スライドレールのフォト

1 - 11件/11件中
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
これはベッドの引き出しを抜こうとしている写真。 この写真の引き出しは「レール」がついているんですが、タンスにもこういうレールがついている引き出しがあるんですね。 このタイプの引き出しは、一番手前まで引き出した後、少し上に持ち上げながら引くと引き出しを抜くことができますよ~!
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
タンスなどの引き出しにはレールが付いているものがありまして。 写真のようなレールは「スライドレール」と呼ぶんですね。 このスライドレールがついている引き出しは「軽い力で引き出せる」というのが利点です♪
Mikicの画像
Mikic
壁を抜いて食器棚を作り!
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
タンスの引き出しには「レール」がついているものがありまして。 「スライドレール」というタイプと「フルスライドレール」っていうタイプがあるんですね。 違いは写真のように引き出しの「引き出す量」が違いまして。 下の引き出しがフルスライドレールなんですが、こんな風にフルスライドレールの方が手前まで出るので、引き出しの奥が使いやすいんです♪
mirinamuの画像
mirinamu
キッチンのシンクの下。 たくさんある鍋やフライパンなどの調理器具は、全てここに入れています。 スライドレールを取り付けて、2段の引き出せる棚板は、奥の物も取りやすくて、たっぷり収納できます^_^ 1番よく使うフライパンや鍋は、上段手前に。 ボールやザルは、下段の手前に置いて、使用頻度が低い物を奥に入れています。 スライド収納の詳細は、こちらの記事に書いてあります^_^ https://limia.jp/idea/237874
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
これはタンスの引き出しの写真でございまして。 引き出しの側面に「レール」があるのがわかりますよね。 こういう大きめのしっかりしたレールがついているものを 「フルスライドレール」っていうんです。 このタイプは引き出しをかなり手前まで引き出すことができるので、 引き出しの奥も使いやすいんですね。 でも… 引き出しを抜きたい時、 「抜き方」を知らないと絶対に抜けないようになっているのです(笑) その抜き方を解説したのが… https://limia.jp/idea/71181/ ↑こちらのお話でございます。 よかったらのぞいてみてね~♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
これはタンスの引出の上から見ている図。 引出に大きいレールがついている「フルスライドレール」の引出は、こうやってかなり手前まで引き出して使うことができるので、引出の奥まで取り出しやすいんですね~。 衣類を畳んで収納していて、奥側から取り出しにくいのが気になる…という方は「フルスライドレールが使われているタンス」も選択肢に入れてみると良いですよ♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
こちらはタンスの引き出し。 これは2つともレールのついている引き出しなんですが、上が「スライドレール」、下が「フルスライドレール」っていうタイプなんです。 下のフルスライドレールの方が10センチほど前に出るので、引き出しの奥まで使いやすいんですよ~(*^^*)
かわっくの画像
かわっく
ビフォーアフターです。今更アップしてみましたσ(^_^;)
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
タンスなどの家具の引き出しには「レールがついているもの」がありますよね。 そのレールには2種類ありまして。 「スライドレール」と「フルスライドレール」の2つなんですね。 写真の引き出されている引き出しの上がスライドレールで、下がフルスライドレールです。 こうやって見るとフルスライドレールの方が手前まで引き出せるのがわかりますよね♪ 10センチくらい違うので、フルスライドレールの方が引き出しの奥まで使いやすいんですよ~(´ω`)
uzuhiji865の画像
uzuhiji865
自室のウッドラックがイマイチ使いづらかったので、DIYでオープン引き出し式に加工しました。 セリアで大きいMDF材2枚、アイアン系の金具、ウォールバー、ネジとボンド、他を購入。 MDF材に下穴をあけ、金属OKのボンドでアイアン系の金具を取り付け、補強のためにネジ止め。 ウォールバーの金具を取り外し、ウッドラックに木工用ボンドで貼り付け、乾いてから一応隠しクギを3か所に打ちました。ウォールバーの在庫が2個しか無かったので、反対側はウォールバーのレール下と同じ厚みの木材をボンドで固定してあるだけです。 洋服を立てて収納するのは性格的に合わなかったので、平置きで収納したくて。。。 畳んだものは引き出しを手前に出して上から積んでいき、使う時はそのまま上の服を持ち上げて引っ張り出す感じです。 引き出しごと全てまとめて取り出すことも出来ますし、一応手前に引き出した状態でも落ちたりせず使えています。 全部でかかったお金は1700円でした。(ウッドラック含まず。)

関連するキーワードのフォト

ひらた家具店の画像
ひらた家具店
こちらはタンスの引き出し。 これは2つともレールのついている引き出しなんですが、上が「スライドレール」、下が「フルスライドレール」っていうタイプなんです。 下のフルスライドレールの方が10センチほど前に出るので、引き出しの奥まで使いやすいんですよ~(*^^*)
Wendy8の画像
Wendy8
スライド棚
舞鶴の新築・リフォームなら林田工務店の画像
舞鶴の新築・リフォームなら林田工務店
最近はカーテンレールは シンプルが多いですが 装飾カーテンレールもいいですね!
Selexy~セレクシィ~の画像
Selexy~セレクシィ~
新築 門扉
共和木材工業株式会社の画像
共和木材工業株式会社
カーテンレール
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
これはタンスの引き出しの写真でございまして。 引き出しの側面に「レール」があるのがわかりますよね。 こういう大きめのしっかりしたレールがついているものを 「フルスライドレール」っていうんです。 このタイプは引き出しをかなり手前まで引き出すことができるので、 引き出しの奥も使いやすいんですね。 でも… 引き出しを抜きたい時、 「抜き方」を知らないと絶対に抜けないようになっているのです(笑) その抜き方を解説したのが… https://limia.jp/idea/71181/ ↑こちらのお話でございます。 よかったらのぞいてみてね~♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
タンスの引き出しには「レール」がついているものがありまして。 「スライドレール」というタイプと「フルスライドレール」っていうタイプがあるんですね。 違いは写真のように引き出しの「引き出す量」が違いまして。 下の引き出しがフルスライドレールなんですが、こんな風にフルスライドレールの方が手前まで出るので、引き出しの奥が使いやすいんです♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
タンスなどの家具の引き出しには「レールがついているもの」がありますよね。 そのレールには2種類ありまして。 「スライドレール」と「フルスライドレール」の2つなんですね。 写真の引き出されている引き出しの上がスライドレールで、下がフルスライドレールです。 こうやって見るとフルスライドレールの方が手前まで引き出せるのがわかりますよね♪ 10センチくらい違うので、フルスライドレールの方が引き出しの奥まで使いやすいんですよ~(´ω`)
株式会社EAGLEVALLEYの画像
株式会社EAGLEVALLEY
住宅(新築)施工例1
株式会社EAGLEVALLEYの画像
株式会社EAGLEVALLEY
住宅(新築)施工例1
オースチンの画像
オースチン
やっとカーテン付けれたけどうまく写真撮れない😱
tedono2000の画像
tedono2000
最後にやってしまいました! 機内持ち込みでライターは1ケOKと認識しておりこれもライターだと持ち込みザックに入れていたのですがチャッカマン扱いでNGとなり没収。行きはチャリと一緒だったので問題ありませんでした。長年付きあった奴なのでショック(涙) 今回のお勉強とさせていただきます。 ちなみにタバコは吸いません
株式会社EAGLEVALLEYの画像
株式会社EAGLEVALLEY
住宅(新築)施工例1
granpapaの画像
granpapa
レール遊びは男の子の遊びだと思っていませんか。 グランパパの店頭では木製レールセットで遊べるようになっています。 遊んでいるのは女の子もとってもたくさんいます。夢中で汽車を動かす姿をみて、女の子のお子様へ買っていかれる親御様も多くいらっしゃいます。
hana.ienoteの画像
hana.ienote
紀ノ国屋のスライドジッパーバッグを使って 家計費の袋分けをしています。 最近は5週に分けて管理するようにしています。
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
タンスなどの引き出しにはレールが付いているものがありまして。 写真のようなレールは「スライドレール」と呼ぶんですね。 このスライドレールがついている引き出しは「軽い力で引き出せる」というのが利点です♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
これはタンスの引出の上から見ている図。 引出に大きいレールがついている「フルスライドレール」の引出は、こうやってかなり手前まで引き出して使うことができるので、引出の奥まで取り出しやすいんですね~。 衣類を畳んで収納していて、奥側から取り出しにくいのが気になる…という方は「フルスライドレールが使われているタンス」も選択肢に入れてみると良いですよ♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
お客さまに頼まれ、階段の天井にカーテンレールとカーテンを取り付けて参りました。 このカーテンレールは「曲げることができるカーテンレール」でして。 こういうのはもともと真っ直ぐのカーテンレールを、店長たちが現場で場所に合わせて曲げたりしているのです♪ ちゃんと仕事もしておりますよ~(笑)
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
ひらた家具店ではカーテンレールの取り付けもするんですね。 カーテンレールの中には写真のように「曲げることができるレール」っていうのもありまして。 こういうタイプは基本的に店長たちが現場で、場所の形に合わせて曲げてるんですよ~(*^^*)
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
ひらた家具店ではこんな風にカーテンレールを取り付けることもできるんですね。 写真のカーテンレールは実際に店長が取り付けたものです。 ちなみにこういうカーテンレールを「装飾レール」っていうんですよ~(´ω`)
びーちママの画像
びーちママ
浴室ドアは引き戸なので、定期的に外してレールの掃除をしています。 カビはなかったですが、とにかくホコリがひどかったです。
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
こういうカーテンレールを「装飾カーテンレール(装飾レール)」って呼ぶんですね。 写真のものは木製のタイプで、カーテンをかけるランナーも「木製のリング」になっているのです。 この木製タイプのランナーは、長年お使いになると乾燥などで割れてしまったりするんですね~。 そういった場合、部品だけを購入しようとすると、割れたランナーを持ってインテリアを扱っているお店に行った方がいいかもです。 木製ランナーにも色々と大きさや太さなどがあるので、同じものを探す時には、壊れたものもあった方が楽なのです♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
伸び縮みする「伸縮カーテンレール」って、店長が指差しているところにある「ブラケット」という部品が余分についているんですね。 ブラケットは幅が180センチくらいなら3~4つ、270センチくらいで4~5つで大丈夫なので、1つか2つは必ず余分になるんですね。 なので、余分なものは外してから取り付けるようにしましょう♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
こういうカーテンレールのことを「装飾レール」っていうんですね。 写真のものは木製のポールとリングのタイプ。 他に金属製のタイプっていうのもありますよ~。 金属製の装飾レールは「アイアンレール」と呼んだりもします♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
カーテンレールの端っこの部品って、普通はネジが見えてて、それをプラスドライバーなどでゆるめると外すことができるんですね。 しかし、伸び縮みするタイプのカーテンレールの場合、ネジがないことがあるんです。 そういう場合は、カーテンレールの端っこを上から見ると「引っかかっている部分」があるのが見えるんですね。そこで固定されているのです。 その引っかかっているところにマイナスドライバーなどの平なものを優しくいれてあげると…外すことができますよ~(*´∀`*)
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
カーテンレールの中には木製のポールとリングが使われている写真のようなタイプがあるんですね。 そういうのを「装飾レール(装飾カーテンレール)」と呼びます(^^) その装飾レールの一番端っこって「ギボシ」と呼ばれる飾りが付いていまして。 その飾りで木製のリングが落ちないようにしている、という役割もあります。 そのギボシは写真のようにポールにネジで固定されているだけなので、もし外したい場合は、ねじると写真のように外せますよ♪
東京下町のリフォーム会社 セイワビルマスターの画像
東京下町のリフォーム会社 セイワビルマスター
ガイナ塗装を施した白い壁と天井の廊下。 フローリングは無垢アカシア。 照明はライティングレールのスポットライトにて。
Office Poco庵の画像
Office Poco庵
テーブルの位置の変更に対応できるようペンダント照明はレールタイプとしています。スポットライト器具を取り付けて壁面を照射して間接照明としてもよいでしょう。
東京下町のリフォーム会社 セイワビルマスターの画像
東京下町のリフォーム会社 セイワビルマスター
和室をリビングにリフォーム。おしゃれなダクトレールも取付けました
Design 1st.一級建築士事務所の画像
Design 1st.一級建築士事務所
鉄骨でスライド門扉を制作、1階リイングのスイッチ一つで鍵を開け閉めできます。
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
タンスなどの引出で「大きなレール」がついているタイプを「フルスライドレール」っていうんですね。 そのフルスライドレールの引出の場合、写真のように引出を押し込んだ時に、最後に「キツく」なるところがあるんです。 写真でいうと赤い矢印で指したところに隙間がありますよね。ここからちょっとキツくなるのです。 これ、引出が地震などで簡単に手前に出てこないようにするストッパーがあるからなんですね。 なので、フルスライドレールの引出を押し込む時、しっかりと奥まで閉まってあげてくださいね~(*´Д`)
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
これはベッドの引き出しを抜こうとしている写真。 この写真の引き出しは「レール」がついているんですが、タンスにもこういうレールがついている引き出しがあるんですね。 このタイプの引き出しは、一番手前まで引き出した後、少し上に持ち上げながら引くと引き出しを抜くことができますよ~!
mirinamuの画像
mirinamu
キッチンのシンクの下。 たくさんある鍋やフライパンなどの調理器具は、全てここに入れています。 スライドレールを取り付けて、2段の引き出せる棚板は、奥の物も取りやすくて、たっぷり収納できます^_^ 1番よく使うフライパンや鍋は、上段手前に。 ボールやザルは、下段の手前に置いて、使用頻度が低い物を奥に入れています。 スライド収納の詳細は、こちらの記事に書いてあります^_^ https://limia.jp/idea/237874
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
カーテンレールって「壁に取り付ける場合」と「天井に取り付ける場合」があるんですね。 壁に取り付ける場合のことを「正面付け(しょうめんづけ)」と呼ぶんですが、 その際に壁に取り付けるのが「ブラケット」という部品なのです。 これは天井に取り付ける場合には基本的に使わないんですよ~!
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
カーテンを真ん中でピタッと止めているのは、店長が指差しているカーテンレールの部品なんですね。 磁石でピタッとついていて、名前を「マグネットランナー」っていうのです。 そのまんまですよね(笑)
びーちママの画像
びーちママ
カーテンボックスは使い捨てダスターを使ってほこりを取り、お掃除クロスで二度拭きしました。 高い場所はほこりがすごいですね
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
壁にネジを打とうと思ってやってみたけど… ネジを打ちたいところの壁の中が空洞でネジが効かない…! ということもありますよね。 そんな時には「アンカー」というものを使う、という手もあるんですね。 写真に写っているのがアンカーで、壁に穴を開け、そこにアンカーを入れてからネジを打つと、アンカーが壁の中で開いてネジが効くようになる、というものなんですね。 アンカーには何種類か形があるので、使用用途などで選んでみてね♪
ヒカリ屋の照明ライトの画像
ヒカリ屋の照明ライト
ライティングレール 1m ダクトレール インテリアダクト 配線ダクトレール おしゃれ シーリングライト ペンダントライト スポットライト 天井照明 照明器具 電気 ダイニング用 食卓用 リビング用 居間用 子供部屋
ウイングの画像
ウイング
テンちゃん、 きみは、手術して3日も経ってないんだよ💦😥 縫ってんだから大人しくしろよ💦

「スライドレール」でよく見られるフォト

「スライドレール」が写っている部屋のインテリア写真は11枚あります。また、DIY,キッチン,収納,家具,キッチン収納,ひらた家具店,引き出し,タンス,引出,フルスライドレールと関連しています。

さらにキーワードで絞り込む

関連するキーワード

関連するキーワードで絞り込む

関連するアイデア

人気のアイデア

商品を探す

人気のブランド

人気のランキング

気になる商品をキーワード検索