「アルミプレート風」の検索結果

5件中 1 - 5件表示中

嫌いポイントの壁…化粧合板なんで直接リメイクシートを貼れば間違いなく原状回復出来ないので、腰板つけてプラダンにレンガリメイクシートを貼りタッカーどめしてあります。 タンクはアルミプレートにステンシルしたのをタンクと蓋で挟み込み付けてあるだけ〜 ダイソーのタイルシールを貼って。 蛇口隠しにスポンジスタンドにダイソーのプレートをはめて自立出来るように。 ペーパーホルダーはガス管風のパイプで。 窓にはセリアのシンクマットをペタッとくっつけてあるだけ〜

いいね数:18コメント数:93年

ダイソーの200円商品...部屋にグリーンが少し足りなかったので今回は2個購入。 1つはアルミ色でもう1つは古銅色に塗り替えてみました。 下地はセリアの鉄板風シール。 その上からアルミ色の方にはアクリル絵の具の銀色に漆喰を混ぜてぼてっとした質感をつけました。 古銅色の方は今はまっているアイアンペイントを硬い筆で凸凹にペイント。 あとはアンティーク風に汚してコーナーとプレートを取り付けています。

いいね数:8コメント数:03年弱

Vagues 波紋    すがたかたち のデザインスタジオは海から遠いが、私たちは車で1時間も走れば日本一標高の高い場所にある湖、中禅寺湖に行くことができる。それは日光国立公園内にある。私たちは、樹皮の美しいミズナラに囲まれたこの湖に一年を通してしばしばピクニックに行く。湖面を吹き渡る風やボートがつくり出す波紋を見ていると飽きるということがない。子供たちが競い合って興じる石切stone skippingは、湖面に同心円状の波紋を幾段も作りだす。    Vaguesシリーズは、誰もが持つであろうこうした自然体験を形象化したドアハンドルだ。都会の現代的な室内空間においても樹、水、風と言った自然を感じさせることができる。プレートに刻まれた波紋のパターンは、光のあたり具合と見る角度により様々に表情を移ろわせる視覚効果を持つ。木とアルミ削り出しの2タイプがある。木製は、波紋と木目との重なりが揺らぎを生み出す。アルミ製は、波紋と刃物の削り出し跡が空間の色を反映し、光を複雑に反射する。いずれも1つずつ削り出されたアートピースのような製品だ。  すがたかたちの新たなコレクションの始まりである。

いいね数:1コメント数:04年以上