住宅ローン/住まい/リフォーム/住宅設備/不動産・住宅/リノベーション/... 何かとお金がかかる子育てに対し、国や自治…

いいね数:13コメント数:0
更新日時:2019年05月31日

何かとお金がかかる子育てに対し、国や自治体では「児童手当給付金」「小児医療助成制度」などの支援を行っています。しかし、これはあくまで一時的なものであり、高校、大学への進学を考える年になると「教育費」を考えなければなりません。

進学先が国公立か私立かによってもかかる教育費は異なりますが、それに伴う習い事、将来お子さんが留学を志望した場合など、教育費に上限をつけるのは難しいと言えます。

毎月の住宅ローンの返済額に、将来的にかかることが予想される教育費の支出をシミュレーションすることは、子育て世代にとって必要不可欠。お子さんのためにも、備えは万全にしておきたいですよね。

「こんなはずじゃなかった」を防ぐには、住宅ローンの仕組みやその他の支出について理解をすることが大切です。約30年の長い返済期間をシミュレーションし、現実的なプランニングをすることで無理のない返済が可能に。

でも、いきなり銀行に相談するのはハードルが高いもの。そんなときはぜひ、〔エースホーム〕にご相談ください。経験豊富なスタッフが住宅ローンや資金に合わせた家づくりのアドバイスをいたします。

このフォトを投稿したユーザー

エースホームは、自分らしく、健康安全に子どもを育て、未来に向かって長く住めるMi‘Like(ミライク)で次世代の家づくりを提案します。 近年、頻発する地震や省エネ基準の強化などで、新築住宅にも高い基本性能が求められています。 住宅の性能は、後から変えることができない上に、住んだ後の暮らしの満足度を高める 大切なものさしです。 建てた後もお客さまに笑顔でいていただくために、住まいづくりの指針となる「頑丈(耐震性)」「暖かい(断熱性)」「省エネ(経済性・環境性)」「美しい(デザイン)」「長持ち(耐久性)」の5項目を設定。 住宅が備えるべき基本性能である「快適性」「安心安全性」に、「私らしいデザイン」を兼ね備えた次世代住宅を実現しました。 毎日快適に暮らせて、万が一の震災がきても家族を守ってくれる、そしてデザインにも満足できる「超抑震・高断熱デザイン住宅」それがMi‘Like(ミライク)です。 エースホームは、Mi‘Like(ミライク)で、元気な子どもが育つ家をお届けします。 ※Mi‘Like(ミライク)は、「未来」と「Like」「育」「行く」を掛け合わせた造語

このフォトのキーワード

元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)さんの人気フォト