「ファイトケミカル」の検索結果

3件中 1 - 3件表示中

低温調理で作る「ブロッコリーとカシューナッツのスープ🥣」レシピ ・ ・ アスリートの食マネージメントを行う管理栄養士が設計した「1週間ダイエット献立🍴」にも登場する、 最強野菜🥦✨ブロッコリーとカシューナッツのスープ。 ・ ブロッコリーは野菜の中でもかなり栄養価が高い優れた食材です。 100g摂取することで1日分のビタミンCを摂れ、そのほかにも抗酸化作用が強いビタミンE、むくみ改善に役立つカリウム、正常な血液を作る助けをする葉酸などが豊富に含まれています。 ※参考:https://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c03/09.html ・ また、ブロッコリーは「ファイトケミカル」という強い抗酸化作用がある栄養成分を200種類ほど持っている野菜といわれています🥦 ・ ビタミンやミネラルの中には水溶性の成分が多く、熱いお湯でゆでるとせっかくの栄養素が半減してしまうことも。 直接水の中でゆでない低温調理は、栄養素やおいしさを逃さず摂取できる良い方法でもあります。 フリーザーバッグの中に流れ出した栄養素もスープやソースにして丸ごと摂取できますね◎ ・ カシューナッツと合わせることで、抗酸化作用も免疫力も更にUP💪✨ 病気に負けない体づくり、美肌づくりのためにも、毎日飲みたくなるスープです🥣 ・ ・ 🍴【85℃ 最強野菜🥦✨ブロッコリーとナッツのスープ】レシピ https://boniq.jp/recipe/?p=3952 👉「ボニーク ブロッコリースープ」で検索もOK🔍 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ ・⁠ ・ ✅材料(2人分) ・ブロッコリー  1/2個(150g) ・ココナッツオイル  大さじ1 ・カシューナッツ(素焼きされたもの)  20g ・ <A> ・白味噌  小さじ1/2 ・コンソメ  1/2個(2g) ・牛乳  200cc ・ ・ ✅1食分あたりの栄養素⠀ カロリー - 219 kcal 糖質 - 11.9 g タンパク質 - 8.7 g 脂質 - 16 g 食物繊維 - 4.1 g カリウム - 486 mg カルシウム - 144 mg マグネシウム - 55 mg 鉄分 - 1.3 mg 亜鉛 - 1.5 mg ・ ・ ✅レシピ 1)ブロッコリーの茎を切り落とし、つぼみの部分を小房にカットする。茎は外側の固い部分を削ぎ落とし、薄くスライスする。 ザルに入れて洗う。 ・ 2)BONIQをセット。食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう十分な水量を用意し、85℃ 15分に設定する。 ・ 3)フリーザーバッグにブロッコリーとココナッツオイルを入れる。 ・ 4)BONIQが設定温度に達したらバッグを入れる(しっかり脱気&完全に沈めて、全体が湯せんに浸かるようにする)。 ※野菜などの軽い食材の密封方法:参考「ベストなバッグ密封の仕方 比較実験」✍️ ・ 5)小鍋に<A>を入れる。沸騰させないように煮立たせ、コンソメを溶かして置いておく。 ・ 6)フードプロセッサーでカシューナッツを砕き、皿にあけておく。 ・ 7)BONIQが終了したら取り出し、フードプロセッサーにかける。 ・ 8)5)の鍋に7)のブロッコリーを入れて温め直し、ナッツを加える。 必要あれば塩こしょうで味を整えて、出来上がり。 ・ ・ ✅作る際のポイント ブロッコリーの茎は調理に困りがちですが、茎の方がつぼみよりたくさん栄養があります。 外側の硬い部分だけ落とせば、やわらかく甘味もあるのでぜひ使ってくださいね。 ・ しっかり密封しても野菜は軽いのでフリーザーバッグが浮いてきやすいです。上から重さのあるもので押さえて湯せんの中にしっかり沈めるようにしてください。 ※野菜などの軽い食材の密封方法:参考「ベストなバッグ密封の仕方 比較実験」✍️

いいね数:8コメント数:02ヶ月