「子供と料理」の検索結果

256件中 1 - 20件表示中

旦那の親戚のお宅で毎年、大量のお餅をつくので お邪魔してきました 私が到着した時間は11:30 なんと、朝7:30からついて この画像の餅で7回目 後3回作って終わりだそうです どんだけ作るんだって感じですが この餅を親戚やご近所に配ってくれるんですよ もちろん無料で! 作り始める前の蒸したばかりの餅米と豆をそのまま食べて おいしー! 出来立ての豆餅にアンコを入れて 豆大福を頂いて 餅3個も入った雑煮を食べて帰ってきました 家族全員が集合して、男の人たちが代わる代わる餅をつき 女の人達は、餅を切り分け、料理する その周りで時々ついてる餅をちぎって食べる子供たち 古き良き日本を覗いた素敵な日でした

いいね数:6コメント数:02年以上

こんばんは🌼 大変ごぶざたしております。 ようやく、いつも通りに動けるようになって来ました✨ 長かったぁ😢 点滴通院、つかれた。。 まさか肺炎にまでなるなんて。。。 咳のしすぎで 胸が痛くて しゃべれなくて ぽろぽろ泣くばかり。。 子供達も驚き 心配させてしまいました😭 咳と痛みで眠れない私の背中を ただただずっとさすってくれていた主人にも感謝です🍀 点滴通院のあいだ 「早く良くなってね」と優しく毎回声かけをしてくださった看護士さんにも感謝です✨ 点滴とってもお上手で 連日の点滴でしたが全く痛くなく 跡にもならなかった😌 今日は、昼まで仕事で 帰ってから ゆっくり、出来る範囲で家の掃除をしました。 料理もだけど、掃除が出来ないのが辛かった。。 お家綺麗になった🏠✨✨ 料理はまだ無理をしない程度に。。 赤いキッチンより今日の夕ごはん 🌼鶏肉とさつま芋のクリームシチュー お野菜沢山 ほっくり甘いさつま芋でクリームシチュー🎶 是非また まめちゃん共々 宜しくお願い致します🐱💕 休んでいるあいだ 温かいコメント 本当にありがとうございました m(__)m 嬉しかった😢✨✨です (T_T)✨✨✨

いいね数:49コメント数:603年以上

. 子どもたちは待ちにまった夏休み🌻 いろいろと計画を立てている方も多いのではないでしょうか✨ 長い夏休み、暑くて外出が難しい日もありますよね🥵 そんな日は、お子さまと一緒にご飯をつくるチャンスです。 お料理を通じて、おうちでコミュニケーションを楽しみましょう。 難しい料理にチャレンジするのではなく、簡単なもので大丈夫◎ お昼ご飯の盛りつけのお手伝いや、パンケーキなどのおやつ作りなど親子で一緒に楽しめるものがおすすめです🥞🎶 きっと、意外な一面や成長した姿を見られる貴重な時間になりますよ😊 親子でたっぷり思い出を作って、充実した夏休みをお過ごしください🍉

いいね数:20コメント数:018日

. お休みの日や時間に余裕がある時は、お子さんと一緒にキッチンへ🌿 お子さんと一緒に調理することはメリットがいっぱい☝️ ☑調理は五感をフル稼働🌀 五感をフル稼働させることで脳が活性化され、感性や想像力がどんどん豊かに育ちます。 ☑好奇心が生まれる💓 食材の組み合わせや調理工程など経験と工夫を重ねて、新しい発見を楽しむことができます。 ☑親子のコミュニケーションが増える👨‍👩‍👧‍👦 一緒に調理することが大切。子どもに自信と達成感をもたらします。 ☑感謝の心を育てる🌟 料理を作り、食材や育ててくれた人への感謝の気持ちを学びます。 キッチンは親子の大事な学びの場。 いつまでもキレイに保っておきたいですね✨

いいね数:17コメント数:02ヶ月

. あっという間に4月も終わり、明日からGWの方も多いのでは✨ 新生活で忙しかった1ヶ月…そろそろ疲れも出る時期ですよね😅 お出かけもするのも楽しいけれど、お子さまと一緒にゆっくりするのも素敵な時間の過ごし方♪ 朝ごはんを作ったり、お菓子作りをしたりする中で意外な一面や成長した姿を見られるかもしれません😊 おうち時間も家族と一緒なら楽しいひととき✨ 笑顔あふれる空間って素敵ですね🎶

いいね数:15コメント数:04ヶ月

. お子さんが一生懸命お手伝いしてくれる姿は、見ていて幸せな気分になれますよね💕 ちょっとハラハラすることもあるけれど、絶好の親子のコミュニケーションの時間に✨ 人の役に立つことの喜びを知ることで自信につながり、自尊心を育てるきっかけにも♪ 親子でキッチンで学べることってたくさんあるんだな、としみじみ感じます。 学びの場であるキッチンは、いつでも、いつまでもきれいにしておきたいですね🌿

いいね数:15コメント数:03ヶ月

. 年末年始は家族と過ごす時間が増える時期🎄 冬休みの思い出に、お子さまとお菓子を作ったりお手伝いをしてもらったりするのはいかがでしょうか😉 包丁などの刃物を使わない作業なら安心です✨ お出かけも楽しいけれど、おうち時間も家族と一緒なら宝物に🎁 家族の絆を深める素敵なひとときをお過ごしください💖

いいね数:12コメント数:08ヶ月

~我が家の晩御飯事情。~ 長男・次男・長女・ぱぱ「せーのっ!いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!!!」 ぱぱ「お~い、お前ら~っ!新しいもんばっかり食うな~!丸いガラス容器の古いおかずは全部食えよ~残すなよ~それっ今日のノルマやぞぉ~!」 次男「これいつのだよ~」ぱぱ「1週間ぐらい前かなぁ~」次男「古すぎるだろっ!」ぱぱ「大丈夫!まだ食べれるよ!長男よ!ガラス容器のおかず食ってみて」長男「ええっ!何で僕?僕じゃなくてもいいと思うんだけど」ぱぱ「やかましい早よ食え、長男やろが!」 人参一切れ箸先でつまみ、その人参をしかめっ面で凝視しながら鼻先に近づけると長男の両の黒目が中央に寄る。実に間抜け顔。皆で思わず「ププッ」と吹き出す。それを意識したのか、さらに変顔度合いを強めながらも恐る恐る人参の匂い嗅ぐ長男。ぱぱ「おいッ!(笑)そんなやばいもんとちゃうぞっ!普通に食え!さっきパパ食ったけど問題なかったから(笑)」ようやく変顔解いた顔で人参を口に入れる長男。長男「うん!大丈夫!まだ食べれる」次男「おいっ!食うなよっ!お前が食ったら俺たち迄食べさせられるだろっ!パパ~僕食べないからね、いいでしょ~?」ぱぱ「あかん!全部食え!」長女「パパはいっつも作り過ぎるんだよ~私たち、パパみたいにブタゴリラじゃないからね、子供はそんなに食べないんだからネッ!もっと少なく作ればいいんだよ~そしたら残らないんだよね~~そんなのこともわかんないの?バカ?」ぱぱ「あんなぁ~会社から帰ってきてから新しい料理毎日、毎日作っとれるかい!そんな事しとったら晩飯の時間めっちゃ遅なるわ。それにそんな気力も湧いてこんワイっ!1回の調理で大量に作って冷蔵庫保管して、「チン」して食べるのが我が家の晩飯スタイルじゃいっ!それにお前らが新しいおかずばっかり食うて、古いもん食わんから、古いもんが益々古くなるんやろが!古いもんから先に食べろっ!分かったなっ!」 長男・次男・長女「シーン」ぱぱ「返事しろっ!」長男・次男「は~い」長女「やだね!私食べないから」ぱぱ「だったら晩御飯食べなくて結構です。向こう行ってください。」長女「イェーィ!ラッキー」次男「長女いいなぁ~」ぱぱ「なんじゃそりゃ?パパの晩御飯は罰ゲームかよっ!」 https://striy48sattopanel.jimdo.com コンロ専用パネル

いいね数:138コメント数:52年以上

~麻婆豆腐①。~ (麻婆豆腐②に続く。) 今年になって3度目の麻婆豆腐。最初の2回は子供達からのリクエスト。しかし、今回の麻婆豆腐は違う。豆腐3パック、冷蔵庫奥で鎮座してたのを発見した。どれもこれも消味期限が過ぎていた。どうしたものかと考えた末、一度に大量消費できる麻婆豆腐にしたのだ。 家に豆腐は無いと思って買ったのだが、実際、豆腐はあった。しかも3つも。 ダブって買ってしまうのは、今回が初めてではなく、随分前からある。鰹節、青のり、バター、醤油、つゆの素、カレールー、パスタ等数えだしたらきりがない。どれも複数個ずつ保存している。乾物や調味料なら長期保存できるが、10個入り生卵やモヤシ数袋をダブって買ったときの週は、卵ともやし料理のオンパレードだった。ただ、子供達は皆、卵料理が好きなので喜んでくれたけど。つい最近も、5㎏の米をダブって買ってしまった。年のせいなのかなぁ~、最近、食事を終えてくつろいでいると、一日の疲れがドカン!と出てくる。今年の5月末で50歳になる。 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル   

いいね数:125コメント数:53年以上

~ゴーヤチャンプル?~ 私はゴーヤは買わない。 海ブドウ同様、沖縄で食べるものだと思っているからだ。 そのゴーヤが下駄箱の上に置いてあった。しかも4つ。 しばらく無視してたが、ゴーヤが次第に黄赤ばみ、 縦に割れ、悪臭を放ち始めたので、子供たちに聞いてみたら、 笑ってるおっちゃんが来て置いてったとの事。なんじゃそりゃ? とりあえずゴーヤを細く切って、冷蔵庫の中にあったブタ小間、 ニンジン、長ネギと一緒にゴマ油で炒め、昔、新婚旅行で 沖縄で食べたゴーヤチャンプルの味を思い出しながら創ってみました。  こんな感じだったかな? 皆で 「いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!!」 この料理、誰もまずいとは言わず完食したので ありかな。 でも、長ネギはちょっと なしだったかな。 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル 

いいね数:110コメント数:54年弱

~お気に入りの場所。~ 去年の夏、会社関連施設の花壇に朝顔の種をまいた。 50粒程蒔いたが、発芽したのは16粒で、その内、花迄咲いたのは13粒だった。その時に蒔いた種は、帰省した時、実家から持って帰ってきた種で、実家近くの道端で収穫したものだ。当時、実家の母に勧められるままに食べたおせち料理の腹ごなしを兼ねて、昼過ぎに子供達と実家周辺を散歩してた時のことだ。私一人、目にするもの全てを懐かしい思いにふけっていると、昔、畑だった所に綺麗な老人ホームが建っていた。その建物と歩道との境は、新しい緑のフェンスで仕切られ、そのフェンスのひし形状の網目には、枯れ果て、茶色く変色した朝顔の蔦がびっしり絡みついていた。その蔦のところどころに、パチンコ玉程の大きさの薄茶色のふくらみがあり、子供達とそれを見つけては引きちぎり、寒さで震える左の手の平の上に乗せ、そのふくらみを、右手ひとさし指の腹の部分で、上から少し強く押さえつけたまま、ふくらみをゆっくり転がすと薄茶色のふくらみの薄殻が、パリパリと心地よい音を立てながら割れ、ふくらみは崩れていく。ある程度崩れると、左の手の平に私の口近づけて、ふーッと優しく息吹きかける。すると、割れて小さくなり軽くなった薄茶色の殻だけが飛んでいき、後には、コメ粒ほどに小さくて真っ黒な三日月形の朝顔の種が数個残る。種はそのまま私のジャンパーの胸ポッケに入れて埼玉の自宅まで持って帰った。それから数年後の冬、胸ポッケの種に気づき、その種を綿棒の空き容器に移し替え、私の部屋のタンスの上で更に数年間放置し、去年の夏、放置してた種の存在に気づき、それから数日のうちに種蒔きに至ったのだった。実家で収穫してから去年の種蒔き迄、5,6年は経っていた。そんな古い種から産まれた新たな種を、数日前、カエルを掘り起こしてしまった会社関連施設の花壇に蒔いた。去年の種は発芽する数が随分少なかったので、今年は1つの穴に3粒以上の種を蒔いてみた。種を蒔いてから1週間ぶりに花壇に行ってみる。すると、なんと!なんと!蒔いた種ほぼ全てが発芽していた。何故?もしかして種が新鮮だから?今後の成長の事も考え、多くの双葉を泣く泣く間引きした。この夏、ここは私のお気に入りの場所になりそうだ!カエルはいない。  https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル   

いいね数:160コメント数:43年

今晩は、ししゃも丼でした。 「「 過去にししゃもを単品で晩飯に出したことがあったが、子供たちは 皆、不気味がって食べなかった。 (私が創る魚料理は切り身が主で、お頭のついた魚はシラスぐらいでした。) 私がお手本で、ししゃもを頭からしっぽまでガブリと食べたのを見て、皆、 ドン引きしてました。 」」 長女「パパ⤴今日の晩御飯なによー?」 ぱぱ「ししゃも丼だよ。」 長女「なにそれ。」 次男「うげー⤵あのロシア産のまずいやつだよ。俺、いらねぇー。」 ぱぱ「まずいって言うな!食え!」 長女「わたしお魚いや、お肉が食べたい。」 ぱぱ「贅沢ばっかり言うな!⤴」 パパ・長女・長男・次男 「いっっ、たぁ⤴だっ、っきっ、マァ⤴ス。」 (我が家特有の独特の発音です。) 長男「パパー これって、頭から食べるやつでしょう。」 ぱぱ「そうだよおう。」 長男「骨も食べなきゃダメ⤴?」 ぱぱ「骨なんか感じないよ!」 次男「もしもー 骨をー感じたら 食べなくていいでしょう?♡」 (何故か、色っぽく言ってきた。) ぱぱ「・・・・・。」 長男「頭も感じたら食べなくていいでしょう?♡」(長男までもが!) 長女「やっぱりわたし、お肉食べたい。」 ぱぱ「うるっせー!お前らー、ししゃもぐらい、黙って全部くえ⤴(怒)!お肉はあした!」 私たちのやり取りを終始見ていた長女は、目をつむって恐る恐るししゃもを頭から口に入れようとしたが、 手元が狂い、鼻の穴にブスリ。 皆、大大大―い爆笑!! 結局、皆、頭からしっぽまでぜーんぶ食べました! 以上。 子供達との、この上なく大切な、そして、楽しい晩御飯の時間は、 いつまでも続いてほしいなぁー。でも、僕が巣立ったように、 子供達もいつかはどっかのタイミングで一人ずつこの家から巣立っていく。 だからこそ、今、当たり前にある楽しい晩御飯の時間は、実は、当たり前でも、 永遠でもない事を子供たちに話したうえで、「君たちにとって、面白おかしい、 そして懐かしい思い出になるように、ぱぱは、これからも、この奇跡の晩御飯の時間を、 いろんなことを意識しながら創り続けていくよ。」と、子ども達に伝えます。 https://striy48sattopanel.jimdo.com コンロ専用パネル

いいね数:52コメント数:64年

~カレーはつづく。~ 今晩からカレーです。 大量に創ってあるので、 しばらくは、カレー関連の晩御飯が、続けて出てくることになります。 当然、子供たちはその事を予測しています。 次男「ぱぱー、カレーまた大量に作ったでしょう。」   長女「いつもそれやめてって言ってるでしょ!」 長女「やめてって言ってるのにどうしてやるの!」 次男「カレーばっかり続くから飽きるんだよなー」 ぱぱ「これはね、工夫なの。毎日違う料理、一から作ってたら晩御飯の時間遅くなるでしょ。 そしたらお前らも腹減って困るやろ。それにゃなぁ~、ぱぱ毎日早く帰れないしょ、 だから~ 晩御飯が遅くならない様に、ぱぱは、工夫してるの!」 長女「早く帰ってくればいいじゃん!」 次男「そうだよ!」 ぱぱ「そりゃそうだ!オッケー!」 長女「明日は違うのにしてよね!」 ぱぱ「オッケー!」 しかし、カレーは続くのです。 長男、次男、長女、ぱぱ「いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!!!」 ぱぱ「うまいか?」 長男、「まあまあ。」 ぱぱ「それ言うなって言ったやろー!」 皆、完食です。 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル     

いいね数:57コメント数:54年弱

  • 1/13