「爪楊枝や竹串にマステを巻いた手作りピック…」

いいね数:8コメント数:0
更新日時:2016年12月18日

爪楊枝や竹串にマステを巻いた手作りピックは子供向けのパーティやお弁当に大活躍。既製品のピックに比べると、マステは様々な色やデザインが、たくさん出回っているので、ピックを何種類も揃えるより、ずっと経済的。例えば、お友達を招いてのクリスマスパーティでは、クリスマスカラーのディズニーのマステで作ったピックが大活躍しました。(おまけ)また、バーベキューパーティやブッフェ形式のパーティでは、カラフルなマステにゲストの名前を書いて、グラスやお皿に印をつけておくと、それぞれのお皿やグラスがすぐにわかるので便利です。

このフォトを投稿したユーザー

「自宅でリゾート」をテーマに、我が家と庭を「世界一居心地のいい場所」しようと、日々奮闘中のリーママ恋子です。「ガーデニング」を一番の趣味とし、バラと宿根草を中心にした自宅の庭を作っています。平日はフルタイムの仕事と家事・育児に追われがちですが、週末には、我が家や庭に、知人友人を招いての「ホームパーティ」を開くのも楽しみの一つです。さらには「ハンドメイド(ソーイング)」も好きで、子供服やインテリアのファブリックも手作りしています。 ガーデニングやインテリア、DIYやリノベーション、ハンドメイドにテーブルコーディネート、パーティやおもてなしなどなど、みなさんのアイディアを参考にしながら、upしていきたいと思います。 また、そんな我が家のライフスタイルは、下記のブログにも綴っていますので、よろしければ、ご訪問ください。 「恋子のガーデニング日記」 http://koiko77.exblog.jp/

このフォトをシェアしよう

恋子さんの人気フォト

ソファーのファブリックカバー(4代目)を手作りしました。 ファブリックは、カーテン生地の端切れをネットで購入しました。 シルバー×ゴールドの北欧風の幾何学柄。 採寸、型紙(設計図)からすべて自分でやりました。 生地が余ったので、お揃いのオットマンカバーや、 色違いのクッションカバーも作りました。 リビングの主役をイメチェンすると、それだけで、 お部屋の雰囲気がガラリと変わりますね。

いいね数:8コメント数:02年以上