キッチンパネル/コンロ専用パネル/アイランド型キッチン/対面キチン/アイカ/お洒落/... -LIMIAに写真投稿をし始めてからは、…

いいね数:48コメント数:6
更新日時:2018年07月16日

-LIMIAに写真投稿をし始めてからは、食事を丁寧に創り、

そして、上品に食べる様になりました。-

今晩は、豚キムチ丼でした。 

我が家では、調理以外のご飯の準備は、子供たちの役割です。

1回目
ぱぱ 「はい!そろそろ、ご飯できるよー。準備してー。」

長男「はーい。」(となりの子供部屋から姿現し、テーブル上を片付け始める。)

次男、長女 「・・・・・・。」(無反応な二人は居間で、口をポカーンと

開け、アホ面して、並んで座ってTVを見続けている。)

2回目(1分後)

ぱぱ「おーい、そこのお二人さん、いい加減にしろよー。テレビ消して早く準備しろよー。」

次男、長女 「・・・・・・。」(立ち上がるが、やはりテレビを見続けている。)

(長男は茶碗にご飯をよそっている最中。)

3回目(更に1分後)

(事態は変わらず。やはり、立ったままアホ面してテレビを見ている。)

ぱぱ「いい加減にしろうー!!!テレビ消せぇー!!お前ら、たたき出すぞぉー!!!」

(これだけ言ってようやくテレビが消える。)そして、

次男が長女に向って「昨日俺が箸やったんだから今日はおまえやれよー。」

長女が次男に向って「違うよー。わたしがやったんだよー。」

(あれだけ静かに並んでテレビを見ていた2人だったが、テレビを消した途端このありさま。

二人の不毛な言い争いがしばらく続く。そして、お互い次第にヒートアップしていく。

長男は既にイスに座って二人のやり取りを静かに見守っている。)

そして、ついに二人のたたき合いが勃発、そして、毎度の様に長女が泣き崩れる。

4回目
ぱぱ「怒ッッカァァーン〇☓△□!!!!。」「正座ぁぁーしろぅぅー!!!」

暗くて狭い玄関前の室内廊下で、2人背中合わせて壁の方を向かせて15分の正座の刑です。

その後は、いつもの亀兄弟で終了⤴。 (ブログ 亀兄弟 参照)

https://striy48sattopanel.jimdo.com コンロ専用パネル

このフォトを投稿したユーザー

晩御飯を毎日作っている3児(長男高2、次男中2、長女小5)の父親です。 献立に行き詰った日には泣く泣く外食に逃げてしまいます。 子供達は喜んでいますけどね! 皆様はどうしてるのですか? https://striy48sattopanel.jimdo.com. また、不動産業の他に、「交通事故0」にするための活動を自分なりにしてい ます。「なっかん」と「キッチン大好き。」のwネームで投稿してます。

このフォトへのコメント

みれさんのプロフィール画像
みれ
おはようございます😃 フォローありがとうございました! 楽しい話も一緒に楽しみにしております! 宜しくお願いします🙇‍♂️
3年
Oneさんのプロフィール画像
One
フォローありがとうございます❗ どうぞよろしくお願いします😊🎵
3年
TAKAさんのプロフィール画像
TAKA
おはようございます😃 フォロー!ありがとうございます😊 宜しくお願いします😃
3年
ここあさんのプロフィール画像
ここあ
おはよう~ございます☀️ フォローありがと〜ございます❣️ よろしくお願いします(❁´▿`❁)
3年
ちゃーちゃんさんのプロフィール画像
ちゃーちゃん
こんばんは😃🌃 美味しそうな丼🍜😋🎶 楽しそうな食卓😆羨ましいです‼️ フォローありがとうございます❗ 宜しくお願いします🎵
3年
🌴🌊🌞てっちゃん🌞🌊🌴さんのプロフィール画像
🌴🌊🌞てっちゃん🌞🌊🌴
はじめまして、私も子供がいる頃はよく作って食べさせてました。【オヤジ飯】同じような食卓の写真に同感してます。 今は県外の大学で独り暮らししてるので 今は自分の分だけです😅👍 1人だとスーパーで惣菜買って食べた方がいいです😅👍 オヤジ飯頑張って下さい‼応援します‼😊👍
3年弱

このフォトをシェアしよう

このフォトのキーワード

なっかんさんの人気フォト

~北京鍋と唐揚げ。~ 唐揚げは、買ってばかりで作ったことがない。理由は、残った油の保管が面倒だから。 母は、油の入った揚げ物用鍋を流し台下の収納庫の奥で保管していた。その油鍋の表面は油でベットリしていて不衛生だった。幼かった僕は、その鍋のベットリ感に抵抗があり、触りたくも、見たくもなかった。やがて私が晩御飯を創る様になってからもやはり、油鍋の保管はいやだった。「唐揚げ食べた~い。」と子ども達に催促されると、スーパーで買ってくるのがほとんどだが、たまに、小麦粉つけた鶏肉を、フライパンで焼いた「なんちゃってから揚げ」を創っていた。 しかし今回は、油で揚げる本格的な唐揚げを創った。 きっかけは、鍋底まで凹の我家の北京鍋を使えば極少量の油で唐揚げができ、油もほぼ残らないと気づいたからだ。少量油での揚げ物は火災の危険性が高まることは知っているが、そこは8年晩御飯を創ってる私の家事力で容易にクリアーできるとの自信がある。 「今日の晩御飯は、から揚げにしょう!」早速、調理に取り掛かる。鶏肉入れてた半透明のカサカサビニール袋に、一口大に切った、たくさんの鶏肉一挙に詰め込んで、「から揚げ粉」全部投入する。あと、フ―ッと息も吹き入れて、ビニール袋の口、グルグルねじて閉じて、バレーボールぐらいに膨らんだ袋を、両手でしっかり挟み込む。程よく押し返してくる空気の弾力を両の手の平で感じながら、具材の入った袋を私の胸の前で上下に不器用に振り始める。鶏肉と、から揚げ粉が満遍なく絡む様子をイメージしながら暫く振ってると、不器用だった振り方も次第にリズミカルになり、体全体を使って袋を揺らすようになっていた。そして、「そろそろいいかな~」と思った時、「ポン!」の、乾いた音と共に、目の前が突然白くなった。が、両手の振りはすぐには止まらず、その後も数往復続くのだが、さっきまで感じてた、程よい空気の弾力は無い。代わりに、手の動きに少し遅れて、裂けたビニール袋が上下に揺れていた。唐揚げ粉をまき散らしながら。何が起きたか、まだわからない。ふと下見ると、から揚げ粉が程よく絡んだ鶏肉が、調理台やら床に、無残に横たわっていた・・・・・。私の家事力は所詮この程度である。 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル

いいね数:178コメント数:452年以上

~お好み焼き。~ 長男・次男は塾です。帰宅は21時・20時です。 長女・ぱぱ「せーのっ!いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!」 ぱぱ「最近、ちょこちょこ長女ちゃんと2人だけで食べてるね。」 長女「パパ!長男・次男が居ないからって、マヨネーズかけすぎだよ!太る よ!もう太ってるけど。」(長男・次男は、お好み焼きに、マヨネーズが、か かってると、うるさく文句を言ってくるので、マヨネーズとソースをかけず にテーブルに出している。) ぱぱ「えーっ!パパ、そんなに太ってるかなぁ~太ってると言っても、ちょ こっとだけでしょ?」 長女「うん!めっちゃ太ってるよ!。」 ぱぱ「太ってるパパいやですか?~」 長女「いやだ!」 ぱぱ「でもお腹ポニョポニヨしてるのは~好きでしょう?」 長女「うん。」 ぱぱ「痩せたらお腹ペッタンコになるよ。どうする?」 長女「それは困る。」 ぱぱ「そやろ~、じゃ~マヨネーズいっぱいかけても、いいよね~」 長女「だめ!そんなことばっかりしてると糖尿病になるよ!」 ぱぱ「んっん!なっちゃうかなぁ~」 長女「パパのパパは、糖尿病だったんでしょ!」 ぱぱ「いや。パパのおじいちゃんが糖尿病だった。」 長女「おじいちゃん、家で注射打ってた。ってパパ言ってたじゃん。パパ、 注射打ちたいの?」 ぱぱ「それは嫌だけど・・でもこのマヨネーズ、カロリーハーフなんだよな~。」 長女「死ぬよ!私の結婚式に出たくないの?ママによく怒られてたで しょ!」 ぱぱ「う~~~ん。まぁ~そうやなぁ~・・・マヨネーズダメすか⤵」 長女「ちょっとだったらいいけど、たくさんはだめ!」 ぱぱ「これは沢山かなぁ~」 長女「たくさんだよ!」 ぱぱ「そっすか、ダメっすか⤵。」 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル   

いいね数:84コメント数:32年以上

~はねやすめ。~  ぱぱ「長女~ちょっと休憩しようよ!お茶飲む?」 長女「休憩嫌だ!このまま進みたい!」 ぱぱ「そんなこといわんと、羽休めしようよ~」 長女「羽休め?なにそれ?飛んでないじゃん。」 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル    勤労感謝の日。会社休んで、自転車で30分、長女と2人 埼玉県 越谷市 レイクタウンへお昼ごはん食べに小旅行。 その道中、私の心に響いた風景です。 長男は、図書館へ、次男は友達と遊ぶから行かないとのことでした。

いいね数:80コメント数:02年以上