「ご飯炊き」の検索結果

12件中 1 - 12件表示中

明日明後日は遅番なので、少し早いクリスマス🎄ご飯炊き忘れて、冷凍ご飯で急遽の オムライス🤣卵で包まず乗せただけ💦 照り焼きチキン・ポテト・人参・ブロッコリーの盛り合わせ お刺身 サラダ🥗 ケーキ🎂がな〜〜い😭 ムック🐶と私はクリスマスプレゼント🎁サービス(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ笑 クリスマス終わったら削除しま〜〜す🤣

いいね数:53コメント数:283年以上

今日の夜ご飯 ①餃子の王将冷凍炒飯(ご飯炊き忘れ😅) ②あんかけ揚げ出し豆腐(昨日の天津飯のあんが余ったので) ③カニカマとワカメときゅうりのゴマ酢味噌和え ④麻婆豆腐(明日のお弁当分) ⑤中華風カニ玉スープ(明日のお弁当分) 冷凍炒飯あって良かったー😂 朝が苦手な私はお弁当も夜のうちに作る😊👍 ⑥ガチャピン 今日去勢手術でした 無事に手術も終わりました とっても痛そう😭 見てるの辛い😢 頑張ったね❣️

いいね数:24コメント数:52年

低温調理で「炊飯(ご飯炊き)🍚」レシピ ・ BONIQの低温調理でも、お米を炊くことができるのではないか❓ 通常米を炊く際は、沸騰させた後高温を保ち(約10分間)、その後蒸らす(約10分間)ことで炊き上がる。 ・ そこで今回「95℃ 10分→蒸らす」と「95℃ 15分→蒸らす」の2パターンで比較実験を行い、 「BONIQの低温調理でお米が炊けるのか❓🍚」を検証してみた✨ ・ ・ 🍴【95℃ エネルギー源💪✨低温調理炊飯(ご飯炊き)】レシピ https://boniq.jp/recipe/?p=24892 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍 ・ ・ ✅比較実験パターン 実験①95℃ 10分→そのまま湯せんの中に10分置き、蒸らす 実験②95℃ 15分→そのまま湯せんの中に10分置き、蒸らす ・⁠ ・ ✅材料(1合分(=フリーザーバッグ1袋)) ・米  1合(150g) ・水  180ml(米+水で合計330gにする) ・ 上記フリーザーバッグ1袋(1合)分×2袋で比較実験を行う。 ・ ・ ✅比較実験 1)BONIQをセット。食材全体が湯につかるよう、十分な水量を用意する。95℃ 10分に設定する。(スタートはしない) ・ 2)米を研いでざるに上げ、フリーザーバックに入れて水を加える。 米を研ぐ際に米が水を吸うため、フリーザーバッグの重さを除いて全体が330gになるよう、計量しながら水を加える。 同様に繰り返し、もう1袋作る。 ・ 3)BONIQが95℃に達するまでの時間を利用して浸水をする。 2)の米の準備ができたらバッグ(2袋)をBONIQ(まだ水の状態)に入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、スタートボタンを押して低温調理をする。 (しっかり脱気&完全に沈めて、全体が湯せんに浸かるようにする) ・ 4)BONIQが終了したら①(10分)の袋を取り出し、別の鍋に沸かしていたお湯の中に入れて10分置き、蒸らす。 BONIQを5分追加する。 再度BONIQが終了したらタイマーを止め、②(15分)の袋をそのまま湯せんの中に10分置き、蒸らす。 ・ 5)それぞれ器に盛り付けて、出来上がり。 ・ ・ ✅比較実験結果 実験①95℃ 10分→そのまま湯せんの中に10分置き、蒸らす(完成写真右) ほんの少し米がまだ火が通りきっていない食感。ぼそっとしがち。 ・ 実験②95℃ 15分→そのまま湯せんの中に10分置き、蒸らす(完成写真左) 米にしっかり火が通っていた。 ただし水圧がかかっているため〝ふんわり〟というよりも〝みっちりとした〟炊き上がり。 ・ ・ ✅作る際のポイント 米を炊飯する際は水蒸気で水の5%程が蒸発するため、通常炊飯する際よりも少なめの水分量で炊き上げます。 本レシピは1合分の炊飯の分量です。 フリーザーバッグ1袋で、2合、3合・・と米の量を増やして炊く場合には加熱時間を延長する必要があるでしょう。 ・ ・ ✅作った感想 BONIQの低温調理でお米が炊けるとは‼️ ・ 今回実際に行ってみて、 「米と水をBONIQで95℃ 15分低温調理後、そのまま湯せんの中で10分間放置」することで炊飯ができることがわかりました👍🍚 ・ 15分というスピードも驚異的ですね。急いでいる時でもサクッと炊飯できちゃいます🍚 しかも、BONIQなら他の食材と一緒に同時調理できるので、主食のご飯とメインの主菜や副菜を同時に調理して一気に作れちゃいます👍😍 ・ BONIQで炊いたご飯は、ふんわりとした粒が立ったごはんではなく、みっちりとした炊き上がり。 ・ このみっちりとした炊きあがりは〝毎日食べる、主食の白飯〟というよりは〝もち米〟にピッタリではないだろうか・・❓ ということで、今後もち米を使ったレシピで応用し実験していきます。 ぜひお楽しみに👏

いいね数:6コメント数:01年

低温調理で「中華風おこわ🍚」レシピ🍴 ・ BONIQの低温調理でお米を炊くことはできるのか❓を比較実験した、 「95℃ エネルギー源!低温調理炊飯(ご飯炊き)」の結果を元に、低温調理でおこわ作り🍚 ・ BONIQなら少量から作れて👍 複数種類の同時調理も可能👍 ・ ベーコンや生野菜をもち米と一緒にBONIQすれば、ほったらかしでモチモチ‼️ 具材の旨みもしっかり染み込んだ、絶品中華風おこわの出来上がり◎ ・ ・ 🍴【95℃ エネルギー補給◎低温調理で中華風おこわ🍚】レシピ https://boniq.jp/recipe/?p=25534 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍

いいね数:5コメント数:01年

「さつまいもおこわ🍠」低温調理レシピ🍴 ・ ・ BONIQの低温調理でお米を炊くことはできるのか❓を比較実験した、 「95℃ エネルギー源!低温調理炊飯(ご飯炊き)」の結果を元に、低温調理でおこわ作り🍚 ・ BONIQなら少量から作れて◎ ・ 生のサツマイモをもち米と一緒にBONIQすればほったらかしで、モチモチホクホク❗️🍠 さつまいもおこわの出来上がり😋 ・ ・ 🍴【95℃ 脳を活性化◎低温調理さつまいもおこわ🍠】レシピ https://boniq.jp/recipe/?p=25506 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍 ・⁠ ・ ✅材料(1合分) ・もち米  1合(約150g) ・水  150㏄ ・さつまいも  100g ・塩昆布  8~10g ・黒ごま  適量 ・ ・ ✅1食分あたりの栄養素 カロリー:356.5 kcal 糖質:74 g タンパク質:6.5 g 脂質:2.2 g ・ ・ ✅レシピ 1)もち米はさっと水で研ぎ、ざるに上げておく。 ・ 2)BONIQをセット。高温・長時間調理による水の蒸発で水位が下がり、BONIQの稼働停止や食材の加熱ムラの発生を防ぐため、下限水位から大きく余裕を持たせた水量をセットする。 95℃ 15分に設定する。 ・ この時、スタートボタンはまだ押さない。 ※理由は「✅作る際のポイント」に説明あり。 ・ 3)さつまいもを5mm幅にスライスする。カットしたらすぐに水に浸けて、変色を防ぐ。 ・ 4)フリーザーバッグにもち米、水、さつまいも、塩昆布を入れる。 ・ 5)BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れながら、バッグ内に気泡が残らないようにしっかり空気を抜いて密封し、スタートボタンを押す。 この時、バッグを完全に沈めて食材全体が湯せんに浸かるようにする。 (気泡が残っていたり食材全体が完全に浸かっていないと、熱が適切に伝わらず、加熱ムラが生じる。) ・ 6)BONIQが終了したら取り出し、バッグの口を開けて軽く混ぜる。器にさつまいもおこわを盛り、黒ごまをふりかけたら出来上がり。 ・ ・ ✅作る際のポイント BONIQが95℃に達してからフリーザーバッグを湯せんに入れて15分低温調理したさつまいもは、やや生っぽさが感じられました。野菜は特に、いきなり高温に入れると細胞の硬化が始まってしまいます。 ・ そのため、BONIQセット時のまだ湯せんが加熱されていない状態でフリーザーバッグを投入します。その後BONIQのスタートボタンを押し、バッグが既にBONIQに入った状態でBONIQをスタート(BONIQによる水の加熱を開始)させます。 こうすることで、BONIQの温度上昇に合わせて少しずつサツマイモに火が入るようにします。 ・ ・ さつまいもはカットすると変色する性質があるため、スライスしたものから水に漬けておきます。 ・ ・ もち米はうるち米(普段白米として食べているお米)と違い、浸水時間なしで蒸し上げます。 もち米を蒸すと、150g(1合)のもち米が約300gになります。BONIQの低温調理ではフリーザーバック内の水分のみで蒸し上げることになるため、水分量がもち米の約2倍となるように調整しています。 ・ ・ ✅作った感想 さつまいもを生からもち米と一緒に加熱する際、もち米とさつまいもは同じ加温時間と温度帯で火が通りきるか❓という心配がありましたが、無事においしく作ることができました。 ホクホクのさつまいもと、もっちりとしたもち米は相性バッチリ‼️ いも系がもち米と一緒に調理できるということで、おこわのバリエーションも広がりそうです。 ・ 同時に複数種類の調理ができるBONIQなら、数種類のおこわを少量ずつ作れて◎ 行楽シーズンのお弁当やホームパーティーなどでも喜ばれるでしょう😊 ・ ・ ✅BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス もち米には「アミロペクチン」という粘り気が強いでんぷん質が含まれています。アミロペクチンは消化吸収が良く、エネルギー補給にはピッタリ。 また、モチモチしているので噛む回数が多くなることで、満腹感を感じやすくなります。 ・ でんぷんは脳を動かすエネルギーとなります。炭水化物(糖質)は体内で分解されてグルコース(ブドウ糖)となり、それが脳のエネルギーとなるので、適度な糖質は脳の働きを活発にさせるためには必要不可欠なのです。 白いご飯だけで摂取することに罪悪感がある人は、今回のレシピのように他の食材と一緒に炊き込んでみてはいかがでしょうか。 ・ さつまいもの皮にはポリフェノールが多く、血管を丈夫にしたり老化を防ぐ抗酸化作用を期待できます。

いいね数:4コメント数:01年

\ご飯が進む♪絶品ポークステーキ🥩/ クリスマスまであと1ヶ月。 フライドチキンなどの贅沢料理は来月の楽しみに✨ それでもお肉を頬張りたい時は、 オニオンソースのかかったポークステーキでもいかが?🥰 お子さんも旦那さんもご飯が進むこと間違いなし☝ それでは今回は @yuuulily0408 さんの投稿をご紹介します! +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+ ポークステーキ。 オニオンソースじゃぶじゃぶ付けて。 あーうまい。 そしてご飯炊き忘れてた…笑 サトウのご飯に助けられた。 子供達パックごとお肉乗せて食べてた。 むしろ肉盛り盛りなお弁当みたいで逆に美味そうだった(笑) +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+ 大量のお肉を見ているだけでお腹が空いてきますね..😉 . .

いいね数:6コメント数:06ヶ月