カセットコンロのフォトまとめ

1 - 17件/17件中
mamyuの画像
mamyu
ダルトンのスケールやBRUNOのブレンダーはデザイン良しで大活躍です♪ 中央のカセットコンロは最近購入しました。 冬はもちろん、アウトドアにも便利アイテム。
あんこちゃんねるの画像
あんこちゃんねる
念願だったストウブですき焼き😍 予想通りに美味しかったです✨ 大満足のクリスマスイブ🎄
あんこちゃんねるの画像
あんこちゃんねる
カセットコンロもろもろ、かさばるものをファイルボックスで縦置き収納にしたらすごくスッキリ!省スペースかつ取り出しやすくなりました✨ ファイルボックスはキャンドゥで発見。
あんこちゃんねるの画像
あんこちゃんねる
IHしか持っていなくてカセットコンロが欲しかったのでIWATANI(イワタニ)のものを購入。無印にしようと思っていたんだけど、こっちの方が安い! 見た目もシンプルで申し分なし👍 今夜はこれですき焼き!
Minaの画像
Mina
カインズホームでカセットコンロ用ケースを購入しました!持ち運びに便利な取っ手付きで、ボンベを入れておけるサイドポケットもあります✩保管しやすくなりました( ¨̮ )
みぃの画像
みぃ
息子の学校の課題、今週はなんと調理実習が😱 卵を茹でる じゃがいもを茹でる 青菜を茹でる 「茹でる」ばっかり😅 という事で、ポテトサラダとお浸しになりました~✨ 息子が頑張った甲斐あって、美味しいおかずが出来ました😊 そんな今日の夕飯は、息子リクエストのたこ焼きパーティー🐙 先日購入した、カセットコンロ用のたこ焼きプレート初登場! こちらも美味しく出来ました😋
NOIRの画像
NOIR
おうち時間どのように 過ごされてますか 最近のわが家は料理三昧で過ごしてます。 普段IH使用ですが 作り置きおかずの事もあり コンロが必要な時は アラジンのヒバリンを 活用中 キャンプでも大活躍する一品です。
nsianeoの画像
nsianeo
10年使用してきた無印のカセットコンロから新調しました。今度はイワタニのエコプレミアムに。たかだかカセットコンロですが、新しいモノはやっぱり使うのが楽しみです。
nico8の画像
nico8
今日の夜ごはんは ベランダで焼肉にしました🍖 炭をおこすのはめんどーなので サクッとカセットコンロがらく♬ メインは次男の提案で マシュマロ焼きです😋 (そっち!?笑)
nsianeoの画像
nsianeo
カセットコンロってどうして専用ケースがないんだろう。いちいちダンボールにしまうのも嫌だし、考えに考え抜いて今はコレ。 無印のスタンドファイルボックスにピッタリ収まります。
整理収納アドバイザー鈴木久美子の画像
整理収納アドバイザー鈴木久美子
冬の間に大活躍のカセットコンロの収納です。 週1回のペースで使っています。 今はもう少しスリムな物もありますが、これは私が1人暮らしをはじめた時からの17年選手です。
akane.cn20の画像
akane.cn20
カセットコンロを持っていなかったので防災用としてこちらを購入しました😀シンプルデザインで気に入りました♡防災用意外にも使ってみようかな♫
思考の整理収納塾  田川瑞枝の画像
思考の整理収納塾 田川瑞枝
買ってよかった!100均アイテム。 ダイソーのスタンド付き焼き網です。 カセットコンロにピッタリでした。アルミホイルを敷いて使うと汚れもつきませんよ。
aphroditeyukoの画像
aphroditeyuko
我が家の食器棚の上☝︎ ☑︎カセットコンロ ☑︎ガスボンベ ☑︎キッチンペーパーstock ☑︎電磁調理器 入れてます。 電磁調理器本当に使わないです。 処分しなければ…ですね☺︎
びーちママの画像
びーちママ
カップボード収納 吊り戸棚に入れている無印ラタンボックスの中は災害時に使うコンロなどが入っています。
みちゅの画像
みちゅ
年期の入ってきたカセットコンロ 焦げ汚れが落ちなくなってきたので やっと買い替えました😊✨✨ ずっと素敵だなと思っていたIwataniのカセットコンロ✨✨ やっぱりカッコイイー❣️ カクカクしたスタイリッシュがお気に入りです。

関連するキーワードのフォト

うっちーの画像
うっちー
ガスコンロは業務用です。家庭用のガスに繋げられますので、グリルが不要なお方にはぴったりですね。耐久性も良し。
makotokoの画像
makotoko
今日は久々の休みでリメ缶しまくり🥫いや〜楽しかったぁー😄
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~肉と野菜の茹でもの。~ 次男・長女・ぱぱ「せーのっ!いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!」 ぱぱ「今日あった事教えて。」長女「テストが嫌だった!」ぱぱ「何のテスト?」長女「算数」ぱぱ「何で嫌なん?」長女「出来なかった。」次男「0点だろ!」長女「0点じゃないよ!」次男「じゃあ~何点だよ!」長女「まだ帰ってないし」ぱぱ「何点ぐらいなん?」長女「10点かなぁ~」ぱぱ「まあまあやん!ぱぱが小学1年生の時、初めての算数テスト0点や!」次男・長女「えっ!ほんとに⤴」ぱぱ「おぉっ!ハッキリ覚えとる。足し算で、答え全部分かったんやけど、答え書く場所が分からんで、でも誰にも聞けんで、時間ばっかり経ってもうて、恥ずかしくて先生にも聞けなくて、時間無くなって、白紙で出したんや。」次男「さーたん(ばーちゃんのあだ名)に怒られた?」ぱぱ「ううん全然。だってそのテスト、さーたんに見せてへんから。」次男「なんで?」ぱぱ「ばれんように近所の誰かの畑に埋めたんや。家の周りは田んぼと畑ばっかりやったから、いくらでも埋めたわ~」ぱぱ「でもな、一回バレたんや。」長女「畑の人が見つけたんでしょう?」ぱぱ「ちゃうんや、何回も人ん家の畑に埋めるん面倒になってきて、手っ取り早く、自分ちのプチトマト作ってた家庭菜園に埋めてもうたんやけど、それはさすがにばれてもうたな」。長女「何でばれたの?」ぱぱ「さーたんが畑たがやしたら出てきてもうたんや」次男「そー言う事か。」ぱぱ「だからそれ以来、畑には埋めんようにしたわ~、めっちゃ細かくビリビリに破いて、ドブ川に捨てるようにしたんや。それからは全然バレへんかったけどな~」次男「さーたん怒ったでしょ」ぱぱ「やいとされそうになったわ」次男「やいとって何?」ぱぱ「熱くねっした針を膝に押し付けるんや」長女「熱かった?」ぱぱ「隣のおばちゃん家に逃げ込んだわ。そこで晩御飯食べて帰ったわ」次男・長女「??」ぱぱ「そやけど暫くは、さーたんに「テスト埋めてないか!」「先生に聞くよ!」って聞かれまくってたけどな。その度に「返してもらってない。」つて言い切っとったわ~。ほんとは返してもらっとったけどな。でもいつかばれるんちゃうかと思って、ぱぱ、結構緊張した小学生生活送っとったんやで~。」https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル   
nsianeoの画像
nsianeo
10年使用してきた無印のカセットコンロから新調しました。今度はイワタニのエコプレミアムに。たかだかカセットコンロですが、新しいモノはやっぱり使うのが楽しみです。
nico8の画像
nico8
今日の夜ごはんは ベランダで焼肉にしました🍖 炭をおこすのはめんどーなので サクッとカセットコンロがらく♬ メインは次男の提案で マシュマロ焼きです😋 (そっち!?笑)
思考の整理収納塾  田川瑞枝の画像
思考の整理収納塾 田川瑞枝
買ってよかった!100均アイテム。 ダイソーのスタンド付き焼き網です。 カセットコンロにピッタリでした。アルミホイルを敷いて使うと汚れもつきませんよ。
room workの画像
room work
防災用に買ったカセットボンベストーブ。 停電を想定して購入しました。 カセットコンロで使い切れないボンベを使い切るにもgoodです!
びーちママの画像
びーちママ
カップボード収納 吊り戸棚に入れている無印ラタンボックスの中は災害時に使うコンロなどが入っています。
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~ハム焼きと残り物。~ 次男が家を出ていきました。晩御飯の支度時、次男にスライサーを使ってキャベツの千切りを頼みましたが、キャベツの芯の所を中心にスライスしたので、千切りにはならず、とても食べれるものではありませんでした。過去に子供達には何度も手本を見せていたのですが・・・。 ぱぱ「何でこんなんになるんや!葉っぱの方向を考えてスライスしろってゆうてるやろ! いっつも人の話ぼーっと聞いとるからこうなるんやろ!」次男「しっかり聞いてるし!べつにおかしくないし!食べれるし!パパがこうやれって言ったやろ!」 ぱぱ「パパがこうやれって言ったやと?言う訳ないやろが!嘘つくな!言い訳すなや!今までこんな千切り作ってないやろが!こんな平らな千切りくえるかい! 」次男「むかついた!僕ご飯食べない!」ぱぱ「おう!食べんでええわい!」 次男「誰がこんなもん食うか!」ぱぱ「てめえ出ていけ、出ていけや!帰ってくんなワレー!」そして次男は躊躇することなく出ていきました。私は、ドアのかぎを閉める音が、次男に聞こえるように、わざと、勢いよく、雑に締めました。 そして、長女にスライサーでキャベツの千切りを教えました。長男は今日も塾です。長女・ぱぱ「いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!」 次男が出て行ってから30分経った頃。 「反省したなら入っていいよって、兄ちゃんに言ってきて。」と長女に言いました。 「パパ~ 兄ちゃん、廊下にいないよ。」 「そう。じゃあ~いいや。カギ開けといて。」 更に30分ぐらいすると、「カッチャッ」と玄関ドアノブを動かす音が、微かに聞こえました。 急いで玄関ドアーを開けると、そこに次男がいました。 ぱぱ「反省したなら入ってこいや。」次男は無言で入ってきました。 ぱぱ「ご飯の量、普通でええか。」 「うん。」 「ほら、キャベッの千切りや、おまえのと全然ちゃうやろ。」 「うん。・・・僕、自分で作った千切り食べる。」 「えっ?・・・そうか。じゃー食えや。」 次男は、私と長女が作った千切りは食べず、自分でスライスした、少し乾燥しかけてる平たい千切りを、なぜか味噌汁に浸して食べつくしました。 頑固な奴。 しかし、自己嫌悪が私を襲います。父親歴15年ですが、全然まだまだ私は、発展途上人間です。 https://striy48sattopanel.jimdo.com コンロ専用パネル
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~ 鳥ももの照り焼きと、たまご汁 。~ あれっ?「照り焼き」どうやって作るんだっけ? 最初は焼いたかな?それも・・いきなり煮てたかな?忘れちゃったよ⤵ 確かブリの照り焼きの時は、焼いた覚えあるから、肉も一緒かな? よしっ!まず焼こう。あっそうだ!肉厚ある所は確か観音開きしてたよな? そやけど面倒やし時間かかるから、切れ目だけ深めに入れとこっと!鳥の皮もホークで突いてた記憶あるけど面倒やから切れ目入れるだけでええわ! 醤油、ミリン、酒、砂糖の分量どうやったかいなぁ~これも適当でええわ! なんか、茶色やなぁ~、少し、彩ほしいなぁーそや!確かネギが幾らか余っとったな! それ使おっと!たまご汁もそろそろええかな お~いガキども~そろそろできるぞ~キャベツの千切りお願いね~ https://striy48sattopanel.jimdo.com コンロ専用パネル
匠ガーデンの画像
匠ガーデン
アンティークレンガを使ったバーベキュースペース。バーベキューコンロに作業台、ピザ窯、ガーデンシンクを備えています。
akane.cn20の画像
akane.cn20
カセットコンロを持っていなかったので防災用としてこちらを購入しました😀シンプルデザインで気に入りました♡防災用意外にも使ってみようかな♫
みぃの画像
みぃ
息子の学校の課題、今週はなんと調理実習が😱 卵を茹でる じゃがいもを茹でる 青菜を茹でる 「茹でる」ばっかり😅 という事で、ポテトサラダとお浸しになりました~✨ 息子が頑張った甲斐あって、美味しいおかずが出来ました😊 そんな今日の夕飯は、息子リクエストのたこ焼きパーティー🐙 先日購入した、カセットコンロ用のたこ焼きプレート初登場! こちらも美味しく出来ました😋
coloriage.anの画像
coloriage.an
カインズホームでカセットコンロ用ケースを購入しました! パッと見、ビジネスバッグかと思うほどシンプル! 我が家のイワタニのカセットコンロフー達人も入りました✨ このケースがあれば、カセットコンロを『立て収納』出来ます✨
なっかんの画像
なっかん
昨晩はシーチキン丼でした。 非常用の食料として備蓄していた缶詰でしたが、 賞味期限が近づくと、我が家の晩御飯になります。 ちなみに昨晩の缶詰は、東日本大震災のすぐ後に購入した物でしたが、 缶に錆びや液漏れ、膨張はなく、ふたを開けて恐る恐る一口食べてみましたが、 味も風味も全く問題ありませんでした。 念のため時間をおいて体の様子を見てみたが、異常は発生しなかったので、 「これはいける!」と判断し晩御飯になりました。 子供たちは皆、「おいしい! おいしい!」 と完食でした。 一応、毒消しのつもりで入れた大場が、味のアクセントになっていて おいしかったです。もちろん翌日、子供たちは皆元気に学校へ行きました。 日本の缶詰技術のレベルの高さに感心しました。 https://striy48sattopanel.jimdo.com コンロ専用パネル
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~お気に入りの空間~ 2週間に1度は訪れる私のお気に入りの空間です。 木のベンチに腰掛け、周りの緑や水流をしばらくの間、 ぼーっと眺めています。 サボっているのではありません!英気を養っているのです! 会社の関連施設なのですが、私以外は誰も来ません。 建物の地下1階にあるのですが、上部が解放され空とつながっている為、開放感あります。 この場所にもちゃんと、春夏秋冬が訪れてくれるので、とても地下空間とは思えません。 私だけのお気に入りの空間です。 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル  
なっかんの画像
なっかん
      ~空高く青し秋。~           彩葉 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル  
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~ 鳥ももの照り焼きと、たまご汁 。~ 次男・長女・ぱぱ「せーのっ、いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!!」 ぱぱ「学校であった良かった事、嫌だった事教えて?」 次男「ん~うれしいけど嫌な事があった。」 ぱぱ「なんじゃそりゃ?」 次男「大縄跳び大会のクラス代表に選ばれた。」 ぱぱ「へ―すごいじゃん、で、何が嫌なん?」 次男「12人で一緒にジャンプするんだけど、僕一番端っこだから嫌なんだよな~」 ぱぱ「端っこって、大縄回す人の真ん前ってことか?」 次男「そうだよ」 ぱぱ「何でそれがいやなん?あっ!大縄回す女子の事が好きだとか?」 次男「違うよ!男子だし」 ぱぱ「じゃぁ~一番端っこちゅうことは、もしかして飛ぶ縄の高さが一番高くなるってことか?」 次男「いや、それは無い。」 ぱぱ「・・・あっ!なるほど。背が一番ちっちゃい奴が一番端っこに配置されるわけやな?」 次男「そう。」 ぱぱ「背が大きい奴ほど゛真ん中で飛ぶわけやな。」 次男「そう。」 ぱぱ「そりゃ仕方ないやろ~、その配置の方が大縄跳びするうえでは、有利やからなぁ~」 次男「そうなんだけど・・・。」 ぱぱ「背ちっちゃい事が嫌やと感じるんは、お前の自由やけど、そんなこと気にしてジャンプしとったら縄に引っかかってまうぞ!」 ぱぱ「前も言うたやろ、イケメンで背高い奴よりブサイクで背ちっちゃい奴の方が、意外と将来、出世しとるんやで~」 次男「僕、ブサイクやないし、パパよりイケメンやし。」 ぱぱ「そりゃそうだ! 失っ礼ぃーしました!」 長女「ホントだよ!パパはいつも失礼だよ!」 ぱぱ「そうかな~まぁーええわ。ほら!肉ばっかり喰うな!ネギも喰えよ!」 長男は塾の冬期講習が始まり朝からいません帰りは22時です。 https://striy48sattopanel.jimdo.com コンロ専用パネル
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~お好み焼き。①~ (お好み焼き②に続く。)  焼き終えた1枚目のお好み焼きは子供たちに引き渡し2枚目焼いてる真っ最中。辺りを見回せば、ソファーに深く座りぽかんと口開けテレビにくぎ付けの長女。私の背後の食卓では、焦げて黒に近い茶色のお好み焼きに、ぶっとい白丸1つ、マヨネーズで描く長男。その横ではソースかける頃合いを次男がうかがっている。私は鼻歌を歌いながら前に向き直し、お好み焼きの上にブタ薄切り肉を隙間なく敷き詰める。「パパ~僕たち先に食べてもいい?」と、私に聞いてくる長男。私は再び振り返りソース塗り終わる次男を見る。ぱぱ「おう!かまへんよ!パパまだ食べれへんから3等分にせいよ~、鰹節とあおさ忘れんなよ~、あれぇ!麦茶全然足りへんやんか!昨日の晩、麦茶作っとけってお前に言ったよなぁ!」長男「僕、ちゃんと作ったよ。」ぱぱ「じゃぁ~入れた水が少なかったんとちゃうか?」長男「なみなみ入れたよ!」ぱぱ「じゃぁ~なんで無いねん?」次男「長男ちゃんとなみなみ入れてたよ、僕がのど乾いたから晩ご飯の前にたくさん飲んじゃった。今日、暑かったし、仮入部でいっぱい走ったから」ぱぱ「ふ~ん、分かった、じぁ~パハは水道水でええわ、今日から冷水ポット2本にするか!」そう言って再び前に向き直ると、お好み焼きから煙が出ていた。急ぎ、フライパンを右手で持ち水平に円運動させると、そのフライパン中で優雅にワルツを滑るお好み焼き。「その時が来た!」そう悟った。何度経験しても緊張する瞬間だ。フライパンを左手で持ち直す。手のひらサイズの先っぽ少し焦げた樹脂製のヘラは右手で持ち、お好み焼きとフライパンの間にスッと差し入れる。そして、ひざを軽く折り曲げ腰を落とし、体全体で少し上下してみる。失敗しないコツ、それは思いっきりのよさと足腰のバネを使うこと。準備は整った。ぱぱ「さぁぁ~今から、ひっくり返すぞぉ!お前らぁ⤴よ~く見とけよ!」長女「何?それって自慢?見ないから!」長男「パパ⤴僕たち先に食べるからね~」ぱぱ「やかましいわぃ!話しかけるな!お前ら~よ~く見とけよ⤴いくぞおぉぉ⤴そおぉぉ⤴りゃぁぁぁ⤴」長男・次男・長女「せーのっ!いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!!」長女「見てないから!」  https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル  
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~自家製から揚げ。~ (次男は遊び疲れて寝てます。) 長男・長女・ぱぱ「せーのっ!いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!!」 長男「今日のから揚げいつもと違う、何か変えた?」ぱぱ「そんな事より、お前と晩飯食うの久しぶりやな!」長男「そうだね。」ぱぱ「お前なぁ~、久しぶりやのにうれしないんか!」長男「別に、毎日合ってるし」ぱぱ「お前には感動がないんか?ぱぱはこんなにもうれしいのに、だからチューしてあげる♡」長男「やめて!パパやめて~おい!やめろ⤴長女~助けろよ!」(長女ニヤニヤ)ぱぱ「動くな!じっとしろ!どこにしてほしい?ほっぺかオデコかそれとも口か!黙っとったら口やぞー」長男「ほっぺに、いやオデコにお願いします⤵」ぱぱ「良⤴し」(ブッチュー♡)長男「うわーっ!本当にキスしやがった!キモ⤴、つば付いたークッサ⤴」長女「ぱぱ変態!」ぱぱ「こら!唾拭くな!おい長女!やっぱり次男起こせ!みな揃って晩飯喰うぞ!」長女「次男~起きて!パパ⤴起きないよ」ぱぱ「カンチョーしたれ!」長女「いいの♡」ぱぱ「許す!」長女「エイッ!」次男「やめろ!お前うざい!殴るぞ!」長女「パパ⤴次男がブツタ⤴」ぱぱ「てめー!俺様の大事な長女ちゃんに手ぇー出しやがって許さん!お前もキス攻撃や!」次男「来るな!やめろ!」ぱぱ「コラッ!動くな!おとなしくせー!」(ブッチュー♡)長男・長女(ニヤニヤ)次男「こいつ、ほんとにしやがったよ、キッモー、バカじゃん!」ぱぱ「おい!お父さんに向ってバカって言うな!もう一回キスじゃ~」次男「分かった!起きる!でも絶対に食べないし!うぉー!唾ついてるし、クッサ~」ぱぱ「なんでお前らいちいち臭い嗅ぐんや?それ以上クサッって言うと顔舐めんぞ!さっさと席座れ!」ぱぱ「皆さ~ん揃いましたね!さぁ~手~合わせろ!」 長男・次男・長女・ぱぱ「せーのっ!いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!!!」」「あっ!写真撮り忘れた!」長男「パパ~今日のから揚げいつもと違うね」ぱぱ「そやろー油で揚げたんやウマいやろ!」長男・長女「うん、おいしい⤴」ぱぱ「次男!お前も喰え!」次男「絶対食べないし!」ぱぱ「寝起き悪いやっちやな~もう一回キスしたんぞー」次男「今度やったらぶっ飛ばす!」ぱぱ「オォッ!ぶっ飛ばしてもらおぅやないか!逃げんなよ!」次男「来るんじゃ~ねー!やめろ⤴」(ブッチュー♡)
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~泣き時計。~ 今から随分前の事。 いつもの朝、3人乗り自転車で、長女は前かご、次男は後ろのイスに座らせ、子供達を預けに保育所に向って、閑静な住宅街を縫うように颯爽と走り抜けていた時の事、どこからともなく、鳥の鳴き声がした。ここら辺では聞いたことない鳴き声だったので、強めに左右のブレーキを握った。「ギューギュー」と自転車の大きな鳴き声が住宅街に響き渡った。自転車が止まる直前、前のめりになった身体が真っ直ぐな姿勢に戻る瞬間、ペダルに乗っけてた両足の裏をベッタリと地につけた。私達が乗った自転車はアスファルト舗装された道の真ん中で止まった。私は、耳を澄ました。そして後ろを振り向いた。鳴き声は、少し通り過ぎたところにあるゴミ集積所から聞こえている。 「鳥が泣いてるね。」と私の背後から次男。 「そうだね~たぶん、ゴミ捨て場の方だよ。」と私。 長女は無反応だった。 3人とも自転車に乗ったままで、私の足の裏全体でアスファルトを交互にゆっくり蹴りながら転ばぬ様に注意深く自転車をUターンさせ、ゴミ捨集積所に近付いた。 その日は、粗大ごみの日だった。集積所には、昔流行ったアニメのシールが所狭しとベタベタ貼られた黄緑色の3段カラーボックス、子供が部活で使ってたのであろう、持ち手部分のラバーがボロボロ剥がれる程に使い込まれたテニスラケット数本、また、主を失ったいかにも高級そうなガラス製の灰皿たち等が、うず高く積まれていた。それらの品々に交じって、鳴き声の主たちは泣き続けていた。私は腕時計を見る、午前8時ちょうどだった。「だから鳴いてるんだ。」と思った。「このまま見捨てるにはもったいないなぁ~」しかし、勝手に持ってけば罪になること百も承知。どうしょうかと思案してたまさにその時、「私たちまだ鳴ける!捨てないで!」と、この小鳥たちに泣いて頼まれてしまった。それっきり彼らは黙り込んでしまった。おそらくこれが8回目のお願いだったのだろう。私は、辺りをキョロキョロ、誰もいない。雨もそろそろ降りそうだった。仕方がないので我が家で一時保護することにしてやろう。 あの日から随分経ったが、小鳥たちは未だに私の部屋から飛びたたず、正確に時を鳴き声で教えてくれる。「お~い、お前ら!いつまで居るんだよ~、早く飛んでけよ~」 https://striy48sattopanel.jimdo.com コンロ専用パネル
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~キャペッの千切り。~ 我が家ではキャベツの千切りは、子供たちの仕事にしました。 ぱぱ「おーい!ガキども~キャベツ千切りお願いね⤴」 次男・長女「は~い。」 ぱぱ「キャベツ1/4ぐらいでいいかな。ほれ!」 ぱぱ「キャベツ芯、スライスすんなよ!この前みたいな平べったい千切りは許さんぞ!」 次男「わかった!パパ~キャベツの芯、とっといてね~」 ぱぱ「おっ!少しは進化しましたね~」 ぱぱ「指までスライスすんなよ~」 ぱぱ「おい!長女~、お前はなんで寝てるの?」 長女「寝てないよ!ちゃんと千切りできてるのか監視してるのよっ!」 ぱぱ「そりゃー失っ礼~いたしまぁ⤴した⤴~」 次男「ぱぱ~葉っぱがバラバラになったよ~もうこれ以上はスライスできないよね?」 ぱぱ「パパに貸してみー!そういう時は、残った葉っぱを集めて・・・ギュゥット丸めて・・・こうして筒状するんや!こうすればもう少しだけスライスできるやろが~考えろやー」 長女「パパー!指ギリギリだよ!気を付けてね」 ぱぱ「おおっ! サンキュー」 ぱぱ「もうこれ以上スライスできんから、あとは、包丁でみじん切りじゃ⤴」 ぱぱ「よっしゃー!できた!」 ぱぱ「じゃ~この千切り、ワンプレートに乗っけといてくれ!」 (一緒にキャベツの千切りした事、子供たちは遠い将来も覚えてくれてるかな?) https://striy48sattopanel.jimdo.com コンロ専用パネル
hanaの画像
hana
キャンプ キャンプ キャンプ
一級建築士事務所Bois設計室の画像
一級建築士事務所Bois設計室
魚焼き器の無いコンロ。普通はコンロの下は魚焼きグリルがついていますが、無いタイプのコンロもあります。画像の様にコンロのすぐ下を引き出しにする事も出来ます。
aphroditeyukoの画像
aphroditeyuko
我が家の食器棚の上☝︎ ☑︎カセットコンロ ☑︎ガスボンベ ☑︎キッチンペーパーstock ☑︎電磁調理器 入れてます。 電磁調理器本当に使わないです。 処分しなければ…ですね☺︎
あんこちゃんねるの画像
あんこちゃんねる
IHしか持っていなくてカセットコンロが欲しかったのでIWATANI(イワタニ)のものを購入。無印にしようと思っていたんだけど、こっちの方が安い! 見た目もシンプルで申し分なし👍 今夜はこれですき焼き!
みちゅの画像
みちゅ
年期の入ってきたカセットコンロ 焦げ汚れが落ちなくなってきたので やっと買い替えました😊✨✨ ずっと素敵だなと思っていたIwataniのカセットコンロ✨✨ やっぱりカッコイイー❣️ カクカクしたスタイリッシュがお気に入りです。
整理収納アドバイザー鈴木久美子の画像
整理収納アドバイザー鈴木久美子
冬の間に大活躍のカセットコンロの収納です。 週1回のペースで使っています。 今はもう少しスリムな物もありますが、これは私が1人暮らしをはじめた時からの17年選手です。
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~自分で・サンドウィッチ~ 長男・次男・長女・ぱぱ「せーのっ!いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!!!」 ぱぱ「お~い、ハムばっかし喰うな!レタス喰え!ハム1枚にレタス2枚や!」次男「パパ⤴レタス大きすぎるよ~どうすればいい?」ぱぱ「手でちぎって喰いやすい大きさにしろや!そんなんいちいち聞くなや!」長女「パパ⤴ハム1枚じゃ味しないよ~、4枚入れてもいいですか?」ぱぱ「んん~、2枚にしとけ!」長男「パパの前にあるの何?」ぱぱ「コンビーフや」長男「何それ?」ぱぱ「知らんのかい?肉の缶詰や」長男「変なにおいするね」ぱぱ「東日本大震災の時に買った非常食や、めっちゃ古いけど、味見したから大丈夫や!」長男「何の肉?」ぱぱ「知るかい!お前も喰うか?」長男「うん食べる。」 ぱぱ「これは、トースターで焼くからちょっと時間かかるぞ、かまへんかー?」長男「いいよ」ぱぱ「おい!そこのマヨネーズ取ってくれ!卵焼き食べろよ!ぱぱのお手製やぞ!全然食べてへんやんか!」長女「この卵焼き味しないですよ~」ぱぱ「だから何やねん?その卵、濃厚やから味付してへんけど、どうや!いつもの卵と違って濃厚な味やろ?」二男「別に~ケチャップ付けてもいいですか~」ぱぱ「そんなん自分で決めろや!いちいち俺に聞くな!」二男「だってぱぱ、勝手にマヨネーズかけたら、まずは何もつけずに食べろって怒るでしょ!」ぱぱ「怒ってへんわ!おいしい食べ方を教えてやっとるんや!」ぱぱ「おい!そこにバナナ置いた奴誰や?バナナ挟む気か?」長女「違うよ!パパ、いつもデザート置いてるでしょ?だから置いたんだけど?」ぱぱ「それはどうもお気遣いありがとうございます。」ぱぱ「おいっ!長男!お前バナナ、パンに挟んで喰え!」長男「いゃだね」ぱぱ「あぁっ!!!しまった~忘れとる~」二男「なんだよ~」ぱぱ「ポテトサラダ!冷蔵庫に入れっぱなしや!なんか忘れてると思っとったら、お前らに食べさそう思って昨日の晩に創っといたのに。チクショー!お前ら~今からポテトサラダ食えよ!」長男・二男・長女「無理、お腹いっぱ~い」ぱぱ「そんなこと言うなよ!せっかく創ったのに。お前ら、パパのお手製ポテトサラダ大好きやろ!」長男・次男・長女「そーでもない。」ぱぱ「・・・さよか~。」 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル 
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~トンペイ焼き②。~ ①の続き。 「だから・・僕は、分かったって言ったんだよ。なのに、パパがまた聞いてきたから・・」「ちゃうやろが!お前が分かったって言った後に、俺が!本当に分かったんか?ってお前に聞いとんのに、お前は俺を無視したんやぞ!どういうつもりや!」「分かったって何度も言うのめんどくさい。一度、分かったって言ったんだからもういいでしょ。」と、淡々と答える次男。「その考え方がおかしいやろが!反省した者の考え方とちゃうぞぉ!」と、怒鳴る私。「・・・。」黙ったまま私を見上げる次男。「パソコン落ちて壊れたらどないするつもりや!」「・・・。」黙り込む次男。「パパが金出して新品買えばいいって思っとるんやろが!」「思ってないよ!」「じゃぁどないするつもりや。」「僕が弁償してやるよ、そしたら文句ないだろう。だから今日もパソコン使うから。」「ぬかせボケ⤴どこにそんな金あんねん?」「銀行にあるよ!」「アホかお前は、それはお年玉貯めたやつやろが!」「僕のお金なんだから、何に使っても自由だろ!」「アホか!そんな事に使う為の金とちゃうわ。」「僕が管理してるんだよ!何に使うかは僕が決める!」「違う言うとるやろが!お前が中途半端に置いた為に壊れたパソコンの修理代の為に、ジジババや俺は、お前にお年玉くれてへんぞ、お前の将来に役立つ為にって想いを込めてお前に渡しとるんやぞ!お前はその想いを自分のだらしない性格の穴埋めに使うんかい!あ゛⤴」超~怒鳴る俺。「ウザッ!」と、下を向いた次男が、小声で吐き捨てるように言い放った。 「おのれ今何いうた!!」二男の左頬に、ビンタ3,4発思いっきりくらわした。すっ飛んだ次男のメガネが壁に当たってフローリングの床に落ちるのを見た。びっくりした目で私の目を凝視する次男。 「パパ!暴力反対!」と叫ぶ長女、気づけば私のすぐ横にいて、私の右手をしっかり掴んでいる。長男は視界に入ってこない。「それ犯罪だから!パパは僕を殴って、僕の基本的人権を無視したんだからな!明日先生に言うから!そしたらパパ警察に逮捕されるから!」涙目の次男が、震える声で私に向かって、真っ直ぐに言い返してくる。 ~トンペイ焼き③~へ続く。  https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル 
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
 ~手作りハンバーグとサバの塩焼き。~ 次男・長女・ぱぱ「せーのっ!いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!!」 二男「パパーこれだよ!僕たちが食べたかったハンバーグは!」 長女「そうだよ!これがいいんですよ♡」 嬉しそうにハンバーグ食べる子供達 ぱぱ「さよか、それは良かった。足らんかったら長男のハンバーグも喰ってもええぞ。」 長女「長男のハンバーグ無くなってもいいの?」ぱぱ「まだあるから大丈夫♡」 実は2,3日前にも、お湯で温めるだけのハンバーグを出したのだが、子供達から猛反発を受けた。 「パパの手作りハンバーグが食べたいんだよ。作ってよー」と、3人ともが言うので、リクエストに応えた。 私が晩御飯創りに携わり始めた頃は、ひき肉とパン粉から作る手作りハンバーグだったが、仕事で帰りが遅くなることが多いいので、ついつい、時間のかからないお手軽ハンバーグを買うようになっていった。その事が、子供たちにとっては随分不満だったようで、私が鍋で、ハンバーグをグツグツ温めている姿を見ては、「なんだ⤵温めるハンバーグか⤵これ嫌だっていつも言ってるのに、も~う⤵今度作るときは、パパの手作りハンバーグにしてよね~」と、がっかりさせていた。その都度、「ま~そう言うなって!このハンバーグだって、ちゃんとした企業が作っとるんやからな!パパのハンバーグよりもずっとおいしいぞ!」と、私。「そんなことない!パパのハンバーグの方がおいしい!今度はパパ創ってよね~」と、言ってくれてた子供たち。 しゃ~ないなぁ~、続ける自信はないけども、今後はなるべく、早く帰宅して、手作りハンバーグを創ってやろうかなっと! 只今、夜の8時35分。長男は朝から友達と遊びに行ったきりで、晩御飯の時間になっても戻ってこない。考えてみたら、我が家には門限が無い。無いと言うより、門限を作っていない。だからと言って、いつまでも遊んでいてもよいはずがないって常識があいつには無いのかっ!今日帰ってきたら少し「喝!」を入れてやろう。 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル 
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~餃子とゼリー②~ 俺に迫られ、ベランダに出て行った次男。夏ならほっとくが、冬はそうはいかない。仕方ないので「反省したら入って来いって言ってきて!」と、長女に頼む。「分かった!」と長女。十秒もかからず戻ってきた長女「なんか言ってたか?」「何も言ってなかった~」「ちゃんと伝えた?」「伝えたよ!」それから5分程たったが、次男はまだ外だ。当然だ、次男にも自尊心がある。次男にとっては理不尽な理由でベランダに出されたのだから。入ってこいと言われてホイホイと入ってくるような男ではない。ベランダに出てから15分程経った。再び長女に頼む「入ってこい、って言って来て」、「分かった!」責任を感じてるのか、ダッシュでベランダへ向かう長女。「言ってきたよ~」・・・20秒程して、次男がそ~つと入ってきた。私とは目も合わさず、また、食卓にもつかず子供部屋に入ろうとする次男。「おい、待て!」と、次男を呼び止める私。「お前が、先に口撃をやめた事。そこはパパ褒めたる。」「長女よ!兄ちゃんが我慢してやめたのに、お前はまだ続けた、それはダメよ!わかる?」「わかる~」「でもパパはお前を怒らず次男を怒った。なんでかわかる?」「次男がぁ~あたしに~しねって言ったから!」「それもあるけど、それだけじゃないよ。おい!次男分かるか?」「・・・お兄さんだから」「そうや!お前と長女ちゃんは、友達と違うんやで、3つも歳の離れた兄弟やで、同じと違うんやで!2人の間でお互いどうしても譲れない事があった場合は、まずはお兄ちゃんが我慢して妹に譲ってやるんや。いっつも言ってるやろが、余裕あるほう、人間的に勝っている者の方が我慢してあげる事。余裕ない奴は、所詮我慢等できへんのやからな!これはパパが決めてる事。パパのルールや!次男は、長女よりも全て勝ってる。でも次男は我慢できずに言い返した、それもひどい言葉で、ぱぱのルールを破った。だからパパは次男を怒ったの。わかる?」「分かる~」「長女~お前は兄ちゃんたちに守られるんやぞ、その事ちゃ~んと理解しろよな」「分かった!」と真顔の長女。「はい!これでおしまい。次男よ~飯の続き食べろよ!」「僕、ご飯いらないから。」「さよか、好きにせい」こうして次男は子供部屋に入り、ドアーをゆっくりと閉めた。 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル   
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~田んぼの想いで。~ 仕事で車移動する時は、少し遠回りしてでも、田んぼに立ち寄る。 小学2年生頃までは、家の前の田んぼで、近所の子達としょっちゅう遊んでいた。田んぼは、季節ごとに様々な風景を見せてくれた。私の田んぼの思い出を書き連ねます。 春: 咲き乱れるレンゲ草やシロツメクサ(まるで絨毯のよう)、田起こし(ブ~ンと土の匂いがする)、エサをついばみに来る鳥たち、田んぼの土で団子を作る。 初夏: 用水路に魚(メダカ、オタマジャクシ、ドジョウ、タニシもいた。)が泳ぐ、代かき( 泥水がコーヒー牛乳の様に見えた)、田植え。 夏: スクスク伸びる青稲、青田風、夜中のカエルの大合唱、辺り一帯が白くなるほどの農薬散布(母は、頭が痛いと言っていた。当時はそれが当たり前だったが、今なら大問題)、ザリガニ取り。 秋: かかし、頭垂れ黄金に色づく稲穂、稲刈り、脱穀、藁を束ねて積み立てる三角(藁の臭い大好き、突撃してよく壊していた。)、藁焼き(最近は見なくなった。) 冬: 稲株踏み(足の裏で感じるザクザク感が気持ちいい~)、凧揚げ。 田んぼにいると、昔を思いだし、優しい気持ちになれる。 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル   
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~麻婆豆腐~ 長男は、本命高校を受験しました。その晩の会話です。 長男・次男・長女・ぱぱ「せーのっ!いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!!!」 長男「俺、自由だわ~」次男「何?俺も自由だよ!」長男「俺とお前の自由は違う!」ぱぱ「ど~違うんだよ?」長男「次男のは、ダラダラした自由だけど、俺のは、シッカリした自由だよ!」ぱぱ「受験から解放されて、心が晴れやかだから、そう感じるんやろな~」次男「俺の自由の方が長男の自由よりシッカリしてるし!」長男「何言っちゃってんの?俺の自由の方が・・・」長男発言を遮るぱぱ「お前らアホか?くだらんの~、それより問題です。豆腐を数える時の単位は何でしょうか?」長女「1個、2個!」、次男「一つ、二つ!」、ぱぱ「ブブ~」沈黙する長男。ぱぱ「受験したての長男君は?豆腐の単位わかりますか?」長男「そんなん余裕だし!・・1枚、2枚だよ!」ぱぱ「ブブ―!はい!高校不合格決っ定⤴!」長男「はぁ?何言っちゃってんの!そんなん関係ないし、バカじゃん!」むきになる長男。ぱぱ「ハイッ!パパに向かってバカじゃん発言。ぶっ飛ばしの刑です~」次男「ぶっ飛ばせ⤴」と、次男。我関せず食べ続ける長女。おもむろに席を立つ私。身構える長男「パパが不合格って言ったからだろ!」ぱぱ「あれ~やっぱり不合格だったんですか~?」長男「違うよ!合格発表まだだし」ぱぱ「じゃ~事実とちゃうから、そんなに怒らんでええやろ~もっと余裕を持てやぁ~」そう言って席に座る私。防御態勢を解く長男。「正解は一丁、二丁で~す。」次男「ええっ!数字の兆?」ぱぱ「ちゃうわ、1丁目の丁や」長女「パパ⤴お豆腐辛いよ~」ぱぱ「あ~そうやろなぁ~辛口買うたからなぁ~」長男「えっ!これパパの手作りじゃないの!」ぱぱ「そうや、パパは、豆腐3丁とネギ切って、スーパーで買ってきた麻婆豆腐の元をぶっかけただけや。何か文句あんのか!」長男「僕、受験頑張ったんだよ、ちゃんとしたご飯食べさせてよ!」ぱぱ「何ぬかしとんねん!これも立派な飯じゃぁ!そやけど、合格したら寿司喰わせたるわ!ええなぁ!」長男・次男・長女「いいね!⤴」 長女「もし、不合格だったら長男ぶっ飛ばすから。」、次男・ぱぱ「・・・」、半笑いの長男。3月8日発表日です。 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル  
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~桜見散歩。~ 今日は、長男・次男・長女と、北越谷 元荒川の土手の散歩です。 次男「パパ~屋台で何か買ってちょうだい。」 ぱぱ「別にかまへんけど。屋台、どこにあんねん?」 次男「あれが、そうじゃない?」 遠くに、屋台らしき小屋発見!みんなで歩いていく事となりました。しかし、子供達は普通には歩きませんでした。 ぱぱ「おい!お前ら、アスレチックしに来たんとちゃうんやぞ!足元ばっかり見とらんで、桜の花シッカリ見とけよ!」 長男「もう、見飽きたよパパ~。」 ぱぱ「早いわ!今来たばっかりやぞ!」 ぱぱ「おい!危ないぞ!気をつけろ!怪我すんなよ!長女ちゃんは、やめといたらどうですか~」 長女「こんなの、へっちゃらだよ~だ! オ~ットット~」 ぱぱ「ほら~みろ!」 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル   
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~名無しの料理②~ 晩御飯の準備も一通り終わった頃、長男「パパ~僕もうすぐ出るから」ぱぱ「えっ?何処行くん?」長男「塾だよっ」ぱぱ「あれっ?今日だっけ?飯食う時間あらへんやん、何時に帰って来るん?」長男「10時半だよ」ぱぱ「じゃあ~晩飯喰うのは帰ってきてからか?」長男「そうだね」ぱぱ「腹減ってるやろ?」長男「いや、あんまし減ってない」ぱぱ「しかし塾始まんのおっそいのぉ~もっと早い時間帯は無いんか?」長男「あるよ、でもクラブ終わってから塾行くからどうしても遅い時間帯になるよ」ぱぱ「そやなぁ~。もし、塾の帰り道で変な奴が近づいてきたらダッシュで逃げるんやで」長男「分かってる」ぱぱ「逃げる時も車道側に飛び出すな!車にはねられたら元も子もないからなぁ~」長男「分かってる」ぱぱ「暗い道は通るな、明るくて大勢人の歩いてる道を通って帰って来い、わかったな!」長男「分かってるって!」数分後、家を後にする長男。玄関から共用廊下側に半身だけ乗り出して、長男がエレベーターに乗り込みドア閉まり姿見えなくなる迄見送る心配性の私。(そう、私は過度の心配性。)長男「じゃ~ね~行ってきま~す」ぱぱ「おう、行って来い!気を付けてな!」長男のいなくなった殺風景な共用廊下を照らす蛍光灯が必要以上に明るく感じる。夏の期間だけ共用廊下の隅っこで飼ってるガラス張りの水槽に入った亀2匹。発泡スチロール製の箱を水槽の上部に置き、明かり除けにしてる。それでもまだ明るいのか、水面から頭を出し、そ~っとこちらの様子を伺ってる2匹のカメたちを視界の端に捉えながら玄関ドア―をゆっくり閉め、3つある鍵の内1つを閉めて、食卓に戻る私。 ぱぱ「さぁ~飯喰うぞ!今日は次男が仕切れ!」次男「めんどくせ~パパが仕切ってよ!」ぱぱ「お前がやれ!」渋々従う次男「はいっ!手を合わせてくださいっ!おい長女!しっかり手を合わせろよっ!」 次男・長女・ぱぱ「せーのっ!いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!!」 ぱぱ「お~い!肉ばっかり食うな!野菜喰え!長男に肉残しといたれよ。肉1に野菜3喰え!」 長女「パパ~魚の身とってよ~」ぱぱ「甘えんな!自分でやれ!因みにパパは魚はお箸で食べません!かぶりつきます。ニャ~ォ、カブッ!」鼻で笑う次男と長女。 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル 
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~トンペイ焼き③。~ ②の続き。 「やかましいわい!おのれ今、俺に何ていうた!ウザッてどう言うつもりで言うたんや!親に対して言っていい事と悪いことがあるんやぞ!そんな事がわからん奴は、どつきまわしたるわ!それが俺のやり方じゃ!ボケー!」次男の顔面と私の顔面がくっつきそうなぐらい近い距離で、次男の目を睨みつけながら怒鳴る私。「どんなことがあっても殴ったらダメなんだから!先生が言ってたから!パパは僕の基本的人権を無視したんだからな!」頬を伝う涙をぬぐいながら次男が涙声を荒げて必死に言い返す。「それがどうした!何が基本的人権じゃ、何が逮捕じゃ!警察、法律が怖くて子育てやっとれるか!!言ってわからん奴はいくらでもどついたるわ!それが嫌やったら出て行けや!!」「さっさと出て行かんかい!!」「いやだね、パパが出て行けよ!」と、次男。「そうだよ!パパが出ていけばいいんだよ!」と、長女も後に続く。「ん?アホか、なんで俺が出て行かなあかんねん、お前が出て行くんやろが。」3者でしばし、沈黙が続く。相変わらず、長男はこの話し合いに参加してこない。床に落ちたメガネを拾って、次男に渡す長女。「次男よーお前さっき、パパは、僕の基本的人権を無視したってぬかしよったけど、お前は、俺の事馬鹿にしてへんのかい!」「してないよ!」「俺の金で買ったパソコンをお前がいい加減に扱うちゅうことは、パパがパソコン買う為に一生懸命働いた時間を、お前は、いい加減に扱ったんと同じ事なんやぞ、お前はパパの仕事時間を冒涜したんやぞ!それについてお前はどう思っとるんや!朝早よから夜遅くまで働いて、家帰ってきたらお前らの晩飯創って、・・・仕事でいろんな奴に頭下げて、そうやって必死になって働いて稼いだ10万円ぶんのパパの仕事時間をお前はバカにすんのかい?」「それはない。」と、即答した次男の目の色が変わったような気がした。「さよか・・・あと、次男よーお前に教えといてやるわ。法律ってなんや思っとんねん。」「・・・。」無言でメガネのゆがみを気にしながらも裸眼で私を見る次男。 ~トンペイ焼き④~へ続く。 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル 
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~赤魚の醤油干しと、残り物の品々。~ 晩御飯の用意をしていると、私の横に次男がやってきた。 「パパ。今日、報告があります。」「どーした?」「自転車のカギが又、折れてしまいました。」 「ア゛⤴!なんやて!鍵壊したんこれで何本目や!」「3本目です。」「そやろ!前回折れた2本は、自転車につけっぱなしにしとった鍵にサッカーボールが当たって折れたって言うとったなぁ⤴! 今度はなんや!」「カバンの中に鍵入れてたら、サッカーボールがカバンに当たって、折れてしまいました。」「お前!俺をからかっとんのか!」「でもほんとだもん、嘘ついてないもん。」「お前のお~、鍵折れた理由が3本ともボールが当たって折れましたなんて言い訳が通用するとでも思ッとんかい!大人なめんのもええ加減にせえよ!」「嘘じゃないもん⤵」「おい!俺はなぁ!鍵が折れたんを怒っとんじゃないんや!嘘つかれるんが一番腹立つわ!怒らんから正直に言えや!カバンなんかに鍵、入れてないんやろ?自転車につけっぱなしにしとったんやろ?」「僕嘘ついてないよ⤵前の時もパパに怒られたから、自転車の鍵は、カバンの中に入れることにしてたんだよ。⤵」 「噓つきの顔見たないわ!向こう行け!」次男は黙ってトイレの方へ行った。「しまった!」と私は思った。・・・・次男は平気な顔して嘘をつく癖がある。以前、長男が大事にしてたアニメのカードを、当時小1の次男は、長男に黙って学校に持って行き、先生に見つかり没収されていたのだ。長男はカードを泣きながら家じゅう探していた。私も一緒になって探した。当然見つからない。なんとなく次男の様子がおかしかったので、少しきつめに問い詰めたら、次男は悪びれた様子もなくサラリと真実を話した。私は烈火のごとく次男を叱った。ウワン、ウワンと次男は泣いた。怒りの収まらない私は、長男にも怒ってもらおうと思い、「次男の事どう思う!」と聞いてみた。すると「もうこんな事、今度からしないでね。」と一言。「えっ?それでええんか?お前が泣いて探しとる時、こいつは知らん顔してテレビ見て笑っとったんやぞ」「うん。知ってる。」「それでもこんな簡単に許してやるの?」「うん。許してあげる。」 私は呆気にとられた。人を許すことの偉大さを私は長男から教えてもらった。 ・・・・・黙ってトイレの方へ行く次男の背中を見たとき、私は当時の長男の振る舞いを思い出した。    
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~いわしの丸干し。~ 次男・長女・ぱぱ「せーのっ!いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!!」 次男「うげ⤴イワシだ~」長女「わたし食べないから!」ぱぱ「食べん奴は、ハム焼き食べちゃダメ!」次男「僕は食べないとは言ってないよ」長女「パパが決めることじゃないからね」ぱぱ「イャ!パパが決めます。」長女「どうしてよ⤴」ぱぱ「ぱぱがリーダーなの!」長女「何言ってんの!そんな事無いから!」ぱぱ「そんな事あるのっ!!次男は3匹、長女ちゃんは2匹食べてください。」次男「パパ~イワシの頭は食べるんだよね?」ぱぱ「ん~、無理に食べんでもええよ。」次男「この前、頭も食べろっ!て言ったじゃん!」ぱぱ「この前?ああっ!あれはイワシやなくてシシャモや!」長女「パパ~骨残すからね~」ぱぱ「背骨はええけど、小骨は食べな!」長女「ぱぱ~おなかの所にある黒いの内臓?」ぱぱ「そうだよ!頭と背骨以外は全部食べな!」次男「えっ!しっぽは、食べたらダメでしょ?」ぱぱ「はぁ?そんなこと誰が決めてん、この尻尾やったら食べれるよ」ぱぱ「ぱぱが小学3年生の時な~ぱぱのパパ、お前らのじいちゃんの話やけど・・」長女「死んじゃったじいちゃんの事でしよ?」次男「庭にお菓子投げ捨てられた話でしょ?」ぱぱ「そう・・子供は、これから体が出来上がってくるから、お菓子や肉なんか食べたらダメだ!イワシと青い野菜煮たの喰え!イワシは頭から全部喰え!・・って、晩御飯の度に口うるさく言われてたし、その事で、怒鳴られたこともあったなぁ~だから、じいちゃんと一緒に食べる晩御飯の時間は苦痛で憂鬱やったし、じいちゃんこの家から出て行ってほしいって心から願っとったなぁ~イワシ見ると、その事いっつも思い出すんだよなぁ~」次男「嫌な思い出だったらイワシ買わなければいいのに、なんで買うの?」ぱぱ「なんでやろな~なんか無性に食べたくなるんや・・・・お前らパパの事好きか?」長女「嫌い!」ぱぱ「どれぐらい嫌い?」長女「大嫌い!!」ぱぱ「何で嫌いなん?」長女「抱き付いたり、チューするからだよ!」ぱぱ「・・これからもチューします。次男は?」次男「好きな時もあるけど嫌いな時もある」ぱぱ「どんな時嫌い?」次男「怒ってる時」ぱぱ「さよか・・・ほら、残さず全部食えよ。」 https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル  
キッチン大好き。の画像
キッチン大好き。
~サンタ~ ※うちの子供たちは、サンタの存在を若干信じてる。 むかし、熟睡してる幼い子供達一人一人の耳元で、サンタ口調の、太く、こもった小声で「ホ~ッ、ホッ、ホッ、ホ~」と声がけし、眠りから半分覚ました状態にしておいて、再度「ホ~ッ、ホッ、ホッ、ホ~メリークリスマス!」と、頭をなでなでしながら声がけし、プレゼントを置いてその場を去る。次の日起きてきた子供たちは、「サンタ見た気がする。」「サンタが「ホ~ッ、ホッ、ホッ」て言ってた。」「サンタ、パジャマみたいな服だった。」の話題で持ちきりになる。この様な小芝居を織り交ぜながら、「サンタは本当にいるんやで~」と根気よく子供達に言い続け、信じ込ませてきたからだ。 次男・長女・ぱぱ「せーのっ!いっったぁ⤴ だぁ⤴ぁっきっ まあ⤴すっ!!!」 次男「パパ~キャベツ千切りちょっと多すぎたかなぁ~」 ぱぱ「いゃぁ~こんなもんやろ、肉一口に、千切り3口食べればちょうどええんちゃうか~」 長女「いやだ!そんなにたくさん千切り食べれないよ!次男がスライスしたんだから次男が全部食べてよね~」 次男「おまえだって見てただろう!」 ぱぱ「は~い、そこまで。それはそうと、お前ら、クリスマスって何の日か知っとる?」 長女「プレゼントもらえる日~」 ぱぱ「ちゃうわ!誰かが生まれた日や、誰でしょう?」 長女「知らな~い、あっ!わかった!サンタの産まれた日!」 ぱぱ「ちゃうわ!お前らまじで知らんの?学校で習わへんか?」 長女「知らな~い。誰が生まれたの。」 ぱぱ「キリストや!知ってるやろ?」 長女「知らな~い。その人がサンタなの?」 ぱぱ「ん?ちゃうわ!キリストとサンタは別人や!」 長女「ふーん、でも~パパがサンタだっていうの知ってるから。」 ぱぱ「ん?ぱぱは~サンタじゃないってゆうとるやろ~」 ぱぱ「ええかーお前ら!サンタはほんまにおるからな!」 長女「でも~ホントはパパなんでしょ~」 ぱぱ「違うゆうとるやろ!しつこいぞ!」 次男「そうなんだよなー僕が小さい時は「ホ~ッ、ホッ、ホッ、ホ~」ってサンタの声聞いたことあるんだよ~あの声はパパじゃ~なかったもんな~」 長女「ほんとに?」 ぱぱ(ニヤリッ) 長男は今日も冬期講習で帰宅は22時です。お疲れ! https://striy48sattopanel.jimdo.com  コンロ専用パネル  

「カセットコンロ」でよく見られるフォト

「カセットコンロ」が写っている部屋のインテリア写真は17枚あります。また、雑貨,100均,暮らし,収納,キッチン雑貨,キッチン収納,生活の知恵,キャンプ,アラジン,イワタニと関連しています。

さらにキーワードで絞り込む

関連するキーワード

関連するキーワードで絞り込む

関連するアイデア

人気のアイデア

商品を探す

人気のブランド

人気のランキング

気になる商品をキーワード検索