天板/カウンター/御影石/手作業/漆/エッジ  キッチンの設計は細かな部分が重要です。…

いいね数:0コメント数:0
更新日時:2016年12月16日

 キッチンの設計は細かな部分が重要です。一つ一つのキッチンにそれぞれの使い方があり、その使い方に合わせてつくり上げます。
 このキッチンの天板の端部に施し数ミリの立ち上がり部分は、天板の水が下に垂れないようにするため設けました。御影石の一枚のエッジ部分を残し削り取ることで、継ぎ目のない立ち上がりが完成します。木曾にある工房で石の彫刻などを手掛ける作家により加工された世界に一つしかない天板です。

このフォトを投稿したユーザー

モリモトアトリエは、神宮の杜近くにある一級建築士事務所です。「ものづくり」の原点を大切にし、一つ一つの建築を丁寧に設計しています。敷地の持つ自然の力を活用しながら、バウビオロギー(建築生物学・生態学)の考え方を取り入れた「健康で安全」な建築をつくります。また、維持や管理をし易く、ライフサイクルコストを抑える設計にも取組み、安心して使い方続けられる持続可能な建築を設計しています。その為に古くなった建築のリフレッシュや伝統的建造物の保存修繕、耐震化など多様な建築の分野に取り組み、デザイン・機能性・有機性を取り入れた、人にやさしい建築デザインの創出に努めています。

このフォトをシェアしよう

このフォトのキーワード

モリモトアトリエ 一級建築士事務所さんの人気フォト

 壁から突き出るような階段の段板です。建築の用語では「片持ち」と言います。それぞれの段ごとに突き出しを作り、隙間を設けることで目線が通り、開放的な空間が生まれます。この階段は1枚の四角い板ではなく、手前を斜めにカットした形してより目線が通りやすい形状にし、そのコンクリートに玄関の床と同じロールカーペットを巻き込み踏み板のデザインにしました。  コンクリートでこの階段を作るのはとても大変で、工事いただいた建設会社の技術の高さが求められる作業です。施工上で技術力が求められるのは、一つは階段の付け根の壁が斜めに傾いている点、もう一つは前述の階段形状に合わせて鉄筋を配筋し、型枠を1段1段作り、水平を保ったままコンクリートを流し込むという施工作業です。我々建築家がつくる建築物はハウスメーカーのようにあらかじめ工場で量産された部材を現場で組み立てて行く作業ではなく、1つ1つ手作りで作り、そのプロセスや人の手作業の積み重ねが空間全体に集積されて、量産品では味わえない「質」が味わえるのです。この階段もコンクリートを流し込む際に型枠の傾きや圧力による変形を現場で修正しながら、丁寧に造られたものです。

いいね数:3コメント数:05年以上

 浴室とガラスで仕切られた洗面、脱衣室です。少し奥にあり窓がないため、浴室の庭と一体にした開放的な掃き出し窓からいっぱいの光を取り入れられるよう設計しました。  洗面は人造大理石で製作したカウンターの上に2つのシンクとシンプルな収納を設けてあります。洗面の演出を高めるポイントはシンプルな空間に設置されたクラシカルな化粧鏡と照明器具の存在感だと思います。この柔らかな質感と光の温かさがアクセントになり、日常の使用にリラックスできる空間性をもたらしてくれます。

いいね数:2コメント数:05年以上