縁側/デッキ/檜/平屋/片流屋根/草屋根/... 敷地内に小道がはしり、地元の人達が散歩で…

いいね数:0コメント数:0
更新日時:2016年12月16日

敷地内に小道がはしり、地元の人達が散歩で通ります。この家の縁側はその小道に対してオープンであり、憩いの空間でもあります。デッキ板は厚み30の檜無垢板を張っています。居間と外を繋ぐ大きな役目が縁側にあります。

このフォトを投稿したユーザー

建築はその土地に根付き、地域に馴染み景観に溶け込む。自然の恵みを受け、自分達らしい住まい方で時を刻むほど美しく住人と共に年を取っていく。心に優しい建築。 現在の日本の住宅事情はどうでしょう?経済効率ばかりに囚われ、生産者側のメリット優先の受注競争、そして必要以上の設備導入。標準化・ノーメンテナンス化された大量製品で貼りつけられた一様で退屈な色気も味わいもないハコ。 「住まい」はまず自分たちの暮らしから考え、周辺環境、町並みに対して配慮し、そして、○限られた予算内でのコストバランス ○シンプルな構造 ○人にやさしい適材適所の自然素材 ○将来を見据えての間取り、等じっくり楽しみながら住まいづくりをしていきたいですね!

このフォトをシェアしよう

このフォトのキーワード

虎設計工房さんの人気フォト