取り付けのフォトまとめ

1 - 15件/15件中
Taeの画像
Tae
自分でドライブレコーダーを買って取り付けてみました 大きさは4インチでデジカメ📷位です 後ろにもおまけカメラ付き 機能は私には十分です😄 女性でも簡単に取り付け出来ました💪 最近、あおり運転が多いですね😅 更に師走で忙しいけれど、余裕を持って安全運転を心がけたいものです☺️
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
こういうカーテンレールを「装飾レール」って呼ぶんですね。 金属で出来ている装飾レールを「アイアンレール」って呼んだりもします♪ 装飾レールを取り付ける時には、なるべく窓枠よりも上の方に離して付けるとカッコいいんですが… その分、壁の中に木がちゃんとあって、ネジがしっかりと効くか確認するのが大事になってくるんですね~(´ω`)
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
壁にネジを打ちたい時、ネジが壁の中の木に当たればいいのですが… 「ここに取り付けたい!」というところに木がなかったりすること、ありますよね。 そういう時には「アンカー」という商品が便利なんです。 写真のようにネジをアンカーに打つと、壁の中で開いて、木がなくても固定できるのですが… 便利な半面、壁に下穴を開けたりする必要があるので、DIYに慣れていないとちょっと難しいかもしれません(^_^;) 気になる方は「アンカー 使い方」などで調べてみてね♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
壁にネジを打とうと思ってやってみたけど… ネジを打ちたいところの壁の中が空洞でネジが効かない…! ということもありますよね。 そんな時には「アンカー」というものを使う、という手もあるんですね。 写真に写っているのがアンカーで、壁に穴を開け、そこにアンカーを入れてからネジを打つと、アンカーが壁の中で開いてネジが効くようになる、というものなんですね。 アンカーには何種類か形があるので、使用用途などで選んでみてね♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
デジタルフォトフレームや壁掛けの時計などの裏側に、写真で赤い丸のような穴がありますよね。 特に写真のように2つ穴がある場合、幅を測ったりするのがちょっと面倒だったり、一回でキレイに取り付けられなかったりしませんか? そんな時にはマスキングテープを使うと簡単に上手に取り付けることができますよ! 一度、マスキングテープを本体側に貼って、穴の位置に印をつけ、そのマスキングテープを剥がして壁に取り付け、そこにネジを打つとキレイにできるのです♪ もっと詳しいやり方は… https://limia.jp/idea/308519/ ↑こちらの以前の記事を参考にしてみてね(*´Д`)
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
店長が触っているのはカーテンをまとめる「タッセル」という帯。 これを壁に取り付ける時、手が楽に、自然に触れる場所に取り付けるのも一つの手なんですね。 もうちょっと下に取り付けてもキレイなんですが、毎日まとめるものなので、操作が楽な位置の方がいいですよね♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
こちらはブラインドをカーテンレールに取り付けている写真。 ブラインドってこんな風にカーテンレールに取り付けることができまして。 取り付けるには「専用の金具」が必要になるんですね。 カタログからオーダーする場合は、「カーテンレールに取り付けたい」ということを販売店さんに相談するとその金具も用意してくれるはずです。 あとでご自分でやりたい場合は、ホームセンターさんやブラインドを扱っているショップさんで販売されていることも。 もっと詳しいお話は… https://limia.jp/idea/27960/ ↑こちらの以前の店長のアイデアに♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
写真のように「窓枠の上の壁」にカーテンレールをご自分で取り付ける時には、あまり上の方に取り付けない方がいいですよ~! 壁の中にカーテンレールを固定するためのネジが入っていない場合があるので、固定できなかったりするのです。 (どうしてもつけたい場合は「アンカー」という部品を使いましょう) 壁の中のどこに木があるかは、針を壁に刺して確認する「下地探し」などを使って確認しましょう♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
伸び縮みする「伸縮カーテンレール」って、店長が指差しているところにある「ブラケット」という部品が余分についているんですね。 ブラケットは幅が180センチくらいなら3~4つ、270センチくらいで4~5つで大丈夫なので、1つか2つは必ず余分になるんですね。 なので、余分なものは外してから取り付けるようにしましょう♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
写真はブラインドなんですが… ブラインドってカーテンレールに取り付けることができるってご存知でした? カーテンレールを外して、新たに壁に穴を開けて取り付けなくても、元々ついているレールに取り付けることができるのです♪ 「専用の部品」があれば簡単なんですね。 ブラインドを注文する時に「カーテンレールに取り付けたいんですけど…」と販売員さんに相談するとその部品も一緒に注文してくれるはずですよ~! もっと詳しく知りたい方は… https://limia.jp/idea/27960/ ↑こちらの店長の以前の記事をどうぞ♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
デジタルフォトフレームや延長コードなど、壁に打ったネジを使って、本体を掛けておくことができるものってありますよね。 そういうものって時計みたいに「ネジ1本」なら問題ないんですが、「ネジ2本」だとネジの間隔とか位置が難しい、という方も多いかと思うのです。 そういう時、マスキングテープがあるとネジの間隔などを測らずに、結構簡単に取り付けることができるんですよ~! 詳しいやり方は… https://limia.jp/idea/308519/ ↑こちらの店長の以前のアイデアをご覧いただければ♪ マスキングテープにネジの位置を書き込んで、そのマスキングテープを壁に貼ってネジを打つのです(*´ω`*)
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
写真はカーテンレールの溝に「ネジの頭」の部分を合わせている図。 カーテンレールを天井などに直接固定する時には、カーテンレールの溝の中にある穴にネジを打って固定するわけです。 その際、ネジの頭がカーテンレールの溝の幅よりも大きいと、カーテンレールの溝のフチを傷つけてしまうことがあるんですね。 傷がついてしまうと、最悪の場合、ランナーの動きが悪くなってしまったりするので、ご自分でカーテンレールを取り付けようとしている方はご注意を♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
ご自分でカーテンレールを取り付けようとする時、知っておいた方が良いことがありまして。 それは「窓枠の周りにどんな風に木が入っているのか?」という点なんですね。 カーテンレールを壁面に取り付ける時、壁の中に入っている木にネジが当たった方がちゃんと固定されるわけです。 そんなわけで、窓枠の壁の中にどういう風に木が入っているのか?というのを表したのがこちらの写真ってわけ♪ 赤い線のところに基本的には木材が走っているので、そこをめがけてネジを使いましょう(*´ω`*) さらに詳しくお話しているのは… https://limia.jp/idea/125934/ ↑こちら。以前の店長のアイデアです♪
株式会社Re-createの画像
株式会社Re-create
[大阪市天王寺区K邸]オーダー家具の取り付け① https://re-create.co.jp/staffblog/1619.html #家具 #取り付け #引き出し #現場
スターフィルターの画像
スターフィルター
フィルターレスタイプの換気扇でも、強力マグネットを使って交換用のフィルターを貼り付けることが出来ます。 様々なキッチンのタイプに対応するスターフィルターの換気扇フィルターですが、お使いの換気扇に合う商品が分からないときは、お気軽にお問合せ下さい♪

関連するキーワードのフォト

Yukie  Endoの画像
Yukie Endo
書類棚の側面にリメイクシート(セリア)を貼ってフックを取り付けました🐶 ブレッド缶はドッグフード入れ💕
Taeの画像
Tae
自分でドライブレコーダーを買って取り付けてみました 大きさは4インチでデジカメ📷位です 後ろにもおまけカメラ付き 機能は私には十分です😄 女性でも簡単に取り付け出来ました💪 最近、あおり運転が多いですね😅 更に師走で忙しいけれど、余裕を持って安全運転を心がけたいものです☺️
株式会社Re-createの画像
株式会社Re-create
[大阪市天王寺区K邸]オーダー家具の取り付け① https://re-create.co.jp/staffblog/1619.html #家具 #取り付け #引き出し #現場
tomomiの画像
tomomi
セリアのマグネット付きD型フックでメガネ問題を解決!バスルームの入り口に便利なメガネ置きを作りました。2個入りなので、もうひとつは玄関ドアに取り付けて靴べらを引っ掛けました。縦に横に使えて便利です。マグネットがくっつかない壁にはマグネット用取り付けパネルがオススメです。
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
壁にネジを打とうと思ってやってみたけど… ネジを打ちたいところの壁の中が空洞でネジが効かない…! ということもありますよね。 そんな時には「アンカー」というものを使う、という手もあるんですね。 写真に写っているのがアンカーで、壁に穴を開け、そこにアンカーを入れてからネジを打つと、アンカーが壁の中で開いてネジが効くようになる、というものなんですね。 アンカーには何種類か形があるので、使用用途などで選んでみてね♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
写真はブラインドなんですが… ブラインドってカーテンレールに取り付けることができるってご存知でした? カーテンレールを外して、新たに壁に穴を開けて取り付けなくても、元々ついているレールに取り付けることができるのです♪ 「専用の部品」があれば簡単なんですね。 ブラインドを注文する時に「カーテンレールに取り付けたいんですけど…」と販売員さんに相談するとその部品も一緒に注文してくれるはずですよ~! もっと詳しく知りたい方は… https://limia.jp/idea/27960/ ↑こちらの店長の以前の記事をどうぞ♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
デジタルフォトフレームや延長コードなど、壁に打ったネジを使って、本体を掛けておくことができるものってありますよね。 そういうものって時計みたいに「ネジ1本」なら問題ないんですが、「ネジ2本」だとネジの間隔とか位置が難しい、という方も多いかと思うのです。 そういう時、マスキングテープがあるとネジの間隔などを測らずに、結構簡単に取り付けることができるんですよ~! 詳しいやり方は… https://limia.jp/idea/308519/ ↑こちらの店長の以前のアイデアをご覧いただければ♪ マスキングテープにネジの位置を書き込んで、そのマスキングテープを壁に貼ってネジを打つのです(*´ω`*)
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
こちらはブラインドをカーテンレールに取り付けている写真。 ブラインドってこんな風にカーテンレールに取り付けることができまして。 取り付けるには「専用の金具」が必要になるんですね。 カタログからオーダーする場合は、「カーテンレールに取り付けたい」ということを販売店さんに相談するとその金具も用意してくれるはずです。 あとでご自分でやりたい場合は、ホームセンターさんやブラインドを扱っているショップさんで販売されていることも。 もっと詳しいお話は… https://limia.jp/idea/27960/ ↑こちらの以前の店長のアイデアに♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
壁にネジを打ちたい時、ネジが壁の中の木に当たればいいのですが… 「ここに取り付けたい!」というところに木がなかったりすること、ありますよね。 そういう時には「アンカー」という商品が便利なんです。 写真のようにネジをアンカーに打つと、壁の中で開いて、木がなくても固定できるのですが… 便利な半面、壁に下穴を開けたりする必要があるので、DIYに慣れていないとちょっと難しいかもしれません(^_^;) 気になる方は「アンカー 使い方」などで調べてみてね♪
スターフィルターの画像
スターフィルター
フィルターレスタイプの換気扇でも、強力マグネットを使って交換用のフィルターを貼り付けることが出来ます。 様々なキッチンのタイプに対応するスターフィルターの換気扇フィルターですが、お使いの換気扇に合う商品が分からないときは、お気軽にお問合せ下さい♪
りんごの画像
りんご
Qoo10で購入したCASAWINのブラインド。1500円位 〜オーダーで買えるのでとても便利でプチプラ+゚* diyで取り付けられるのでとても良いです。
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
写真のように「窓枠の上の壁」にカーテンレールをご自分で取り付ける時には、あまり上の方に取り付けない方がいいですよ~! 壁の中にカーテンレールを固定するためのネジが入っていない場合があるので、固定できなかったりするのです。 (どうしてもつけたい場合は「アンカー」という部品を使いましょう) 壁の中のどこに木があるかは、針を壁に刺して確認する「下地探し」などを使って確認しましょう♪
COAちゃん🐩PaPaの画像
COAちゃん🐩PaPa
今日は以前にカインズで注文しておいたブラインドを取り付けました🛠 障子だと開けておくと屋内が見えてしまい、閉めていると光が入らず暗っぽかったので観葉植物にも光が当たらないので悪影響でした🤦🏻‍♂️ そこで障子を外し枠にアダプターを付けてブラインドを取り付けたら、外からは見えず、屋内には光が入り明るくなりました😁
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
店長が触っているのはカーテンをまとめる「タッセル」という帯。 これを壁に取り付ける時、手が楽に、自然に触れる場所に取り付けるのも一つの手なんですね。 もうちょっと下に取り付けてもキレイなんですが、毎日まとめるものなので、操作が楽な位置の方がいいですよね♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
デジタルフォトフレームや壁掛けの時計などの裏側に、写真で赤い丸のような穴がありますよね。 特に写真のように2つ穴がある場合、幅を測ったりするのがちょっと面倒だったり、一回でキレイに取り付けられなかったりしませんか? そんな時にはマスキングテープを使うと簡単に上手に取り付けることができますよ! 一度、マスキングテープを本体側に貼って、穴の位置に印をつけ、そのマスキングテープを剥がして壁に取り付け、そこにネジを打つとキレイにできるのです♪ もっと詳しいやり方は… https://limia.jp/idea/308519/ ↑こちらの以前の記事を参考にしてみてね(*´Д`)
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
こういうカーテンレールを「装飾レール」って呼ぶんですね。 金属で出来ている装飾レールを「アイアンレール」って呼んだりもします♪ 装飾レールを取り付ける時には、なるべく窓枠よりも上の方に離して付けるとカッコいいんですが… その分、壁の中に木がちゃんとあって、ネジがしっかりと効くか確認するのが大事になってくるんですね~(´ω`)
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
伸び縮みする「伸縮カーテンレール」って、店長が指差しているところにある「ブラケット」という部品が余分についているんですね。 ブラケットは幅が180センチくらいなら3~4つ、270センチくらいで4~5つで大丈夫なので、1つか2つは必ず余分になるんですね。 なので、余分なものは外してから取り付けるようにしましょう♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
ご自分でカーテンレールを取り付けようとする時、知っておいた方が良いことがありまして。 それは「窓枠の周りにどんな風に木が入っているのか?」という点なんですね。 カーテンレールを壁面に取り付ける時、壁の中に入っている木にネジが当たった方がちゃんと固定されるわけです。 そんなわけで、窓枠の壁の中にどういう風に木が入っているのか?というのを表したのがこちらの写真ってわけ♪ 赤い線のところに基本的には木材が走っているので、そこをめがけてネジを使いましょう(*´ω`*) さらに詳しくお話しているのは… https://limia.jp/idea/125934/ ↑こちら。以前の店長のアイデアです♪
ひらた家具店の画像
ひらた家具店
写真はカーテンレールの溝に「ネジの頭」の部分を合わせている図。 カーテンレールを天井などに直接固定する時には、カーテンレールの溝の中にある穴にネジを打って固定するわけです。 その際、ネジの頭がカーテンレールの溝の幅よりも大きいと、カーテンレールの溝のフチを傷つけてしまうことがあるんですね。 傷がついてしまうと、最悪の場合、ランナーの動きが悪くなってしまったりするので、ご自分でカーテンレールを取り付けようとしている方はご注意を♪
tooocの画像
toooc
【つっぱり棒ずれ防止マット】がすごい❣️ キッチン棚の目隠しに、つっぱり棒をつけてカーテンをしていたんですが、何もない状態だと落ちるんです… 【何かいいのないかなー】っと、探しました^_^ いろいろなタイプがありますが、私は透明シートタイプのものにしました。 💕オススメポイント💕 ●貼り直しが可能♪ ●透明で目立たない♪ ●100円ショップで購入できる♪ という感じです。 よく、プラ素材の、棒を受け止めるのがついているのと迷ったんですが、インテリアにも馴染む、透明シートタイプにしました。 よく模様替えしたくなるので、貼り直しができるのも決め手でした❣️ ※もしかしたら貼る場所によっては剥がしづらいかもしれません。 ご使用前にテストしてみてください^_^ 私はツルっとした面に貼っているので、ちゃんと貼り直しできました^_^ 使ってみて、まだ落下もないですし、うまく馴染んでいるのでホントにオススメです❣️ 私はキャンドゥさんで購入しましたが、他でも販売されてそうです^_^💕

「取り付け」でよく見られるフォト

「取り付け」が写っている部屋のインテリア写真は15枚あります。また、インテリア,ひらた家具店,平田家具店,北海道,カーテン,,標茶,カーテンレール,家具店,ネジと関連しています。

さらにキーワードで絞り込む

関連するキーワード

関連するキーワードで絞り込む

人気のアイデア

商品を探す

人気のブランド

人気のランキング

気になる商品をキーワード検索