インド料理/アジアン料理/アジアン料理レシピ/アジアンレシピ/チキン/鶏肉レシピ/... 「コクうま鶏もものチキンマライティッカ風…

いいね数:6コメント数:0
更新日時:2020年07月10日

「コクうま鶏もものチキンマライティッカ風」

ユーザーさんからのリクエストレシピ!

やわらかジューシーな鶏もも肉に、
爽やかスパイシーな香りと生クリームが絡んで、
濃厚コクうま!

▼レシピページ
https://boniq.jp/recipe/?p=20607

▼レシピサイト
https://boniq.jp/recipe/LIMIARecipe

▼低温調理器「BONIQ(ボニーク)」公式製品サイト
https://boniq.jp/recipe/LIMIAStore

このフォトを投稿したユーザー

国内No.1低温調理器「BONIQ(ボニーク)」で、おいしく、高栄養で、ヘルシーなおうちごはんを、簡単に。 タンパク質を破壊しない「低温度帯」で調理することで、硬くなりがちなお肉も、まるで高級レストランのような「極上やわらか&ジューシー」な仕上がりに! 栄養素を逃しにくく、素材本来の旨みを引き出すから過度な味付けも必要なし。 さらに、セットしたら調理終了まで放置でOK!何かと忙しい毎日に嬉しい、ほったらかし調理。 一気にたくさん同時調理して、時短&作り置きも可能。 肉以外にも魚、野菜、たまご、お米、スイーツ、ドリンクまで、とっても簡単に「低温調理ならでは」の驚きの味わいが楽しめます。 「おいしくてヘルシー&効率的」な毎日の家族ごはんはもちろん、おひとりさま、ダイエット中の方、ヘルシー思考の方、ワークアウトやトレーニングで体づくりをされている方、また、離乳食、介護食づくりにもおすすめ☆ フォロー&いいね、お待ちしています♡ 【300以上!公式低温調理レシピサイト】https://boniq.jp/recipe/LIMIARecipe

このフォトをシェアしよう

このフォトのキーワード

低温調理器「BONIQ」さんの人気フォト

低温調理で作る「厚切りポークチャップ🍅」レシピ 「ポークチャップ」は北海道では有名な郷土料理です🍴 豚肉を焼き、甘めのトマトソースを絡めて作ります🍅 家庭では薄切り肉やトンカツ用の1cm程の厚さの肉で作るのがメジャーですが、北海道の内陸にある砂川市のご当地メニューとして「厚切りポークチャップ」という厚さ7cmもある豚肉のポークチャップがあります。 お店ではプロがじっくり中心まで火を通しますが、家庭で厚切り肉で上手にポークチャップを作るのは難しい・・・🤔 そこで、BONIQの低温調理で厚切りポークチャップを作ってみました。 BONIQの低温調理のおかげで、どんなに分厚い肉でもやわらかくジューシーな仕上がり‼️ 甘酸っぱいケチャップ風味のトマトソースが肉厚でやわらかい豚肉に絡まり、まさに絶品です🤤 高温調理では火加減が難しい極厚肉のポークチャップ、ぜひご堪能ください。 🆕【63℃ 疲労回復ビタミン◎厚切りポークチャップ】レシピ https://boniq.jp/recipe/?p=26190 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍 ✅栄養素/食 カロリー:692.5 kcal タンパク質:54 g 糖質:15.5 g 脂質:42.4 g 食物繊維:3 g カリウム:1294 mg ✅材料(2人分) ・豚ロース厚切り  2枚(250g/枚。厚み3.5cm) ・オリーブオイル  大さじ1 ・砂糖  小さじ1 ・塩  小さじ1/2 ・黒こしょう  適量 <ソース> ・トマト缶  150g ・オリーブオイル  大さじ1 ・にんにく(みじん切り)  1片 ・玉ねぎ(小)  1個 ・ぶなしめじ  1/3株 ・ケチャップ  大さじ2 ・ウスターソース  大さじ1 ・しょうゆ麹(しょうゆでも可)  小さじ1 ・塩  適量 ・こしょう  適量 ✅レシピ 1)BONIQをセット。食材全体がきちんと湯せんに浸かるよう、十分な水量を用意する。63℃ 2時間30分に設定する。 2)豚肉の筋切りをする。(赤身と脂身の間に切り込みを入れ、硬い筋を断ち切る。) フリーザーバッグに豚肉、砂糖、塩、黒こしょう、オリーブオイルを入れ、まんべんなく行き渡るようよく揉み込む。 3)BONIQが設定温度に達したらバッグを入れる(しっかり脱気&完全に沈めて、全体が湯せんに浸かるようにする)。 4)ソースを作る。玉ねぎは薄くスライスする。ぶなしめじは石づきを取り、小房に分ける。 小鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたにんにくを入れ、香りが出るまで弱火で加熱する。 スライスした玉ねぎを加え、透き通ってきたら残りのソースの材料すべてと、バッグに残った豚肉の肉汁を加え、とろみがつくまで煮込む。(約10分) 5)フライパンを強火で熱し、豚肉の両面に焼き色をつける。(オリーブオイル(分量外)をひいてもOK) 豚肉を皿に盛り付け、4)のソースをかけて出来上がり。 ✅作る際のポイント 低温調理では豚肉の筋は硬くなりませんが、筋切りをしておくことでBONIQ後の焼き色をつける際に焼き縮みを防ぐ効果があります。 ローストポークや豚ハムなど切り分けて食べる料理では筋切りの必要はありませんが、今回のポークチャップやステーキにする場合は筋切りをしておくと仕上がりの肉がより大きく見えます。 ✅BONIQ栄養士による栄養アドバイス 豚ロース肉にはビタミンB1、ナイアシン、亜鉛が豊富です。 特にビタミンB1は豚ロース100g当たり0.69mg、今回のレシピ一人分1.7mgと一日に摂取したいビタミンB1の1日分を十分に補える量が含まれています。(成人男性の1日の推定平均必要量は1.2㎎、女性は0.9mg*) ビタミンB1は糖質からエネルギーをつくり出すのを助け、筋肉や神経の機能を正常に保つことから、疲労回復のビタミンと呼ばれています。 豚ロース肉は脂身が多いブロックか、そうでないかによってカロリー(脂質量)が大きく変わってきます。 赤身肉の場合は100gで141kcalですが、脂身(皮下脂肪)付きの場合は100gあたり263kcalです。 脂質は1gで9kcalの熱量があるので、脂身の量が違うとこんなにもカロリーに差が出るのです。 脂身のカロリーを気にする場合は白い脂身の部分をカットしてから調理すると良いですよ。豚ロースの皮下脂肪を切り落としたもののカロリーは100gで202kcalです。 皮下脂肪付きのカロリーと比べると2割もカロリーオフすることができます。 ただ、脂質はすべてが悪者というわけではありません。豚の脂身に含まれる脂肪酸の中には、皮膚のツヤを保ったり、動脈硬化を予防したり、コレステロール値を正常に保つ働きをするものも多く含まれています。 脂身だけを大量に食べるのは好ましくありませんが、お肉についている程度であれば健康のために食べてみるのはいかがでしょうか。 *出典:厚生労働省「https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4z.pdf」

いいね数:7コメント数:09時間

簡単&多品目「筋トレ飯献立🍴」 ~朝食編~ 準備も簡単で、栄養バランスも◎ トレーニング効果を最大化させて、筋肉を育てるごはん💪✨   低温調理でふわふわ、時短でできる簡単かに玉丼🥚 同じく低温調理で、簡単シャキシャキもやしのナムル&昆布とキムチが効いた、元気がでるみそ汁とともに🥢     ✅合計3品 🍴主食・主菜「75℃ 簡単ふわふわ🥚かに玉丼」 🍴副菜「95℃ シャキシャキ❗️もやしのナムル」 🍴汁物「深みのある旨み✨キムチみそ汁」      ✅レシピ 🍴主食・主菜「75℃ 簡単ふわふわ🥚かに玉丼」 ・長ねぎ、しいたけ、カニカマをカットし、ごま油、酒、塩、こしょうを加えてレンジで加熱する。 ・卵を割りほぐして混ぜたら具材と馴染ませ、BONIQで低温調理(75℃ 10分)。 ・甘酢あんを作る。小鍋に水、鶏ガラスープの素(中華だしでも可)、酒、三温糖、黒酢(米酢や穀物酢でも可)、塩、オイスターソース、しょうゆを入れて沸騰させたら火を止め、水溶き片栗粉を加えて再度沸騰させたら火を止める。 ・器にご飯を盛り、かに玉をのせて甘酢あんをかける。 🍴副菜「95℃ シャキシャキ❗️もやしのナムル」 ・もやし、しょうゆ、砂糖、塩、一味をBONIQで低温調理(95℃ 10分)。 ・冷水につけてあら熱を取り、汁気を切る。 ・ごま油とこしょうを加えてバッグを振って全体を混ぜ、必要あれば塩で味を整える。 🍴汁物「深みのある旨み✨キムチみそ汁」 ・もやし、キムチ、まいたけ、昆布、水をBONIQで低温調理(95℃ 20分)。 ・鍋にあけてニラを加え、火を止めてみそを溶かす。    低温調理で作るふわふわかに玉は、簡単に出来上がる時短栄養満点メニュー。 卵に混ぜる食材は家にあるもので代用可能で、あらかじめ具材を電子レンジで加熱しておくことで、卵調理が簡単なのも嬉しいポイント☝️ 卵は完全栄養食とも呼ばれているほど栄養素が豊富でバランスよく含まれている食品です🥚 安価で手に入れやすく、使いやすいので良質なタンパク質源としても◎ 黒酢の効いたあんがけで、ワンランク上の味わいになります✨ また、天津飯にすることでご飯にあんが絡んで、一層食欲がそそられます😋 低温調理により、卵の火の通りは均一でふわふわな仕上がり😍 ボリュームがあってトレーニングも頑張れる一品です👍 低温調理したもやしのナムルは、ゆでた場合と違ってもやしの香りが活きており、甘みもプラスされて味の濃いもやしという印象です😋 歯ごたえの良いシャキシャキ食感で、どんなおかずとの相性も良いでしょう。 もやしの95%は水分ですが、栄養素も含んでいます☝️ 緑豆もやしには、「モリブデン」というミネラルが豊富に含まれます。体内で発生した物質を尿酸という老廃物に変えていくために、必要な栄養素です。鉄の代謝にも関わっています。 吸収されやすく排出されやすいミネラルのため、日本人の通常の食生活で不足や過剰の心配はありませんが、大切な栄養素です。 他にも、赤血球や細胞をつくる時に必要な「葉酸」と、体内で消化吸収されず便のカサを増やし腸の蠕動運動を促進する「食物繊維」も、豊富に含んでいます。 また、もやしは豆が発芽したものなので、豆の部分には皮膚や筋肉の原料となる「蛋白質」も含んでいます。 ごま油は調理した後も酸化しにくいのも嬉しいポイント。 それは、リグナン類の抗酸化成分が含まれるため、酸化の原因となる酸化脂質を抑えることができるためです。 低温調理で仕込みを済ませるキムチみそ汁は、昆布の出汁とキムチが効いたスープ✨ キムチにより深みのある旨みが感じられます。 お豆腐を入れたり春雨を入れても合うでしょう◎ いずれも、簡単調理で作成したフリーザーバッグのまま冷蔵保存ができ、洗い物も少ない、とまさに低温調理は〝メリットづくし〟です😆   夏バテに負けず、栄養ごはんをササッと作ってしっかり食べて、健康豊かな体づくりを❗️💪 \詳しいレシピ、ポイント、栄養情報は👇/ ✅1週間筋トレ飯献立 Vo.3(月)朝食 https://boniq.jp/recipe/?p=25357 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍

いいね数:6コメント数:01日

🏆【カレー風味のレシピ🍛】人気ランキング TOP4✨ https://boniq.jp/recipe/?p=26169 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍   だんだんと暑くなってきたこの時期☀️ いつものおうちごはんに、スパイスが効いてスカッと爽快な気分になれるカレー風味の一皿をプラスしてみてはいかがでしょうか❓ カレーの香りが食欲をそそり、ご飯とビールが進みます😋 そこで今回は、370以上の低温調理レシピを公開している「BONIQ」の公式レシピサイトにおける「低温調理で作るカレー風味のレシピ」TOP4を発表🎉     \🏆1位/✨ 🍴85℃ 無水トマトチキンカレー🍛 \🏆2位/ 🍴70℃ 塩鯖の冷製カレーマリネ🐟 \🏆3位/ 🍴57℃ 牛ロースステーキ カレー香るソース🥩 \4位✨/ 🍴62℃ 低温調理ピクルス 3種🥒 1位にランクインしたのはカレー〝風味〟というより、実際のカレーレシピ。BONIQでも公開直後から大人気の「85℃ 健康・美容効果◎無水トマトチキンカレー」🍛 レシピ開発者も「こんなにおいしくて簡単なトマトチキンカレーを食べたのは初めてです。とても感動しました。」という自信作❗️ 5時間という調理時間の長さに一瞬躊躇されるかもしれませんが、BONIQならほったらかしでOK!様子見や火加減の調整も必要ありません。 その間に家事や仕事、ジムや買い物などを済ませておけます◎ スパイスは「食べる漢方」とも言われていることをご存知ですか❓ カレーの良い点としてたくさんのスパイスを摂取することができることも挙げられますね☝️ 辛み成分を持つトウガラシには代謝を高める働きがあり、シナモンやナツメグには血行を促進する働きがあります。カレー粉のメーカーや種類によってブレンドされているスパイスは異なりますが、スパイス全般に健康を促進する働きが期待できますよ。 カレー粉は小さじ1杯あたり10kcal程度であることから、夏バテ防止やいつもの食事にプラスして気分転換をするのはもちろん、ダイエットや減量、体づくり中にパンチを利かせた料理が食べたいときには、うってつけの調味料です◎ 各レシピの材料や作り方はレシピサイトにて↓ 🏆【カレー風味のレシピ🍛】人気ランキング TOP4✨ https://boniq.jp/recipe/?p=26169 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍

いいね数:5コメント数:02日

🍴低糖質の低温調理レシピ 【65℃ 究極しっとり✨クリーミーな鶏レバニラ】 https://boniq.jp/recipe/?p=19111 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク 鶏レバニラ」で検索もOK🔍 BONIQレシピで人気の鶏レバー✨ レバーは火が入りすぎるとボソボソになってしまいます💦 BONIQの低温調理なら、初めて見た方ほぼ全員に驚かれる、衝撃のなめらかクリーミーな仕上がり✨🤯 トゥルトゥルな食感で素材の味をしっかり味わうことができます。 そんな安定人気の「低温調理 鶏レバー」を使った、ご飯が進む一品。 ソースとニラをフライパンで作り、レバーだけBONIQで低温調理すれば、後は合わせるだけ👌 スタミナ抜群でこれからの季節にもぴったりです☀️ ✅1食分あたりの栄養素⠀ カロリー - 237.8 kcal 糖質 - 8 g タンパク質 - 15.7 g 脂質 - 14.3 g ✅BONIQ管理栄養士の栄養アドバイス⠀ レバーと言えば鉄分が豊富な食材の代表格です。 鶏レバーには100g中9㎎の鉄分が含まれており、1日に必要な鉄分の大半をカバーすることができます。 鉄分不足が気になる方にはもってこいの食材ですね。 また、豚や鶏のレバーには大量のビタミンAが含まれています。ビタミンAは免疫アップや目や皮膚の保護に役立つビタミンです。 1日に必要なビタミンAは成人女性で700㎍前後、男性で900㎍前後と言われているのに対し、鶏レバー100gには14,000㎍とけた違いに多く含まれています。 ただ、ビタミンAは過剰摂取が続くとめまいや吐き気などの体の不調につながります。 レバーがメインの料理食べる頻度は多くても週に1、2回程度にしましょう。毎日食べたい場合、少量ずつ(1~2口)食べる分であれば問題ありません。 詳しいレシピ工程や作る際のポイントは、レシピサイトにてご確認ください👇😉 🍴低糖質の低温調理レシピ 【65℃ 究極しっとり✨クリーミーな鶏レバニラ】 https://boniq.jp/recipe/?p=19111 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク 鶏レバニラ」で検索もOK🔍 BONIQではほとんどのレシピでレシピ毎に「1食あたりの栄養素」と「管理栄養士の栄養アドバイス」を掲載しています。 代用できる材料や食べ合わせなどについてなどの提案も👌 ぜひ毎日のごはん作りや献立の参考にお役立てください😊

いいね数:7コメント数:03日

低温調理で作る「ケンタ◯キーフライドチキン🍗」レシピ動画 今月は、ご存知「有名ファーストフード店のフライドチキン」の再現に挑戦👊 タンパク質を破壊しない低温調理で、本家超えのおいしさに・・⁉️😳😁 調査・研究を経て、宍倉シェフが「ご家庭で真似できる、超高レベルの極うまフライドチキン」自信作を伝授します👨‍🍳 🍴BONIQ MASTER CLASS 🎥【外サックサク、中超やわらか‼️極うま低温調理フライドチキン🍗】レシピ動画 https://youtu.be/NzbBYKthipc 👉「ボニーク youtube」で検索もOK🔍 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 業務用の圧力鍋で揚げるのが特徴でもある、ファーストフード店のフライドチキン。 そこを、低温調理で作ります❗️ お肉(タンパク質)は加熱温度によって食感が大きく変化します。 50℃を超えた辺りから変化が始まり、60℃を超えると硬くなり始め、68℃を超えると水分を失ってパサつき始めます。 低温調理なら、そんなタンパク質を破壊しない〝狙った温度〟で加熱ができます。 つまり、高温調理では硬くパサつきがちな鶏むね肉も、ジューシーさや旨みが詰まった肉汁を逃さず、「超やわらかジューシー✨」な仕上がり。 「低温調理=鶏むね肉」と言っても過言ではないほど違いがわかる大人気で大定番の食材です。 中は低温調理で調理済みなので、あとは衣をつけてサッと揚げるだけ◎ 中まで焼けてるかな❓と心配する必要も、揚げすぎる心配もなし。 衣がサクッと揚がったら出来上がり。 揚げ時間も短時間でOKだから、脂っこくなりすぎず、カラッとおいしく揚げられます🍗 そんな、「低温調理で作るケンタ◯キー完全再現フライドチキン」 超高温で食材の細胞を破壊してやわらかく調理する圧力鍋よりも、逆にタンパク質を破壊せず肉汁流出を最小限に留めてじっくり低温加熱で旨みを引き出す低温調理で作るフライドチキンも負けず劣らず最高レベルでおいしいのでは・・⁉️😳 ということで、ぜひ動画ご覧ください😊 研究や調査を重ねた、宍倉シェフの渾身「秘伝スパイス」と「MED液」レシピや、簡単なのに絶品付け合わせの「コールスローサラダ」も必見です◎ ほかにも、フライドチキンの揚げ方はもちろん、冷凍ポテトの揚げ方や揚げる際の注意点も細かくレクチャー。 ご家庭で調理する際にお役立てください👍 \レシピリクエスト募集中🎁/ 「こんなの作りたい」「こういう時におすすめなレシピ」「こんな人におすすめのレシピ」「この食材で」など、何でもOK👌 リクエストはYouTubeのコメント欄からお待ちしています。 \ここだけのBONIQレシピも👀/ 「📕フードコーディネーター/スタイリング 卒業作品 by 羽田」公開中。 レシピサイト、またはYouTube概要欄からぜひご覧ください。 🍴BONIQ MASTER CLASS 🎥【外サックサク、中超やわらか‼️極うま低温調理フライドチキン🍗】レシピ動画 https://youtu.be/NzbBYKthipc 👉「ボニーク youtube」で検索もOK🔍 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️

いいね数:6コメント数:04日

低温調理で作る「パンプディング🥮」レシピ     あまった食パンを使ったパンプディングは見た目にも華やかで、ちょっとくつろぎたい時のおともにぴったりです☕️ 仕上げのバーナーで炙る工程は必ずしも必要ではありませんが、これをすることで表面がカリッとして香ばしさをプラスできます。 低温調理で卵液がしっかり染み込み、しっとりと濃厚でやわらかな食感の食パンはもはやケーキのよう❗️ どこか懐かしさを感じる甘くやさしい味わいで、一口食べたらうっとりとしてしまうおいしさです。 ブランチやおやつにも◎ お好みのフルーツやシロップ、ナッツなどの組み合わせでアレンジをお楽しみください👏      🆕【88℃ 低温調理で作る基本のパンプディング🥮】レシピ https://boniq.jp/recipe/?p=26146 👉レシピサイトへは「プロフィール欄>情報>レシピサイト」からどうぞ❗️ 👉「ボニーク レシピ」で検索もOK🔍 ⁠     ✅材料(パウンド型1台分(20×9.8×5.5cm)) ・卵  2個(64g/個) ・牛乳  130cc ・純生クリーム35%  130cc ・グラニュー糖  50g ・バニラエッセンス  4ふり ・ラム酒  5g ・8枚切り食パン  1枚 <カラメル(作りやすい分量)> ・グラニュー糖  100g ・水  40ml ・足し水  40ml <お好みで仕上げ> ・グラニュー糖  適量 ・フルーツ(ブルーベリーやラズベリーなど)  適量       ✅レシピ 1)BONIQをセット。パウンド型が浸かるちょうど良い高さに水位がくるよう水量を調整する。 高温・長時間調理による水の蒸発で水位が下がり、BONIQの稼働停止や食材の加熱ムラの発生を防ぐため、下限水位から大きく余裕を持たせた水量をセットする。 88℃ 1:00(1時間)に設定する。   2)ボウルに卵を割り入れてホイッパーで混ぜて濾す。 グラニュー糖を加え、よく混ぜる。 さらに生クリーム、牛乳、ラム酒、バニラエッセンスを加え、よく混ぜる。    3)食パンを16等分にカットにする。型にクッキングシートを高めに敷き、パンを並べて2)を流し込む。    4)平らな場所で数cmの高さから型を落として空気を抜く。(気泡ができたらつまようじなどでつぶす) アルミ箔をかぶせてカバーをする。   5)BONIQが設定温度に達したらパウンド型を入れ、低温調理をする。 コンテナを使用する場合は保温ルーフで、鍋の場合はラップやアルミ箔で湯せんにカバーをして水位減少を防ぐ。 💡BONIQの各種アクセサリー:プロフ欄下の「Accessory」ハイライトリンクから製品詳細へ🔗   6)小鍋にグラニュー糖と水を入れ、中火にかける。あめ色になったら火を止めて足し水を加え、鍋をゆすって合わせる。   7)BONIQが終了したらパンプディングを取り出し、お好みでグラニュー糖をかけてバーナーで焼き色をつけ、フルーツを添える。 カラメルを回しかけて、出来上がり。     ✅作る際のポイント 残っているパンや冷凍庫に眠っている食パンなどで作ることができます。 8枚切りの食パン1枚、またはそれ以下であれば同じサイズのパウンド型でできますが、食パンの量が増える場合は大きいサイズのパウンド型を使用してください。 カラメルを作る時のポイントは「鍋に砂糖と水を入れ、中火にかけたら混ぜない、揺すらない」ことです。あめ色になったら火を止め、足し水をします。 この時、カラメルがバチバチとはねて危険なため、鍋を覗き込んだりしないようにしてください。 また、カラメルなしでも十分おいしくお召し上がりいただけます。 パウンド型から取り出す際は、少しずつ型紙を持ち上げてゆっくり抜くようにしてください。

いいね数:4コメント数:05日