「メディカル」の検索結果

15件中 1 - 15件表示中

おはようごさいます☔ 私のオトモのスマートウォッチ二代目です♡ 携帯はAndroidなのでApple Watchではありません(¯∇¯٥) 機能は少ないけど私には十分役に立つお手頃⌚です♪ 着信に気がつく( °o° ) LINEも分かる(。˃ ᵕ ˂ )b 私にはこれで(*´꒳`*)ヨキヨキ メディカル面も機能して時には座りっぱなしですよー!とか⁉ 水分補給してくださーい!とか⁉ 有り難いお知らせですがスルーしていて意味がない私┏(ꒉ:)و ̑̑ 時計もしなければしないで平気なご時世ですがお知らせしてくれるのが便利です(*´艸`*)エヘヘッ♡ ☔雨降るなかご近所のおばさまが食べてくれる?と宅配ヨーグルトを持って来てくれました♪ このヨーグルト旦那さんがなんとなく楽しみにしてます(*•؎ •)オイシイ♡ お土産までいただいちゃって(*ᴗˬᴗ)⁾⁾ ④おまけはヌクヌク ハル♡

いいね数:49コメント数:111ヶ月

写真は我が家の庭のペパーミントです。 梅雨時は、庭から少し摘んで来てお風呂に入れてハーバル・バスを楽しんでいます。 適度な清涼感もあってお薦めですし、体臭が気になる方にもお薦めです。 市販のラベンダーの入浴剤に合わせてペパーミントを加えてもお肌がサッパリしてアロマ効果も抜群のバスタイムになります♪

いいね数:14コメント数:01年以上

りんごのような香り⁉️🌿カモミール🌿 カモミールには、ローマン種とジャーマン種があります。 ローマンカモミールはりんごに似た甘い香りを放つことから、その名前は「大地のりんご」を意味するギリシャ語に由来しています。 一方、ジャーマンカモミールの学名は女性の子宮を意味するMatrixから名付けられたと言われています。 ジャーマン種はハーブティー、ローマン種は精油としての利用が一般的です。 ジャーマン種は鎮痛に加え炎症を抑える作用に優れているので胃炎、膀胱炎、肌の炎症などを抑える時に使用されます。 ローマン種は鎮静効果に優れ、神経の緊張、ストレス性の消化器系の不調、頭痛、月経前症候群などの緩和に利用されます。 【注意事項】 精油:キク科アレルギーの方は注意しましょう。妊娠初期の使用は避けましょう。 【作用】 ジャーマン種:消炎・鎮静・鎮痙・駆風 ローマン種:鎮痛・緩和・鎮痙 【働きかけ】 《情動》 中枢神経を鎮静させる効果が高く、興奮やパニック状態を落ち着かせます。 《思考》 気持ちを落ち着かせ、思考をリセットすることで、悲観的な思考から抜け出せるようサポートします。 《感情》 不安感や緊張感を緩和します。 《体》 ストレス性の頭痛や胃腸のトラブル、過敏性腸症候群、アトピー性皮膚炎を含む肌荒れなどにも有効です。寝つけない夜のナイトティーとしても役立ちます。婦人科系疾患、月経前症候群、更年期障害などから生じる不快な感情や痛みを和らげます。 《行動》 心を鎮め、自己を律しつつも自分の欲求を実現する方向へと行動を導きます。 【使い方】 それぞれのハーブとブレンドしてみましょう。 《メディカルハーブ》 ジャーマン種 神経性のストレスからくる消化器系の不調🌿レモンバーム、レモンバーベナなど 神経の苛立ち、不安、怒り、気分のムラ、不眠など🌿リンデン、オレンジフラワー、ラベンダー、キャットニップなど 《アロマテラピー》 ローマン種 ショックや悲しみを受けた時やリラックスしたい時などにラベンダー、ゼラニウム、メリッサ、ネロリ、クラリセージ、パチュリ、マジョラムなどをブレンドし、顔、デコルテライン、みぞおち部分をマッサージしたり、アロマバスを行うと良いでしょう。 ストレス性の痛みや炎症がある部位にオイルを塗布すると不快感を軽減することができます。

いいね数:14コメント数:32年

さまざまな薬効がある🌿フェンネル🌿 古代では目をきれいにし、自然の美しさを実感できるようになる薬草として視力回復のために用いられていたそうです。 【注意事項】 ハーブ:皮膚刺激や呼吸器のアレルギー反応に注意しましょう。 精油:妊娠中や乳幼児は使用を避けましょう。てんかんの方は使用を避けましょう。皮膚刺激や呼吸器のアレルギー反応に注意しましょう。 【作用】 駆風・去痰 【働きかけ】 《情動》 エネルギー不足した時、やる気が起きない時に心を活性化し情熱を呼び戻してくれます。 《思考》 思考を柔軟にし、直感力や独創性を高めます。低下した思考力を賦活する効果があります。 《感情》 自己不信感を軽減し、喜びや幸福感を呼び覚まします。 《体》 ホルモン分泌を調整する作用があり、更年期障害の症状緩和にも用いられます。 ぜんそくや気管支炎の症状を緩和します。 循環器系を刺激し、老廃物の蓄積を防ぎ、むくみを解消する働きと同時に、空腹感を抑え、食欲をコントロールし、過食行動を落ち着かせる作用があり、体重管理に役立ちます。 《行動》 心に刺激を与え、好奇心を高め、変化を起こすための行動力を呼び覚まします。 【使い方】 《メディカルハーブ》 胃腸の調子を整えるためには、ペパーミントやダンデライオンとブレンドし服用しましょう。 また、カモミール、ペパーミントとブレンドし、幼児のお腹のトラブルや風邪の予防などに用いることができます。 《アロマテラピー》 過剰なストレスから生じるホルモン分泌の乱れを調整したい時にはゼラニウム、ローズヒップなどの精油をイブニングプリムローズ(月見草)オイルを10%ほど加えたキャリアオイルで希釈しマッサージを行います。 過食や食欲不振の時にはグレープフルーツとブレンドし芳香浴やアロマバスを行います。また香水を作り、持ち歩いても良いでしょう。

いいね数:6コメント数:12年

すっきりしたいときに🌿ペパーミント🌿 ミントは、ラテン語の「考え(mente)」を意味する言葉に由来しているそうです。 数多くあるミントの種類の中で、最も古くから使われているのはペパーミントとスペアミントでしょう。 ペパーミントは以下の作用があります。 賦活(のちに鎮静)・鎮痙・駆風・胆汁の分泌促進 私たち人間には ・リフレッシュ効果とその後のリラックス効果 ・中枢神経を刺激することで眠気を吹き飛ばし、集中力を高める ・ストレス性の鼓腸や過敏性腸症候群によい 働きをしてくれます。 《メディカルハーブとしての使い方》 フレッシュミントの葉を、ハーブティーとして飲む。疲労回復が期待できます。 緑茶と合わせると高齢者の方も飲みやすくなります。 《アロマテラピー》 *リフレッシュして元気を回復させたい* バジル、ローズマリー、ベルガモットなどとブレンドする *気持ちの活性化や、集中力を高めたい* レモン、レモングラス、ユーカリなどとブレンドする 芳香浴や、アロマバス、マッサージなどで利用しましょう。 気持ちをすっきりさせたい! そんな時にはペパーミントを🌿

いいね数:3コメント数:12年

SHEAR   AREMEC (メディカルエステ部門)の改装工事に伴い、スタッフのためのロッカールームと休憩室を別棟で増築しました。 限られた敷地の中で駐車スペースを最大限に残すという要求に対し、二つの敷地境界線から導き出された角度をもった基準線により、1階、2階の必要所要室の面積を調整し、ボリュームにズレを持たせて積層しています。 外壁は2つの無彩色(グレー)を出隅で見切り塗り分けて、光の角度によって異なった知覚を与えることを狙い、内装に用いた床と壁のラワン合板は、”淀江の家”同様にボリュームのズレにまかせて基準線を斜めに取り貼り付けています。 所在地   :鳥取県米子市車尾南 主要用途  :診療所 工事種別  :増築 構造/規模 :木造/2階建て 床面積   :98.19㎡ 設計期間  :2008年10月~2009年2月 竣工    :2009年6月 web:http://gramdesign.biz mail:info@gramdesign.biz

いいね数:3コメント数:03年以上

ふと気づいたこと✨    炊飯器横の ミニメディカルバット✨ 手作りキッチンワゴンに 炊飯器と並んで なんともいい感じのサイズ感✨    あ、そうだ これにはお弁当用の小物が 入ってたんだった💦    娘の一人暮らしで バタバタしていて 忘れてたけど、 もうこんなにいろいろ いらないし、    すぐ使えるここに置いておく 必要ないんだな〜😞 ちょっぴりさみしさを 実感する朝でした✨

いいね数:11コメント数:04年弱

養蜂用の植物🌿リンデン🌿 リンデンの木は、中世ヨーロッパでは自由の象徴ともされていたようです。 養蜂用の植物としても知られており、花からとれた蜂蜜は最高の香りがします。 ティユルと名付けられたリンデンティーは、ヨーロッパでは好まれ飲まれています。 【注意事項】 精油:敏感肌の方はやや注意してください。 【作用】 発汗・利尿・鎮静・鎮痙・保湿 【働きかけ】 《情動》 副交感神経の働きを優位にし、興奮した神経を鎮静させる効果があります。 《思考》 孤独感や不信感を和らげ、他者との調和がとれるような柔軟な思考を生み出す手助けをします。 《体》 神経を鎮めることで、ストレス性の不眠、めまい、高血圧、頭痛、消化器の不調などの身体症状を和らげます。 《行動》 気持ちを落ち着かせ、安定させることにより、積極的に他者とのかかわりが持てるようサポートします。 【使い方】 《メディカルハーブ》 それぞれのハーブとブレンドしてみましょう。 不安、神経過敏、頭痛を和らげる―オレンジフラワー、カモミール、ホップなど 落ち込み―レモンバーム、バーベインなど 眠れないとき―ラベンダー 風邪を引いたとき―エルダーフラワー 《アロマテラピー》 眠れない夜や、急激な緊張、不安が高まった時など香水として用いると良いでしょう。

いいね数:9コメント数:02年

愛のシンボル?🌿スイートバジル🌿 ハート形をしたバジルの葉は昔から愛のシンボルとされ、イギリス、イタリアなどでは愛情や歓迎の印として新芽や小枝を渡す風習がありました。 【注意事項】 精油:妊娠中、授乳中は使用を避けましょう。皮膚刺激に注意し、低濃度で使用しましょう。 【作用】 消化器系機能亢進・鎮痙・抗うつ 【働きかけ】 《情動》 自律神経を調整し、精神的な疲れや緊張を緩和します。 《思考》 頭脳を明晰にし、記憶力、集中力を高めます。 《感情》 落ち込みや不安を和らげます。心配事が気になり、寝つけない時にも効果的です。 《体》 ストレス性の消化器の痛みや、心配、不安などから生じる胃痙攣などに効果的です。また頭痛、月経痛、筋肉痛、神経痛などの痙攣、こわばり、痛みを軽減します。 《行動》 気力が減退している時に活力を強壮させて行動力を賦活させます。変化に向けての準備や変化を受け入れ確実なものにしていくためのプロセスをサポートします。 【使い方】 《メディカルハーブ》 ストレス性の頭痛や片頭痛にラベンダーやレモンバームとブレンドして服用します。 《アロマテラピー》 以下のアロマオイルとブレンドし、芳香浴やアロマバスを楽しみましょう。 集中力が落ちた時や脳が疲労した時―レモン、レモングラス 気分を高揚させたい時―オレンジ、マンダリン、ベルガモットなどの柑橘系の精油 不安な時―クラリセージ、ラベンダー

いいね数:6コメント数:02年

万病に効くと言われたハーブ🌿レモンバーム🌿 レモンバームは、強心作用に優れていることで知られており、錬金術師パルケルススに「不老不死の霊薬」と呼ばれ、万病に効く薬として、古代ギリシャ・ローマ時代より使われてきたハーブです。 【注意事項】 精油:妊娠中は使用を避けましょう。低濃度で使用しましょう。皮膚刺激に注意しましょう。 【作用 ハーブ】 鎮静・鎮痙・抗菌・抗ウイルス 【作用 アロマ】 鎮静・鎮痙・消炎・緩和・抗アレルギー・抗菌 【精油の働きかけ】 《情動》 極度の緊張、コントロールできない興奮、ショック、パニック、嘆き、またそれに伴う動悸などの生理的症状を鎮静します。 《思考》 悲しみを和らげ、失ったものがあるときには、その出来事を直視し、未来に進める思考を呼び起こします。悲観的な思考を軽減します。 《感情》 不安や落ち込みを落ち着かせ、気持ちを明るくし、安心感を呼び起こします。 《体》 循環器に働き、高血圧や心拍をスローダウンさせ、動悸を落ち着かせます。またストレス性の消化器系機能障害、免疫力の低下、片頭痛、神経痛などの症状を軽減します。 抗アレルギー作用により、花粉症やぜんそくなどの症状を落ち着かせます。抗菌作用も強く、ヘルペスウイルスにも効果を発揮します。 【使い方】 《メディカルハーブ》 以下のハーブとブレンドしてみましょう。 落ち込み―ローズマリー、セントジョンズワート、オレンジフラワー 不安や不眠―ラベンダー、リンデン ストレス性の消化器の不調や頭痛の軽減―カモミール、ペパーミント 気持ちを明るくリフレッシュしたい時―スペアミント、ベルガモット、レモングラス 《アロマテラピー》 強く気持ちが動揺した時や、頭痛、花粉症の症状には、香りをティッシュなどに1滴落として吸入したり、香水やスプレーなどを作っておき、手首やこめかみに塗ると良いでしょう。 緊張や不安からくる不眠には就寝前にネロリ、ローズ、クラリセージなどとブレンドしたオイルで顔、デコルテライン、胸の辺りに優しくすりこみながらマッサージすると良いでしょう。 強力な抗菌、抗ウイルス作用があり、ストレスによる免疫力が低下してしまった時の体調管理やウイルス性疾患の予防に効果的です。ラベンダー、レモン、ティートリーなどの精油とブレンドして用いると良いでしょう。

いいね数:6コメント数:02年

豊潤な香り🌿🌹ローズ🌹🌿 ローズは、美の女神ビーナスが自分と同じ美しさを求めて生み出した花です。 美しく儚げな花弁と自分を守るための棘を持ち合わせ、豊潤な香りを放ちます。 【注意事項】 精油:妊娠初期、中期は使用を避けましょう。 【作用】 鎮静・緩和・収斂 【働きかけ】 ・過敏な神経を安定させ、不安や恐れを取り除きます。 ・悲観的な考えにとらわれている時に、肯定感を取り戻させ、思考の悪循環から開放されるようサポートしてくれます。 ・心を解放し、素直に愛情を受け入れたり、女性らしい感情を表現できるようサポートしてくれます。 ・ホルモンの分泌を調整するとともに女性の生殖器を力付ける効果を発揮します。 【使い方】 《メディカルハーブ》 以下のハーブとブレンドしてみましょう。 気持ちを鎮めたい時―オレンジフラワー、バーベイン、レモンバーベナ、レモンバーム 心身の疲労感、落ち込み、うつ症状―オート、スカルキャップ、セントジョンズワート、ローズヒップなど 《アロマテラピー》 傷ついた感情に働きかけ、心を強くするためにはローズウッドやサンダルウッドなどウッディ調の香りの精油とブレンドして、顔、デコルテライン、肩などに優しくすりこみながらマッサージを行います。(ただし、うつ症状の時にはサンダルウッドを使用するのは控えましょう。) 女性のセクシャリティーを取り戻し、自信を高めたい時にはイランイラン、ジャスミン、ネロリなどとブレンドしたものを香水として身につけると良いでしょう。

いいね数:3コメント数:02年