そうめん2019 いつもの素麺に ごまとオクラをトッピング…

いいね数:2コメント数:0
更新日時:2019年08月22日

いつもの素麺に
ごまとオクラをトッピングして梅ドレッシングでさっぱりと

このフォトを投稿したユーザー

甘い物と日本酒に目がありません。

このフォトをシェアしよう

このフォトのキーワード

関連キーワードで人気の商品

商品画像
三輪素麺 一年物 I-30 50g×20束の1枚目の写真
タキイ種苗 野菜種 南瓜 そうめんかぼちゃ 金糸瓜 Mの1枚目の写真
ブランド
商品名三輪素麺 一年物 I-30 50g×20束タキイ種苗 野菜種 南瓜 そうめんかぼちゃ 金糸瓜 M
カテゴリーそうめん
評価
0.0

投稿 1件

0.0

投稿 1件

価格4,560円〜438円〜
商品リンク詳細を見る詳細を見る

maga_irideさんの人気フォト

駅のお土産街で販売員をしています。 バスと電車を乗り継いでの通勤と接客でマスクは必需品です。 不織布マスクを2枚重ねで使っています。 マスク代もゴミもバカになりません。 クラボウ様よりクレンゼドライマスク3Dをいただきました。 ありがとうございます。 3種類のサイズで5枚入っていました(Mサイズが3枚)。 サイズは3種類 S:約11~12cm、約8.5~9cmのお子さま向け M:約12~13cm、約9.5~10cmの女性向け L:約14~15cm、約11~11.5cmの男性向け 「CLEANSE®/クレンゼ®」というのは、 固定化抗菌成分「Etak®/イータック」を活用し、 繊維表面に強力に固定化する クラボウ様独自の抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術のことだそうです。 50回洗濯OKで、生乾き臭も出にくく、アイロン要らずというのもうれしい。 (洗濯時はセンターボーンの取りはずしが必要。タンブラー乾燥は不可。) クレンゼ加工された生地を使っているので 何より、触れるマスクがありがたいです。 不織布マスクより蒸れにくい素材を使っていて、 マスクの中央にセンターボーンを入れることで空間を作る立体構造で 息苦しくないように設計されているそうです。 さっそく使ってみました。 いつもは不織布マスクと2枚重ねしてますが、画像は 「クレンゼドライマスク3D」だけでつけてみたところ。 (画像5・6枚め。3枚めと4枚めがダブってます。) マスク部分はMサイズでちょうどよい感じだったのですが、 耳のゴムひもがゆるかったみたいで、 すぐ落ちてくるのでゴムの調整が必要かなと思っています。 とりあえず、触れるので、気づいたときに手で戻すようにしてます。 まだ試してはいないのですが、 意外に、ゴムヒモを調節すれば、Lサイズの方がフィットするかも? とも思い始めました。

いいね数:8コメント数:08日

ダイソーの大理石風のリメイクシートを貼ったランチョンマットを さっそく使ってみました。 佐賀の丸ぼうろの鶴屋さんの『ストロープワッフル』 人気商品でいつも売り切れなので、あるとラッキーなのです。 温かい飲物が入ったカップにのせて 中の餡がとろ~っとなったところをいただいてもおいしい。 私はパリパリの方が好き。

いいね数:9コメント数:02ヶ月

キャンドゥで購入したスケジュール帳。 こだわり抜いて選んでも、いつも三日坊主な自分。 スケジュール帳は書き込むより 貼り付ける&挟みこむものと化していて、 ここ数年はスケジュール帳は百均と決めております。 こちらは 2年分のカレンダー 2022年の年間スケジュール マンスリーは2021年10月から2023年3月まであり、 左ページがカレンダータイプ、 右ページがマルチタスクの月間スケジュールが書き込めるスタイルでした。 選ぶポイントは、 カレンダーと同じ日曜はじまりで、 シンプルで書き込みのスペースが多く、 目にやさしい淡い色使いと 表紙デザインが変更可能なビニールのブックカバー付き。 今年は自前で作ってみようかと一瞬血迷ったのですが、 よく考えてみると、コピー機で印刷した時点で110円超えるなと 早々に諦めました。 今回の表紙カバーは、 以前博多駅のイベントでいただいたpdcのWafood Madeの手ぬぐいです。 和菓子の材料っぽくて気に入ってます。

いいね数:12コメント数:02ヶ月

"初"リメイクシート貼りに挑戦してみました。 結果は案の定、気泡が入りまくりのボロボロです。 以前から 大理石風のまな板状の小物が欲しいと思っていたので、 ダイソーで大理石風のリメイクシートを購入いたしました。 サイズは30cm×80cm。 普段から使っているランチョンマットの裏と おせんべいが入ってた缶の蓋に貼れました。 今回購入したのは、折りたたまれていたもの。 しっかりと折り目が残ってしまったのが残念。 模様が大理石風なだけにチープさが際だつ結果に(涙)。 リメイクシートは以前より、 くるくるっと巻かれたタイプのものを 剥がさずそのまま広げて背景などに使っていて、 実は今回もそのまま使うつもりでおりましたら、 フィルムタイプの素材で、 裏の目盛が透けて見えたのと、 折り目を伸ばせそうになかったのであきらめました。 それはそれで、これもまたよい経験。 次回に活かしたいと思います。

いいね数:11コメント数:02ヶ月