「建築家住宅(R+house)」の検索結果

103件中 1 - 20件表示中

「面積的には小さい家でも、土間や階段の踊り場といった何に使ってもいい空間があるほうが、より自由でおおらかな暮らしができます。数字的な広さより、空間の空き具合が大切」と語るのは、設計を手掛けた白子秀隆建築設計事務所の白子秀隆氏。 例えば、アウトリビングとしても使えるカラマツ張りのバルコニーは「家の中の本当の外」。LDKに光や風を招いてくれるスペースは、小さいながらも効果的な採光を実現しています。BBQやホームパーティーでは、家族やご友人が集い、くつろげる空間になることでしょう。 土地は限られていても、空間に広がりを持ちたい。光が降り注ぐリビングにしたい。そんな要望も、建築家住宅ならかなえることができます。予算に合わせて、お客様の夢と希望をカタチにするのが建築家住宅の最大の魅力と言えます。 こだわりの家、理想の家を建てるなら、〔R+house〕にご相談ください。ご満足いただける家づくりをご提案いたします。

いいね数:7コメント数:12年以上

家族の夢や希望、理想を可能な限り叶えたい家づくり。吹き抜けのある玄関、部屋の仕切りがないフラットな空間など、おしゃれなマイホームに憧れている方も多いことでしょう。 デザインもさることながら、快適に長く暮らせる家に欠かせないのが「機能性」です。でも、そもそもの知識がないと、住宅機能のどこに着目すればよいのかわかりませんよね。そこでまず、覚えておきたいのが「気密性」です。 気密性を高めることで外気の影響を受けにくくなり、室内の空気が外部に漏れにくくなるメリットがあります。住宅の気密性を高めると、室内の温度を外気温の影響を受けずに維持することができ、省エネルギーで快適な住環境をつくることができるというわけです。

いいね数:3コメント数:12年以上

家を購入した後も家族がハッピーになれる理想の暮らしをできるように、今から将来に目を向けて「借りていい金額=現実予算」を考えることで心理的にも余裕を持って生活することができます。また、将来を見据えた貯金ができるぐらいの返済額が理想です。 マイホームは家族の夢であり、人生を豊かにするものではありますが、その返済のために日々の暮らしだけでなく、将来への不安を抱くようでは意味がありません。マイホーム購入の際は、「現実予算」をしっかり資産し、無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

いいね数:6コメント数:02年以上

  • 1/6