ソラマドのフォトまとめ

1 - 30件/50件中
utausagiの画像
utausagi
朝が寒くなり子供たちが毛布にくるまってなかなか着替えなくなったので、とうとうストーブ登場𖡼܀ おチビさんが動き回る様になったのでストーブガードを購入☺︎ 珍しくてずっとストーブの前にいるおチビさん(˶‾᷄ ⁻̫ ‾᷅˵) ● ▲ ◼︎
utausagiの画像
utausagi
我が家のお気に入りポイント𖤘𖥧*‧ﹾ お家型のシューズクローク出入り口⌂⡱ 大容量の収納を兼ねた家族玄関𖦔 𖠋
ライト下にお気に入りの絵を飾って⚘⚘⚘
soramadoの画像
soramado
《ソラマド》は、独立した子ども部屋として区切るよりも、自然とリビングに集まれる間取りが望ましいと考えます。 とくに、子どもたちが小さいうちは、目が届く、声が届く、近い距離でのコミュニケーションに敵うものはありません。 そうして育んだ家族の姿が、子どもたちの記憶にも刻まれていくことでしょう。 子どもたちが成長していくにつれ、勉強や習い事などで集中しなければならないシーンも増えていきます。 そのときには本人たちの意思を尊重し、プライベートな空間を用意してあげられるといいですね! もともと広くとってある空間であれば、大きな家具で仕切ったり、扉や間仕切りを駆使したり、子どもたちの年齢や状況に合わせていろいろな可能性が広がりますよ。 ただし、そのときもリビングを通って行き来できる導線は確保したいもの。 日常的にコミュニケーションが取れる間取りであることをお忘れなく!
soramadoの画像
soramado
なんと、T邸では子どもたちが寝る場所を固定していません。 親子そろって畳の部屋で寝たり、デッキに吊ってある蚊帳の中だったり……。 いろいろなところで寝て、遊んで、勉強して、この家という“箱”を自由に楽しんでいるんです。 「ソラマドの家でいっぱい遊んで、楽しい思い出をたくさんつくってあげたい」。 自分たちの心地のいい過ごし方を子どもたち自らが発見していく。この自由な空間でこそ生まれる、のびのびとした子育ての実現と言えそうです。
soramadoの画像
soramado
「リビング、キッチン、ダイニング。それぞれの子ども部屋にパパの書斎……。」 いわゆる一般的な家族構成と間取りの考え方。これもとても素敵なものですよね。 しかし、ソラマドが提供するのは「器」としての住まい! 中味である間取りは、家族の成長に合わせて変化させていくことこそが自然だと考えます。
soramadoの画像
soramado
《ソラマド》の家は、空間の使い方を決めつけることはありません。 それぞれの家族の変化に合わせて、家という空間も変化すべきと考えるからです。 その考えのもとに導き出された《ソラマド》が思う、子育てしやすいコミュニケーション。 それが、「『子ども部屋=個室』ではない」という考え方なのです。
soramadoの画像
soramado
奥様がぐるぐるとハンドルを回すと…現れたのは、大きく広がる空。 じつはこれ、天気がいい日のT邸でよくある光景なのです。 「手でぐるぐる回しながら、屋根を開けて窓も全部開けて、家がひとつの箱になる感じが好きです」とおっしゃるのも納得です。 空模様も家の一部。 お子さんたちから自然にこぼれる笑顔が日々の暮らしを物語っているようです。
  • 1/2

「ソラマド」でよく見られるフォト

「ソラマド」が写っている部屋のインテリア写真は50枚あります。また、住まい,注文住宅,家づくり,無垢材,一戸建て,子育て,ライフラボ,SORAMADO,しっくい,住まいづくりと関連しています。

さらにキーワードで絞り込む

関連するキーワード

関連するキーワードで絞り込む

人気のアイデア

商品を探す

人気のブランド

人気のランキング

気になる商品をキーワード検索