愛犬家住宅コーディネーター/愛犬の基地/階段下/階段下収納/ロフト ロフトに上る階段の下は、愛犬「ケン太」の…

いいね数:5コメント数:0
更新日時:2015年12月21日

ロフトに上る階段の下は、愛犬「ケン太」のための基地。出口と入口があるトンネルの隠れ家や、水飲み場を設置。パソコンデスクの他にも収納を一体化させたデザインは、施主であるSさんのアイディアを発展させたものです。

※愛犬家住宅コーディネーター 西沢 雄嗣さん(認定番号:11040458・
 株式会社総合建設西沢商会)がコーディネートした住宅です。

このフォトを投稿したユーザー

「愛犬家住宅」とは、人と愛犬がともに安心・安全・快適に暮らせる住まい。家族の誰よりも長い時間、家の中で過ごしているのが愛犬。しかし、愛犬は人と違う個性や特徴の持ち主です。 人にとって住みやすい家が、必ずしも愛犬にとって住みやすい家とは限りません。私たちの心をいつも豊かにしてくれる愛犬のためにも、家族みんなが幸せに暮らせる住まいについて考えていきましょう。 この「愛犬家住宅」の専門家として、全国で活躍しているのが「愛犬家住宅コーディネーター」です。住宅に関するハード面での知識やスキルに加えて、犬に関しての様々な知識を習得し、検定試験に合格した者に付与される資格で、2015年10月現在約3300名が取得しています。 愛犬家住宅コーディネーターが、愛犬家の皆様の安心・安全・快適な「住まいづくり」「住まいさがし」のお手伝いを通じ、豊かで楽しい暮らしをサポートしています。

このフォトをシェアしよう

このフォトのキーワード

愛犬家住宅さんの人気フォト

M邸では、敷地を柵で囲い、建物の周囲をドッグランにしています。愛犬は、リビング前のウッドデッキから屋外へ。室内と屋外を自由に行き来し、自然と一体となって建物の周囲をぐるりと走り回るのを楽しんでいます。 人と愛犬が集い、暮らすM邸は、心地よい自然とぬくもりに満ちた素敵な住まいです。 ※愛犬家住宅コーディネーター監修者 筒井 紀博さん(筒井紀博空間工房)がプランニングされた住宅です。

いいね数:2コメント数:05年

スキップフロアで高くなったLDKの床下を利用して愛犬の居場所を設置しています。スライド収納ができる扉を設けたドッグスペースゲートはロック機能もあり、半透明のポリカーボネート越しに、家族のシルエットが見えるようにしています。このようなところにも、愛犬が寂しい思いをしないような、細やかな気遣いが感じられます。 ※愛犬家住宅コーディネーター監修者 筒井 紀博さん(筒井紀博空間工房)がプランニングされた住宅です。

いいね数:1コメント数:05年

LDKの床は、愛犬の足腰への負担が少なくメンテナンス性に優れたコルク床、キッチンの入口には危険防止のドッグゲートを設置しています。 M邸では家の中心に薪ストーブがあり、冬になると暖かい空気が吹き抜けの天井を回り、家全体を暖めてくれます。 ※愛犬家住宅コーディネーター監修者 筒井 紀博さん(筒井紀博空間工房)がプランニングされた住宅です。

いいね数:1コメント数:05年

1階LDKはスキップフロア、1・2階は吹き抜けでつながり、さらに、浴室、トイレ、寝室以外はドアを設けていません。家全体を連続性のある空間にすることで、愛犬の様子を常に感じていられるようになっています。家全体が一体感のある空間ですが、愛犬が自由に行動できる範囲は1階に制限。階段を愛犬が怖いと感じるスリットの螺旋階段にすることで、愛犬が2階に自由に入ることができないようにしています。 ※愛犬家住宅コーディネーター監修者 筒井 紀博さん(筒井紀博空間工房)がプランニングされた住宅です。

いいね数:1コメント数:05年