建築/空間/子育て/子育て住宅/戸建て/一戸建て/... 《ソラマド》は、独立した子ども部屋として…

いいね数:6コメント数:0
更新日時:2019年05月14日

《ソラマド》は、独立した子ども部屋として区切るよりも、自然とリビングに集まれる間取りが望ましいと考えます。

とくに、子どもたちが小さいうちは、目が届く、声が届く、近い距離でのコミュニケーションに敵うものはありません。
そうして育んだ家族の姿が、子どもたちの記憶にも刻まれていくことでしょう。

子どもたちが成長していくにつれ、勉強や習い事などで集中しなければならないシーンも増えていきます。
そのときには本人たちの意思を尊重し、プライベートな空間を用意してあげられるといいですね!

もともと広くとってある空間であれば、大きな家具で仕切ったり、扉や間仕切りを駆使したり、子どもたちの年齢や状況に合わせていろいろな可能性が広がりますよ。

ただし、そのときもリビングを通って行き来できる導線は確保したいもの。
日常的にコミュニケーションが取れる間取りであることをお忘れなく!

このフォトを投稿したユーザー

それは"空に向かって開いた大きな窓"がある、開放感いっぱいの暮らしの器です。 「おしゃれ」で「わくわく」して「人とは違った」家づくりの向こうに、「おしゃれ」で「笑顔がいっぱい」で「自分らしい」暮らしがあります。 私たちは家づくりの楽しさをそこに住む人と共有することを大切にしています。「どんな家に住みたいか」より「どんな暮らしを送りたいか」。 また、私たちは「住まいも環境」と考えています。だから変化していくのは当たり前。 開放的で自由な空間を基本に、ライフスタイルや家族の成長に合わせて自由にカスタマイズ出来る暮らしを、提案します。

このフォトのキーワード

soramadoさんの人気フォト