにする特徴 ⚫︎上下動作で開閉するので、場所をとらない。 ⚫︎丈夫さに過度な期待はできないけど、安価。 ⚫︎基本的に開けっ放しになりやすい。 ⚫︎防虫対策は、密閉式ではなく解放式(ウォークインクローゼット)と同じ対応で。 ⚫︎正直、このやり方に許容できる方が増えてるね!まぁ、解放的な収納(ウォークイン)のイメージがあるから、わざわざ収納ごとに閉ざさなくてもいいよ的な。 【大切なこと おまとめ…】 ①比較的閉ざされた収納にしたい? ②部屋を有効に広く使いたい? ③既存概念に縛られがちな場合や、年配者のお部屋は迷わず折戸で。笑 ④なんでもなんでも[ロールスクリーン仕切り]にさせるのではなくて、計画は慎重に。 ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ 私なら、(写真にある)ロールスクリーン選ぶ時は汚れにくい色を…と気を遣いますね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ でもそれ自体がインテリア性があって良き。 概念は驚くほど進化していってますね!

いいね数:3コメント数:04年弱

年明けから少しずつdiyしてきたリビングのバーンドアですが、やっと取手も取り付け、完成しましたよ😭 いやー長かったー💦 大物だけに家族があまりいない時間に狭いリビングで一人ちょこちょこやりつつ、失敗も色々あったけどなんとか思った形になってよかったです😆 ニッペホームプロダクツさんのdiyペンキのシックなアイロンの色合い、気に入ってます❤️ 今のところ、むぎにもかじられず。鼻で開けちゃうのが難点だけど。 前まではリビングと和室の仕切りはただのパーテーション置いてたくらいだったけど、夏はこれで冷房の効きもバッチリです❣️ さて、次はテレビ台かなー。。

いいね数:17コメント数:04ヶ月

昨日からドアに間違えて開けちゃった穴をひたすら木工用ボンドをつけた丸棒で埋めてから、表面に木工パテを塗って、乾かしてからのやすりがけ。 そしてペンキ塗り直したら、ほとんどわからなくなりました👍 手間がかかったけど、その分仕上がりに差が出るのね😊 レールから外れないようにストッパーをドア上部に取り付け、ドア下部にはフロアガイドを取り付けると、ドアが前後にぐらぐらしないようになりましたよ。 気になってた隙間もサイドに2×4を更に足して厚みを持たせたので、そこまで気にならなくなりました😊 後は、取手を取り付けたら完成です❣️ あと少し‼️

いいね数:11コメント数:05ヶ月