変形のフォトまとめ

1 - 3件/3件中
ミサワリフォーム株式会社の画像
ミサワリフォーム株式会社
お住まいは湘南の海が遠望できる南西向きのマンションの角部屋。4連の窓からの採光を活かすため、和室やキッチンの間仕切り壁を撤去し、開放的なリビングダイニングをつくりました。ポイントは変形の建物形状にあわせてデザインした「へ」の字型キッチン。周囲をぐるりと回れるアイランド型とし水や油の飛び散りを防ぐ前壁をつけました。変形プランを巧みに住みこなすリノベーションです。
くれはの画像
くれは
こちらもzucca♥♪ ネイビーの変形カットソー⸜❤︎⸝‍ チャンミーのネックレスと相性が良いですʕ•̬͡•ʕ•̫͡•♥ 中にインナーを入れて着るかな? 両脇がポケットになっております!
けいしんくんの画像
けいしんくん
嫁の依頼でミシンの作業台を作成。 普段はコンパクトで、変形して作業台が広くなるモノがいいという事でこんな形に。 2度の構造変更を受けて、ようやく完成。 今回は初のダボ組に挑戦してみました。 最大形態で横910mm。 変形する足部分はマガジンラックに。 キャスターは全て自在式に。 ミシン糸ホルダー追加。 などなど。 材料は 2x4材(910mm)3本 1x4材(910mm)1本 1x2材(910mm)2本 合板(300x 910)2枚 キャスター(自在)ストッパー付き 2個 キャスター(自在)ストッパー無し 3個 棒材 8mm・12mm 各1本 ダボ(8mm) 塗料(DAISO、ウォールナット・メープル) 全部で約5500円でした。

関連するキーワードのフォト

OHESO GARAGEの画像
OHESO GARAGE
テナント自体が三日月型で天井も同じく弧
苺グッチ🍓の画像
苺グッチ🍓
沢山歩いて足は🦶疲れてぐったりですが上半身は元気で荷造り紐入れ用を編みながら九州の雨☔️止みます様に願って3個分出来ました❣️18個編んで1つ分です😅 黙々編むので早いなぁ‼️あとは食後に貼るだけです❣️
カーテン夢工房の画像
カーテン夢工房
詳しくは社長ブログをご覧ください。 写真下URLよりご覧いただけます。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
看板や外装等には、予算を割くことができないので、木の箱が並ぶ、不思議なインテリアが、外を歩く人からもよく見えるようにすることで、看板の代わりに、人目を惹こう、と考えました。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
店内は、床も、壁も、天井も、真っ白にして、中に並んでいる、木の箱だけが、外から見ても、際立つようにしてあります。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
黒いカウンターは、木の箱に巻き付くようにして、客席から、厨房内へと、つながっています。 同じ一枚のカウンターが、客席側では、大皿料理が並び、厨房側では、作業台に、という具合に、役割を変えています。 白い空間に、たった一枚の、黒いカウンターを浮かべるだけで、多くの機能を満たそうと考えました。 カウンターだけ黒にしたのは、その上に、白い大皿が並ぶことが、決まっていたためでもあります。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
そのため、設備・配管の位置を動かすことなく、その囲い方を変えることだけで、全く別の空間に変えようと、考えました。 そして、三角形の平面の、真っ白い空間に、木の箱だけが、並んでいるような姿を、イメージしました。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
「余白」となる部分に、テーブルや椅子を置くことで、客席になっています。 店全体をワンルームとし、その中に、木の箱を並べる。 ただそれだけの、出来るだけシンプルな方法で、魅力的な空間となるようにと考えました。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
改装前は、あまり良い状態ではありませんでした。 また、予算の制約もあって、水廻り等の設備・配管を、大きく動かすことは、困難でした。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
木の箱以外の部分は、店内の端から端まで、一つながりで、つながっています。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
箱の壁には、OSBと呼ばれる、下地などで用いられる材料を、あえてそのまま使っています。 理由はいくつかあります。 予算を考えて、出来るだけ加工がしやすく、安価であること。 中から見ても、外から見ても、ちょっと不思議な質感があり、目を惹くこと。 そして、掲示板としても利用出来るように、画鋲などの傷跡が目立たない材料であること。 等々です。 様々なことを考慮して、選択された材料です。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
わずか7坪、しかも、三角形の店内。 そのような場所を、出来るだけ広く、有効に使うために、必要な機能をすべて木の箱の中に収め、その他の部分を、 「余白」として、残しました。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
真っ白い場所に、いくつかの木の箱を、並べたような、空間になっています。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
白い空間に、木の箱が並び、黒いカウンターが浮かんでいます。 出来るだけ少ないモノだけで出来た、シンプルな空間を目指しました。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
木の箱以外の「余白」部分は、すべて、一つながりの空間とすることで、広がりが感じられるようになっています。 ある部分は、テーブルや椅子を置くことで、客席となり、またある部分は、厨房となっていますが、一方で、それらは、すべて、連続した、大きなワンルームとなっています。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
店舗の正面と、 二世帯住宅の正面は、 別の方向を向いていて、 住宅の生活感が、 店舗の方に出てくることのないように、 計画しています。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
線路沿いの、 細長い、三角形の敷地に建つ、 店舗+二世帯住宅です。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
この壁は、 コンクリートを打つ時の型枠に、 木の板を加工して使うことで、 出来上がった壁の表面に、 わざと、木目のあとを付けています。 上の階の壁は、遠くから見て、 美しく目立つことを意図していますが、 下の階の壁は、店舗を訪れる方が、 近くに寄ってみてはじめて、 おやっ、という感じでわかるような、 微妙な質感をねらっています。 この飲食店の、 手作りにこだわるポリシーを表現しつつ、 浮遊感を持った、 真っ白な立体である部分に対して、 下から生え出たような、 重い質感を持たせることで、 上下の階を対比させることも意図しました。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
低い位置の通常の窓と、 ハイサイド窓が、 距離をおいて、上下に同時に見えます。 一続きの空間ですが、 それぞれの窓が、 別々の場所をつくっています。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
店舗(飲食店)と、住宅部分とでは、 それぞれ別の雰囲気にしたい、 ということもあって、 1階の店舗部分と、 2階3階の二世帯住宅部分とでは、 外壁の仕上げを変えています。 2階3階の住宅部分は、 コンクリート打放しの壁を、 汚れが付きにくいという光触媒の塗料で、 純白に塗っています。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
住宅部分の、 しっとりとした白い壁とは対照的に、 1階店舗部分の壁は、 あえて、ざらついた質感を出しています。
ほっとする木の家具と雑貨の店HELL-BENTの画像
ほっとする木の家具と雑貨の店HELL-BENT
家でカフェ気分が楽しめる高さ630mmのテーブル。ヨットの帆のようなカーブを描き、お客様のお好みの材料を組み合わせ作りました。落ち着いた色調の材料でまとめました。
苺グッチ🍓の画像
苺グッチ🍓
今日の最後の物づくりは荷造り紐ケース作りました❣️紺白の好きなあの方用に取って置きましょう❣️緊急速報で新型コロナウイルス🦠100人超えてしまってる事を知ってストレスかショック🤯 疲れがどっと出たよ❣️ため息ものだよね😷
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
店舗の中の、木の壁は、 奥へ奥へと、誘っています。 ガタガタと、前後に揺れるようにして、 屋内になったり、屋外になったり。 裏側には、 構造の柱や、照明などを、隠してもいます。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
細長い三角形の敷地と、 厳しい法的な規制(北側斜線)を、 そのまま表して、 室内は、 あちらこちらが斜めになった、 不思議な空間になっています。
苺グッチ🍓の画像
苺グッチ🍓
今日は黙々と荷造り紐入れを制作、ため息つきながら結局トータル10個作り上げました❣️ これ以上災害は起きて欲しくないのに次から次へとなんで⁉️ 言葉が出ないデス😢まだまだ雨降る☔️ようなので祈る事しか出来ませんが皆さん無事でいて下さい
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
細長い三角形の敷地を無駄なく使って、 出来るだけ広い屋内空間を、 つくろうとしているため、 庭やバルコニーのような屋外空間を、 つくるスペースはありません。 その代わりとして、 屋上に、 出来るだけ広い屋外空間を確保しました。 屋上への出入口と、 ハイサイド窓以外の場所はすべて、 ルーフテラスになっています。 洗濯物を干すことから、 子供の水遊びまで、 屋外が必要になる場合にはすべて、 ここが使われます。 周囲のほとんどの家々よりも、 高い位置に出るため、 見晴らしがよく、 周囲からの視線もあまり気にならないため、 このような周辺環境では、 無理して庭を確保するよりも、 この方が、 かえって使いやすい屋外空間である、 と言っていいのかもしれません。 階段からの出入口とハイサイド窓が付いた、 塔屋部分は、 隣の線路から隔てて、 落ち着いた場所をつくる役目も果たしています。 奥の階段室部分と、 手前のハイサイド窓部分が、 二つの棟に分かれています。 これは、 この屋上から突き出した部分を、 「4階」とカウントされて、 法的な制限が、 必要以上に厳しくなることを避けるために、 あえて、 このように、二つの部分に分離しています。 この屋上部分、 いたって単純に見えるのですが、 実は、 結構いろいろなことが複雑に絡み合って、 出来上がっています。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
すぐ裏側を走る電車の、騒音や振動を考えて、 そうしたことの影響を受けにくい、 重たい鉄筋コンクリート造としました。 しかし、一方で、 間口の狭い、窮屈な変形敷地の中で、 少しでも広さを確保したい、 ということもあったので、 外壁は、すべて、 最も、壁を薄く出来る、 コンクリート打放しとしました。 ただ、 1階の店舗と、2階3階の二世帯住宅とでは、 その、コンクリート打放しの仕上げ方を、 変えています。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
奥に向かって細長い、 鋭角三角形の変形敷地。 さらに北側を走る線路からの、 騒音や振動。 北側斜線をはじめとした、 厳しい法的な制限。 そうした様々な条件をクリアしつつ、 いかにして、 少しでも、広々とした、 店舗と二世帯住宅の空間を確保するか、 ということが、 最大の課題となりました。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
店舗内は、 突き当たり部分を、 屋外に向かって視線が抜けるようにすることで、 より奥に長く、 そして、 より広く見えるように、 デザインしました。 また、側面にも、 わずかにとれる敷地の余白を利用して、 少しでも、広がりが感じられるように、 と計画しています。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
遠くからでも、 お店の存在がわかるように (しかし、それでいて上品に)、 純白の住宅部分は、 店舗のための、 看板のような役割をしながら、 両者は、共存しています。 線路側からの視線も意識して、 斜めの屋根の部分も同じ色です。 真っ白に塗られた、 まるで豆腐のような立体は、 ちょっと無重力感のようなものがあって、 街中に、ふわりと浮いているような、 不思議な感じです。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
階段と部屋は、 ガラスで仕切られています。 階段の先の、最上部にも、 屋上へでるためのガラス戸が付いていて、 そこからの光が、 部屋の中まで降ってきます。
ほっとする木の家具と雑貨の店HELL-BENTの画像
ほっとする木の家具と雑貨の店HELL-BENT
家でカフェ気分が楽しめる高さ630mmのテーブル。ヨットの帆のようなカーブを描き、お客様のお好みの材料を組み合わせ作りました。紫の木 パープルハートがアクセント。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
住宅部分は、ほとんどが、 敷地形状をそのまま反映したような、 三角形のワンルームとなっています。 奥に長い三角形の、 不思議な遠近感による広がりが感じられるように、 わざとそのようにしているのですが、 同時に、 必要に応じて、 引き戸によって、いくつかの部分に、 仕切ることが出来るようにもしてあります。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
木の板を型枠として使い、 木目を転写した外壁に対して、 店舗の中の壁は、 木の板そのものを壁に張っています。 内部と外部は、 ちょうど反転したような材料で出来ています。 ネガとポジのような関係です。 建築の内と外、 用途の違う上下の階。 それぞれを微妙に仕上げを変えながら、 関連づけて、 一つのストーリーをつくりたいと考えました。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
細長い三角形の敷地に建っているため、 部屋の方も、細長い形状になっています。 そのため、 部屋が、少々窮屈なものになりそうでした。 そこで、 そうした窮屈な感じを、出来るだけ減らすために、 法律上、床面積に算入されない、 出窓を設けました。 その長さ、およそ10メートル。 長さの制限は、 法律には、ありませんでしたので。 面積にすると、4畳半近く、 部屋を拡張することが出来ました。 出窓は、ちょうど、 椅子と同じぐらいの高さになっています。 テーブルさえ置けば、 椅子を置かなくても、 生活出来るように。 家具を置くと、その分、 部屋が狭くなってしまいますので。 ベッドの代わりにして、 その上で、寝そべるにも、 ちょうどよい幅、ちょうどよい高さです。 実際に寝てみると、 窓から空が見えて、 空中に浮かんでいるみたい。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
一続きの部屋は、 必要に応じて、 所々で、 引き戸によって仕切ることも出来ますが、 天井によっても、 それぞれの場所が、 なんとなく分かれるようになっています。 天井は、すべて同じ色になっていて、 昼間は、 あまりわからないようになっていますが、 夜になると、 照明によって、 それぞれの場所の違いが、 浮かび上がります。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
三角形に狭まっていく店の奥の方は、 木の壁に囲われ、 その先の屋外テラスにもつながった、 団体客用の、テーブル席になっています。 店は、入口から、奥まで、 広々と見通せるようになっていますが、 同時に、 テーブル席と、 カウンター席や厨房とは、 木の壁によって、 さりげなく、分けられています。 壁や天井の、 様々な隙間を使って、 照明器具を設置し、 各スペースを、 それぞれに照らしています。
仲摩邦彦建築設計事務所の画像
仲摩邦彦建築設計事務所
北側斜線制限によって、 室内側に倒れかかっている壁は、 そのまま、平らな天井の上まで伸びていきます。 平らな天井と、 倒れかかる斜めの壁との隙間は、 ハイサイド窓になっています。 このハイサイド窓を使って、 最上階にこもりやすい熱を逃がし、 部屋の奥まで、光を採り込みます。
一級建築士事務所 古川智之建築設計室の画像
一級建築士事務所 古川智之建築設計室
旗竿状の敷地に建つ住宅。 地形と南東方向にひらけた立地条件を十分に生かした、光と風にあふれた快適な空間。 内装材や断熱材、すべてに自然素材を使用した健康住宅。

「変形」でよく見られるフォト

「変形」が写っている部屋のインテリア写真は3枚あります。また、住まい,インテリア,収納,リフォーム,リノベーション,ダイニング,一戸建て,店舗,ローコスト,狭小と関連しています。

関連するキーワード

関連するキーワードで絞り込む

人気のアイデア

商品を探す

人気のブランド

人気のランキング

気になる商品をキーワード検索