「修正工事」の検索結果

50件中 1 - 20件表示中

軟弱地盤か確かめよう!「軟弱地盤マップ」の活用方法 「軟弱地盤マップ」で検索すると、さまざまな種類の軟弱地盤マップがネット上で提供されています。 1:調べたい土地の住所を入力する 自宅や勤務先、通学先など、地盤を調べたい住所を入力します。 2:表示された情報を確認する 周辺マップとあわせて、「良好」「軟弱」など入力した住所の地盤の質が表示されます。 3:軟弱地盤だった場合、対策を考える 「軟弱地盤」「液状化の可能性が高い」等と表示された場合は、しかるべき対策を考えましょう。

いいね数:4コメント数:13年弱

軟弱地盤対策には「グランドコンパクション工法」がおすすめです。 「コンパクション」とは圧縮という意味で、軟弱地盤の最下部から薬液を注入・硬化し、地下の地盤を固めるとともに家下の軟弱地盤を圧縮、傾きも修正する工法です。地盤の改良はもちろん、家の傾きも修正可能です。 レフトハウジングでは10年以上の豊富な経験を持った地盤沈下修正技術者が、ミリ単位で家の傾きを修正しつつ、地盤改良工事を行うので安心です。

いいね数:3コメント数:03年弱

「最近、ドアがうまく閉まらない……」「床が傾いている気がする……」といった悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?実はその現象、「不同沈下」が原因かもしれません。放置しておくと、違和感から健康被害を起こしてしまう可能性もある不同沈下。 不同沈下すると、沈下した部分の構造材(柱など)に集中的に負荷がかかります。すると構造材が歪み、その歪みが床や壁にも影響してきます。 その結果、外壁に亀裂が入る・窓枠に隙間ができる・ドア枠が歪んでドアが開かなくなるなどの事態になりかねません。床が常に傾いた状態になると、ストレスで眠れない、気持ち悪いといった健康被害が出てしまうことも。

いいね数:2コメント数:02年以上

  • 1/3