「住宅密集地」の検索結果

33件中 1 - 20件表示中

住宅密集地に建つ戸建のリノベーション。通風、採光、断熱、耐震に配慮した全面改修工事をしました。 耐震工事として梁補強や基礎の緊結補強を施し、間取り変更の際、構造上抜けなかった柱と筋交いは、リビングとダイニングをゆるやかに区切るデザインに取り込みました。窓サッシはペアガラスに交換して断熱性をアップ。 キッチンは作業性の良い二列型で収納も充実。 白を基調としたインテリアが、室内をより一層明るくしてくれます。

いいね数:7コメント数:03年弱

【ミサワリフォーム株式会社 】 住宅密集地に建つ戸建のリノベーション。通風、採光、断熱、耐震に配慮した全面改修工事をしました。 玄関は道路や隣家からの視線を気にすることなく採光・換気ができるように、ハイサイドの窓を巧みに配置しました。ペアガラス採用して断熱性もアップ。 白を基調としたインテリアが、室内をより一層明るくしてくれます。

いいね数:6コメント数:02年以上

住宅密集地に建つ戸建のリノベーション。通風、採光、断熱、耐震に配慮した全面改修工事をしました。 耐震工事として梁補強や基礎の緊結補強を施し、間取り変更の際、構造上抜けなかった柱と筋交いは、リビングとダイニングをゆるやかに区切るデザインに取り込みました。窓サッシはペアガラスに交換して断熱性をアップ。キッチンは作業性の良い二列型で収納も充実。 白を基調としたインテリアが、室内をより一層明るくしてくれます。

いいね数:6コメント数:03年弱

住宅密集地に建つ戸建のリノベーション。通風、採光、断熱、耐震に配慮した全面改修工事をしました。窓サッシをペアガラスに交換して断熱性をアップ。夏は外気を取り込んで風通し良く、冬は室内の暖気を逃さない省エネルギーな住まいです。 耐震工事として梁補強や基礎の緊結補強をし、間取り変更の際、構造上抜けなかった柱と筋交いは、リビングとダイニングをゆるやかに区切るデザインに取り込みました。窓サッシはペアガラスに交換して断熱性をアップ。白を基調としたインテリアが、室内をより一層明るくしてくれます。

いいね数:6コメント数:02年以上

住宅密集地に建つ戸建のリノベーション。通風、採光、断熱、耐震に配慮した全面改修工事をしました。 トイレは清潔感のある白ベースのインテリアに、深みのあるブルーのアクセントクロスで、コントラストをつけています。 タンクレストイレの採用で、スッキリ&シンプルな空間に。窓サッシはペアガラスに交換し、断熱性も改善されて、快適なトイレになりました。

いいね数:5コメント数:03年弱

住宅密集地に建つ戸建のリノベーション。通風、採光、断熱、耐震に配慮した全面改修工事をしました。窓サッシをペアガラスに交換して断熱性をアップ。夏は外気を取り込んで風通し良く、冬は室内の暖気を逃さない省エネルギーな住まいです。 強化ガラスでできた2階の廊下の床を通して、1階北側の部屋まで自然の優しい光が入るようになりました。白を基調としたインテリアが、室内をより一層明るくしてくれます。

いいね数:4コメント数:03年弱

住宅密集地に建つ戸建のリノベーション。階段ホールが取り込んだ優しい自然光が、乳白色強化ガラスでできた2階廊下の床を通して、1階北側の部屋まで降り注ぎます。 リビングや階段まわりは白を基調としたインテリアで統一。反射の効果で室内がより一層明るく感じます。夜はフロアライトで下から照らして、ドラマチックに。

いいね数:3コメント数:03年弱

駐車場のコケを、高圧洗浄中。 今は、高圧洗浄機はホームセンターで¥10,000ほどで購入できますね。 私が一番活躍してくれると感じる場所は、外の駐車場などのコンクリートです。 マンションのベランダなどは、水が飛び散るのでお勧めできません。 風がある日は、隣り合うベランダの仕切りがあったとしても、お隣さんの洗濯物を濡らしてしまうかもしれませんん。 水が飛び散らないような水が噴射される先端カバーアイテムもありますが、高圧の力で押さえつけておくのが大変で、現実的ではありません。 高圧洗浄機は、都市部の密集した住宅地よりも、 郊外の水が飛び散ってもお隣さんに迷惑をかけない田舎でこそ、活躍してくれるアイテムだと思っています。

いいね数:2コメント数:02年以上

コンセプト 『狭小地の余白のある家』 古くからの家が立ち並ぶ住宅地の建替えのプロジェクトです。 計画地は、敷地面積104.81㎡(31坪)の低層地域で斜線制限や景観法が定められた条件に制限がある狭小敷地です。 そのため、周辺の住宅は敷地いっぱいに家が建ち、京都ならではの狭小住宅が密集しているため庭や緑地といった、自然を感じることが難しくなっています そんな中で、必要な部屋数を確保しつつ、空間に余裕を持たせた家づくりが出来ないかと考えました。 そこで、今回は狭小敷地にあえて余白をつくることにしました。 敷地内に3つのボリュームの箱をもうけ、それぞれに角度をつけていきます。 角度を与えることによって生まれた余白空間を敷地内につくりだしていきます。 この余白部分に緑を設け、どの部屋にいても外部を感じることができるようになっています。建物を1つの大きなボリュームと考えず、いくつかの小さなボリュームをまとめ、繋ぐことで狭小な空間でありながらも緑を敷地内に点在させ、建物内に外部を取り込み、最小限の空間を豊かな空間に変えることを可能にしています。 また、角地であることを利用し、フェンス等を設けず開放することでより一層緑の豊かさを感じることができるでしょう。

いいね数:0コメント数:04年以上

  • 1/2