エースホームのフォト

1 - 30件/103件中
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
『暮らし広がるセカンドリビング』 普通に子ども部屋にするよりも、もっと魅力的な暮らしがしたいから。 階段を上がった2階には、勾配天井を活かしたセカンドリビング。 子どもが小さいうちは、無理に仕切って子ども部屋にせず、家族みんなが使える共有スペースに。 静かで落ち着ける空間でパパやママと一緒に読書したり、勉強したり。 ほどよい距離感で家族一緒の時間を満喫できます。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
『スキップフロアの家族の癒しスペース』 半階ずれた小上がりは畳スペースなので座っても寝転んでも気持ちよく過ごせるところが魅力。 子どもと一緒に昼寝や寝転びながら本を読んだり、友達とお茶を飲みながらおしゃべりしたり、家族の憩いスペースとしてお使いいただけます。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
『スキップフロアのある家』 スキップフロアは縦の空間を有効活用でき、アクティブな遊び心くすぐられる面白い空間がつくれます。 スキップフロアのあるお家は風通しが良いのも特徴です。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
温かみのある木材や白を基調としたカジュアルスタイルが「フレンチカントリー」。フレンチカントリー調のインテリアは、フランス南部のプロヴァンス地方が由来です。 家具選びの目安は、パイン材や白、もしくは淡い水色などの家具を選び、全体的に白やパステルカラーを基調とした淡いトーンでまとめること。無垢の床材や壁とアンティーク家具とは好相性で、キュートな雰囲気に仕上がります。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
『かっこいいお家』 こちらのお家は男前インテリアでコーディネート。 無骨な雰囲気でヴィンテージ感のある、男っぽいインテリアはDIY好きな女性を中心に人気です。 エースホームではご家族のライフスタイルにマッチする、3タイプのインテリアアイテムをご用意。 上質な空間をトータルに演出します。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
『スキップフロアのある家』 スキップフロアは縦の空間を有効活用でき、アクティブな遊び心くすぐられる面白い空間がつくれます。 スキップフロアのあるお家は風通しが良いのも特徴です。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
インテリアスタイルの中でも、無骨でヴィンテージ感のある「インダストリアル」は根強い人気です。インダストリアルの代表的なアイテムは、アイアン素材を用いた家具で、アイアン素材に古材の天板を組み合わせたラックや椅子、テーブルなどが挙げられます。 例えばソファでいえば、ブラックやブラウンといった渋い色味のレザータイプ。インダストリアルはクールで男性的な印象ですが、大人っぽく落ち着いた雰囲気が魅力です。観葉植物をはじめ、シンプルなガラスの花器にグリーンを挿したものなど、ボタニカルアイテムとも相性抜群ですよ♪
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
『木を感じるダイニング』 大きな梁が出たあかるい吹き抜けのダイニング。 木製のダイニングテーブルはあたたかみがあって良いですよね。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
『スキップフロアのある家』 スキップフロアは縦の空間を有効活用でき、アクティブな遊び心くすぐられる面白い空間がつくれます。 スキップフロアのあるお家は風通しが良いのも特徴です。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
ソファとテーブル、テレビとテーブルのベストな間隔をイメージしながら採寸します。テレビボード、カフェテーブル、ソファなどの大型家具を置いたとき、その周りを人が歩く余裕はありますか? 動線を妨げてしまっては暮らしやすさも半減なので、ゆとりあるスペース作りを計画しましょう。 テレビとテーブルとの間は、あまり近すぎても見づらくなるため、80cm以上は空けるのがおすすめ。ソファとテーブルの間は30cmぐらい離すとゆったり足を伸ばせて理想的。そして、ソファの後ろは60cm以上のスペースをキープしておくと人が通るときにスムーズです。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
新しいライフスタイルとして注目されている、都市部と郊外に2つの家をもつ「デュアルライフ」。 子育て世代なら、週末は自然の中で思いっきり子どもを遊ばせることができます。海の近くならマリンスポーツを楽しんだり、浜辺でゆっくり読書をするといった贅沢な時間を過ごすことも可能です。都会の喧騒から離れ自然に触れることで、オンとオフの切り替えがスムーズに。リフレッシュ効果も相まって仕事への意欲へとつながります。 また、将来は田舎に移住したいと考えている人は、「デュアルライフ」を送ることで地域のコミュニティに参加したり、本格的な移住の前に「お試し期間」を設けることもできます。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
何かとお金がかかる子育てに対し、国や自治体では「児童手当給付金」「小児医療助成制度」などの支援を行っています。しかし、これはあくまで一時的なものであり、高校、大学への進学を考える年になると「教育費」を考えなければなりません。 進学先が国公立か私立かによってもかかる教育費は異なりますが、それに伴う習い事、将来お子さんが留学を志望した場合など、教育費に上限をつけるのは難しいと言えます。 毎月の住宅ローンの返済額に、将来的にかかることが予想される教育費の支出をシミュレーションすることは、子育て世代にとって必要不可欠。お子さんのためにも、備えは万全にしておきたいですよね。 「こんなはずじゃなかった」を防ぐには、住宅ローンの仕組みやその他の支出について理解をすることが大切です。約30年の長い返済期間をシミュレーションし、現実的なプランニングをすることで無理のない返済が可能に。 でも、いきなり銀行に相談するのはハードルが高いもの。そんなときはぜひ、〔エースホーム〕にご相談ください。経験豊富なスタッフが住宅ローンや資金に合わせた家づくりのアドバイスをいたします。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
住宅ローンの毎月の返済額をシミュレーションした際、それまで住んでいた賃貸の家賃をそのまま返済額と考えるのは危険です。 住宅購入後は登記費用や火災保険などの諸経費と維持費を合わせた「住居費」が必要になります。また、家は建てたら終わりではなく、定期的なメンテナンスを行うことが大切です。それに合わせて修繕費の積み立ても検討しましょう。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
近年、注目されているライフスタイルとして「デュアルライフ」というものがあります。都心と郊外に2つの住まいを持ち、生活を2拠点に置くことを意味する新時代のライフスタイルのことで、実践する人たちのことを「デュアラー」と言います。 「デュアラー」は、富裕層がもつ別荘とは異なり、空き家やシェアハウスを利用するのが特徴です。その住宅家形態をみると、田舎や郊外の空き家を譲り受けたり借りたりするなどさまざまです。 平日は都心にある本拠地で過ごし、週末は移動時間が2時間未満の場所にある2拠点目で過ごす……。というように、時間的にも金銭的にも負担のない範囲で賢く2拠点ライフを楽しむ方法があります。
  • 1/4

「エースホーム」でよく見られるフォト

「エースホーム」が写っている部屋のインテリア写真は103枚あります。また、住まい,インテリア,リビング,注文住宅,新築,不動産・住宅,マイホーム,一戸建て,住宅設備,住宅購入と関連しています。

さらにキーワードで絞り込む

関連するキーワード

関連するキーワードで絞り込む

関連するアイデア

人気のアイデア

商品を探す

人気のブランド

人気のランキング

気になる商品をキーワード検索