「低温でコトコト」の検索結果

2件中 1 - 2件表示中

🏆【低温調理ならではの豚ばら肉レシピ】人気ランキング TOP5 https://boniq.jp/recipe/?p=26311 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍     豚ばら肉の低温調理。   豚ばらの場合は脂身が多く硬いため、薄切りでない限り、長時間調理を行うことが必要です。   フライパンで焼いたり鍋でゆでたりする従来の高温調理では、分厚いお肉であればあるほど火入れ時間は長くなり、必然的に外側からどんどんタンパク質が収縮して硬くなり、ジューシーさを失ってしまいます💦      低温調理ならしっかり温度管理をして低温で調理するから、タンパク質の破壊を最小限に抑えてやわらかジューシーさを保ち、脂身はちょうど良くぷるぷるの状態に。     脂っこさやしつこさがない、程よいバランスの豚の脂が口の中で溶ろけ、甘さを感じます。   身も繊維さはなくとてもやわらかで、身からも肉汁がじゅわっとおいしく広がります✨     そこで今回は、370以上の低温調理レシピを公開している「BONIQ」の公式レシピサイトにおける「低温調理ならではの豚ばら肉レシピ」TOP5を発表🎉     \🏆1位/✨ 🍴77℃ 極上‼️改訂版 豚ばらの角煮 \🏆2位/ 🍴77℃ 塩豚vs.調理後塩含ませ豚 比較実験 \🏆3位/ 🍴77℃ “下茹でなし”で豚の角煮 比較実験 \4位✨/ 🍴77℃ 豚ばらの低温調理 温度比較実験   \5位✨/ 🍴70℃ 低温調理で安心自家製ベーコン      1位にランクインした「77℃ 極上‼️改訂版 豚ばらの角煮」にありますが、豚ばらの角煮を作る際「圧力鍋で肉の下茹でをすると仕上がりが変わってしまうのか❓」との質問をユーザーさんからいただき、圧力鍋で下ゆでした豚ばら肉とレシピ通り鍋で下ゆでした豚ばら肉を比べてみました。   その結果、圧力鍋で下ゆでした方は約120℃と高温でゆでることになりますので、身が繊維状になってやや硬くなってしまい、鍋でコトコト下ゆでし調味料と共にBONIQした「77℃ 極上‼️改訂版 豚ばらの角煮」の方は、肉も脂身もトロトロでプルプルの“極上の”状態に仕上がりました。     しかしこれは2つを比較していた時の感想であり、圧力鍋で下ゆでを行った方も間違いなくおいしいので、お好みやその時の都合などによって使い分けてくださいね🙌     豚肉にはさまざまな栄養素が含まれています。   しかし、下ゆでをすることで煮汁に溶け出ていってしまいます。   長時間であればあるほど溶け出てる割合も多くなり、また、ビタミンなどの栄養素も温度が高ければ高いほど破壊されてしまいます。   この面を考慮すると、低温調理で長時間調理した方が結果的に豚肉に残る栄養素が多いと言えます☝️     さらに、BONIQの低温調理なら溶け出てもフリーザーバッグの中。   フリーザーバッグに残った汁も活用することで、溶け出た栄養素もしっかり摂取することができます。   作った豚の角煮と一緒に煮汁もご飯にかけるなどして食べてしまうほか、冷蔵庫で冷やして煮こごりにしたり、鶏肉や野菜の卵とじの割り下地として使用しても良いですね。     低温調理豚ばら肉は身も脂身も理想のやわらかジューシーさ✨   しかも、低温調理で素材の旨みがしっかり引き出されて、甘く、感動さえ覚えるほどのおいしさに✨😌     各レシピの詳細はレシピサイトにて↓     🏆【低温調理ならではの豚ばら肉レシピ】人気ランキング TOP5 https://boniq.jp/recipe/?p=26311 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍

いいね数:7コメント数:03ヶ月