「オメガ3」の検索結果

7件中 1 - 7件表示中

おはようございます☺ 1月23日(土) 今日は何の日⁉️ 🌟電子メールの日 🌟アーモンドの日 🌟花粉対策の日 🌟アガるの日 🌟算額文化を広める日 🌟オメガ3の日 🌟ワン・ツー・スリーの日 🌟アート引っ越しセンターの日 🌟六次産業の日🌟碧南人参の日 🌟めかぶの日福岡県北九州市 和布狩(メカリ)神社 🌟一無二少三多の日 一無……無煙と禁煙 二少……少食と少酒 三多……多動(身体をより動かす) 多休(しっかり身体を休める) 多接(人や物や出来事に接する) 🌟『真白き富士の峰の日』 逗子開成中学校の生徒12名が乗った ボートが転覆し、全員が死亡して しまう事件発生 1910年 何があった日⁉️ ★八丈島から、無人島だった南大東島への上陸記念 開拓の1歩を記した 1900年 ★八甲田山雪中行軍遭難事件 兵士210名中、199名の死者を出す 大惨事『死の行軍』として記録される 1902年 ★NHKが初めて国会中継を放送1952年 ★アメリカのロックの殿堂が 最初の殿堂入り受賞者を発表 1986年 チャック・べりー、レイ・チャールズ エルヴィス・プレスリーなど ★ニューヨーク局WNBCが 世界で初めてとされる『カラーテレビ放送』開始 1954年 ★日本人女性が南極点に到達 2008年 続素美代氏 ★寺田屋事件 1866年 ★ニホンオオカミの最後の一頭が 奈良県にて捕獲される 1905年 などなど

いいね数:66コメント数:138ヶ月

もちっとおいしく、お酒のお供に♪ 見た目も華やかで、おもてなし料理にも最適❗️ ー 低糖質の低温調理レシピ 🍽【びんちょうマグロの香草オイル漬け🌿】 https://boniq.jp/recipe/?p=1784 ー ✅1食分あたりの栄養素⠀ カロリー - 256 kcal 糖質 - 0.4 g タンパク質 - 26.1 g 脂質 - 15.7 g ー ✅BONIQ管理栄養士の栄養アドバイス⠀ スーパーなどでも手に入りやすいマグロの一種、「びんなが(びんちょうマグロ)」。 マグロは部位によって栄養が異なり、脂身には血中脂質のバランスを整えるEPA・DHAなどの不飽和細胞酸、赤身には必須アミノ酸がバランス良く含まれる蛋白質や、抗酸化作用のあるミネラルのセレン、血合いには肝機能を調整するアミノ酸のタウリンが多く含まれます。 EPAやDHAなどのオメガ3系の不飽和脂肪酸は、血栓を予防したり血管をしなやかにする働きがあるため、動脈硬化などの生活習慣病の予防が期待できます。他にも、EPAは炎症を引き起こす因子の働きを抑制するため、抗炎症やアレルギー症状の緩和に働いたり、DHAは神経細胞の活性化や神経伝達物質の量を増やすため、脳や神経組織の機能を高めるといわれています。 セレンは必須ミネラルのひとつで、活性酸素から体を守る抗酸化作用があります。ビタミンEと一緒に摂るとその効果は高まるとされているので、ビタミンEが含まれるオリーブオイルは良い組み合わせです。また、EPAやDHAの脂質の酸化も防いでくれます。 タウリンは栄養ドリンクの成分としても有名なアミノ酸のひとつで、肝臓でのアルコールの分解など肝機能の調整に働くため、お酒のおつまみにもおすすめな一品です。 タイムやローズマリーのハーブは、魚介類の臭み消しや料理のアクセントして使用されますが、消化促進や消化不良の改善にも働いてくれます。 ー BONIQではほとんどのレシピで「1食分あたりの栄養素」と「管理栄養士の栄養アドバイス」を公開しています。 ぜひご参考ください☺️ ー レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からも飛べます。 「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍

いいね数:5コメント数:010ヶ月

低糖質の低温調理レシピ 🍴【45℃ サーモンのセルクル仕立て🇫🇷】 https://boniq.jp/recipe/?p=16303 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク サーモン」で検索もOK🔍 ・⠀ ・ 以前のレシピ「38℃~ サーモンの火入れ温度比較実験」にて38℃~70℃で比較実験の結果をふまえ、それぞれの設定温度の仕上がりの特徴を生かせる料理を考えてきました。 ・ この45℃サーモンは他の温度では出せない、“なんとか生の要素が残る、ほろりと崩れやすい状態”であり、とろとろの食感が口中に広がって旨みがあふれ出します。サーモンでここまで美味しくできるのか‼️と感動さえ覚える味わいに仕上がっています。 ・ サーモンは何度も試した、という方にもぜひお試しいただきたい逸品です。 ・ ・⠀ ✅1食分あたりの栄養素⠀ カロリー - 506.3 kcal 糖質 - 1.5 g タンパク質 - 16.4 g 脂質 - 46.5 g ・ ・ ✅材料(2人分) <45℃ サーモン> ・アトランティックサーモン柵(生食用)  150g(一番厚みのある部分で約3㎝) ・塩  1.3g(サーモン重量の約0.9%) ・ ・ケッパー  小さじ1杯分 ・エクストラバージン・オリーブオイル  大さじ1 ・レモン汁  小さじ1 ・こしょう  適量 ・ <アボカドのマヨネーズ和え> ・アボカド  1/2個 ・マヨネーズ  小さじ1 ・レモン汁  小さじ1 ・塩  1つまみ(約0.5g) ・こしょう  適量 ・ <飾り> ・ディルの葉  1本分 ・花帆紫蘇(はなほじそ)の花 2本分 ※なくても可。 ・ <ジェノベーゼソース> ※作りやすい分量 ・バジル  2パック(茎ごとで約40g) ・にんにく  1片 ・塩  1つまみ(約0.5g) ・エクストラバージン・オリーブオイル  80ml ・ ・ ✅レシピ 1)BONIQをセット。食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう十分な水量を用意し、45℃ 30分に設定する。 ・ 2)サーモンの全面に塩を振って、冷蔵庫で10分おく。出てきた水分をキッチンペーパーで拭く。 ・ 3)サーモンをフリーザーバッグに入れる。 ・ 4)BONIQが設定温度に達したらバッグを入れる(しっかり脱気&完全に沈めて、全体が湯せんに浸かるようにする)。 ・ 5)ジェノベーゼソースの材料を全てミキサーに入れ、撹拌する。材料がなめらかになれば出来上がり。 ・ 6)半割で種を取ったアボカドの皮と身の間にスプーンを滑らせ、身を外す。 約1cmの角切りにし、マヨネーズ、レモン汁、塩、こしょうで和える。 ・ 7)BONIQの終了タイマーが鳴ったら取り出し、バッグごと氷水で急冷する。 ・ 8)フリーザーバッグから出したサーモンをざく切りする。柔らかく切りにくいが、思い切ってざくざく切る。 サーモンに粗みじんにしたケッパーとE.V.オリーブオイル、レモン汁、こしょうを和える。 ・ 9)※材料は2人分なので、1人前ずつ皿を分ける。 皿にセルクル(直径6cmを使用)を置き、アボカドのマヨネーズ和えを底に入れる。その上にサーモンを重ねて置き、セルクルをそっと外す。 サーモンの上にディルの葉、花帆紫蘇の花を散らす。 周りにジェノベーゼソースを置いてできあがり。 ・ ・ ✅BONIQ管理栄養士の栄養アドバイス⠀ サーモンにはDHAとEPAが豊富に含まれています。 DHAとEPAは別名、オメガ3脂肪酸とも呼ばれ、脂肪酸でありながら血中の脂質濃度を正常化させる働きがあります。 ・ ただし、オメガ3脂肪酸は熱に大変不安定だという欠点を持ちます。例えばサーモンフライやサーモンステーキなどの高温で調理するような料理をすると、サーモンに含まれているDHA、EPAは壊れていってしまうのです。見た目にはわからないのですが、栄養価は調理によって損失することもあるのです。 ・ 今回の低温調理のように45℃でじっくり加熱したことではDHA、EPAの損失はさほどないでしょう。 BONIQで温度管理をして調理することで、栄養価の損失を防ぐこともできるということですね。 ・ ・ 🖋作る際のポイントはレシピサイトにてご確認ください⬇️🙌 ・ ・ 低糖質の低温調理レシピ 🍴【45℃ サーモンのセルクル仕立て🇫🇷】 https://boniq.jp/recipe/?p=16303 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク サーモン」で検索もOK🔍 ・⠀ ・⠀ BONIQではほとんどのレシピでレシピ毎に「1食あたりの栄養素」と「管理栄養士の栄養アドバイス」を掲載しています。 ・ ぜひ調理や献立の参考にお役立てください😊

いいね数:4コメント数:05ヶ月

七色、それ以上の輝きが美しいルナフラッシュ。マット仕上げの石は見る角度で様々な色を放ち、その不思議な存在感で見る人を魅了させてしまうほど。華奢で繊細なオメガイヤリングにしてみました。 :size 全長3cm ルナフラッシュ(人工石ガラス)直径0.8cm :ピアスパーツ交換可能です。(おまかせの場合+¥0) :商品は実店舗と兼ねているため、先に店舗で売り切れてしまうおそれがあります。ご了承ください。

いいね数:3コメント数:05年以上