住宅設備 玄関のおしゃれなインテリア・部屋・家具のフォト

1 - 30件/32件中
Lhouse(エルハウス)の画像
Lhouse(エルハウス)
こんにちは!長野県の工務店「エルハウス」のりんごです🍎 この写真は、右の玄関の一部をクローズアップしたものです✨なんておしゃれなのかしら…。アイアン格子です。モダンでなく、レトロ調、かわいいといったこだわりで作成されました。
Lhouse(エルハウス)の画像
Lhouse(エルハウス)
こんにちは!長野県の工務店「エルハウス」のりんごです🍎 今日ご紹介するお写真、入り口からして、すごいと思いませんか?まるでレストランのような、広い玄関なんですよ。お客様から「かっこいい!」と大好評のおうちでした✨
Lhouse(エルハウス)の画像
Lhouse(エルハウス)
こんにちは!長野県の工務店「エルハウス」のりんごです🍎 今日は玄関の施工事例をご紹介しますね✨「玄関は家族用と来客用の空間を分けるウエスタン扉が気に入っています」とはご主人のコメントです。グレーの壁は、調湿・脱臭効果のあるエコカラットです。
Lhouse(エルハウス)の画像
Lhouse(エルハウス)
こんにちは!長野県の工務店「エルハウス」のりんごです🍎 今日は「プリントガラスの扉が上品な玄関」をご紹介します✨ シューズクロークには上着をかけるほか、お子様のソリなど大型の道具をおけます。ホールの正面には、ご主人が自分でエコカラットを施工、爽やかな空気に満たされています✨
Lhouse(エルハウス)の画像
Lhouse(エルハウス)
エルハウスの建てた家は、全国各地から大工さん、ハウスメーカーさん、工務店さんも見学にやってきます。 LIXIL製品のエコカラットを使っています。 調湿効果、消臭効果がある材料を、 タイル長の物を壁に貼り付けていきます。 全面に貼る事は、あまりないです。 (高価になるので) 壁一部分だけ、貼る方が多いです。 下駄箱近辺、トイレの中なども貼ると消臭できます。
Lhouse(エルハウス)の画像
Lhouse(エルハウス)
エルハウスで建てたおうちの前で一枚。 「私の家を見て!」とでもいいたそうですね。
株式会社ナスタの画像
株式会社ナスタ
「置き配」は、宅配の受取人が指定した場所に荷物を置いていってもらえるサービスのこと。今、日本郵便やアマゾン、楽天をはじめ、さまざまな企業が導入し始めています。 どこを置き場所として指定できるかは企業によって違いがあり、玄関前や自宅の宅配ボックスや郵便受箱、メーターボックスや物置・車庫などが指定できます。
Lhouse(エルハウス)の画像
Lhouse(エルハウス)
こんにちは!りんごです🍎 今日ご紹介するおうちは、「これ本当に個人のおうち??」と聞きたくなる程素敵な、アメリカンスタイルの家なんです。入口からワクワクしちゃいますね✨
株式会社ナスタの画像
株式会社ナスタ
荷物の受け取りの際、すぐには出られない時ってありますよね。そんな時に便利なのが「置き配」。不在のときや、家から出たくない・出られないときなど、時間を気にせず直接荷物を受け取る必要なく置いていってもらえます。
Lhouse(エルハウス)の画像
Lhouse(エルハウス)
ライバルが太鼓判を押す会社エルハウス✨ 写真の靴箱は、年々増える靴にも対応できる大きさです👞
建築家住宅 R+house(アールプラスハウス)の画像
建築家住宅 R+house(アールプラスハウス)
「面積的には小さい家でも、土間や階段の踊り場といった何に使ってもいい空間があるほうが、より自由でおおらかな暮らしができます。数字的な広さより、空間の空き具合が大切」と語るのは、設計を手掛けた白子秀隆建築設計事務所の白子秀隆氏。 例えば、アウトリビングとしても使えるカラマツ張りのバルコニーは「家の中の本当の外」。LDKに光や風を招いてくれるスペースは、小さいながらも効果的な採光を実現しています。BBQやホームパーティーでは、家族やご友人が集い、くつろげる空間になることでしょう。 土地は限られていても、空間に広がりを持ちたい。光が降り注ぐリビングにしたい。そんな要望も、建築家住宅ならかなえることができます。予算に合わせて、お客様の夢と希望をカタチにするのが建築家住宅の最大の魅力と言えます。 こだわりの家、理想の家を建てるなら、〔R+house〕にご相談ください。ご満足いただける家づくりをご提案いたします。
Lhouse(エルハウス)の画像
Lhouse(エルハウス)
地元で育った職人が真心込めて本物の家をつくっています。
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)の画像
元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
朝の身支度は目が回るほど忙しいもの。お子さんが小さいときはとくに大変ですよね。その原因は、家の中で物の置き場所があちこちに散っているから。家族それぞれが外出、帰宅するときの動線を考えると、上着、傘、靴、バッグ、ベビーカーなどの収納は、玄関まわりにあると出し入れが一箇所で済むので理想的です。 こちらは、玄関に「土間」を作り、収納スペースを設けた一例です。外に持ち出す物、子どものおもちゃ、ランドセルなどの置き場を作れば、結果的にリビングに余計な物を持ち込まなくなり、未然に部屋が散らかるのを防いでくれます。
Lhouse(エルハウス)の画像
Lhouse(エルハウス)
エルハウスは、坪単価を安くして、引き渡し価格を高くするやり方を断固拒否します。
あたたか族 (旭化成建材 快適空間研究所)の画像
あたたか族 (旭化成建材 快適空間研究所)
「住まいの温熱環境」と暮らしについてきちんと考えてみませんか? 旭化成建材の〔快適空間研究所〕では、「心」と「体」と「懐」があたたかくなる住まいでの、いきいきとしたライフスタイル「あたたかい暮らし」の実現を目指しています。 そのようないきいきとした暮らしを皆さんと共に創造していきたいと願い、温熱環境と暮らしに関する情報を、ホームページでわかりやすくお伝えしています。詳しくは「快適空間研究所」のホームページをご覧ください!
Lhouse(エルハウス)の画像
Lhouse(エルハウス)
エルハウスの建てた家は、全国各地から大工さん、ハウスメーカーさん、工務店さんも見学にやってきます。
あたたか族 (旭化成建材 快適空間研究所)の画像
あたたか族 (旭化成建材 快適空間研究所)
人が快適だと感じる温度、どのくらいかご存知ですか? 多くの人が快適と感じる室内の温度は、冬20〜22℃、夏26〜28℃で、湿度は40~70%が理想です。気流(空気の流れ)については、夏は少しだけ感じる程度で、冬はできるだけ感じない方が理想です。壁や床は、天井などの表面の温度が室温と同じ程度である±2℃が快適の目安となります。 旭化成建材の〔快適空間研究所〕では、「心」と「体」と「懐」があたたかくなる住まいでの、いきいきとしたライフスタイル「あたたかい暮らし」の実現を目指しています。詳しくは「快適空間研究所」のホームページをご覧ください!
建築家住宅 R+house(アールプラスハウス)の画像
建築家住宅 R+house(アールプラスハウス)
玄関から奥の庭まで続く土間は、現代の「通り土間(庭)(トオリニワ)」。玄関から勝手口に抜けるために設けられる通り土間を現代建築に再現することで、室内でありながら外のように自由にいろいろな使い方ができます。 「通り土間(庭)(トオリニワ)」は、使う用途も家族構成やライフスタイルによってカスタマイズが可能。お子さんが小さいうちはベビーカーを置くスペースに、大きくなったら帰宅後に手足の泥を落としたり自転車置き場として活用できます。
  • 1/2

「住宅設備 玄関」でよく見られるフォト

「住宅設備 玄関」が写っている部屋のインテリア写真は32枚あります。また、住まい,インテリア,キッチン,リフォーム,リノベーション,トイレ,洗面所,一戸建て,マンション,部屋と関連しています。

キーワードで絞り込む

さらにキーワードで絞り込む

関連するキーワード

関連するキーワードで絞り込む

関連するアイデア

人気のアイデア

商品を探す

人気のブランド

人気のランキング

気になる商品をキーワード検索