別荘/山荘/木の家 群馬県前橋市赤城山のふもとの別荘地に建て…

いいね数:3コメント数:0
更新日時:2016年12月17日

群馬県前橋市赤城山のふもとの別荘地に建てられた山荘です。大田区に住むオーナーより赤城山の麓に以前より持っている土地があるのだが、現地に知り合いの建設会社が居ないのでカドヤ建設で何とか建築をすることは出来ないのかという相談を頂き総合プロデュースさせていただいた物件です。
現地は人の背より高い草や低木に覆われた荒れ果てた状態でしたので、先ずはその草や低木を切るところから始まり、そして高低測量が終わる頃には土地の全容を始めて認識いたしました。
そこからは、オーナーと私共の二人三脚で設計を進めることとなるのですが、オーナーも何度かご自分の物件の新築を経験している方で、ご自分で私共の作成した図面を基に色彩したパースを作成したりしたものですから、私共も模型を作成してプロとして負けてはならないと良い意味での対抗意識を持つことになりました。
建築作業に関してはさすがに大田区より職人を差し向ける訳にいかず、カドヤ建設が参加しているHABITAの加盟店の仲間の施工店に手伝って頂きましたが、こちらもオーナーの熱意に当てられ小屋組丸太に無垢の桧材を提供していただいたり、地元の杉材をふんだんに使い極めつけは厚さ30ミリの杉材で『浮作り』加工の床フローリングを格安で提供いただきました。
湿気の多い森林の中なので、内装材は調湿効果のある土佐漆喰を採用、高気密高断熱工法を採用しているので寒い冬対策にも防虫にも対応しています。
オーナーとは東京で打合せを重ね、さらに何度も現地に随行させていただき建物を完成させました。オーナーも私共もずいぶん思い入れ深く仕事をさせて頂きましたので、完成したときは非常に感激したことと仕事が終わってしまう寂しさを感じさせていただいた数少ない物件の一つとなりました。

このフォトを投稿したユーザー

城南地域(大田・品川・目黒・世田谷・港区)を中心に、皆様にとってオンリーワンの『住い』作りを行なう建築のプロ集団です。住宅建築に精通したスタッフと熟練した大工の手による木の温もりと安心を感じる『住いの空間』をご提案いたします。完全自由設計ですのでご希望の間取りや予算に応じ、アイデア豊富な設計スタッフが皆様と共に『家族への思いをかたちに』いたします。

このフォトをシェアしよう

このフォトのキーワード

株式会社カドヤ建設さんの人気フォト

外観の屋根と壁のバランスから屋根の高さを決定し、予め別荘の寝室は小屋裏のようなイメージがよいというオーナーと私共の創意によりこのような寝室を作りました。一番低いところはちょうど人の長けほどで夜会所はその倍ほどでしょうか。高すぎず低すぎず心理的にちょうど落ち着ける空間が構成できたとおもいます。履きだし窓以外の窓は低い位置についているので外を見ると森の中に居ることが実感でき、脇の吹き抜け側の障子を開けると吹き抜けを通してリビングがみえます。最大の特徴は木の香りが部屋いっぱいに漂い、癒しと共に子供の頃感じたわくわく感を味あわせてくれます。

いいね数:2コメント数:05年以上

日本の森林率は世界一であることをご存知でしょうか。そして、材木は100年を過ぎると光合成による炭素削減効率が下る傾向にありますので、本来は伐採し木を植え替えることが必要です。したがって、最近では国の指針としても国産材使用するよう仕向ける政策が取られ、補助金にもその傾向が表れています。この建物も地産地材を採用することにより、補助金を利用し建築費に還元いたしました。ごらんの通り構造材からドアに至るまで地産の杉をふんだんに使いデザインされています。

いいね数:3コメント数:05年以上

人間は太古の昔より、炎に対し神秘性を感じてきたといわれます。実際、時間が過ぎていくのを忘れてしまうほど、長時間炎を眺めていることが出来ことを皆様も子供の頃のキャンプファイアで経験したことが有ると思います。冬の寒い時期に暖炉に当たりながら暖炉の炎を見つめていると薪の弾ける音とシューという空気の流れの音以外聞こえてきません。非常に心が癒され幸福な気持ちになり、最高な贅沢を感じさせてくれます。

いいね数:2コメント数:05年以上

キッチンから見渡すと玄関・リビング・階段・2階の廊下まで全て見渡せます。 家族で余暇を過ごすとき、東京での時間に追われた状況とは違った家族とのふれあいを強く感じるものです。暖炉のそばで絵本を読んでいる子供の姿を見ながら、夫婦で取り留めの無い会話をし、作りかけの料理をワイン片手に摘み食いなんていう時間の過ごし方も時にはいいと思いませんか。

いいね数:1コメント数:05年以上

群馬といえば夏暑く冬は寒い『空っ風』で有名ですが、ここは赤城山の麓森林に囲まれているので夏はすごしやすいので冬対策を考えたところ、当然暖炉だろうということになりました。建物の中心でしかもリビングということで別荘での活動・生活の中心といったところ、暖炉の上でも料理が出来るタイプに致しました。上部は吹き抜けになっていて、どの部屋からも暖炉が見える位置に有ります。床は杉材を採用、杉は針葉樹系のフローリングに比べ、冬は暖かく夏は涼しいという特徴がありしかも浮作りになっているので素足で歩くとマッサージ効果があって気持ちがいいので床暖房不要、当然冬でも素足でOKです。まさに、床にそのまま寝そべったりゆったりとした時間を過ごすことの出来る空間を演出いたします。

いいね数:1コメント数:05年以上