「タリアータ」の検索結果

4件中 1 - 4件表示中

低温調理で極上おいしい「和牛のタリアータ」 イタリアのシンプルな肉料理タリアータ。 とってもやわらかジューシーで、 贅沢なワインがすすむおいしさを、ご家庭で。 ▼材料⁠(2人分) ・和牛サーロイン または、もも肉やランプ肉などの赤身肉  370g ・塩、こしょう  適量 ・にんにく  1かけ ・オリーブオイル  小さじ2 ・パルミジャーノ・レッジャーノ、またはハードタイプのチーズ  15g <バルサミコソース> ・バルサミコ酢  大さじ4 ・はちみつ  大さじ1.5 ・塩、こしょう  適量 <盛り付け> ・お好みの野菜 ▼1食あたりの栄養素 カロリー - 1,059 kcal 糖質 - 14.2 g タンパク質 - 25.3 g 脂質 - 95.2 g ▼レシピ 1)牛肉の下ごしらえをする。 2)牛肉、にんにくをフリーザーバッグに入れて30分置く。 3)BONIQをセット。食材全体が湯せんに浸かるよう十分な水量を用意し、57℃ 2時間35分に設定する。 4)設定温度に達したら湯せんに入れる(完全に沈めて全体が湯せんに浸かるようにする)。 5)小鍋で材料を煮詰めてソースを作る。 6)終了したら強火で牛肉の表面に焼き色をつける。 7)薄くスライスしてチーズを散らして、出来上がり。まずは塩こしょうで。そして、バルサミコソースと共に。 「タリアータ」とは…焼いた牛肉を薄くカットし、ルッコラなどの野菜とパルミジャーノレッジャーノと合わせて食べるシンプルなイタリア料理です。 シンプルなだけに素材の味がダイレクトに伝わり、火の入り具合によって仕上がりに差が出ます。 フライパンでの温度管理は慣れていないと難しいところですが、BONIQでは設定さえきちんとしていれば簡単に狙った通りの仕上がりになります。 ローストビーフのロゼ色より赤く、牛のたたきより火の入ったミディアムレアのタリアータ。ワインがすすむ美味しさです。 管理栄養士の栄養アドバイスもレシピページで公開中! <レシピサイト> https://boniq.jp/recipe/?p=1067 <レシピ動画> https://youtu.be/R2LKs5rQHN8 レシピサイトへは、 「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からもいけます。 ぜひチェックしてみてくださいね^^

いいね数:8コメント数:01年

୨୧HAƤƤY ƁƖRƬHƊAY໒꒱·゚ 2日遅れてしまいましたが、息子のバースデーパーティーをしました✨ ・ 誕生日には、食べたいものを全て作るのが、私からのバースデープレゼント✨🎁✨ 息子は毎年変わらない(笑) 今年も裏切らないリクエスト‼️ ・ 🍴𝐌𝐄𝐍𝐔🍴 ꕥ人参と新玉ねぎの冷製ポタージュ ꕥ牛肉のタリアータ ꕥカルボナーラ ꕥいろいろ野菜のサラダ ꕥガーリックフランス ・ お姉に、「はぁ~❓ステーキにカルボナーラって、合わなくない❓」と言われてましたが、「この組み合わせがいい❗」と譲らず、男子が大好きなこってりメニューになりました(笑) 喜んでくれて、何より❗

いいね数:3コメント数:02年以上

自家製ローストビーフ(タリアータ仕立て) 57度の低温調理で完璧なロゼに仕上げた牛赤身肉のうまみを十分に楽しめる一品。タリアータ仕立てということで、ルッコラとパルミジャーノレッジャーノを合わせてバルサミコソースをかけました。牛肉・ルッコラ・パルミジャーノ・バルサミコソース。この組み合わせは抜群です。サラダ感覚でさっぱり食べられるローストビーフなので、夏の前菜にもおすすめです。

いいね数:5コメント数:05年